2014 新たな年の幕開けから はや二週間 !!

 昨年は ドッグダンスを通して たくさんの方々に 大変お世話になりました 

 犬と一緒に楽しむドッグダンスの魅力を 今年も皆様にお伝えできたらと

 微力ですが  どうか なにとぞよろしくお願いします ラブラブ



 我が家は お腹の大きな次女が 里帰りしています

 春の出産まで  この方たちと一緒に  居候です




 ブヒ ぶひ  ブヒ  ぶひ ブタ


 まるで養豚場にいるような 一日中 ブヒ ぶひ   思いのほか かわゆいです


 最初は嫌がっていたこの人も  すっかりなじんで  ブヒ ぶひ 言ってます

 


  互いに兄弟仁義をかわし パグズも すっかり 親分の真似を

  親分が吠えれば、子分も あせる

  親分がダンスをはじめれば パグズも 音譜

  多頭飼いって こんなに  楽しいのかと  改めて  発見


  もう一つ  娘との 久々の  親子な時間

 大きくなるお腹を見つめる日々は それだけで シアワセな気持ちに ドキドキ

  そして  人よりは  ずうっと短い 犬との 親子な時間

  限りある  この時間を大切に  今年も がんばります アップ
AD

ダンスノート

生徒さんの多くが、レッスンの間、ずうっと ビデオカメラを回しています

いろいろ新しいことを習っても、いざ家でやろうとすると 

  「あれ、どうやるんだっけ !?」ってなことに    

だから、そうならないよう、自宅で何度も見直しながら、練習するのだそうです グッド!

すると、その場ではわからない 多くのことに気付くとか

たとえば自分の姿勢、背中が猫みたいに丸まっている~~~とか
 
  
  指先が延びていないとか

       犬と自分の動きが、ぜんぜんあっていないあせる あせる  とか

   その場はうまくできているつもりが、客観的に見ると、
             あ~~と、ため息がでるくらいの出来栄えだったりとか


 でも見直すことで、たった1時間のレッスンが、100倍返しのレッスン になっているのだと思います

できないところを、もう一度ていねいに、こつこつと練習することで、
    
          一つひとつ、でも確実にステップアップしていく


   $北海道初のドッグダンス教室 One Step Wan   $北海道初のドッグダンス教室 One Step Wan 


くわえてパディママは、記憶にしっかり残すために、言われたことを、ぜ~~んぶノートに書いているとか


注意されたことだけじゃなくて、ほめられたこともいっぱい書いておいて
 
           それを見てうれしくなって、またがんばっています とか


ありがたい限りです
     涙が出るほどうれしいです
        たった一つの言葉を、そんな風に大切に受け取っていただけるとは
         

むかし、永村正子先生が、アンディ島田先生のところに通っていた頃、
 一つの言葉も逃すまいと、一番そばに張り付いて、すべてメモを取って……

  そんな話しを どこかで聞いたことがありました

私も、4年半前、一人でダンスを始めたころ、YouTubeや、有名な方々のブログを見ては、

    一つひとつメモを取り、やってみては、また書いてと、そんな作業を毎日繰り返していました

書くという行為は、それ自体、しっかりと記憶に残るもので、見直すためにも有効です

ダンスの振り付けやルーティーンを考える際にも、やはり順番に 紙に書いていくことが基本です

私も年々モノ忘れが激しくなっているので、 記憶は日々に疎し とならないよう、 メモメモ していきます 



AD

第一回 夜会  

テーマ:
札幌の生徒さん&ワンコで、はじめての 夜会 を開きました~ クラッカー ビール カクテルグラス
場所は、パディちゃんママおすすめの  Besement15

その名の通り、大通西15丁目の路地裏にある 半地下のお店です

犬もOkの シックで素敵なお店です 夜の街

 北海道初のドッグダンス教室 One Step Wan    北海道初のドッグダンス教室 One Step Wan 
(画像をお借りしました)

