イヤぁ引っ越し後の片付けの忙しさにかまけて随分と更新をサボっちゃいましたがやっとこ落ち着いてMacさんの前に座れる時間が出来ましたヨ。

んで落ち着いたついでに以前に作ってた粘土の制作を再開。
modoで作ったんじゃないッスよw。modoは501が年内発売との噂なのでどうにも購入のタイミングが悪く、かと言って他のソフトに手を出すのもアレだし、でもなんか作りたいなぁなんて思ってたトコロでそうだ!粘土再開しようというコトで、決して3DCGを諦めたワケではないッス。

本日は昔描いた絵本のキャラ

$3DCGが描きたい。
「イヌのムクムク(意外とアウトロー)」

3DCGが描きたい。
「カバのプータ(ビビリ)」

3DCGが描きたい。
「トリのキャロライナ(協調性アリ)」

が完成。

キャロライナはもっと姿勢が良かったんだけど乾かしてる間に重さでポーズが変わってアグレッシヴな風合いに。

嫁にキャラの名前と性格の説明をしてたら「なんかそんなコトばっかり言ってるコ、クラスに1人はいたよね」と失笑でした。

登場キャラはまだあと5人もいるのでチョイチョイ作業進める予定。行く行くこんなヤツらをmodoで描けるようになれると良いんだけど。ウヒヒ。
AD

3DCG CAMP 2010 行って来ました。

テーマ:
$3DCGが描きたい。
過去に東京ビッグサイトとかのイベントで「1日で回りきれないよー」みたいな思いしたからそんな感じイメージしてたんだけど割と小振りなスペースで人もまばらでスイスイ見れました。空いてるのは良いんだけど3DCG業界的にはホントはもっと盛り上がった方が良いんだろけどね。

$3DCGが描きたい。
我らが「modo」ブース。丁度到着してすぐくらいにミニステージで「modo」の紹介が始まったので見てみました。やっぱり「modo 501」は間もなく発売されますよ!
本社(?)のアメリカ人スタッフ2名がパソコン触りながら色々新機能の紹介をしてくれました。通訳のお姉さんはなぜか噛み噛みでしたw。
気になる「modo 501」はみんなが期待してたアニメーション機能の強化はあまりない様子。ドチラかというとモデリングの方に重点が置かれてるらしく、専門用語分からないからウマく伝わらないカモだけどポリゴンの変形の時にたまに角に出てしまうプラモデルのバリみたいなのが出ないように改良されたとか、エッジの追加が以前よりカンタンになったとか、UVマップで変形が極端な部分を色で教えてくれる機能がついたりと、ま、便利なんだけど劇的な変化といった感じではないかしら?ホントは最後まで聞きたかったんだけど、お目当ての「ヤンス!ガンス!」セミナーが始まる時間になっちゃったので失礼ながら途中で退散。

$3DCGが描きたい。
「ヤンス!ガンス!」セミナーは100人くらいが入るホールにて行われました。残念ながら撮影禁止なので写真はナシ。秋元きつね先生と吉井宏先生がお揃いで色違いの「ヤンス!ガンス!」Tシャツを着ていてなんだか人生楽しんでる感じが伝わって来ました。セミナーは「ヤンス!ガンス!」を発案して完成するまでのおおまかなワークフローをFlashのプレゼンシートとムービーなどを交えながら説明してくれました。
なんと「ヤンス!ガンス!」ってたった6人で作ってるらしいですよ。もちろん映像監督やイラストレーター、アニメーター、ゲーム音楽の作曲家などその道の第一線のプロが集まってやってるんだけど、構想約1年、制作約1年で90秒のムービー、しかもメチャクチャクオリティの高い作品を12本も作っちゃうんだからスゴいですよね。
作り始めた理由を「なんか悔しいから楽しい物を作りたい」としてみたり、「5人に伝われば良いので」という理由で落書きみたいな絵コンテを見せてくれたりと、なんだかユル~い感じも楽しそうで良かったです。
お二人が「ヤンス!ガンス!」のコトを「大人のサークル」と言っていましたが、ホントに楽しんで作っているのが伝わって来る素晴しい作品だと思いました。

受注でデザインの仕事をやってると受けた仕事の知識を身につけるために必死に勉強したり、もっと賢くならないとと思って小難しい本を読んでみたりするんですが、ふと立ち止まると全然つまんないし興味もないコトに向かって行ってるコトってたまにあるんですよね。
なので今回のセミナーでは自分の好きなコトへ普通に歩み寄って行くコトの大切さや難しさを改めて考えさせられましたヨ。

