2004年10月09日

大学入試

テーマ:大学入試
壊してしまうのは、ほんの一瞬で、できた。

心の支えを失ったショックは大きかったが、
受験勉強は、それを忘れさせるに十分なものを要求した。

予備校生活・・・
親友は東京のクラス、有名な私大よりも入るのは困難だった。
私は地元のクラス、それも二軍。クラスでは常に上位にいても、
所詮差は埋まらなかった。
悔しかった、本当に悔しかった。
でも、いつかチャンスがくると信じていた。
そのチャンスは、大学入試ではめぐってこなかったが・・・。

私の志望は、国立大学から都内の私立大学に変更していた。
親友達と同様、第一志望はW大学だった。
全部で5つ大学の、6つの学部を受験した。

結果は上から3つに失敗し、その下3つに合格した。
親友達は、全員W大に合格した。
この事実は自分にとって大きな負い目となったが、一方で大学時代を無駄にしない糧となった。

浪人時代は、それまでの人生の中で、もっと充実した一年となった。
どん底の生活でみた社会は、我が家の経済的な位置づけを明確にした。
また、新聞配達を通じて、お金を稼ぐ難しさと喜びを、知った。
そして、なによりも、人のあたたかさを、学ぶことができた。
冷たいからだの者しかわからないあたたかさが、そこにあった。

とにもかくにも、受かった大学の一番レベルの高い大学に進学した。
その大学は、いわゆるおぼちゃま学校だった。
よりによって、場違いの学校に入学したのだ。

チャペルの鐘が新入生を祝福をしたが、私のこころは複雑だった。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。