ワンセルフカードの広場

ワンセルフカード認定トレーナーによるワンセルフカードを使ったセミナーや講座の情報広場です。

【様々なご縁でこの広場にやってきて下さったあなたへ】

$ワンセルフカードの広場

ワンセルフカードという、
30の言葉から成り立つカードの可能性を綴る情報ブログです。

えてしてセミナー会社が運営するサイトやブログは
自分たちの宣伝になりがちです。
とはいえ、霞を食べて生きて行くわけにもいかないのも現実です。
ですので告知の様相を完全に払拭することはできませんが
タイトルに「広場」と名付けたようにここを訪れた人が
「読んで心のヒントになった」
「カードの写真で気持ちが和んだ」
「カードセラピーって、怪しくないのね」
「~さんの誕生日プレゼントにしてみようかな」
「うちのサロンにもカードを飾ってみたい」

そんなことを思ってもらえる出し物が日々更新できたらと思っています。

元々このカードは私(中本雅子 )の
四半世紀に渡る研修、セミナー事業の中で感じたこと、
そしてもう一つは進行性乳がんでの入院日記に綴った
こんなふうに励ましてもらえたら」という思いがベースになっています。

退院当初は手作りで「マサコカード」と名付けて使っていたものを
沢山の方々の後押しと絵の作者、柴崎るり子 さんとの出会いにより、
2008年12月に今の形になりました。

$ワンセルフカードの広場

2012年4月からはこのカードを本格的に学ぶ
ワンセルフカード セラピスト認定講座もスタートしています。

この講座は「30の言葉で綴る心のレッスン」として
北海道から九州まで今、広がっています。 

$ワンセルフカードの広場

2012年9月吉日
ワンセルフカード メイントレーナー 中本雅子

NEW !
テーマ:

ワンセルフカード、メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

10月のことなのですが

『シリーズ東京 街はこうして輝いた』

の再放送がありました。

 

 

数年前の本放送を見逃し気になっていたので

今回は楽しみにして

NHKBSプレミアムを観ました。

 

今日はそのことについて書きながら

私の仕事に引き付けて

気がついたことを書いてみたいと思います。

 

※NHK『シリーズ東京 街はこうして輝いた』
 概要は→ 
こちら

 

 

これは銀座のサンモトヤマの社長、

茂登山長市郎氏を主人公にした

ドキュメンタリー番組。

 

バブル世代の方はこの店名で

ぴんと来る方も多いのでは。

(#^.^#)


彼は戦後の日本にグッチやエルメスなどの
ブランド品を初めて持ち込んだ立役者で

銀座並木通りを全国屈指の

ファッションストリートに

育て上げた功労者です。

 


 

第二次世界大戦に敗戦した日本。

その当時皇居沿いの豪華な建物は

ことごとくGHQに接収され

都心の主だった場所は

米国軍人の街になりました。
 

しかしそれを見た若き茂登山氏は

海外の美しいモノを扱おうと考え、
外人用カタログから商品購入をし

ヤミ市でアメリカ製品の雑貨店を始めます。
当時の日本人にとってアメリカ製品は珍しく、

彼の店は大繁盛していきます。


 

その常連客の中には著名人も多く、

日本人で初の『LIFE』の表紙を飾った写真家、

名取洋之助氏もいたそうです。


 

その名取洋之助氏は彼の店に来るたびに、
こんなジャンキーなモノを
 美しいなどと言っていてはいけない。

 アメリカで誇れるものはゴルフセットと

 ヨットと電気冷蔵庫ぐらいだ。
 君は今すぐ、ヨーロッパに行くべきだ
と苦言を呈していたそうです。

 


 

そんな茂登山氏にヨーロッパに行く機会が訪れ、
名取氏から目を鍛えるノウハウを習って

彼は現地へと飛びました。

 

 

名取氏の助言とはたとえば

 

・美術館を見に行け
・教会を見に行け 

 


 

番組のこの部分は

自分が創業時の30年弱前に

遠縁の伯母を頼ってNYに訪れた際に

漠然と感じたことを

辛口に端的に言語化していて

一級の文化人の凄みを感じました。

 

 