セミナーが終わった後にお二人が残っていたので勇気を振り絞って吉井宏先生に「ボク昔の生徒なんですよ」と話しかけてみました。もう十何年も講師をやっていらっしゃるので何百人何千人いる生徒の中の1人なのでもちろん覚えてはいませんでしたが、色々と今後イラストを描いていくアドバイスをお客さんがみんなはけてもまだお話してくださってとても温かい気持ちになれました。最後には名刺交換までしてくださって感激でした。憧れのヒトに再会出来てお話出来たので帰りの電車は胸がいっぱいで本を読むコトも音楽を聴くコトも何も出来ずにボーッとしてましたw。久しぶりにそういう感情を味わいましたが悪くないですね。

今回はおおまかなワークフローの話がメインだったので欲を言えばもっと「modo」のモデリングや「LightWave 3D」の扱い方なんかも聞きたかったです。また別の機会があれば足を運んでみようと思いました。

そういえばDVD出るみたいです↓。
ヤンス!ガンス! MEAT OR DIE シーズン1 [DVD]/出演者不明

¥2,940
Amazon.co.jp

AD

POLICEMAN 日本語版 3本目

テーマ:
$3DCGが描きたい。
体験版終了しちゃいました。

で、ちょっと記事を書くまでタイムラグは出来ちゃったんですが、どうにか終了前に4本中3本目のチュートリアルまでは滑り込みセーフ(アウト?)で間に合いましたヨ。

$3DCGが描きたい。
3本目はココまで作ったポリゴンを色やアニメーションのグループ別にレイヤー分けしていく作業。
例えば色だったら顔の肌色の部分だけを選んで「Policeman_Skin」、ヘルメットを選んで「Policeman_Helmet」みたいな感じね。
アニメーションは追々ちゃんと3DCGが描けるようになったら本格的にやろうかと思ってたので、今回は流す程度にしたんだけどザッと説明すると、例えばポリスマンの乗り物を移動させる時に同時に動くすべてのレイヤーをグループ化させておく必要がある。乗り物本体を親レイヤーとしたらその中に顔やらサングラスやらヘルメットやらエンジンやらのレイヤーを子レイヤーとして(呼び方の違いだけで特別な設定とかはナシね)全部入れてグループ化する。この時に顔だけ入れてないと乗り物が走るアニメーションをさせた時に顔だけ置いてっちゃうってコトね。
イラレとかフォトショップだとレイヤーフォルダってのがあってその中にレイヤーを入れてまとめるんだけど、「modo」の場合はそもそもレイヤー(modoだとレイヤーのコト、Meshって呼んでる気がする)自体がフォルダの役割も兼ねてるらしく合体させずにレイヤーを入れたり出したり出来る様子。

$3DCGが描きたい。
レイヤー分けが終わったら色付けの作業。それぞれ好みはあるんだろうけど、ボクはココの作業がいちばん楽しいかなぁ?初心者用のチュートリアルビデオではUVマップという機能でみかんの皮を剥いで色を付けたり凹凸のテクスチャとかを読み込んでリアルな肌の質感とかを再現したりしたんだけど、今回のはオモチャっぽい仕上がりだからか基本的に色を塗る作業だけで対応。
でも色を塗るって言っても例えば緑色に発光してる部分はホントに発光してるように数値を調整したり、

$3DCGが描きたい。
サングラスや乗り物本体はガラスや金属が映り込みする感じに数値を調整したりと単純なベタ塗りだけじゃないのがイイですねぇ。やっぱり写り込みってテンション上がるなぁ。ウヒヒ。
この時に調整する数値が「ディフューズ量」「スペジュラー量」「フレネル」「ラフネス」とかなんだけど、いじくったらどう変化するのか、現状ではドレも明確な説明が出来ませーん。ま、コレは触りながら覚えるしかないんですかね?

