電撃ネットワーク

テーマ:

電撃ネットワークの2008ツアー初日を見に行ってきたんや!!

電撃ネットワークのライブを見るのは久しぶり!
数年前の「新宿クレイジーナイト」以来かな?
いまや「TOKYO SHOCK BOYS」として世界的に有名なグループやろから、
久しぶりのJAPANツアーを楽しみにしとったファンも多いはず!

実は。

電撃ネットワークのライブにダンサーとして出演しとったことがあるワタクシ(笑)。
17,8歳くらいのころやったかなぁ?
そのころからのおつきあいで、ギュウゾウ兄はんにはエライお世話になっとるんや(^^)

それにしても。

あいかわらずちうより、年々パワーアップして、すっげえすっげえショーを見せてもろたちうわけや。

消防法とかダイジョブやろか?!
人間の皮膚って燃えへんんやろか?!
・・・「タマ」ってそないなに強いんやろかぁぁぁぁぁ~?!
うわぁぁぁぁ~wwwww!!!

ほんっとどエライんやから。
まだ「電撃ネットワーク」未経験ちう方は、ぜひこのツアーを見ることを、いや、体感することをお勧めいたしまんねんぅ!!あ、よごれてもええお洋服で行ってね(笑)。いろんなものが飛んできたり飛び散ってきたりするから(笑)。

オープニングアクトには、DJタイムな電撃ナイトも。

今日のゲストDJは掟ポルシェはん wwww 。

掟ポルシェはんは杉作J太郎組の映画でご一緒してよるさかいに、DJの合間にご挨拶。
この間の映画「やる気まんまん」の舞台挨拶でお会いしたばかりや。
掟ワールドも堪能させてもろた(^▽^)

さて今日は3月公開の映画『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』をマスコミ試写で観てきたんや。

わいもファインダーの中で生きとったわけで、カメラマンに撮られる側の被写体の語る気持ちも、すごくすごくわかる気がしたんや。

レンズを介した「個」と「個」。
「個」のぶつかり合いと融合。
ほんでその「個」と「個」が生んだ作品を見るたくはんの「個々」。

強くてパワーがあって志があって魂がある写真。そないな写真を撮るアニー。


AD

神戸より

テーマ:

あー、つらいや。ノドいたハナむずセキこんこん。

いま花巻にいる佐々マネの情報によると、今年の花粉はのどにも来るそうで。

せやけどダンさん、わいのこの症状は。
花粉なのか?
風邪なのか?
花粉でないのか?
風邪なのか?

なに!?

どなたはんか同じ症状の人はおらんかい?おせーて(涙)。


さて昨日は、昨年「ええ夫婦の日」の取材を夫婦で受けた、”ウチの雑誌”の編集長とライターはんが、我が家に来てくれたんや。

http://www.recipe-net.com/

『レシピ』編集部のお二人がもっかい我が家に来訪!!
・・・といっても今回は取材ではなくて、まるっきしのプライベート。
昨年の取材の時に「ぜひ今度はゆっくりご飯食べに来ておくんなはれね~!」と話しとった「約束」の実現や。
この業界「今度飯でも」ちうのはよく交わされる「社交辞令」やけどアンタ、わいが「遊びに来てね」ちう時はけして「社交辞令」ではおまへん。まじや。本気や。

「社交辞令」なんてさみしいやんね。「約束」でいたいやんね。

セレッソの選手やアスリート系のお友達がご飯を食べに来てくれる時は「がつーん」って感じのものを用意することが多いんやけど、女の子がご飯食べに来てくれる時は見た目も可愛いメニューを作りたくなるんや。・・・で、ガールズディナーの時は男性来客よりも「酒のあて」系の品が増えるのはなぁぜ(笑)?

今日はバーニャカウダを作りたんや。
メインはチキンを柚子胡椒で焼いて。ゴルゴンゾーラのキッシュも焼いて。

デザートはシフォンケーキに生クリームをたっぷりつけてお出ししたんや。

オーブン大活躍! オーブンフル稼働!!

今日のお昼ごはんは昨日の残り物でランチプレートや(笑)。


AD

花粉症

テーマ:

もう2月やね。もう花粉飛んでまんねんよね。
きょうびのわい、とにかくなんだか日々体がだるくて熱っぽくてちーとばかしつらめや。
確か去年もこないな感じ!!
あまりのつらさにアチラ脱出したらすっかり治った”花粉症デビュー年”やったちうわけや。
さて今年のこれは風邪か?花粉か?・・・どっちなんだぁ!?

きょうびは「着付け」のお教室に行ったりしてまんねん。
もともと和装は好きやし、きょうびはお祝い事に出席するっちうときにはほとんど和服。
これまで舞台や時代劇で着物を着たりする機会もあったことやねんし、日舞もお茶もチョイかじり虫。
一応はオノレで着ることができるのやけどアンタ、
見よう見まねの我流ゆえ、きちんと習ったことはないので、これを機に先生に就くことにしたんや。

先生に就くといってもそないなに仰々しいものではおまへん。
大阪はあきんどの町。
船場にはたくはん着物の卸問屋はんがあるのやけどアンタ、
卸問屋の若おかみや店員はん、はたまた問屋に出入りする普通のおばちゃんたちが、
「ちーとばかし教えたろか~」ちうノリで、着付けのお教室を開いてくれたりしていまんねんわわ。

わいが行っとるトコも、なんと1レッスン90分で500円。入会金なし。押し売りなし。
びっくりするほど安いでしょー!!しかもマンツーマンレッスン!!

どう考えてもショーバイっ気はなく、電話で決めた約束の時間に「こんにちはぁ」と顔を出せば、
おねーはん先生が「とりあえずオノレの着れるとこまで着てごらん」と、
わいの持っとる着物と道具で、一番美しく簡単に、それでいてきちんと見られる着こなしをその都度教えてくれまんねん。

今日は90分間で、この間みっちり勉強した正しい補正や長襦袢の正しい着方の復習、小紋のお着物を綺麗に着つけたら、なごや帯を一人で結ぶトコまで。

先生と雑談しながらやので、着物にまつわるお話や季節のお花の話やらなんやら、勉強になる話もたくはん。

今日は「裏干支」の話が面白かったや。
干支にはそれぞれ「表干支」「裏干支」ちうのがあって、その「裏干支」をお守り代わりに大事にするのがええそうわ。
わいは「丑」やから「裏干支」は「羊」。これからはヒツジに注目しよっと。

余計なお世話やけど和装に「うさぎ柄」が多いのは、うさぎは健康を祈念する意味があるそうや。


目指すは着物に白いかっぽう着が似合う「主婦」。
着物を日常着にできるくらいに、着こなしたいものやね。がんばろ。

AD