参加者は、総勢7名 & 4頭(パディ  ノンノン  そら  ムック) わんわん

$北海道初のドッグダンス教室 One Step Wan 

 普段は個人レッスンがほとんどなので

 生徒さん同士は 入れ替えの時くらいしか顔を合わせません

 なので、最初はちょっぴり遠慮がちでしたが

 相当イケる口の皆様方 飲み放題のルールに 素直にのっとり
     お酒 ビールカクテルグラス 

華麗な経歴を 全員が存分に披露した後は、すっかり打ち解け

しゃべる~  飲む~~   食べる~~~  またしゃべる~~~~ 
 

$北海道初のドッグダンス教室 One Step Wan 


ドッグダンス談義に花が咲き、ご褒美や練習の仕方や発表前のドキドキ感など、

           これでもかこれでもかというほど しゃべりまくりました 音譜


 
 
でも、酔っぱらいのみんなが、しつこく口をそろえて言ってたことは、結局南極

  ドッグダンスは本当に楽しい 音譜

        ドッグダンス最高 アップ だけだったような

あ、そうそう、エディパパは、しきりに男の人も、もっとドッグダンスやればいいのに !!
と、白一点でがんばっていました グッド!

犬たちの熱いチューを顔中に受けながら、こうして夜は楽しくふけていったのでした
家に帰ったら午前様で、心地よい眠りにつきました ぐぅぐぅ



      アメーバ  アメーバ          アメーバ    アメーバ      アメーバ    アメーバ      アメーバ


パディママ、幹事役ありがとうございましたビックリマーク
おいしい料理とお酒、そして親切なマスターとママ、雰囲気最高のお店に、大満足でした チョキ
第2回も、よろしくお願いします にひひ

ノンママ、おいしい犬土産、ありがとうございました ラブラブ 燻製の香りに、ハナ飛びついてました 合格
AD
$北海道初のドッグダンス教室 One Step Wan 

こ~んな広い草原を 毛をなびかせて走る犬 チューリップ黄わんわんチューリップ赤

$北海道初のドッグダンス教室 One Step Wan 




   えっ、 もちや、ワタチのことでしゅか?


   そうそう  あなたのことで ございましゅよ

  1歳までは、あんなに楽しそうに走っていたのに

                     
  なんで  なんで   なんでなの~ あせるあせる



  トレーニングフィールド や ドッグラン

        犬たちがたくさん集まる野外の広場


   そうした場所に連れて行くと  決まって  ハナはフリーズ状態に ダウン


       滝のようなヨダレ で 一刻も早く そこから出ていこうとする  

    もう、そうなったら   大好きなご褒美も 口にできない  
ドクロ
汗


    
    フリースタイルの競技会に出るには、チームテスト(CD1やCD2のようなもの)が    
    義務付けられています

     屋内ではしっぽフリフリのヒールワークが
     フィールドに入ったとたん  Oh No !! メガフリーズ~ 叫び</font>  


       左を歩いているはずのハナが    お~~~~~い  どんだけ離れてるねんパンチ!

     もちろん、ドッグトレーナーさんたちに、幾度となく相談しましたよ


     「きっと環境に弱いのね! どんどん色々な場所に連れて行かなきゃダメよ 」
       「そりゃあ犬が苦手なのよ。ドッグランに行って、たくさんの犬と遊ばせなきゃね」
        「訓練の仕方が悪いんだね。我がままなんだから、もっと、がつんとドンッやらなきゃ!」
  


     
    そのたびに右往左往して、ときにはハナにとって辛い思いをさせてしまったことも
    今思い出しても、胸が痛みます しょぼん


      でも、ドッグダンスを2年  3年  4年 とやるにつれて、
    トレーニングをする意味が だんだんとわかってきました!!


     そして、7月に東京のセミナーに参加し、
         かねてから楽しみにしていた西田先生のレッスンも受けて


      ようやく今まで背負ってきた大きな荷物をおろすことができました グッド!


      北海道初のドッグダンス教室 One Step Wan       北海道初のドッグダンス教室 One Step Wan 

   「あなたは、ご自身の愛犬を誇りに思ってくださいね!
   この狭い環境で、他の大勢の人が間近で見ていても、臆することなく あれだけ動けるとは……」

 
   セミナーでいただいた意外な言葉でした !?