$3DCGが描きたい。
で、色塗りが完了したら最後に「POLICE」って文字を打った画像を読み込んで乗り物本体に貼るんだけど、なぜかセンターを境に正体と鏡像と2枚貼られちゃった。多分「対称:X」とかにして作業進めちゃってたんだろうけど、気がつけば取り返しがつかないくらい作業進んじゃってたので今回はもうあきらめたw。

$3DCGが描きたい。
そんでカメラアングルも調整して書き出した画像がコチラ↑。
イヤぁまだまだ色々課題はあれど、なかなか嬉しいモンですねぇ。ウッシッシ。

初級~中級者向けとのコトだったから少々構えてたんだけど、ムービーをチョイチョイ一時停止しながら落ち着いてやればどうにか行ける感じかな?もちろんまだ現状でも何も見ないでスイスイ描ける感じにはなってないけど初心者向けチュートリアルビデオをやり終えた時に比べれば少しは自分の好きなイラストとかが描けそうなイメージはありますね。

他の3DCGソフトは使ったコトがないから比較とかは出来ないんだけど、思ってたよりは小難しくなさそうかな?ま、でも全然イラレとかフォトショップに比べたら機能も多いし使いこなせるようになるのは大変だと思うけどね。

正規版は今は約¥85,000で買えるんだけど、全然払っても惜しくないくらいのソフトだと思いました。ただちょっと個人的に引っ越しが控えてたりWebのソフトを買わないとだったりで出費がかさむ上にイジクる時間がしばらく取れなそうだから購入はしばし保留。あと最新版「modo 501」の発売があるんだかないんだかビミョーなタイミングな気もしますしね。
しばらくはまたノートの片隅に落書きしながらセミナー行ったりゆるキャラ眺めたりして様子見ますわ。

今回も操作メモ。

◎レイヤーを選んでAキーを押すとモデルが画面にフィットする大きさで表示される。

◎[(←オープンブラケットキーと呼ぶらしい・・・。)

◎ムービーで言う「altキー」はMacでは「optionキー」

◎被写界深度の設定はシェーダツリー/Render/プロパティ/被写界深度のチェックボックス。

◎ディフューズ量?スペジュラー量?フレネル?ラフネス?反射量?サブサーフェイス量?スキャッタリング距離?ルミナス輝度?それぞれ何を表す数値?
AD

3DCG CAMP 2010

テーマ:
$3DCGが描きたい。
10月14日(木)~16日(土)まで「3DCG CAMP 2010」が東京都江東区の「日本科学未来館」「国際交流館」で開催されます。
こないだまで公募してた「3DCG AWARDS 2010」の受賞作品発表会が中心らしいんだけど、なんとなんと

$3DCGが描きたい。
「ヤンス!ガンス!」の我らが吉井宏センセーと秋元きつね先生が無料セミナーをやりますよ!事前登録した先着80名が優先的に入れる仕組みらしいので興味があるヒトは早めの予約がオススメです。ボクはもう予約しました。
その他に有料セミナーもありますし、3DCG好きにはオススメですヨ!

POLICEMAN 日本語版 2本目

テーマ:
$3DCGが描きたい。

「仕事が忙しいなーmodoイジクりたいなー」と思いながらなんと20日も過ぎちゃいましたよ。気がつけばお試し期間もあと数日。ナニやっとんねんオレ。ま、いつかこうなって更新が滞っちゃうであろうコトは薄々予想がついてたんだけど、せめて体験期間中はmodoさん使い倒したかったなぁ・・・。

というワケでもう前回ナニやったかも覚えてない状態でチュートリアルビデオ2本目から再スタート。内容ドコロか操作もすっかり記憶喪失ですわ。やっぱりちょっとイジクったくらいじゃ操作が体に馴染んでなくて全然ダメね。
でもね。地味~に前回の操作メモが役に立ちましたヨ!やっぱり超超基本的なコトでも初心者だと忘れちゃうからねぇ。書いといて良かったぁ。

$3DCGが描きたい。
んで前回はどうやらポリスマンが乗ってる乗り物のボディの部分までモデリングしたらしい。今回はエンジン(?)みたいのとかエンジンとエンジンを繋ぐ羽根みたいのとかをモデリング。エンジンの中にあるプロペラみたいのを1枚作って中心点から20枚くらい円形にコピーしたり、ブリッジっていう別のポリゴン同士を橋みたいに繋いだりとなかなか高度になって来ましたよ~。でも説明通りに落ち着いてやれば特に問題ナシ。割と小技が多いから一気に全部の操作は覚えられないと思うけど、やったコトだけ覚えとけば遡ってムービー見てどうにか行けそう。
たださすが初心者~中級者向け。ジワリジワリと説明が大雑把になって来た。今までは「シェーダツリーのRenderメニューよりプロパティを選び~」みたいに言ってくれてたのにいきなり「プロパティの○○のチェックボックスを~」とか始まって「あれ?プロパティってドコだっけか?」みたいな場面もしばしば。ま、修行ですわ。