ただここで大事なことはアメリカより

ヨーロッパが優れているということではなく、
美しさの本質を学ぶならば、

歴史的ルーツの濃い

ヨーロッパに学ぶべきことが多い

というだけのことです。

ですので私が最終的に強く心惹かれたのは

「何を極めたいのか?、

 それにはどこから学んだらよいのか?」

というを名取氏の視点です。

 

つい右にならえで大多数の流れや

派手に見えるところに行ってしまいがちですが、

その流れに乗らず

「一歩止まって考えてみる」

ことが重要なのだということ。

 


 

ですのでワンセルフカードや各種講座や研修で

改めて自分の襟を正したいことは

 

セラピストとして知っておきたいこと

 学ぶなら他ではなく

 ワンセルフカード セラピスト認定講座で

 

 

★バランスのよいカードセラピーをするなら

 この美しいワンセルフカードで

 

 

と自然に思っていただくように

これからも様々なことを発信し

認定セラピストの育成、フォローアップを

していかなくてはということ。

 

 

今年は親の健康問題などで

公の活動はぐっと減っていましたが

来年は節目の年

(カード発売10周年、年女、還暦!?)

なので少しずつ活動を再開しますよ~!

 

 

世の中にヒーリング系のカードは

溢れかえっていますが

 

●セラピーの本質

●目の前の人への調和の取れたサポート

 

を探って行ったら自然に

「このワンセルフカードに行き着いた」

となるように

これからも工夫を深めて行きます!

 

 


 

そしてワンセルフカードに限らず

「○○を学ぶならば、まず~から」という

本質のルーツがある場所

を意識していくことが、
情報が溢れかえる今の時代に

満足のいく学びや体験をする

第一歩と言えるのではないでしょうか。

 

 

【補記】メモ 

(1)12/2付で会社のHP を更新


(2)認定トレーナーの開講日程 を11/28付で更新

 

(3)このブログとは別の内容で書いている

  個人ブログ → こちら

 

(4)キャンサーサバイバーとしての

  気づきを綴っているブログ → こちら


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ワンセルフカード、メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

およそ半年に一度、カードの在庫を確認し

発注をかけています。

 

 

30枚のセットでの販売だけでしたら

均等にカードは

無くなっていくはずなのですが、

そうではないのです。

 

その理由の一つは

私自身が仕事(個人セッションや

各種講座など)でカードを使って

それをプレゼントしています。

 

 

もう一つは全国の認定セラピスト

(およびトレーナー)から

単品での注文が入ります。

 

(※資格取得者のみ、

  単品注文にも応じています)

 

とはいえ今年は新春勉強会から→ こちら

講座は親の健康問題でストップし、

夏の特別個人セッション → こちら が

主な私の活動でしたので

 

 

各地の認定セラピストからの注文が

後半のカードの動きになりました。

 

 

さて今年の後半に一番注文があったのは

意外なカードでした。

 

なんだと思いますか?

 

まず第3位の発表を。

(^^♪

それは「選」

 

 

第2位は

「熱」。

 

 

では第1位は。。。

 

考えてみたいですか?

(#^.^#)

 

そういう方はスクロールしないで考えてみてね。

上記の二枚以外です。

(*^^)v

 

 

 

 

 

 

ジャ~ン!

 

「神」でした~!!

 

 

カードを作成した2008年当時は

ピクリとも動かなかったカードでしたが

(苦笑)

 

9年の時を経て

・地に足のついた霊性

・特定の宗教に傾倒しない

 バランスの良い宗教心

・宇宙の摂理に対しての畏怖の念

 

 

というようなことが

日本社会に今根付いているように思います。

 

私自身、父の他界や母のがん転移や認知症という

思い通りにならないことが多い今年でしたが

意を持ってカードを大事にしてくれる卒業生が多く、

嬉しかったです。

 

 

また新ワークや本部での認定講座も

時をんで開催をしていこうと思っています。

 

そんな私の道を様のような存在が

照らしてくれていると思いますので

そのプロセスを信頼して進んで行こうと思います。

 

 

最後に神様に関する私の好きな名言を。

 

”神さまが人間をお造りになったのは

 物語を愛しておられるからです。”

 

