バルセロナ①

バルセロナへはミラノ経由で入った。

成田⇒ミラノ⇒バルセロナ 乗り換えは結構辛い・・・

バルセロナに着いたのは現地のPM9:00くらい?日本だと深夜か明け方かってところ。

でも、時差ぼけもなく、1日目からいっぱい行動しました。


順次載せますが・・・


ゴシック地区(旧市街)のサンタ・マリア・ダル・マル教会

教会

2回目に通ったときは結婚式やってました。これだけ立派な教会だとさすがに素敵。



ピカソの壁画です。

ピカソの壁画

AD
不意打ちのように挙がった「トルコ(イスタンブール)」という候補だけど、
よくよく考えてみるといいんじゃないかという気がしてきた。
アジアとヨーロッパが融合する街。なかなか楽しそうなんじゃないかな・・・?
いったことある友達に聞いても、「よかったよ!」っていうし。。。

と、いうことで候補はイスタンブールに決定!(単純)

でも、イスタンブールにはそんなに長く滞在するわけではないので
やっぱりバルセロナも追加♪(やったね)
時期は試合の時期に合わせて、5月の下旬。

ということで、何とか折り合いがついた。

さて、次は旅行会社に相談にいくぞ~・・・
具体的な候補地を決める前までは問題なかったので、
もう一度、条件を整理すると、

・衛生面で心配のないところ
・都会
・簡単にはいけないところ
・サッカーが見られるところ

の4点。
やはり、ヨーロッパというのは変わらないだろう。

私が行きたいところと、
どのサッカーリーグを見に行くかというところで問題が発生したので
もう一度ここを考え直すことに。

彼はサッカーをみる別の案として、国ごとのリーグ以外の試合でもいいのでは?
というのを彼が提案してきた。
ここ最近ヨーロッパで行われる国ごとのリーグ以外の試合を探してみると、

コンフェデレーションズカップ(日本代表を見に行く!)
今年はドイツで6月頃に行われる、
各大陸の王者が集まる大会らしい。

チャンピオンズリーグ
ヨーロッパの各国のリーグ戦の上位チームが集う、ヨーロッパ一のクラブチームを決める大会。
今現在はベスト16が戦っているところ。決勝は5月末。

このチャンピオンズリーグの決勝っていうの、よくないか?
どうせ一生に一度の新婚旅行だし、これくらい大きな試合でもいい気がする!
ということで、
「この決勝は、どこであるの?」と彼に聞いたら、

「トルコだよ」

ト、トルコですか・・・変化球・・・
確かにFIFAのくくりではトルコはヨーロッパなんだな。。

【続く】

特に反論は無かったので、
私はすっかり「バルセロナ」の気分♪

サクラダ・ファミリアなどガウディの建築を見て、
ロナウジーニョのありえないボールさばきを見て
おいしいもの食べて、
そんでもって、帰りはパリにでもよっちゃうかな~☆

と、うきうきしていた。

しかし、ある日彼が、こう言った。
「会社の先輩に『彼女にロンドンは思い切り却下された』って言ったら
『もうちょっと自分の希望も主張した方がいいんじゃないの?』って言われたよ」

うーん、と言うことは、
やっぱりどうしてもロンドンに行きたいってことだよなあ、と
強引にバルセロナを推したことをちょっと後悔。
やっぱりお互い行きたいところにいくのがいいよね…と思い直して、
「じゃあロンドン(も)行こうよ!」
と言ってみた。

なのに、なんと!
「でも、特に強い希望じゃないから、いいよ。」と冷たく断られた。

以下、その後のやりとり

私「でも、行きたいのは事実でしょ!」
彼「いや、本当に、特に行きたいところはないんだよ!ondineの好きなところにしな」
私「じゃあロンドンも行く」
彼「ロンドンには行きたくないんでしょ だから行かないよ」

・・・
というようなやり取りが2、3度繰り返された。
こういうときの彼には対処法もないし、
馬鹿な2人でもあまりの不毛さにさすがに疲れ・・・

とりあえず具体的な候補地は白紙に戻った状態となってしまいました・・・。
【続く】
次に、ヨーロッパの中での検討。
私は、単純にいってみたいところを考えて、
彼は、見たいサッカーリーグを考えた。

私は、ヨーロッパだとロンドンとパリにいったことがある。
ロンドンは嫌いじゃないけど、新婚旅行という感じではないので、パス。
パリはいったことがあっても、大好きなので、また行きたい気もする。
他の都市だと、バルセロナ(スパニッシュ・アパートメントという映画で見て行きたくなった)とか、
北欧にもいってみたいので、スウェーデンのストックホルム。
そんなところをを候補にあげた。

彼がひいきにしているチームはプレミアリーグ(イングランド)のチェルシー。このチームは、なんとロンドンが本拠地・・・。

参考までに・・・他にヨーロッパでは、
中田ヒデや中村俊輔のいる「セリエA」(イタリアリーグ)
レアル・マドリードで有名な「リーガ・エスパニョーラ」(スペインリーグ)
高原やカーンがいる「ブンデスリーガ」(ドイツリーグ)
小野がいる「エールデビジ」(オランダリーグ)
最近中田浩二がマルセイユに移籍した「フランスリーグ」などがあります。
サッカーヲタ○が彼だと何もしなくても覚えてしまいます。


彼によると、
一番試合がおもしろいのはプレミアリーグ。
リーガエスパニョーラも面白い。
セリエAは守備偏重で試合としては面白みが(他リーグに比べると)薄いらしい。

それに、ヨーロッパ三大リーグといえば、
プレミアリーグ、セリエA、リーガエスパニョーラ。
初めて見に行くならこのどれかだろう。
とのこと。

でもセリエAは面白くないんだよね。
じゃあ、
イングランドか、スペイン。

イングランドか

スペイン。


イングランドか

スペイン。


ということで、私は強引に以下のようにまとめてみた。

「二人の考えを照合すると、候補地は
バルセロナがよさそうじゃない?
リーガ・エスパニョーラが見られるよ!
バルセロナには、ロナウジーニョもいるし!それが見られれば私だってサッカー楽しみだよ!」


ロンドンにそれほど行きたくない私は強固に
「バルセロナ!」と主張した。
【続く】
新婚旅行は、彼の仕事の都合もあって、式の直後には行きません。
でも、あまり先延ばしにもしたくないし、会社からもらえる休暇にも期限があるので、そろそろ行き先と時期くらいは決めなきゃいけない時期になった。

行き先を決めるにあたっての条件は・・・
まず、

・衛生面で心配のないところ
 ⇒おなかの弱い彼はこれが心配らしい
・都会
 ⇒リゾートもいいけど彼はあまり興味がないみたい・・・
・簡単にはいけないところ
 ⇒せっかく長いお休みが取れる機会なので

というのが最低条件。

さらに、予期はしていたが、追加条件として
・どうせ海外に行くなら、サッカーが見られるところがよい
と言うのが加わり、

(彼は、絶対見れなきゃだめというわけではないよ と言ってたけど
そんなの無理に決まってる・・・)


ほどなく候補は、ほぼヨーロッパのみ に絞られた。
【続く】