$3DCGが描きたい。
乗り物のモデリングが完成したら遂にポリスマンのお爺ちゃん。なんと驚いたコトにソフトに最初から入ってる「Margaret.lxo」っていう完成した女性の顔のポリゴンを元に髪の毛を消して頬をこけさせて鼻をデカくして口角を下げて~と作業を進める感じ。たしかに元があれば作業効率は良いけどチュートリアルってそういうコトで良いのかしらね?なので顔をアレンジする方法は身に付くけどゼロから顔を作る方法は身に付かないッス。そういうモンなのかな?3DCGって。

イジクってて思ったんだけど、やっぱりムービー通りにやってるつもりでも若干違う動きになっちゃうコトってあるんよね。文章だと伝わりづらいカモだけど、いくつかのポリゴンを選択して変形させる時にムービーでは隣のエッジとポリゴンも一緒に滑らかに変形してるのに、自分でやるとエッジが固定になっちゃって選択してるポリゴンはもちろん変形出来るんだけど、隣のエッジとポリゴンはピクリとも動かないとかね。多分何かのチェックボックスを入れるとかのカンタンなコトだと思うんだけど、まだその原因を突き止められるほど詳しくはなれてないですなぁ。でもなんとな~く以前に比べて解決方法も思いつくようになって来たかな?あとからエッジだけ選択して変形させちゃえとかね。

$3DCGが描きたい。
そんで指示通りにイジクってたらだんだんポリスマンになって来ましたヨ!ズルしたとは言えココまで来るとなかなか嬉しいモンです。モデリングをもう一歩踏み込んでやってみて改めて思ったのはホントに粘土細工とか絵を描くような感覚で作業が進むから大半は目分量なのね。特に顔の凹凸なんて膨張ツールとか移動ツールとかでコチョコチョコチョコチョイジクって変形を繰り返すから完成予想図が明確であればあるほど似せるのがキツい作業になるなぁ。3DCGのオリジナル作品なら感覚で進めちゃえば良いけど、2Dのモトがあるとかは結構キビシそうだな。
イラレ・フォトショップだとある程度数値を合わせるとかで似たモノが作れそうなトコロをmodoでは数値云々ではどうにもならない場面が多いかな?ま、作るモノ自体が違うから当たり前っちゃ当たり前か。

$3DCGが描きたい。
で、今回は多少指示を無視してちょっとした違いなんだけど自分好みにアレンジしちゃいました。ってもゴーグルと鼻と顔がデカめとかマシンが若干丸っこい程度だからソレほど差がないか?

前回役立ったから今回も忘れそうなトコロを操作メモ。

◎視点の切り替え
・画面左上の「パース」ドロップダウンメニュー
・テンキーの「1」「2」「3」
・control+スペースキーのパイメニュー

◎ベベル中に選択範囲をShift+クリックでエッジを増やすことが出来る。(ソレをベベルすると言う?)

◎tabキーでの見え方(角張ってる状態/滑らかな状態)切り替えはレイヤー(Mesh)ごとに出来る。

◎Hキーで選択したオブジェクトが非表示になる。
◎Uキーで非表示にしたオブジェクトを表示。

◎スカルプトツール(顔をなぞって膨張させたりするヤツ)をやり過ぎたらcontrolキーを押してなぞるとマイナス方向に作用させることが出来る。

◎ブラシサイズは右クリック+ドラッグで大小出来る。

◎レイヤーの複数選択はshiftやcommnadではなくcontrol

さてさて。チュートリアルビデオあと2本。体験期間が終わる前に出来るかなぁ?

やよいの青色申告 10

テーマ:
お便利ソフトって紹介するにはあまりにも有名だけどね。「やよいの青色申告」のおハナシ。
最近は青色申告会の上半期記帳会に向けての準備でバタバタしとりました。青色申告も今年でもう7回目。でもどうしても興味が抱けなくてなかなか慣れないモンです。最初の2~3年くらいは年明けて申告直前になると詳しいフリーの友達に来てもらってバタバタ手伝ってもらってってやってたんだけど、翌年くらいに「このままじゃイカン!」というコトで「Macの青色申告」ってソフトを買ったんだけど自分の理解度の低さもあり全く使いこなせず。そんでまずは青色申告というモノを理解せな始まらんというワケで、

