ワンライフプロジェクトのブログ

平成18年(2006年)に 福岡県筑後市で 『ワンライフプロジェクト』 という活動を立ち上げました。
『たったひとつの命だから』この一行の言葉にあなたは何とつなげますか?
 


テーマ:

パパがそらへ行って1年

 

主人を亡くして1年が過ぎ 私も一歩を踏み出したくてペンを持っています。

 

昨年の9月 ガンと闘った主人が遠い世界へ旅立ちました。

あれから1年 1年もたつというのにこの1年間を思い出すことが出来ません。

それほど 私は空っぽの生活を送ってきました。

私の両親・主人の両親・友達・同僚・・沢山の人に支えられながらも 何度二人の娘と共に主人のところへいこうとしたか分かりません。

 

先日、年中の娘が手を切りました。

持っていたのはピーラー。

咄嗟にひとつ年上の長女を叱りました。

「なんで勝手に台所で遊ぶの!ランに怪我までさせて!」と大きな声で怒鳴りました。

 

長女はうつむいてピーラーを握り締めて静かに泣いて謝りました。

ふと 娘の横に置いてあるボールに目をやると ピーラーで皮をむいたじゃがいもが3個入っていました。

もちろんそのじゃがいもはデコボコでした。

手馴れていない娘たちが剥いてくれたものですから。

遊んでいたのではなく 料理をしてくれていたのだと気付きました。

「お姉ちゃん、料理をしてくれようとしたの?」と尋ねると

怪我をした下の娘が答えました。

「あのね ママが喜ぶように カレーを作ろうってお姉ちゃんが言ったの」

この言葉を聞いて、私は二人の娘を抱きしめて謝りながら泣きました。

 

翌日 娘の保育園の先生方にこの話をしました。

すると 思いがけない言葉が返ってきました。

 

長女が通う保育園では、月に2回、年長さんの料理教室があります。

先週はカレーを作ったそうですが その時娘は先生に

「パパがお空へ行ってから ママはいつも怒ったり寂しそうにしている。

 ママが笑ってくれるように今度カレーを作ってあげるんだー」と話したそうです。

誰よりも熱心に野菜の皮を剥き 出来上がるまで鍋の傍を離れずとても真剣だったそうです。

 

先生の話は続きます。

『みゆちゃん、カレーが出来上がり、みんなが食べ始めると、ひとり下を向いて涙をほろほろ流し始めたんです。

「どうしたの?」と訊くと、

「パパと食べたことを思い出した」と答えて、大泣きしたんですよ。』

 

 

私は、最愛の夫を失って、これからの長い人生を考えると不安でたまらなくなり、生きることよりも死ぬことを多く考えていました。

でも、そんな私を幼い子供たちは一生懸命慰め、力づけようとしてくれていました。

小さな胸には、パパがいなくなった悲しみをそれぞれに抱えているのに、私の前では泣かない娘たちです。

 

今、主人に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

子煩悩で子育てにも積極的に関わってくれた主人でした。

娘を育てることを放棄したら、天国で見守ってくれている主人が悲しむだけですよね。

 

この1年間 弱さばかりを周りに見せてきました。

でも 再出発です。

主人は空の上からいつでも私たちを見ていてくれる、それだけは感じるのです。

誰よりも家族を愛してくれた主人でしたから・・・・

たったひとつの命だから 生きる強さを娘たちに見せてあげられる母親になりたい

 

                 福岡県 ミユとランのママ

 

 

来週、30日は博多区の春住公民館さんでの朗読会です。

 

このメッセージを 23歳のスタッフ・彩香が朗読します。

ずっと一緒にいてくれる子どもたち

子どもと思っていたら、この冬ママになるって。

いつの間に大人になったの?

