ボケても心は生きている

テーマ:
先日テレビで放送された国際アルツハイマー病協会国際会議の様子を見た。
今回のに限らず、よそ様のボケた人等の番組を見るといつも涙が止まらない。
かわいそうとか、つらいだろうとかどういう涙なのか自分でもよくわからない。

よそのばあちゃんが私がやるような扱いを受けていたらかわいそうで仕方ない。
心ではばあちゃんがボケているのは本人に悪気がない事がわかっていても、
実際には優しく接したり、大目に見てあげるという事が全くできない。
毎日やらかす出来事にいちいち文句を言って怒鳴ってそれでも怒りが治まらない。
ついには泣けてくるほど。
怒ったところで覚えていないのなら何も言わずに許せばいいのに。
そう思っても絶対に許せない。

母親のいない私を育ててくれたのはまぎれもなくこのばあちゃんだ。
そのばあちゃんこんな仕打ちをする私は本当に情けない孫だ。
ぐれはじめた中学生のように
育ててくれとは頼んでいないのに、育ててくれたのは老後の面倒を見てもらう為なのか。
そんな罰当たりな言葉もそのうち言いだしてしまいそうだ。
ばあちゃんの面倒をみなくなってもいつかは父も介護が必要になるかもしれない。
兄弟のいない私は祖母の面倒をみて、父の面倒もみなくてはいけない。
なんて不幸な身の上だろうか。
そんな風に自分がかわいそうだと良い様に解釈してしまう。
もっと大変な人は世の中にたくさんいるのに。

あれほどしっかりしていたばあちゃんが
ボケてしまった事実を私が受け入れられないという事。
これが私がばあちゃんを許せない原因のはず。
いつになったらこの状態を変えられるのか全く不明。
AD

毎日デイサービス

テーマ:
昨日の朝もまた着替えようとしていたばあちゃん。
デイサービスは今日じゃないって言っておいたのに30分後また着替えようとしている。
注意したのに私が寝ている間にまた着替えていた!
せっかく着替えたから近所におつかいを頼みました。
なかなか帰ってこないと思いながらまたウトウト寝ていたら
ばあちゃんは玄関でデイサービスの迎えを座って待っていました。
だから・・・今日は違うって・・・

冷凍の肉を冷蔵庫に入れて解凍している。
いつからかわからないので食べられなくなった。

犬に餌を勝手に与えるな。
どれだけやったかわからなくなるので犬が食べ過ぎて吐く。
「また勝手にやった!」
「やった覚えはない」
ドッグフードのパックを開封して開けっ放しなのは私ではありません。
父は勝手に餌をやりません。
犬が自らパックをはさみで開ける事はありません。
AD

今日もまた

テーマ:
ご飯はあるから炊かないで。
毎日のように言う言葉ですが今日も何度も言わされました。
昼に言っておいて、ご飯を見せたら大丈夫だろうと目の前に持っていって確認させました。
2時ごろまたご飯を炊かないと・・・というのでまた見せました。
その30分後にまたご飯は・・・というので怒りました。
5時ごろまたご飯はできているかというのでブチ切れました。

やっぱり明日老人ホームの予約をしようと思います。
AD

限界か

テーマ:
病院へ薬をもらいに行かせました。
もどってきたら薬を持っていない。
もらったかどうかも覚えていない。
あまりに腹が立つので
「そんなんならもう薬は飲まんでええ!」
と言いました。
その後私は気を失うように寝ていました。

そして夕方。
やっぱり薬がないままじゃ駄目だと思って病院へ行きました。
すると処方箋を持って帰ったと言われました。
薬局に問い合わせてもらうと一度持って帰ったのに
処方箋を持たずにまた薬をもらいに来たそうです。
私が怒って寝ている間にもらいに行っていたようです。
帰ってきて涙がとまりませんでした。
情けないのか、腹が立つのかわけがわからずに。
泣きながら吐き気に襲われました。
ゲェゲェ言いながらばあちゃんに
「あんたのせいで私は吐きそうや!」
と言ったら
「すまんの」
と謝りました。今回は本気で謝ってくれたようでした。
いつもは投げやりに言うだけなので。

じゃあ薬はどこへ?
乳母車には無い。
帰りに近所の八百屋によったようなのでそこに電話。
「今日、買い物に行った時に薬を忘れていませんか?」
「今日じゃなくて昨日来た。薬は乳母車に入れていました。」
薬は忘れていませんでした。
でも店の人も今日行った事を昨日だと言い張ります。
今日確実に行っているのに・・・
探してみると家の中にありました。
他のものの下になって見えなくなり、気がつかなかったのです。