フリーのための青色申告デビューガイド改訂版!!/はにわ きみこ

¥1,470
Amazon.co.jp

↑コチラを購入。小難しい内容がゆる~い文面で書かれてるし、書いてるのがフリーのライターさんなので自分と近い事例が紹介されてたりでホントこの本にはお世話になってます。買ってから数年経ちますが未だに「外付ハードディスクはナニ費だったかな?」「加湿器って経費で落とせるの?」みたいな感じでペラペラ読んだりしてます。

で、近年は覚えるコトを目標にしてたので手書きで頑張ってたんだけど、いよいよ理解度も深まって来たので(って言っても7割くらい?)PC導入かな?となったんスよ。先述の本の中でもオススメされてるし、青色申告会の人も結構使ってるし。というコトで

やよいの青色申告 10

¥8,715
楽天

↑コチラを購入。ただWin環境でしか動かないんスよ。最初はウチのMacさんにBoot Campで入れようと思ってたんだけどね。前にも書いたように「オレのMacさんにWinインストールしてWinに不具合起きちゃったらどうしていいか分からん!」みたいなWinアレルギーがあるし、記帳会とかで教えてもらうのにほとんどの人がWinユーザーだから教えてもらうのに良いだろうし、ノートの方が持って行けるから便利かな?というワケでフラッと中古パソコン屋に行って2万チョイくらいのDynabook(だったかな?)を買いましたヨ。MacBookさんとかだったら散々調べて散々迷ったりするんだろけどね。Winではホントに「やよいの青色申告」以外使うつもりはないから、ま、動けばなんでも良いんスよ。たしかOSはXPだったかな?ソレもドレくらい古いのか良いのか悪いのかちんぷんかんぷん。

ともあれ「やよいの青色申告」をインストール。早速起動して入力作業。「感覚的にスイスイ出来ちゃうのかしら?」と期待してたんだけど、まぁ世の中そんなに甘くないッスわ。やっぱりちんぷんかんぷん。「やよいの青色申告」って買ってからユーザー登録すると操作方法を優しく解説してくれるDVDを郵送で送ってくれるのね。でもそのDVDが届く前に青色申告会の日が来ちゃったのでもうPC持って行っちゃいました。そしたら税理士の先生が「預貯金はココ。現金はココ。科目はココで登録。適用はココで登録。」って感じで教えてくれて1時間くらいであれよあれよとマスター。知ってる人に教えてもらうって素晴らしい!キャー!

あのテのソフトってさ。使わない項目が山ほどあるじゃない?だから「ココはキミには関係ないからココだけ打ってりゃいいよ」ってのを教えてもらうだけでヒドくカンタンなモノに思えてくるから不思議だよな。

そうなったらもう速いッスわ。「やよいの青色申告」の良いトコロは予測変換ね。「s」って打つだけで「消耗品」「接待交際費」とか候補がいくつか出てくるから選ぶだけだし、単語の登録もカンタンに出来ちゃう。「消耗品」の「しょう」ってキーボードで打つ時に「syou」って打つ人も「shou」って打つ人もいるでしょ?ソレも自分のお好みで登録し直せるし。あと項目打ち終わるごとに「return」を押せば「勘定科目→適用→金額」といった感じで次々に打つ項目を選んで行ってくれるんよ。なんかこういうソフトっていちいち長~いメニューバーから項目を選ばないとだったり、打ちたい項目をマウスで選び直すのとかが実は地味~に面倒で時間のロスだったりするんね。ソレをスイスイ進めてくれるからストレスは全然感じないッスね。

あ。でもね。やっぱり「全く確定申告を理解してない人でもOK!」って感じではないッス。多分。全然理解出来てない頃ってついついソフトにそういうのを期待しちゃうんだけど、そもそも「本は消耗品なの?資料代なの?」「減価償却って何やねん?」みたいのがそこそこ頭に入ってないとスイスイは打てないかな?

