ワンセルフカードの広場

ワンセルフカード認定トレーナーによるワンセルフカードを使ったセミナーや講座の情報広場です。

【様々なご縁でこの広場にやってきて下さったあなたへ】

$ワンセルフカードの広場

ワンセルフカードという、
30の言葉から成り立つカードの可能性を綴る情報ブログです。

えてしてセミナー会社が運営するサイトやブログは
自分たちの宣伝になりがちです。
とはいえ、霞を食べて生きて行くわけにもいかないのも現実です。
ですので告知の様相を完全に払拭することはできませんが
タイトルに「広場」と名付けたようにここを訪れた人が
「読んで心のヒントになった」
「カードの写真で気持ちが和んだ」
「カードセラピーって、怪しくないのね」
「~さんの誕生日プレゼントにしてみようかな」
「うちのサロンにもカードを飾ってみたい」

そんなことを思ってもらえる出し物が日々更新できたらと思っています。

元々このカードは私(中本雅子 )の
四半世紀に渡る研修、セミナー事業の中で感じたこと、
そしてもう一つは進行性乳がんでの入院日記に綴った
こんなふうに励ましてもらえたら」という思いがベースになっています。

退院当初は手作りで「マサコカード」と名付けて使っていたものを
沢山の方々の後押しと絵の作者、柴崎るり子 さんとの出会いにより、
2008年12月に今の形になりました。

$ワンセルフカードの広場

2012年4月からはこのカードを本格的に学ぶ
ワンセルフカード セラピスト認定講座もスタートしています。

この講座は「30の言葉で綴る心のレッスン」として
北海道から九州まで今、広がっています。 

$ワンセルフカードの広場

2012年9月吉日
ワンセルフカード メイントレーナー 中本雅子


テーマ:

ワンセルフカード、メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

このところ本来の起源とは異なる解釈が

一般的になってしまった漢字をご紹介していますが

今日は金八先生の名言で有名な

『人』という漢字の本来の意味を書きながら、

私のこと、ひいては会社のスタンスを書きたいと思います。

 

 

これを知ったのはたまたま見た

NHK「あさいち」のプレミアムトークでした。(2014年)

 

その日は武田鉄矢さんが出演なさっていて

「『人』という字は支え合っておりません!」

と断言するシーンがあり、

そこで漢文学の研究者として

白川静氏のことを彼は紹介していました。

 

私は初めて知る学者の名前でしたので

白川先生のいくつかの著作を取り寄せて読んでみました。

そこでわかったことは

私を含めてセミナー講師やコンサルタントが

いくつかの漢字の誤用をしているということでした。

(お恥ずかしい・・・)

 

※「儲かる」は信者を増やすではない→ こちら

※「叶う」と「吐く」は口に+と-ではない→ こちら

 

さてでは肝心の『人』という文字ですが

甲骨文字で人間を真横から見た形だということです。
 

※甲骨文字→ 中国最古の文字。          

  図像的要素の強い原始文字漢字の原形。

 

 

ですので人間が大地に一人で立っている。

これが人という字の成り立ちであり、

人間の基本ということです。

よくある「人と人が支え合って」の解釈は

あの人気ドラマの脚本の中での創作だったのです。

(これを聞いた有働アナと

 イノッチちはのけぞって驚いていました)

 

 

さてここで私、そして会社のことを少し書きたいと思います。

そもそも会社名を「ワンセルフ」としたのは

(インターナショナルと後ろにつけたのは

会社登記上、すでにその名では造語だと思ったのに

なぜか先約がありワンセルフではできなかったから)

この世にたった一人しかいない自分を大事にしよう

という思いを込めてつけました。

 

(もう一つは深いところで繋がっている、

ワンネスという意味も込めていますが)

 

つまり人はまずは一(いち)→ONE、

ひとり、が始まり、ということがセミナーや

研修のコンセプトでした。

 

 

最後にそんなことを綴った

幻の(苦笑:単に絶版になっただけですけど)拙著、

「がんから教わるワンショットセラピー」(『2002年出版)を

抜粋でご紹介。

 

 

 

“私の真夜中にふっと目覚めた時の対処法の一つは、

地球の写真集です。

『地球/母なる星』(小学館)という宇宙飛行士の言葉と

宇宙から見た地球の姿を収めた大判の写真集を眺めて、

お見舞いでもらったクジラの鳴き声や

風鈴の音、鳥の声などを聴いて

焦らずぼんやりすることにしています。

 