ってかんじですが

そんだけ私も年をとっているんですよね。

 

   ◆8月30日 午後7時30分~

   ◆春住公民館さんにて

 

    『たったひとつの命だから』朗読会

 

 夏の暑さを忘れるひとときを

 一緒に過ごしていただける皆さんに感謝です。

 

 いろんな方へ

 いろんな方の想いをお届け出来ればと思います。

 

 少しの時間 おいでください・・・

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
袋とじゃれてて
気がつけばその状態で爆睡‥

{E5EA38AB-B11F-4F29-A737-450AC9FF4F5C}


飼い主に似たらしい。
次男にそっくり。㊙️



13日に母の初盆の法要を済ませました。

{3DAD5B4A-C0FB-442D-BE9D-4768C7621908}

{772C3FF0-34CC-420A-AF27-CC4EF8FC589A}


伯母達が口を揃えた事がある。

母はとても猫好きだったと。

私の記憶には、そんな母の姿はない。
専ら、私達が猫の世話係。
母が猫と遊んでいる光景のひとつもない。

しかし、若かりし頃は猫と遊んでいたんだろうなぁ〜〜

母が亡くなってすぐ、桑野家の本家で5匹の猫が生まれた。

2匹を弟が引き取り
1匹を我が家へ。
名前を『トラ』にした。


弟が引き取った茶トラの2匹は、父の部屋で寝るようになった。

父が『ばあさんの代わりに、やってきた』
と言うように
父の寂しさもだいぶ緩和された。

母が送り込んだ猫達。

今や我が家の世帯主だ。


長男は、猫より犬派。
しかし‥


{BE0FF9B7-8A35-4790-A1F7-0AF1DA18590B}

俺は犬派だ!
と言いながらもよく話しかけている。笑笑


一番アホなのは三男だ。

{64BE9E25-9107-482B-BFDC-638F84F1008D}

エサ食べてるトラにキスしてます。
呆れるばかし。


唯一、教育出来るのは次男。
{344C8F07-B2DB-4540-854F-C84C34C887E3}

一応、言い聞かせ‥
一応、しつけってやつを体を張って行っている、らしい。


トラ様中心の我が家。
母の代わり。

そう思うだけで、気が引き締まる。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
中学時代の仲間とワイワイとやる
『やすひさ会』

会長が、やすひさ君なので『やすひさ会』
なんでも、単純が一番です
いいネーミング


5月以来なので、3ヶ月ぶり〜

みんなの近況を聞き
夢を語り‥語り‥語ったっけな
たぶん語った

53歳・54歳にもなると
誰かが天国にいった  とか
病気になった  とか
孫が生まれる  とか
そういう話題で5時間くらいあっという間

{E0301687-881B-447D-9162-021C316F895A}

{5FC225C5-BEA0-473B-A815-A093A03DE5A1}


あの頃と同じ笑顔
あの頃‥から、40年もたつというのに
何故、変わらないんだろー
そう思えるんだろー

それぞれ、定年迄は今の仕事を頑張るのか
早めに切り替えるのか
これもまた分岐点


私には夢がある
それは
       学校を建てる!という夢である
言い始めてかれこれ10年


みんなで建てる!という事だけは決めている
いいのだ
決めているだけでいいのだ
1つの目標に向かって
みんなで想いを描けばいいのだ

時がきたら
一気に動き出す!そんなもんさ

必要な人が集まって
不思議なご縁の重なりで
おやおや〜
展開されていくはず

教育者ばかしだもん

7年計画、スタートです



1963年生まれの同期生で
この筑後市で

斬新な子供達の教育が繰り広げられる空間を日々イメージして
作り出す!と

今でなければ動けない
そう、動けなくなる前に
何かやりましょう〜〜٩(ˊᗜˋ*)وと

ただ、それだけのスタート


あはは
言ったからには動き出したはず
こんだけのメンバーが揃ったんだもん



心が、歌って踊って笑える学校を
のびのびと
あー
そんな子供達に、会いたい


{5CDBBD1A-2F10-4415-B939-69E946F0BB10}


うふふ、人生折り返したよ〜
大人が人生を楽しまなくて、子供達が楽しめる訳がない

しかめっ面したお母さん・お父さんの息子や娘は
しかめっ面してるよ

楽しくない人生なんて面白くない


人生は、一度きり
自由に  思ったとおりに生きるべし
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

福岡県 筑後地方の北部

久留米を中心とした『北筑後教育事務所』さんが

取り上げてくださいます。

 

そもそも、久留米で広がった活動です。

 

久留米のラジオ番組で紹介してもらったことから

ワンライフプロジェクトは階段を上り始めたのですから。

 

『マイペースで生きる』

このメッセージが反響を呼び

次のメッセージ また次のメッセージへと

繋がっていったのです。

 

あれは、奇跡だったのか

神様からのご褒美だったのか。

 

当時、神奈川に住んでいた女の子が書いた年賀状にあった言葉

『たったひとつの命だから』

 

年賀状に どうしてそんな言葉を???

