また泣かせた

テーマ:

今日はばあちゃんの障害者年金をもらいに役場へ行きました。

本人じゃなくても良いのが助かります。

でも1万円・・・もらえるものに文句は言えませんがもっと欲しいよ。


夕食は鮭を焼いてきのこソースをかけたもの。

わざわざ作ったのにほとんど食べずに残したばあちゃん。

まぁいいかととっとと片付けて仏壇を拝んでもらいました。

拝む前に鈴を鳴らそうとして鈴の場所がわからず探しています。

「目の前にあるやないか!」

怒鳴ったら訳のわからないままお供えをのせているものを叩きました。

「何をしよんやここや!」

目の前に行って指をさすと笑いながら鳴らしました。

でもこの笑いはごまかすためのもの。

お経を唱え始めた声は涙声でかすれていました。

結局泣きながら拝み終えていました。

べつにね、ここまで怒りながら無理に拝んでもらわなくてもいいんです。

そんなに熱心な仏教徒ではないんだから。

ただ、唯一ばあちゃんが出来る事だからお経を忘れないようにやってもらう。

仏壇の前で怒鳴られるばあちゃんをじいちゃんは天国からどんな気持ちで見てるんだろう。


夕食前にトイレに行ったのに食べた後もまたトイレ。

そして1時間後。

またトイレに起きてきた。

「食べる前と食べた後もトイレにいったのにまた行くん?」

「え?そうやったか?いつ食べた?」

は~~~また食べたことを忘れているよ。

食べ残した鮭を見せて怒ってやった。

「これ!見てみい!」

「これ何や?」

「あんたの食べ残しや。

全部食べても忘れてお腹空いたと言うならまだしも残しやがって食べてないとはなんや!

ここも見てみい、洗った食器があるやろが。

どうすんや!」

「どうしようかのぉ」

トイレに入って出てきたら入れ歯を外した。

食べると言ったらまた食べさせようかと思ったけど納得したらしい。

と安心したのもつかの間、入れ歯を外してまたすぐトイレ。

なんで続けて2回もトイレに行くか聞いても

「なんでやろか。行きたくなったけん」

と言うけど嘘だよね。その前にトイレに行ったの覚えてないよね。


前からもしかしたら・・・とは思っていたけど

私がすごく怒って泣かせた時は特に忘れ方がひどい。

食べた事、薬を飲んだ事、忘れている。

でも怒らずにはいられないのです。

AD

一日中寝ているのも暇なのだろう、何かをごそごそしているばあちゃん。

ひどい時は「何しよんな!」と怒鳴ると「いや、ちょっと探し物」と答えます。

何も必要なものはないはずなのにね。

何を探しているか聞いたら見つかったと言ってごまかす。

それをいちいち怒る私。

今日もごそごそしていたけれど気にならない程度だったので放っておきました。

そして封筒を私の所に持ってきました。


「これ、ばあちゃんの年金のやと思って持ってきとったけど○○(息子)のやったわ。」

「は?いつの間に持っていったん?」

「この前あったけんばあちゃんのかと思て。」

この前っていつだろう。そういや郵便が届いてない事があったんだよなー。

ばあちゃんの仕業か?

いやまて、郵便はほとんど私がとりに行くはずなのになんで?

いろいろ考えながら封筒の中身を確認しました。

4月に配達されたものでした。確かに父宛ての郵便です。

ついこの前って・・・今9月なんだけどなー。

でも、あまりにあきれた私は珍しく怒りませんでした。


特に無くなってもかまわないものだったので私も気がついていませんでした。

でもばあちゃんの部屋に持って行くことはないのに何故あったのか。

考えられるのは私が出かけている間に他の部屋から持っていくぐらいでしょう。

あーそういう事されるのがほんとに嫌!


私はほんとに短気でいつもイライラしているので少し何かを動かされるだけでも嫌なのです。

そういうと潔癖症の片付いた家を想像するかもしれませんがそんな事はなく。

家の中はすごく散らかってます。

それでも他の人に何かされるのが嫌。

食器洗いもコップ1つならばあちゃんが自分で洗おうとするのですが

「絶対に洗うな!」

と言い聞かせてます。

もちろんばあちゃんは忘れて洗っていますが見つけたらその場でやめさせるし、すでに洗っていても洗いなおします。

だってばあちゃんはちゃんと洗剤つけずに適当に洗うんだもの。

食べ終わった後の食器も重ねずに置いておけと言っても重ねられる。

なんてことない一つ一つの事が私にとってはストレスで黙って見逃す事ができない。

だから毎日ずーっと怒鳴っている。

今日の郵便の事で怒らなかった私はすごいなーと自分で思うのです。

AD