宇宙の中にたった一人。

そんな思いがフツフツと溢れてきます。

別に悲観的な意味ではなくて、

でも、一人が真実、一人が自分と言う感じです。

 

たった一人はひとりぼっちなのではなく、

60億もの中のたった一人。”

 

 

15年経って地球の人口は70億を突破しましたが

私の生き方や会社の姿勢はこれが基本、

ここからスタートなのは変わっていません。

 

 

ですのでそんな私が作ったワンセルフカードも

自己発見を補助するもの、

というのが当初の発想でした。

 

 

インディゴ色のカードも多いのも

この気持ちが反映したようです。

 

 

そんなカードや講座を今後もよろしくお願いいたします。

 

【補記】メモ 

(1)5/1付で会社のHP を更新、一言メルマガ配信

   
(2)認定トレーナーの開講日程 を4/29付で更新

(3)ワンセルフカード セラピスト認定講座、 
   およびワンセルフカフェの詳細はこちら

(4)本部の公開講座のカレンダー 

  
  ↑ 
   両親のがんと痴ほうで

   本部での公開講座は講座は只今休止状態。 
   リクエスト受付中。 


(5)この内容とは別視点で綴るカードの作者、

   中本雅子のブログ 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ワンセルフカード、メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。
 
ワンセルフカードの認定講座を開講できる
トレーナーはおよそ70名。

 


 

最近、トレーナーになった方をご紹介。
(下記以外でもトレーナー講座参加の方はいらっしゃいますが

 HPまたはブログを公開している方のみをご紹介)

 

↓(敬称略)

 

【2017年4月開講】

石井由美/エリアマネージャー  開講

 

 富永 聡子(兵庫県在住)

 

(↓下記はトレーナー講座のテキスト&認定書)

 

