『世界最大のおむすびアートPROJECT』公式ブログ

福島県産の農・水産物の風評被害払拭をめざして、慶應義塾大学(SFC)と福島大学の学生が立ち上がりました!
福島県産のお米を使った「おむすびアート」で、ギネス世界記録に挑戦します!
その過程をブログに!!

公式サイト:http://omusubi-art.org/?p=50


テーマ:


『世界最大のおむすびアートPROJECT』実行委員会
運営局長藤井です!

今回も福島合宿時に聞いたお話をみなさんにご紹介したいと思います!

【日程】2013年2月21日(水)

【場所】原氏自宅福島県喜多方市
【お話をしていただいた方】原 源一 氏


最終回である第4回目は  原 源一会長 です!
原会長の簡単なプロフィール
・緑と太陽の会 会長さん
・緑と太陽の会は、福島県喜多方市で、有機農業をされている生産者の団体です
・おむすびに使用するお米を、提供していただきます!

2月21日に福島県喜多方市熱塩加納村にある、緑と太陽の会の原 源一会長のご自宅にお邪魔させて頂きました。
ここまで、医者、学生、商店の立場から福島の現状についてお話を伺ってきました。最後である今回は、お米などの農作物の生産者の立場から、福島の現状、風評被害に対する思いを語って頂きました。

Q1:福島の震災前後で農作物の取引の状況はどのように変化しましたか?
A1:23年産のお米や果物がダメージを受けました。特に梨や桃のお客さんは激減してしまいました。会津では、3月末に土壌検査をしており、作付けができる状態にありました。田んぼの中にある状態でも抽出検査を行い、出荷の段階と共に検出限界以下の結果が出ました。また、福島県は、事故があった県のため2、3重と検査をして、その検査を区食い抜けたものだけが出荷されています。しかし、風評被害によって、平成23年のお米は、震災以前に比べ、1000袋(1袋=30kg)ほど売れなくなっていたり、震災以前の価格から減少し、有機栽培ではない一般の栽培のものと同じ値段で取引きされたりしています。

Q2:これから復興していくにあたっての課題は何でしょうか?
A2:もともと農家には、後継者不足の問題がありました。そこに福島原発の事故が追い打ちのように発生し、農作物は風評被害で価格が下がり、売れにくくなってしまい、さらに農家を継ぐということが難しくなってしまいました。しかし、その問題をどれほどの都会の人が認識し、考えてくれているのかと思うと悲しいです。やはりまず現在の福島の農家の課題を都会の人にも知ってもらい、一緒に考えてもらうことが必要になると思います。


Q3:このイベントを通して、来場者の方に伝えたいことはありますか?
A3:将来に日本の美しい風景や環境を残すという役割が農業にはあります。しかし、風評被害によって小さな産地が消滅してしまうかもしれません。我々農家を救うのではなく、日本の自然を守る。国産の物を使い、消費することが日本のためになるということを考えてみてください。目先の安さを考えて、海外の食料に依存している状態が続けば、日本の自然は失われてしまうのです。


Q4:最後にイベントに来てくださった方々に一言メッセージをお願いします!
A4:ぜひ福島を応援してください。


さゆり米とは?
 
 

 
 
 
6月初旬 ひめさゆりが満開となり、田んぼには合鴨の雛が放されます。  
さゆり米は、福島県会津盆地の北西端の人口3300人ほどの山間の小さな町、喜多方市熱塩加納町で作られています。厳格な減農薬栽培米と、合鴨を利用した農薬も化学肥料も全く使わない無農薬無化学肥料栽培米です。
有機農業への転換は緑と太陽の会と㈱中村商店が協力して昭和55年から開始、現在は100軒余りの農家が町全体の水田の約45パーセントでさゆり米を生産しています。
 平成2年からは合鴨を導入し、農作業の中で一番過酷な労働であった手取り除草から開放されました。合鴨除草によるコシヒカリの無農薬栽培面積は飛躍的に広がり、沢山の消費者に喜んで頂けるようになりました。
また会津のコシヒカリは新潟の魚沼米と並ぶ良食味米として知られており、さゆり米は各種の食味コンクールにおいても金賞・大賞の常連となったブランド米です。
 さゆり米が誕生して30年以上が過ぎました。安全性だけではなく、もっともっと美味しいお米を食べて頂けるようにこれからも色々な研究をしながら米作りに励みます。
日本の農業の根幹であり食文化の中心であるお米、その消費量がこのところ確実に減少しています。熱塩加納町は幸いにも過酷な放射能汚染からは免れました。食生活の急激な変化や放射能・化学物質が、日本人の健康や文化にどのような影響を及ぼすのか、更には農業の衰退によって自然環境がどう変化してしまうのか、真剣に考えてみる時期だと思います。
 今年も熱塩加納の清涼で豊富な水と恵まれた気候、そして合鴨に感謝です。


 

それでは、これからも応援よろしくお願いいたします!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

『世界最大のおむすびアートPROJECT』スタッフさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。