清流の森 ~九州の滝と風景~

九州各地の風景や滝の写真を公開しています。
マニアックな滝の写真も見られますよ。


テーマ:

越早滝(えっさだき)

越早滝

所在地: 熊本県上益城郡山都町成君
地図: マピオン

 
熊本県山都町、旧矢部町地域には四十八の滝があると言われています。

その中でもこの越早滝は難所中の難所で、地元の方でも見たことのある人は少ないのではないでしょうか。

そんな"幻の滝"へ2回も行けた自分はとても幸せ者です (*^_^*)


実はこの滝,、"幻の滝"なのに普通の道路地図に載ってます・・・。

載ってはいますが、そう簡単には行けません(落ち口には行けないことはないですが、大変危険です)。

滝壺へ行くには山の中へ入り、林をかき分け、谷を下り(ロープも必要です)、川を遡って、約2時間ほど歩くとようやくたどり着きます。


生半可な気持ちで行くと死にます(冗談ではなく)。



前日まで晴天の日が続き、絶好の滝見日和になると思いきや、この日の天気は雨。

実はこの滝見、1月に予定していたのが雨で延期。

2月に延期したけれども、また雨で延期。

今回も雨。誰か雨男(雨女?)がいるのでしょうか・・・。



雨は小雨なので林の中へ入るとほとんど気にはなりませんが、地面が滑ってとても危険です。

場所によっては足を滑らせて下に落ちたらほぼ即死という場所もあります。



川に降りるとさすがに多少雨が気になります。滝へたどり着いても写真が撮れるのか?

しかし、それでも誰一人として「引き返そう」とは言いません。

こんな難所に来ようと思う"滝ヤラレ"ばっかりなので当たり前かもしれませんが(笑)



しばらく川を上っていくと右手に「鳥原(とるばる)の滝」が見えてきます。


とるばるの滝
 ※この写真は5年前の物。


水量が非常に少なく、滝が落ちているのか、降っている雨が流れているのか

わからないような状態だった為、今回写真は撮りませんでした。



そして、やっとの思いで滝壺へ到着。感動の瞬間です。


越早(人付き)

人と比較するとその高さがよくわかります。


5年ぶりの越早滝は相変わらず美しいたたずまいでそこに存在していました。


越早全景

越早滝は右側の斜めに落ちている滝で、正面の滝は小川から流れ落ちている物です。



前回来たときは水量も結構多めで滝壺も非常に広い滝だったので、遠目からの撮影でしたが、

今回はその滝壺の大半が砂?で埋まっていてかなり近くまでたどり着くことが出来ました。

越早(2003) 越早(2008)
前回(2003) 今回(2008)
比較してみると滝壺が浅くなってるのがよくわかります。



夢中で写真を撮っていると川の中に何かが落ちる音が・・・。

鹿だ!


鹿

角がないので子鹿でしょうか?野生の鹿なんて初めて見た。


スローシャッターに設定していたカメラを急いで高速モードに切り替えてシャッターを押したのですが、後ろ姿を捉えたのみ。ピントもいまいち合ってない。

どうせなら正面から撮りたかったですが、鹿君はあっという間に逃げていってしまいました。残念!



その後、前回は近寄ることも出来なかった滝の左岸に。


越早(左側)


滝を撮ることに夢中で気づかなかったのですが、どうやら洞窟があったらしいです。

鹿の足跡が残ってたらしいので、さっきの鹿はここに潜んでて、人間が来たのであわてて逃げたのでしょうか。




もっと写真をたくさん撮っていたかったのですが、一時期やんでいた雨も再度降り出しだんだん強くなってきています。

これ以上の回復は望めないため、後ろ髪を引かれる思いで滝を後にしました。




♪行きは良い良い 帰りは怖い♪ と言う歌がありますが、まさにその通り。

来るときに降りてきた谷の斜面はぬかるんでいてつるつる滑る!

途中でロープにつかまって登ったり、つかまる物が無い斜面を滑りながら登ったりで、もう大変・・・。体力はもう限界!


何とか登り終わって、自分の体を見渡すとびしょ濡れな上に泥だらけ(><)

でも、非常にきつかったけど行った甲斐がありました♪



何はともあれ、みんな無事帰って来られて良かったです。

こうして雨の越早滝ツアーは幕を閉じました。




おまけ
 
 滝廻り休憩所から見た鮎の瀬大橋

鮎の瀬大橋


非常に有意義な一日でした。

次はいつ行けるかな。案外すぐ行ったりして(笑)


いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

清流さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「■熊本の滝」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。