 ~by エリ・ヴィーゼル

 (ユダヤ人作家。

  自らのホロコースト体験を自伝的に記し、

  1986年にノーベル平和賞を受賞。ボストン大学教授。

  2016年没)

 

 

サンタさんへ。

これからもこの30枚のワンセルフカードが

色んな人の物語を聴くサポートになりますように。

(#^.^#)

 

 

それぞれによい師走を、

そして心豊かなクリスマスを。

 

【補記】メモ 

(1)12/2付で会社のHP を更新


(2)認定トレーナーの開講日程 を11/28付で更新

 

(3)このブログとは別の内容で書いている

  個人ブログ → こちら

 

(4)キャンサーサバイバーとしての

  気づきを綴っているブログ → こちら

 

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

ワンセルフカード、メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

毎月1日に配信の一言メルマガ

「ONEパラダイム」、今月号を

読んでいただきましたでしょうか?

→ こちら

 

人生の法則と宴席で

大皿料理が廻ってきた時のお作法は

「案外似通っている」ということを書いたのですが

今日はもう少し書いてみたいと思います。

 

(↑先月に参加したボジョレーを飲む女子会、

 楽しかった♪→ こちら

 

数年前に参加したある立食パーティーで

気が合う人と話し込んでいたら

1時間も経たないうちに

殆ど料理が無くなっていました。

(@_@)

食べ放題と勘違いした方がいたようです。

(;'∀')

 

 

酔っ払った私は

「あれ~!、食べるものが~!!」と

叫んでしまいました。

 

 

(そのときは心優しき主催者の方が

ポケットマネーですぐ出来る料理を追加。

その方の心意気に感激しました)

 

 

そうです!、

きちんとしたパーティーの主催者は

人数分の食事を用意してくれていますし、

お行儀のよいお客様なら

何個も同じ料理を取らないのです。

 

この世の神様(宇宙を司っている大きな存在)も

なんたって神様ですから

(#^.^#)

この世に生きる私たち一人一人に

美味しい料理を用意してくれているのです。

 

 

って、私は何の宗教でもないですし、

それは真実かどうかはわかりません。

ただそんなふうに思って生きられるかどうか?

これが案外この世を快適に生きられるか、

疑心暗鬼で生きのるか?

の分かれ目だと思っています。

 

そして大事なことは

「神様が用意してくれた料理は

全員にローストビーフではない」ということ。

 

 

だから100mを10秒切って走る人もいれば

美しい絵が描ける人もいれば、

そうしたものはない人もいます。

 

 

「特殊な目立った技能がない」

と嘆く人もいますが

「人は自分の人生を物語として

生ききることが

それぞれの才能であり恵みだ」

と私は多くの人を研修したり

個人セッションをしてきた中で痛感します。

 

(そんな恵みをサポートするカードも

30枚の中には入っています)

 

よく引用する河合隼雄氏

(心理学者、元文化庁長官)は

このことを下記のように語っています。

 

 

”物語の『主人公』は自分。
 人間は一人ひとり違うのですから、
 それぞれが自分の物語を

 作っていかなければなりません。”

  ~『出会いの不思議』(創元社)より~

 

さてワンセルフカードの基本コンセプトは

「30の励ましメッセージ」。

 

 

私の言う「励まし」とは

それぞれの人生で廻ってくる

パーティーの大皿料理を

きちんと受け取れる、

喜べる、

美味しく食べられることを

サポートすること。

 

 

単に「頑張れ、頑張れ」の励ましほど

有難迷惑なものはないです。

 

それは41歳で突如、乳がんになった自分は

痛いほど思い知りましたから。

 

「バランスのよい励ましの促進ツール」

としてワンセルフカードを

まずは自分の仕事のために作りましたし、

必要な人に活用してほしいと思っています。

 

 

ありがたいことにこのブログを読んで

ワンセルフカードの活用方法を学ぶ、

認定講座へのお問い合わせが最近増えています。

→ こちら

 

 

 

ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

【補記】メモ 

(1)12/2付で会社のHP を更新


(2)認定トレーナーの開講日程 を11/28付で更新

 

(3)このブログとは別の内容で書いている

  個人ブログ → こちら

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)