 

~~~~~~★~~~~~

 

上記の画像にあるように

トレーナー講座のテキストや認定書は稲穂色に統一しています。

 

そして30枚あるワンセルフカードをこちらでセットする際や

認定講座でのテキストのカード順番も

この色のカード「伝」は一番最後にしています。

 

 

四季がある国、特にコメ文化の日本では

豊穣の象徴の色と言われています。

ですのでワンセルフカードも

心の豊かさをイメージして30番目にしていますし

認定講座の最終段階となるトレーナー講座は

この色をイメージカラーにしています。

 

 

ところで大人になって学びが出来る人と

出来ない人がいます。

勿論必要性を感じない人もいますし、

やりたくてもいろいろな制約があって出来ない人もいます。

 

 

ですからそれが出来るには

何かを学びたい気持ち、

学びたいものに出会える幸運、

学ぶために捻出できる時間や経済力、

申し込む行動力、

申し込んでもキャンセルしないコミット力、

知らないところに行くことが出来る社交性、

容認(応援)してくれる家族の存在、等が揃わないとなりません。

 

 

こうやって書いてみると結構ハードルがありますね。

これを超えて実現できること、

それが大人になっての学びだと思います。

 

ここで少し私のことを書きますね。

中学時代までは親の影響もあって結構ガリ勉でした。

入試や偏差値で「人生が決まる」って思い込んでいました。

 

 

しかし高校になって部活の楽しさ(合唱部だったのよね:苦笑)や

赤坂見附という場所柄か

道草の快楽を覚えてから

人生の道草街道まっしぐらになりました。

(#^.^#)

 

 

ガリ勉ちゃんだった15歳の頃の私に

入試で何かが決まるなんて大間違いだよ。

何も決まらないよ。

大人になって人間関係で学ぶことや

勉強してみたいって思うものに巡り合えた時、

本当に人生の船が動き出すよ」って言ってやりたいです。

 

 

私の20代半ばからの「学びたい」気持ちから始めた

様々なセミナーや講座、資格取得の勉強の集大成が

ワンセルフカード セラピスト認定講座、

特に三段階目のトレーナー講座に詰まっています。

 

 

ぴんと来た方はぜひご自身の船の

メンテナンス、バージョンアップ、方向転換を意図して

いらしてくださいね。

きっと何かをお持ち帰りいただけると自負しています。

(*^^)v

 

各地のトレーナーの開講状況は下記の

(2)を参照くださいませ。

 

【補記】メモ 

(1)5/1付で会社のHP を更新、一言メルマガ配信

   
(2)認定トレーナーの開講日程 を4/29付で更新

(3)ワンセルフカード セラピスト認定講座、 
   およびワンセルフカフェの詳細はこちら

(4)本部の公開講座のカレンダー 

  
  ↑ 
   両親のがんと痴ほうで

   本部での公開講座は講座は只今休止状態。 
   リクエスト受付中。 


(5)この内容とは別視点で綴るカードの作者、

   中本雅子のブログ 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

ワンセルフカード、メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

先日の過去記事紹介

儲の字の本当の意味」を読んだ数名の方から

共感や励ましをいただきうれしかったです。

ありがとうございます。

 

ですので今日は「儲」の字と同じように

成り立ちを誤解して伝えられている漢字、

「吐」と「叶」の字についてご紹介しながら

あらためてワンセルフカードとその認定講座

大事にしていることを書いてみたいと思います。

 

 

ただし前回の「儲」の字も含めて

間違った解釈でも元気になる人がいれば

それはそれで意味深いことだとも思います。

めくじらをたてて「誤りを正す!」というのも

なんだか赤ペン先生みたいで嫌味ですよね。

(苦笑)

 

とはいえ私のように講師の立場の人は

本来の成り立ちを知ることも大切ですので

ご紹介したくなりました。

(ちょっと長いので時間を見つけて読んでくださいね)

 

まずはよくある本来の成り立ちと異なる説明は

「吐」という字は

 口にプラスとマイナスと書くから、

 プラスのこともマイナスのことも吐いていると

 波動(?)が下がるので要注意。

 

「叶」という字は口にプラスと書くから、

プラスのことだけを言うとそれが叶うんですよ。

 

というもの。

 

これはこれで興味深い解釈ではあります。

芸人のゴルゴ松本さんが

この内容で少年院で話されていると

テレビで肯定的に紹介していました。

 

しかし漢字が出来た時代に

+と-の記号の概念はなくて

後の世の人が創作した解釈なのです。

 

では本来の漢字の語源を見てみると

「吐」は「口と土」から成り立っています。

ここでの土とは地面のこと。

特に古代の人にとって地面は

農産物や鉱物など「万物を吐きだす存在」でした。

ですので「吐」は

「口から大地のように色々なものを吐き出す」

という字で本来は悪い意味ではないのです。

 

「叶」は「口に十(じゅう)」。

ここでの十とは沢山のものが

一つにまとまるということから

単に「多くの人が声を一つに合わせる」というもので、

良い意味であるというわけでもないのです。

 

 

今日はなぜこれを紹介したかと言うと

私の個人的な考えは

脳科学ではプラス思考や肯定的な言葉が

重要視されるけど

でもそう思ったり言ったりできない時が

誰の人生にもあるよ」ということ。

 

 

プラスとマイナスの二元論には「限界がある」

長年の研修・セミナー事業から痛感しています。

 

 

また一方でキャンサー・サバイバー歴を重ねることで

負の体験から色んな愛(←恋愛と言うことでなく

様々な意味での愛ね)が生まれることを実感しています。

 

 

そんなスタンスから生まれたのがワンセルフカードです。

 

 

ですので30枚のカードにはマイナスの言葉も

3枚ほどあえて入れていたり、

黒い色のカードがあったりします。

 

 

 

色々と書きつらねましたが

今日のポイントは単純な励ましと

光の言葉だけではダメなのだということ。

 

成功と挫折という

人生体験と結びついていなければ

そのツールもセミナーもセラピストも力がない

ということ。

 

 

プラスとマイナスが混然一体となった、

ユニークなワンセルフカードとその認定講座

今後ともよろしくお願いいたします。

 

追記:

今回の漢字の成り立ちについては

「儲」の字をネットで調べていて

白川静先生という方が日本での漢字研究の

第一人者と知り、いくつか著作を読んで知った情報です。

 

 

【補記】メモ 

(1)5/1付で会社のHP を更新、一言メルマガ配信

   
(2)認定トレーナーの開講日程 を4/29付で更新

(3)ワンセルフカード セラピスト認定講座、 
   およびワンセルフカフェの詳細はこちら

(4)本部の公開講座のカレンダー 

  
  ↑ 
   両親のがんと痴ほうで

   本部での公開講座は講座は只今休止状態。 
   リクエスト受付中。 


(5)この内容とは別視点で綴るカードの作者、

   中本雅子のブログ 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)