この件で我慢できなくなり、施設に預けるにはいくらかかるか相談の電話をしました。
今すぐ預けるには少し価格が高めのところしか空きがなく、もし安いホームに予約するなら早めに予約しておいた方が良いとのこと。
ばあちゃんには、いろんな事がちゃんとできないなら施設へ行くかと聞いたら
それほど抵抗なくそうやの・・・と言いました。
でも数時間後にはまた反抗的な態度を取るのです!
ほんとに限界です。
私も口が悪いのでばあちゃんが反抗するのはわかりますが許せない事が多すぎです。


結局、夜、父と相談して予約をする事に決めました。
すぐには預けることにならないけれど、いざ預けるとなると可哀そうにも思えます。

書いたら・・・

テーマ:
ご飯を炊くな、と何度言っても忘れるので大きく書いて炊飯器に貼り付けておきました。
作戦成功でした。
でも、もうひとつのポットのボタンの注意書きは読めないのか読んでもわからないのかタイマーボタンを押してぬるいお湯になっていました。

発見です

テーマ:
無くなっていた乳母車を発見しました。
日曜日に近所の人たちが集まって草刈をしたのですが
その時に乳母車が無くなったと言ったらいろいろ目撃情報が。

「うちの家の前にボロのがずっと置いてある」
ボロですいませんね。

「ばあちゃんは行きは乳母車を押していたが帰りは歩いていた」
注意してもらえないでしょうかね。

「道の真ん中に置いてあったので郵便配達の人が邪魔になるから脇によけたはずや」
そんな情報はいりません。
邪魔になっていたならあなたがよけて下さい。
どこにあるかも判らなかった。と言ったらまた
「そうやけど道の真ん中に・・・(以下略)」
と同じ事を繰り返す向かいのじいさん。

近所の人も高齢の人ばかりなのであまり頼りになりません。
でも見つかってよかったです。

どこに忘れたのか

テーマ:
今朝、デイサービスに行く準備をして玄関に座っているばあちゃん。
いつもなら乳母車に座っているのに普通の丸椅子に座っている。
おかしいと思ってよく見ると乳母車が無い。
「ばあちゃん、乳母車が無いやん。」
「え?あれ?」
昨日は自治会での老人会が集会場でありました。
それに行くときには押していったはず。
仕方ないので集会場まで探しに行きましたが、どこにも無い。
ばあちゃんに聞いたところで覚えてないし、帰りは押して帰ったと言うし。
本当に忘れていないなら誰かに盗まれたのでしょうか。
あんなに中古の乳母車を?

最近の

テーマ:
ばあちゃんのブームは買い物のようです。
毎日のように買い物にいって同じようなおかずを買ってきます。
もちろん前に買ったものは残ったままです。

それと何度教えてもポットのお湯をタイマーにしてしまいます。
今日も朝から横でギャーギャー怒ったのにやっぱりぬるいお湯にしているのです。

今日も駄目だった

テーマ:
昨日、近所の人からちらし寿司をもらったので今日もそれが残っています。
朝は「お寿司あるよ!」と声をかけていたのでちゃんと食べていました。
昼前に食卓の上に置いたままになっているけれど、食べるのを忘れないように置いているんだろうとそのままに。
出かける前の風呂に入っているとどうも嫌な音がする。
「ばあちゃん、冷凍のご飯レンジしよる?お寿司があるやん!」
「ああ、わかった、わかった。」
またやってくれたか・・・と風呂から出ると今度はレンジで温めていたご飯が入ったまま忘れられている。
「ひとつやったら、すぐもうひとつのことを忘れるよな。」
「そうやがな。」
認めてくれてもありがたくない。
「じゃあ、昨日の鍋の残りを夕食にしてな。
お寿司があるけん、ご飯は炊かんでええで。わかった?」
何度も念を押して出かけましたが、やはり駄目でした。
ご飯はもちろん炊いているし、おかずが無いと思ったのか近所の八百屋でおかずも買ってきています。
鍋の残りには手をつけていません。昼は温めて食べていたというのに。
仏壇の花も生き生きとしているのに、さらに買って来たのを無理やり花瓶に突っ込んでいます。
ご飯を炊かないでおく事はばあちゃんにとっては至難の業のようです。

豚肉とお茶

テーマ:
寒くなると毎日のように鍋にするのですが
前回残しておいた豚肉を冷凍にしておいた。
はずがなぜか冷蔵の方に入っていました。
「ばあちゃん、冷凍させている物を冷蔵庫に移動させるのはやめて」
「え?そうやったか?」
ええ、そうです。前は冷凍たこ焼きを冷蔵していましたよ。
解凍したら食べられないですよ。

ボケないように手を動かしてもらおうと
緑茶をお茶パックに入れる
事をばあちゃんに頼みました。
「こぼれないようにやってね。」
お茶の袋から直接うつしてもらうと9割はこぼします。
スプーンですくってやってもらいましたが
少しやったらすぐ止める。
そりゃ私がやったほうが早いし綺麗だよ。
ばあちゃんがボケないようにやってもらってるんじゃないか。
ほんとは何もしてほしくないんだ。