音響芸術専門学校公式ブログ

アジア初の音響専門教育機関として1973年に創立の伝統校。
ひとりひとりの個性を伸ばすアットホームな教育環境です。


テーマ:

みなさん、おはようございます!

Ongei広報のA.O.ですニコニコ

 

今日のブログはみなさんが楽しみにしていた

上島雪夫先生の特別講義をご紹介します爆  笑

 

上島雪夫先生は

ミュージカル『テニスの王子様』の演出・振付で大人気を博し、

謂わば2.5次元ミュージカルのパイオニア的存在キラキラ

みなさんが大好きでこの世界に飛び込むきっかけとなった2.5次元ミュージカルの土台は、上島先生が作られたのです!

 

そう思うと緊張しますよね?あせる

A.O.なんて前日から緊張していましたが、

授業に参加している舞台制作スタッフを目指す「ミュージカル&ステージスタッフ科」の学生や、

出演者系学科の「ミュージカル&マルチパフォーマー科」「声優・パーソナリティー科」の学生達はドキドキよりもワクワクが勝り、

お目目がキッラキラしてました目!!!

 

先生からはご自身のこれまでの経験談や、

マンガ原作である『テニスの王子様』の世界観をそのままミュージカル化するにあたっての制作秘話…などなど

いろいろなエピソードを聴かせて頂きました!(…がここではすべては書けませんよあせる

アクションを交えての臨場感あふれる講義はまるでその場でテニミュを観ているようでしたね音譜

 

舞台芸術、特に2.5次元ミュージカルは、

映像と照明・音響の組み合わせ、そして演出、演者との総合芸術であるということ。

演出家として、技術スタッフと一緒に仕事をする上で常に尊敬しているという気持ちを忘れないこと、そしてスタッフとの共同作業の仕方。

 

役者志望のみんなにはその心得、マインドに加え、

先生は役者さんのオーディションをされるお立場でもありますので、どういうところを見ているか、キャスティングのポイントなどもお話頂きました。

 

学生たちも積極的に手を挙げて、ここぞとばかりに先生に質問していました照れ

台湾からの留学生はテニミュの台湾公演を現地で観ました!と教えてくれましたよ音譜

 

どれもこれも貴重なお話ばかりの90分。

もっともっと書きたいことが山ほどあるのですが!!

全部書いてしまいますと音芸生のね!特権(学校長曰く)ってものがね!

無くなってしまいますからねてへぺろ

みなさんの心のノートにもしっかり書きましたよね?

これから大切に大切に開いていきましょうね照れ

 

参加した学生のみなさん。

これから一生懸命勉強して、

ぜひ夢を叶えて、

上島先生や春風先生とステージ制作の現場で

いっしょにお仕事できるスタッフ&役者になれるように!

がんばろう!おー!えいえいおー!

 

こりゃまたうらやましい一枚ですな。

 

上島先生、ありがとうございましたカラフルなお花♪

 

A.O.でした。

いいね!した人  |  リブログ(1)