冬の衣類

テーマ:

テレビを見ながら居眠りをしていたら電話が鳴りました。携帯

老人ホームからです。

「今日、薄手の衣類をしまうので、冬の衣類のベスト、ズボン、下着で家にあるものを持ってきてくれませんか」

私「前に持っていったのでは足りないのですね?」

「どこに持ってこられましたか?棚に入れました?」

棚に入れましたか。なんて聞かれてもばあちゃんの部屋がどこかいまだに知りませんが。

いつも仕事帰り、食事前にテーブルに座っている時しか会ったことありませんし、案内された事もないよ。シラー


衣類は1ヶ月前に持っていったので十分足りているのかと思っていたらまだでした。

しまってある衣類も出し忘れていました。


それを取り出すこと、足りない物を買い足すこと。

せっかくの三連休に用事を作るなんてヒドイ。

平日に言ってくれれば昼休みに買物ができるのに。


今日は他にも、連休最後の日に家にいなければいけない用事ができて凄く憂鬱になっていたのに。


たったそれだけの事なのに、悲しくて泣けたわ。しょぼん

こんな事ぐらいで無くなんて馬鹿だなぁ。女々しい自分が大嫌い。


あんまり悲しいので買物でストレス発散しようと出かけたら、ばあちゃんのベストとズボンを買っただけで予算オーバーで自分の物は靴下しか買えませんでした。


もう嫌だ!!

AD