2012-01-31 18:06:04

いい時計、いいスーツ、いい車がほしい男たち

テーマ:ブログ
男であれば、誰も欲しいと念願している“モノ”。
それは、「いい時計、いいスーツ、いい車」である。
若者は、車離れをしているらしく、最近では「ドラえもん」までもが登場して運転免許の取得を訴えるCMが話題になっている。

朝の団欒のとき、妻と何故かこんな話になった。
3月に子供が生まれる記念に自分たちにご褒美をするとしたら、何がほしい?と・・・。
おもむろにでた言葉が、「スーツ」。
3月に結婚する後輩がいて、この結婚式に着ていくスーツがほしかったからだった。
「それじゃ、記念にならないからダメ」。
当然の妻からの返答である。
次に頭をかすめたのが、ipad。
次に、時計、次に車・・・。
男が欲しがるモノなんて、多かれ少なかれこんなものだ。

そんな話から妻がこんなことをいい始めた。
「なんで、男の人って収入が上がるとこぞってほしいものが、時計、スーツ、車とかしかないのかな?」自分も含めてそうだが、ご褒美と言われて欲しがるモノは、確かにこの3点がほとんどだと思った。
何故か?
それはきっと、仕事と女に関係してくるのではないか?と思った。
おしゃれをするにしても、週のうち5日は多くの社会人はスーツを着て出かける。
忙しい毎日を過ごして、たまに飲みにでても、その時の格好はというとやはりスーツ。
スーツを基本スタイルにした場合、それに合わせるアイテムはせいぜい靴にベルトにかばんくらいだろう。
靴は営業ですり減り、すぐにダメにしてしまう。
ベルトは小遣いでも買えなくないくらいのモノで満足ができ、かつ、特別感がない。
かばんはいいものは高いが、よっぽどでない限りそれに拘る人は少ない。
やはり、残るのは時計。
パッと見ですぐにいい時計はわかるし、センスも伺える。
特別感もあり、ご褒美になりやすいのが理由だろう。
それに加えてステイタスを考えると、いい時計に、いいスーツ、いい車はすべて合致する。
ステイタスを気にする者としては、たまに出会う飲み屋の女性たちによく見られるためにも、こんなモノを欲しがるのでなないか?

そう考えたら、くだらないと思った。
上に書いたのは多くの男たちがとは言ってはいるが、全部自分のことだ。
人よりもステイタスある自分を見せつけるために、こんなモノを本当に欲しいと思っていた自分がバカバカしくなる。
自分にとって欲しいものがこんな程度だと思うと、恥ずかしくて妻の顔が見れなかった。

対する妻のご褒美はというと、お茶の茶器らしい。
去年から通いはじめたお茶の習い事がおもしろいらしく、そろそろ自分の道具に拘ってみようかと思っているということだった。
なんか、ちゃんと自分のことを考えているようで羨ましくさえ思えた。

僕も、何か習い事をはじめようかと思っている。
手始めに、友人から誘われた習字と、そろばんを習ってみようかと…。
習字は小学生からやっていて、少し自信がある。
そろばんは真逆で、算数、計算は僕の一番の不得い分野で、数字を見るだけで体が猛烈な拒否反応をはじめる。
なので、小学生の頃のそろばんの授業はとても嫌で、そろばんはミニカーのようにして遊ぶモノでしかなかった。

先日、社長とゆっくり話をする機会があり、これからの時代のことについて話をした。
現金も株も証券もあてにならない時代・・・何に投資をすればいいですかね?と問いかけると、社長はこう言った。
「自分に投資をすればいいんだよ」と。
確かに、それはいいと思った。
苦手なそろばんに挑戦してみようと思う。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

omoyoshiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。