もちろん操作はやさしくなってるから、みんなが「やよいの青色申告が良い!」って言うのはやっぱり操作性のコトを言ってたんだなと思いマス。そんなこんなでMacユーザーの方はWin買ってでも「やよいの青色申告」がオススメです。

POLICEMAN 日本語版 1本目

テーマ:
$3DCGが描きたい。

入門編チュートリアルビデオの「modo in focus 401 日本語版」が無事(?)に終了したので次のビデオを買いましたヨ。
ホントは入門編の次は初心者向けの「Sports Shoe 日本語版」がイイって実際買ったみなさんがブログの記事とかで書いてるんだけどね。ボクが作りたいのはキャラだからどうにもリアルなスニーカーを作る気がせんなぁ・・・と思って、初心者~中級者向けと言われてる「POLICEMAN 日本語版」を買いましたゼ。ムヒヒ。かなり操作が難しくて心折れそうになる場面が多いから少しでも楽しさを見いだせる方が良いかな?と思いまして。

$3DCGが描きたい。
4本のムービーから出来てて1本目はポリスマンが乗ってるなんか和式のトイレみたいなカタチwの乗り物のモデリング。やっぱり入門編に比べてゼロから丁寧に説明してくれてるし、完成型が自分が作りたいモノに近いから作ってて尾も白~い。
もともとアメリカで発売されてるモノに日本語吹き替えしてるのでインターフェイスが英語版なんだけど配置も日本語版とほぼ同じだし選択メニューとかも言葉でちゃんと説明してくれてるので全然問題ナシ。
ソフトが使い始め思い通りにならなくてイライラするのってさ、多分何をどう間違ってるのかも分からないからなんだね。ひと通り入門編観てザックリ勉強したから今回は操作を間違っても「あ。選んでるツールが違うのね」みたいな感じでぼんやりだけど間違ってる原因も分かるようになって来た。こりゃイイぞ。
でもね。やっぱり説明してる専門用語がさっぱり分からんので今回はいちいちムービーを一時停止して調べながら進めましたヨ。

以下、素人が「POLECEMAN 日本語版」にチャレンジして疑問に思って調べた箇所とか覚えといた方がイイと思った箇所。意外と当たり前のコトは教えてくれないからね。引用したURLもメモしときます。

◎ポリゴンを増やす
キーボードのDキーを押す。

◎フォールオフとは?
http://mmm333mmm333.blogspot.com/2009/04/modo4.html
フォールオフとは、効果が影響する範囲の設定。
「リニア」=フォールオフをなしにすると、全体が拡大縮小しますが、フォールオフをリニアにすると一方だけが拡大縮小します。
「選択」=選択したポリゴンにのみ影響を与える。

◎マウスの中ボタンを押しながらドラッグ
→commandキーを押しながらドラッグ
Macさんの場合はシステム環境設定/マウスでマウス真ん中のホイール(という名前のボタン)に「ボタン3」を設定。

◎ポリゴン選択範囲を広くし過ぎたら
controlキーを押しながらクリックで選択解除。

◎イーズイン(減算)
http://www.studioanima.co.jp/jyukutyo-blog/2009/10/post-68.php
イーズインとは動き出す時はだんだん加速してく
、イーズアウトとは止まる時はだんだん減速していく
ことを指します。

◎対称ツールを使用する前は「形状/対称ツール/トポロジーを使用(をチェック)」

◎「頂点」ツールで穴が空いてる箇所を選んだあとにキーボードのPキーでポリゴンの蓋をする。

◎ポリゴンはなるべく多角形ではなく四角形にしておく。

◎メッシュ編集のメッシュとは?
???(調べても答に辿り着けず)

◎メッシュ編集/エッジスライス
スライスする時はクリック+クリック。次の始点に移る時にshift+クリック。

◎底面を作る時は「エッジ拡張ツール」=Zキー

◎shiftキーを押しながらビューポート(ウインドウの何もない部分)クリックでエッジ追加。

◎複製/ブリッジ
http://metasequoia00.blog105.fc2.com/blog-entry-87.html
選択されているもの同士の間を補完する。
Pキーとどう違う?

最後に。ビデオ観て作業しながら思ったコト。指示通りに操作してるつもりなのに何も変わらないように見えるコトって多々あるんスよ。でもね。やり直す場合は必ずアンドゥ(command+Z)した方が良いッス。変わってないように見えても実はドコか変わっちゃってる可能性が高いから。今回ボクはアンドゥしないで進めちゃったらかなり後半になってポリゴンが部分的に細かくなり過ぎてたコトに気付いて結局最初からやり直すコトになっちゃった。もしかしたら直す方法もあるのかも知れないけど初心者のうちはどうしてイイか見当もつかないモンねぇ。

ではまた。

【5000円以上で送料無料!&全品代引手数料無料!】【ポイント5倍!】イーフロンティア LX0...

¥4,980
楽天