2014年06月13日

言葉を道具とする・・・悩む

テーマ: |-アニマルコミュニケーター雑感



こんばんは。木野村です。


窓の外から真ん丸のお月さまが、見てますよ。


今日は満月。


お月様、ニコニコ。






言葉にすることの限界にフツフツと悩むんですよ。


アニマルコミュニケーションにしても、「言葉」にすると動物から伝えられたことが「ズレる」


例えば、たった一言の「分かった」という言葉に込められている感情を伝えきれない。


しまいには、「分かった」という言葉を使っていいのか?・・・


ってことが、頭の中でグルグルまわる。






先日のアニマルコミュニケーションのセッションで、「分かった」を説明したんですよ。


「心から同意してるんじゃない」、「ちょっと反対の意見を持っている」、「だけどそれを抑えてのあなたへの信頼・・・」


そうした感情が包括された「分かった」です。


説明すればするほど・・・これでご理解いただけるのか?






子供の頃は無口だったんですよ。うふっ。


感情と言葉のギャップが受け入れられなくて。


話すと、違ってくる。


だから、話さない。






そんな私が、大人になって選んだ仕事がカウンセラー。


20年も「言葉」を使ってきて。


さらに、今はアニマルコミュニケーションで「言葉」に悩んでいる。


子供の頃からの悩みの種を仕事にしちゃって、同じ悩みを持ち続けるわけで。


ほとほと「言葉」に縁がある。






ちょっと、何かが分かったんですよ。


先日のクライアント様は、エグゼクティブコーチ。


彼女がコーチングをするうえで大事にしていることが「場の氣を作り、氣の動きを見る」ことだと、おっしゃった。


なんだかはっきりとは分からないんだけど。


ピースが1個はまった感じがする。






今月のセミナー状況です
「ペットと日常会話のできる飼い主になる」


6/21&6/22めでたく満員御礼となりました。ラブラブ


●6/23&6/24は、メッチャ余裕です。


レイキ講座レベル1「ファースト・ディグリー」


6/14は残席1名です。


6月は個別のセミナーの受付も締め切らせていただきました。


いつも、ありがとうです。





$ペットと話す アニマルコミュニケーション 人と動物の健康
【 例えば 】携帯電話で話すように
お留守番しているペットへ
「ゴメン、帰るの10時過ぎる。帰ったら直ぐご飯にするね」


トリミング中のペットへ
「シャンプー終わった?じゃ、3時には迎えに行くからね」



こんな会話ができるようになったら、楽しいと思いませんか?


6・7月のセミナー予定
【6月】
6/21(土)& 6/22(日)(満員御礼ドキドキ
6/23(月)& 6/24(火)

【7月】
7/14(月)& 7/15(火)、7/26(土)& 7/27(日)



「ペットと話せるようになった飼い主さんの声」





☆Platform ones-one



◆-◆-◆  TEL  :090-8516-0479 ◆-◆-◆



ペットと話す アニマルコミュニケーション レイキ講座/板橋

営業時間:10:00~20:00/不定休

講座/セッション会場グリーンカレッジホール

E-mailplatform@ones-1.com

Skype
ones-one



飼い主がペットと話すアニマルコミュニケーション

木野村でした。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

アニマルコミュニケーター:木野村さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

携帯からもご覧いただけます
ペットの健康は飼い主の手で「ペットと話す」「レイキ講座*板橋