☆自作ブログパーツ




♦C#プログラミング入門♦
その1 / その2 / その3


♦WEBプログラミング入門♦

☆ジャバスクリプト講座
その1 / その2 / その3 / その4 / その5 / その6 / その7 / その8 / その9 / その10
その11 / その12 / その13 / その14 / その15

☆HTML講座
その1 / その2 / その3 / その4 / その5

☆CSS講座
その1 / その2 / その3 / その4 / その5 / おまけ

◆人気サービス
ツイッター++ / アイフォンアプリプレス / ターゲットウォーキング
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年02月07日(金) 16時47分52秒

テクノロジーメモ

テーマ:ブログ
●未来を担うニューテクノロジーメモ●



★量子電池バテナイス
http://matome.naver.jp/odai/2138735407947171701

※リチウムイオン電池の性能を大きく上回る二次電池


★セルロースナノファイバー
http://vm.rish.kyoto-u.ac.jp/W/LABM/cnf

※鋼鉄よりも固いのにプラスチック並に軽い新素材。
(カーボンナノチューブの弱点を克服)


★STAP細胞

※言わずと知れたiPS細胞の弱点を克服した万能細胞


★3Dプリンター

※最近は樹脂だけでなく、金属型3Dプリンターやバイオ3Dプリンター等もあり、その可能性は無限に広がっている。


金属3Dプリンター
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1311/11/news036.html

バイオ3Dプリンター(の1例)
http://techsinginst.org/w/?p=4




スタップ細胞で屠殺なしの食糧生産(必須アミノ酸の生産)できないかな?ちょっと気持ち悪いけど生産方法によっては私は食べます。※別にベジタリアンじゃないです。





PR
2013年12月20日(金) 01時51分31秒

世界が変わる新テクノロジー

テーマ:ブログ
なんだかすごいバッテリーが世の中に出てきたみたいなので
メモしておきます。



量子電池「battenice」とは - ニッケル水素でもリチウムイオンでもない新型の二次電池(充電池)、容量などは既存電池の数倍。急速充放電が可能。発熱も少量・・・らしい。新原理であり、実証実験により、上記の特性を確認。既に量産化(製品化?)に向け準備中らしい。グエラテクノロジー社のグエラバッテリーを元に開発された。(従来の二次電池との比較



●参考資料(グエラバッテリー → 量子電池「battenice」)
グエラテクノロジー社と日本マイクロニクス社の共同開発?


グエラテクノロジー公式ホームページ

上記グエラバッテリーの大判シート製造技術確立プレスリリース

広島大学グエラバッテリープレゼン資料

量子電池についての特許

日本マイクロニクス量子電池ついてのFAQ

日本マイクロニクスHP

グエラテクノロジー社の特許

日本マイクロニクス社の概要(東京都三鷹市商工会のHP)

グエラバッテリーの新聞記事

量子電池batteniceのニュース記事

日本マイクロニクス社からの株式市場へのお知らせ(batteniceの性能など)

ネイバーまとめの記事



★性能が事実であればノーベル賞はほぼ確実ですね。
興奮してきました。


2013年11月25日(月) 23時09分23秒

アプリのプロモーションビデオが完成

テーマ:アプリ



クラウドソーシングサイトで依頼していたプロモーションビデオが完成&決定しました!
もう一つも完成しました。興味がある方は是非ご覧になってください。





特設サイト
Appストアでダウンロード
2013年11月17日(日) 10時58分05秒

アイフォンアプリ作りました。

テーマ:アプリ
アップルの審査って厳しいですね。


アイフォンアプリを作り始めて半年。ようやく一つ目のアプリの審査が無事通りました。

実は今回審査が通る前に2つほどのアプリがボツになっております。
フラッシュライトのようなものと緩衝材のプチプチするものを押し続けるようなものです。

上記のアプリはオリジナリティが無いということでなるべくオリジナリティを出すように
他には無い機能を追加することで何度かトライしましたが、各3回目くらいの修正で諦めました。


で、過去の失敗を参考にし、他にないアイデアを盛り込んで作ったのがこのアプリ

ターゲットウォーキング

アプリの内容については
プロモサイトプロモビデオを参考にしてください。

※プロモサイト側のビデオに私がほんの少しだけ写っています。興味ある方はどうぞ


わりとこの業界ではアイフォンアプリは簡単でマックブックエアーが1つあればカフェでも自宅でも海外でも簡単にアプリ作成ができる、なんて言われていますが、現実はそれほど単純でもありません。