年賀状じゃなかったら 私の心はそこまで動かなかったかもしれない。

でも、

確かに年賀状の裏面に大きく書かれていた。

まるで、突きつけるかのように。

 

 

たくさんの人に問いかけてみた。

『あなたなら、何と続けるか?』と

 

あれから11年。

時の流れははやいもので、朗読会も

私たち筑後の本部が行ったものだけで600回。

 

どれだけの人に会ってきただろうか・・・

 

いろんな活動があります。

素敵な人たちが この国にはいっぱい。

 

でも、

私たちを待ってくださってる人たちが存在されているから

私たちは会いに行く。

 

一人でもいい。

私たちの朗読で、心が開かれるならば。

 

書かれた方の想いに触れていただく事で

その方が

 『私だけじゃないんだ…』

と、ほっとしていただけるならば。

 

人に話していいんだ

話を聞いてもらえるんだ・・・

ここならば

 

と、思ってくださる人に

私たちは会いに行きます。

 

よろしく お願いいたします。

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

たった一つの命だから マイペースで生きる

 

私達は、戦後の貧しい日本を見てきました。

みんなが がむしゃらでした。

貧しくても助け合い

けんかなんてありませんでした。

物はなかったけれど、その分自然と仲良しでした。

男の人と口もきけない時代だったけれど、傷付け合う言葉もありませんでした。

 

 

ずいぶん成長した日本だけれど、

本当にこれでいいのか疑問だけが残ります。

 

政治家も組織の幹部も信用できないような国になって、こんな国にしてしまって子供たちにたくしていく 本当に心が痛いです。

 

   頑張りすぎたのかもしれないですね。

 

   頑張りすぎて、見えなくなっていた。  

 

ごめんなさいね。

あなたたちは、急がずマイペースでいきなさいね。

 

もうこの星にいる時間もながくない おばあちゃんからの最後のメッセージです。

 

 

            しょうちゃんと大ちゃんの おばあちゃんより

 

 

~第1巻より~

 

 

11年前に、久留米のラジオ番組に出演させていただいて

一番最初に届いたメッセージです。

 

ここから、久留米の奇跡は始まりました。

 

何度 朗読させていただいたか分かりません。

 

これからも、このおばあちゃんの気持ちを

大切にお伝えしていきます。

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小林麻央さんが亡くなって
いろいろな事を想います。

 

 

私は14才、中学3年の10月
『この心臓、あと3年もつかな』
と言われた時
あの時、心は何もかもを失った。

 

学校に行かなくてもいい
勉強をする必要はなくなったと
自分から全部を忘れることにした。

 

ところが
3年後にやってきたのは、死ではなく復活だった。

 

高校3年生、17才だった。
二度の交通事故の後、『死なない』と決めた
私が、私として生きることを決めた日だった。

 

 

時を経て 27才の私・・・
再び心臓が悪化。
大学病院に入院して手術を受けるようにと言われたけれど
私は、見えない世界からの声に従った。

 

『薬も機械も、たかだか人間が作り出したものじゃないか
お前は誰を信じるのか?
お前は 役目を果たすまで
魂が、この体とこの心を手放すまで
自分の未知なる世界だけを見ろ』

そう言われて
1才と2才の息子を連れて実家でひたすら音楽を聴いて布団の上で眠った。
心臓の四つの部屋が、部屋の壁が
きちんと作られることだけをイメージして
ひたすら眠った。

 

私には、私を守ってくれる自分自身がいつも共にいる。
その存在を感じることが出来る2カ月間だった。

 

 

何が感謝か・・・・

ああ、目を閉じて
すぐそこに私と共にいてくれる魂に感謝です。

 

今の現代医学を否定する事はないけれど、
それだけでもない・・事を

 

 

17の優子も 27の優子も
その後も、いろんな時々で
『そうじゃないだろ!』と叱ってくれるもうひとりの私に
感謝です。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{5177BDDB-2EE6-4C05-92A5-E808E89A3A60}


八女市へお邪魔してきました

今日、紹介させてもらったメッセージは16編。

北海道・石川・神戸・京都と
全国から寄せられたものを幅広く紹介させてもらいました。

{38367BA4-F758-44A3-A5A4-EB6E681CA2A4}

{E7AAD894-9FEB-4C81-B3BE-515CA25DA4B1}

{59EF8E41-8202-4D0A-A517-9EDBA41F284B}


リハーサルから、力が入ります!
今日の会場・おりなす八女のホールのスタッフさんと機材、両方が素晴らしいこと。

こうなると、読み手も俄然張り切るのです。

{103104A1-DD48-4B99-9CF6-C96ABCC48F3B}

今日は、会場からのすすり泣きが大きくて
涙を我慢するのが大変でした。


この世は
見える世界と見えない世界で出来ていると私は思います。

最後に、母へのメッセージを朗読していて
亡くなった母が
最前列でハンカチで目頭を抑え
うんうん、と頷きながら聴いているのを
見つけてしまいました。

うわっ、母が来てる!!

