おむすび博の講座レポブログ

おむすび博の様子を写真とともにレポートします!


テーマ:



小泉町にある大垣のおいしい地下水と岐阜県産大豆ふくゆたかを使い、心を込めて作ることにこだわる豆腐屋「大黒屋」さんにて、豆腐づくり体験講座が行なわれました。



案内人の杉原さんが、豆乳からつくる豆腐作りについて説明をします。
あっためた濃厚な豆乳を、容器に注ぎます。





しばらくすると、表面に膜がはってきます。



これが湯葉。味見をすると濃厚な豆乳の甘い風味がして、これだけでも美味しい!
大黒屋さんは原材料にこだわり、岐阜県産大豆『フクユタカ』を使っているので当然ですね。



湯葉を味わったあとは、凝固剤をお水で溶いて入れ、木べらで勢い良く30秒ほどかき混ぜます。
このとき、豆乳の温度と凝固剤を入れる割合が大事。温度が低すぎても固まらないし凝固剤が多いとぷるぷるとろん、とした豆腐に仕上がりません。






親子で協力して一生懸命かき回します!



しばらく置いておくと、皆さん上手に固まっていました!
それを容器に詰めていきます。



ぷるぷるでおいしそう!



とってもつめたい水にしばらく漬けて「水さらし」をします。
余分な凝固剤や「アク」などを除くための大事な一手間。このお水はパッケージしたものを冷やす所なので触ってもいいよ、とのことだったので皆さん水の温度を確認。

すごーーく冷えていました!

冷やしている間に、工場を見学します。




杉原さんがおっしゃっていたのは、メーカーの努力。
みなさんが美味しい豆腐を食べられるのは、「安心は安全の敵、心配は安全の友」と日々心に刻みながら丁寧に製造をしているから。
何気なく食べている食品には、製造者のそういった努力や思いが込められています。



工場の外には、地下水がこんこんとくみ上げられています。たっぷりの水を使う豆腐作りに大垣という場所はとても適しています。

参加された親子のみなさんも、豆腐づくりを通して食品をつくっている人達の想いを知っていただけたのではないかと思います。

こだわりのお豆腐や豆乳は、工場内にある販売所にありますので、ぜひ皆さんも大垣のお豆腐の味を味わってみてください。

 

有限会社大黒屋食品
大垣市小泉町13
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。