・ハードル1 → マックブックエアーだと動作が緩慢。

私はマックブックプロ(64bit)にメモリ8G入れたものを購入しましたがxcode(アプリ作る無料ソフト)を動かしていると結構動きが悪くなります。デスクトップ型にすれば良かったかも。


・ハードル2 → 関係サイト(ituneコネクト、アップルデベロッパー)やソフトウェア(xcode)は英語

英語に拒否反応を示す人はまず無理だと思います。iAdを載せたり外国での公開も考えているならアメリカの税金関係について少し調べないといけない。日本語の説明サイトから内容(変更も多い)を予測しながら作業を行う必要がある。


・ハードル3 → アップルに8400円/年の支払いが必要。

アンドロイドだと最初に3000円位払えばその後の追加料金は発生しません。


・ハードル4 → 審査が時間がかかる上に厳しい。

申請開始から審査までまず必ず1週間はかかります。その後小さな不備があれば即修正指示。修正指示された時点でまた1週間近く(メタデータ修正だけなら2,3日の時もある)追加で申請待ち。しかも審査も厳しい。適当に作ったものではまず通りませんが、時間をかけて一生懸命作ったものでも結構通りません。不屈の精神が必要です。


・ハードル5 → ようやく公開にありつけてもそのままではダウンロードされない。

ようやく完成。審査も通りようやく公開。やった!と思ってもダウンロード数を見て愕然とするでしょう。よほど運が良くない限り最初のアプリは良くて5,6ダウンロードでしょう。新着にのってもすぐに順位が下がってしまうためそんなものです。


・ハードル6 → 収益化はもっとも難しい。

おそらく完全に趣味でアイフォンアプリを開発する人は少ないでしょう。完全趣味の為にマックを買い、プログラムや英語を勉強し、デベロッパー登録費を払い、厳しい申請を受けた後誰からもダウンロードされないといった労力を割ける人はよほど人生に余裕のある方でしょう。それらの人を省けば多かれ少なかれ収益化は重要な要素だと考えられます。

「広告を載せればいんでしょう。」と言われてもそれほど簡単ではありません。現時点ではiAdは日本ではほとんど表示されませんし、アドモブの審査は厳しいですし、適当な広告業者のものを使ってもレートが低かったり、そもそもインプレッション自体が無かったり・・・。

「広告を一切付けずにとにかくダウンロード数を増やすんだ。」と言ってもそもそもダウンロードはそんなに簡単に伸びません。アプリ内部にソーシャルなしくみを作ったり、拡散を促すようなものを追加してもそれらが効果を発揮するのはある程度の利用者が生まれてからです。つまり、ほとんどの開発者は必ず何らかの広告作業を行わなければならないということになります。



しかし



ツイッターで拡散すればいいじゃん → 無理です。そんな簡単に拡散してくれません。
SNSで拡散すればいいじゃん → 無理です。そんな簡単に拡散してくれません。
レビューとかしてもらったら? → 有料無料に関わらず効果は限定的です。
なんか悪い事して広告すればいいじゃん → 悪いことって具体的になんですか?そんなことが可能ならばすでに大手企業がやってますよ。


といった問題があり、決して簡単に多くの人に知ってもらえるわけではありません。と、なるとどうすれば良いのか。財力があるならばスマホ広告業者に大量の(大量でないと効果なし)広告費を払うことをおすすめします。しかし個人ならば…これについては今後の私の動向を見ていただくと面白いかもしれません。








脳がつかれているので推敲せず書いた為、まとまりのない良くわからない内容だとは思いますが、結論としてはアプリ開発はハードルは高いけれど夢のある世界だと思いますので挫折せずにコツコツと積み上げていけばいつか何かを成し遂げる事ができるのではないかと思います。地道に作り上げたアプリやノウハウも財産ですしね。

ツイッターの方に有料広告の具体的な効果や数値等をつぶやくかもしれませんので、興味のある方はフォローしておいてください。@onesscripter










2013年09月15日(日) 11時18分26秒

WEBやプログラミングに便利なサイト?

テーマ:プログラム

★ブラウザ上でいろんな言語(PHP,JAVA,Objective-c,Javascripte,C#等など)の動作確認が出来ます。
http://ideone.com/

★サイトの動作スピード計測
http://gtmetrix.com/

★HTMLテーブル自動作成ツール
http://www.tagindex.com/tool/table.html


知らないだけで、まだまだ便利なサイトがいっぱいありそうです。

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>