On Any Sunday

オートバイで日本を走り回る。
ディスカバージャパン!
MOTORCYCLE SPORT AND THE MEN WHO RIDE ON ANY SUNDAY


テーマ:

名水巡り、ジリジリヒヤッ、牛と共に眠る <217.2km>


●9:30(晴)
 大分パークインホテル出発。 だいぶ寝過ごしてしまう。210号で庄内町→湯布院→湯平から久住飯田南部地域開発農道に入り621号へ。

 白水鉱泉天然炭酸水、日本名水百選「男池」と 名水巡りをする。 

 天然炭酸水は2ℓまで100円で販売しているみたいだけれど、500mℓのボトル二つ持参の僕は、無料で分けて貰うことができた。

 しばらく走ると、今度は男池。 路上で売られていた鴨モモ焼きを買って、男池の水と鴨モモ焼きで、ランチ。

男池

 この道路は最高。 一車線だったりして、決して高速では走れないけれど、僕のようののんびり走るライダーにとっては、パラダイス・ロード。

 道路両側に木々が生え、木漏れ日差す道は大好き。日差しでジリジリ、木陰でヒヤッを身体に感じるのは心地よい。ジリジリ、ヒヤッ、ジリジリ、ヒヤッ←これが心地よい

名水巡りの途中

 箱根にも似た様な道路はあるけれど、交通量と周りを取り巻く環境が圧倒的に違う。でも、所々バンプがあるので注意が必要。アクセルを握る右手親指を突き指したけれど、痛さにも勝る楽しい道。そして、やまなみハイウェイへ。

 名水巡りのおかげでやまなみハイウェイは途中からになるけれど、この道も噂通り素晴らしい。適度なコーナリングとアップダウンは楽しいものです。

やまなみハイウェイ

 57号→111号で阿蘇山上に辿り着く。

飲むジャージーヨーグルト

 途中、一の宮でおばさんの猛烈営業により買ったヨーグルト。濃厚で美味しいっす。

 残念ながら、ガス濃度が高く阿蘇山公園道路が規制されていたため、火口を見学することも、登ることもできない。明日、再チャレンジしてみてダメならそのまま高千穂へ出発しよう。

 タイトルにしているVolcano、残念・・・

 111号を高森、高千穂方面へと進み、鍋の平キャンプ場に向かう。途中で道が分らず、高森観光案内所へ飛び込み、道順をとても丁寧に教えていただく。

 無事、根子岳の尾根に乗っている鍋の平キャンプ場に辿り着く。無人のキャンプ場で自動販売機で入場券¥500を購入し、テント設営。既に2、3テントは張られているが、レンタル用のものらしく無人。とりあえず、男池の水でコーヒーを湧かす。美味い。

キャンプ場アローン


●17:00(晴)
 日が落ちるまで時間を持て余し、もう一度阿蘇山上へ向かう。ガス規制の有無は電話で確認できることを教えてもらう。観光客が居ない観光地はことさら寂しいもの。あまりの寂しさに、牛の「アラキ」とツーショット撮影。キャンプ場へ戻ることにする。

  ※「アラキ」
     牛の胴体に塗料で、記号や名前が書かれていて、 一緒に写真に収まった牛は「アラキ」と書かれていた。


●18:00(晴)
 キャンプ場に戻り、夕飯(レトルトのシャケピラフ)を温めて食べる。味は最低。

 佐賀ナンバーのバイク3台がテント設営。挨拶だけする。テント設営後、バイク3台はどこかへ行ってしまう。
一人きりのキャンプ場は、ホラー映画のシーンに出てきそうなシチュエーション。

 空を飛ぶカラスの群れ、獣よけの銃声、逃げ場を塞ぐ山。

 こんなこともあろうかと、ビールを2本購入しておいた。飲んで寝てしまおう。


●19:00(晴)
 キャンプ場の管理人さんが、野球のユニフォーム姿の息子さんを連れて入場券の確認にやってくる。男池で買った、きびだんごが残っていたので差し出す。少し話をしたが、半分くらいしか理解できず。それでも熊本の人の暖かさは充分伝わった。


●20:00(闇)
 誰もいないキンプ場で恐怖を押さえきれず、ビールを飲んで寝てしまことにする。テントの中でジッと眠りに落ちのを待っていると、テントの外で何やらガサゴソ音がする。しまいには、荒い呼吸音まで聞こえてくる始末。もう完全に恐怖で何が何やら分りません。完全に寿命が縮まった。


●22:00(闇)
 バイクの音が聞こえた。どうやら3人組が戻ってきたらしい。近くに人間が居るというだけでかなり安心できる。更に、2人組がトラックでやってきて、レンタルテントの前で料理を始める。

 なんだか、よい雰囲気になってきたぞ。

 それでも、やはり熟睡できずに朝を迎えることになる。



●夜のヴィブラート鍋の平キャンプ仕様
 ー非公開ー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

on-any-sundayさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。