原稿に目をやりながら
母を見る

母を見ながら原稿の文字を追う‥
大変でした


{0A04375E-0886-4500-9455-AECBBF9CECB4}


朗読が終わると
立ち上がって私の隣に座っているスタッフに
深く深く一礼して消えていきました。

私が言えなかったこと
『ありがとう』が
やっと言えました。

久しぶりに見る母は
元気な40代くらいの母でした。

泣いたら叱られる!
と、ドキドキしました。

ああ、そうそう、これこれ!
母の目って本当に怖かった。

ここ30年くらいは、優しいまなざししか記憶にないけれど、昔は厳しかった。
そして、その厳しい母の瞳が好きだった。
会いたかったのは、この厳しいまなざしだったんだ。

私達を、母の理想の娘に育てたかったんだな‥

今日は、私にとって
またひとつ、階段を上る朗読会になりました。

600回を超す朗読会となりましたが
まだまだ教わる事ばかりです。


次回は、北筑後教育事務所主催の朗読会です
また、スタッフのみんなと
優しい風となって
お邪魔させていただきたいと思っています♡
よろしくお願いいたします。


{4FC5FF14-DFDF-49A7-B7BF-445488CEFE92}

八女市の皆さん
大変お世話になりました。
ありがとうございました

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{FBF69653-773B-4AAE-BBC3-D86995E14653}

なんともひっそりと厳かな地場に
佇まれておられます。

去年の7月にこの神社の存在を知り
10ヵ月後にお参りさせていただく事が出来ました。

{45A7CB9F-0A48-4CBB-BDFF-5216E05E69AB}

{54CEF3FA-CCD2-4648-A79A-9AF374D598DD}

{AA0B242D-DBED-4160-A80A-27CC075B7C39}


ここは、出雲大社・伊勢神宮と同じように、式年遷宮が行われる格式高い神社です。

天照大神が男性神であられた事は、真実は、私には分かりませんが‥
ここは、天照大神と瀬織津姫がご夫婦として過ごされた場所だという伝説に
ただただ
涙が流れる想いでした。