    「なんと素敵なヒールステップだろう」 
    
   
     西田先生からは、想像さえしていない言葉をいただきました !!

 
   たとえフィールドでなくても、ヒールワークはダンスレッスンの中で、もっとも苦手とするものでした

  
   ですから、いつの日か、 目と目を見つめあい、はじける笑顔で、しっぽフリフリで
   
   ハッピーウオークができるようにと、毎日毎日こつこつとがんばってきました


 
    だから、ヒールステップをほめられたことが本当にうれしくて、
     これまでいやな顔一つしないで付き合ってくれた
ハナへの感謝 の気持ちで 
        胸がいっぱいになりました
ラブラブラブラブ    


    でも 西田先生、実は……

   フィールド恐怖症のことを洗いざらい話し、
        ようやくそれが1歳のころのある出来事が原因だということがわかりました しょぼん


   「克服なんかしなくていい。そんな苦しみをあえてハナに味あわせる必要もない」

   ーえっ でも それじゃチームテストが……

    そんな私の心のつぶやきが聞こえたみたいに

   「 チームテストなんか捨てちゃえばいい! 
    ハナは、こんなに楽しく素敵にダンスができるんだから、それで十分じゃない」

  先生のその言葉で、背中に背負っていた大きな荷物をおろすことができました 音譜

   私がハナとダンスをしているのは、競技会に出るためじゃない

     練習するのが楽しいから、
        ハナと真正面から向き合って一つひとつできるようになることが
              たまらなくうれしいから   だから今日までやってきた

      そうだ、そうだったんだ


       「オヤツもオモチャもないけれど、一緒にダンスをするかい?」
         「ええ、もちろんよ」
             「なぜ、キミは僕と踊ってくれるんだい?」
                   「決まっているじゃない、あなたがいるからよ」



    西田先生のごとく、いつか、そんな風に犬と話せるように、今日も

    ハナが何気なく私を見つめてくれた瞬間に

    「ハナ~~~、ありがとう!!!見てくれて!!!大好きだよ~~」

               って、本気で愛の気持ちを伝えていこう


    
札幌ワンズのブログにもありますように、無事 動物フェスティバル in 江別 が終了しました

ドッグダンスショーをご覧になってくださった皆様、
           ドッグダンス体験に参加してくださった皆様、心より御礼申し上げます ラブラブ


今回は 札幌ワンズ + Wan  として
   One Step Wan の 生徒さん にも ダンスを踊ってもらいました グッド!


ドッグダンス教室の1番目の生徒 

           オーストラリアンラブラドゥードル の パディちゃん


 
北海道初のドッグダンス教室 One Step Wan 
北海道初のドッグダンス教室 One Step Wan 


 ママが働いているので、いつも12時間くらい

 ひとりでお留守番をしています

 
 でもママが帰ってくると、

 大好きなダンスの練習ができるので、

 毎日お留守番をがんばっています北海道初のドッグダンス教室 One Step Wan 
北海道初のドッグダンス教室 One Step Wan 

  
  前日練習では、

  まるでドッグランのように

      フィールドを走り回っていたパディちゃん




  それが本番では 人が、いえ犬が変わったみたいに


  お見事なダンスを披露してくれました イエイ

   継続は 力なり ですね


  たくさんの緊張と感動と満足感

    またまた 
      
    さらに
     
    互いの愛が深まったことでしょう ドキドキ




そしてドッグダンス体験で デモをしてくれた

   トイプードルの ノンノンちゃん 音譜  北海道初のドッグダンス教室 One Step Wan 
北海道初のドッグダンス教室 One Step Wan 

  ママとおそろいの衣装が  決まってるよ チョキ$北海道初のドッグダンス教室 One Step Wan 

  ノンノンも、毎日お留守番をがんばっています !!

  もち、ダンスの練習もね グッド!


  パディちゃん  ノンノン  お疲れさまでした クラッカー



  愛がいっぱい詰まった それぞれのダンス & 

              キミたちの笑顔が 最高に すてきだったよ アップ