何故、泣いてしまうのか
そんな事は私にはどうでもいいのです。

この空間に立っていられる事
この空気を吸えた事

古・・・
過ぎた時

遺された形からは見えないものが
沢山あるだろうし
そこにあれこれ想いを馳せる時間が好き


{4A6B7330-3C4E-41BB-99DC-3049E963479D}

この池が生活の基盤だったのかなぁ
神様が
笑って過ごされていた様子を
優しい気持ちで想像してみると
笑顔になれた。


瀬織津姫さま

前日、名古屋の熱田神宮へ伺い
伊雑宮へ行かせていただきますからと
事前報告を

{1D3D45EF-3ACE-4851-B926-CA8067CCE361}



{55911B92-AB20-40ED-BC07-49FD54550B74}

{85971751-002C-4B7A-8DE8-631377A76CFE}


そして、鳴海八幡宮の瀬織津姫さまにも

{EB8BC93D-3EB5-44A3-9562-8DB52E5E2FE3}


私は、お城巡りが大好きで
若い時から旅行はお城ばかりでした。

しかし、50歳の誕生日から、私の旅は神社巡りに変わりました。

静岡県の興津宗像神社に導かれたことを契機に。

人生って不思議なものです。

私の頭では思いもつかない事がおき
風や山や湖や木が、あるいは鳥や蛇が
ちゃんと
こっちだよって教えてくれる。

      人間と自然はひとつ
      人間の想いと天の願いもひとつ


本来の労わりあう人と人の関わり方を
見えない世界が誘導してくれるのかな


今年は、冬に広島の厳島神社へ
そこで締めくくります。

私は女神を追いかける旅を
どこまで続けるのだろう。


では、地元の瀬織津姫さまを

{0372EFCF-AB95-4FA0-A7EE-AC7FBF71B19D}

{11B3E0B2-06EA-45ED-963E-CCCCDD322EF7}



八女市南田形と北田形の釜屋神社

そして

{61E9677C-CAA8-486F-8C05-A4151B73F9CD}

{A5D535C6-708F-45A1-A145-E12FB44D3962}

{E3B00236-CE25-4C3D-89CD-B5B076E1F37E}

{0BEEA18A-9C7B-4164-B53A-614944FAA23A}


八女津媛神社です
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お母さんへ

あなたが天国へいって
あっという間に1ヶ月が過ぎました。

お母さんがいつも座っていたソファーを見ても
お母さんの部屋に行っても
どこにも姿はありません。

一年前のちょうど今頃、大きな病院で検査を受けましたね。
病院が嫌いなお母さんが、検査を受けるということは、相当辛いんだなと思いました。

病院としては、打つ手はないと言われて
その言葉がどういう意味を持つのか分かりませんでした。

ドクターは、残された時間があとどのくらいかなんて教えてくれませんでした。

今から思うと、あれから10ヶ月でお別れの日はやってきたのです。

もっと側にいて
いろんな話をすればよかったと
後悔が今頃やってきています。


チャンポンが大好物で
外食といえば決まってこれ。

ソフトバンク・ホークスが大好きで
テレビの前で一生懸命手をたたいたり、声を出したりしながら応援をしていましたね。

口数は少ないだけに、お母さんの言葉は、いつも鋭さがありました。
幼い頃は、お母さんの目の動きで、機嫌がいいのか悪いのかを伺っていました。

家での私の役割は、お客様へのお茶出しと洗濯物をたたむこと。

褒められたくて、がんばっていたように思います。


ああ
思い出は次々湧き出てきます。


昨年の秋からどんどん体重が落ち始め
小さくなっていくお母さんを見て
息子達とお別れの日が近いのかもしれないと話すようになりました。

人はいつか最期の日を迎えます。
お母さんにその日が来たら
『ありがとう』と言おうと決めていました。

決めていたけれど
決めていたけれど
言えませんでした。

目を開ける事はないのだと、頭で理解していても、心が追いつきません。
ありがとうって言ったら、二度と会えない気がして言えませんでした。


お母さん
お父さんより先にいっちゃダメだよ。

見ちゃおれないよ。

お母さんの写真に向かって
『おーい、どこおるとかい』って言ってるお父さんを見ちゃおれないよ。


お母さん、天国で、素敵なおうちを建ててみんなを待っててくださいね。
私は、ずっとお母さんの娘だし
私の息子達は、ずっとお母さんの孫。

沢山、沢山、家族が増えても一緒にいれるように
大きな大きなおうちを建てておいてね。


今、私は思います。

お母さんからもらった命はひとつだけれど、決して命はひとつなんかじゃないという事を。

お母さんからもらった命から
みっつの命が生まれました。
このみっつの命から、更に、沢山の命が生まれると思います。

ずっと続くね、命は続くね。

こうやって続いてきたんだもんね。

お母さん、ありがとう。
53年間、育ててくれてありがとう。

私、お母さんにもらった命を
ちゃんと受け取ったからね。
そしてまた、そのバトンを渡して
お母さんのところへ帰るからね。

命って終わらないんだね。

終わらないってわかったから
安心して生き抜きますから。

大切にしますから、お母さん。

  ありがとう。


冨田優子

コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はワンライフプロジェクト11歳のお誕生日でした

あちこちから
『おめでとう』と言ってもらいました


そんな日に
佐賀の友達が話があると‥

7月に鹿島市で朗読会をする!
と動いていた友達が

この活動をやってくれることに

まぁ


なんて嬉しい〜〜

12年目に突入しました

今年は恋人のメッセージがもっと来るといいなぁ

あったかい愛のメッセージを
沢山朗読したいです❤️


次の命が
愛の元に生まれ
愛たっぷりの中で育まれ
生まれてきてよかった
感じて
人生の海を逞しく乗り切ってくれますように

えへっ
スタッフあやかが、来年ママになるのです


孫がまた増えます〜いいこっちゃー



いつも応援してくださる皆様
ありがとうございます


11歳のワンライフもどうぞよろしくお願いいたします。
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。