困ったこと

テーマ:

困ったもんです。


どうやら実家の父(72歳)はアル中のようです。


とにかくアルコールから手が離れないようです。


量は、発泡酒350mlを3~4缶、焼酎2~3合くらいでしょうか。


5年ほど前に大病を患い大手術をしましたが、執刀の先生のお蔭で


5年生存をクリアして、一応完治したということになっているんでしょうか。


そのときに肝臓も半分切除していますが、もともとアルコールに


強くはなくお酒が好き(のんでいる雰囲気も好き)でのんでいるという父で、


呑んで酔っ払っては寝て、そして起きては呑んで・・・


という一日です。


仕事を引退してからは特別趣味という趣味もなく、


好きなことといえば町内会・老人会の集まりとかそんなんですね。


それも、人間付き合いがいろいろあるらしく、


”あの人とはど~も・・・・・・”


とかあるらしいです。


そして、また、そこにも酒好きの老人が集るんですね。


お酒を飲んで母に暴力とかはないんですけれどね、ちょっとした態度が気に入らないらしく


”家を出てゆく”とか、

”もう一緒に暮らしたくない・・・・・静かに自分の命の終焉を迎えたい”


とか、グチグチいってくれます。


でも、お小遣いを渡せば渡しただけ使ってしまう父だし、

第一銀行のキャッシュカードの使い方もわからない人。

どう考えても、1人で生活できません。


そんな父に家出先を探すふりをしたり、高知のあの澤田マンション(違法建築で有名な)

に、1週間ステイをしてみようと話を持ちかけるのは私です。


どう考えても生活出来そうにありませんが、


自分の夢として、南の島でのんびりと自給自足の生活をしながら、

海では船を操縦し(船舶免許は持っています)好きな釣りをしたり、

なんだか、そんなことをアタマに思い描いているようで、

時々その夢が現実として交錯するようです。


南の国に行くっていってもせいぜい沖縄まで、海外にはいけませんが

なんでも私が石垣島に連れてゆくという話になっているそうです。

わたしは、石垣島には連れてゆきません。

連れてゆくなら波照間島ですね!

(私が行きたいからね)


その前に、アルコールを適度に楽しむ、朝寝起きにビールという

アルコールが主食になる生活を改善してからということになりますが、

まず無理でしょう。


父の苦手な蛇(ハブ)がいますからね。


こうした父と、それを受ける母と・・・・・・


まあ母の態度も態度で父が頑なになる一因でもあるのですが。


先日思い切って

”アル中専門の病院でなくても、アルコールから離れるために病院に入れられない?”

といってみましたが、


”そんなことしたら、世間からなんて思われるかれるか・・・

あなたは、近くにいないからそういえるけれど!”


確かに、そうです。


年齢も年齢だし、父も母もともに病気を抱えているので

老年離婚ということはないとは思いますが、

年老いても寄り添っていたいですね。

でも、べったりというのは苦手なんで程よく適度にね。


それにしても父の家系というのは、お酒を適度にたしなむということが出来ないようです。

父以外にもね・・・・・・(あえて書きませんが)


お酒は大好きな私ですが、

こうした父とその他親戚を反面教師として、

美しくお酒をたしなむ女性でいたいと思います。




AD

母親とのこと

テーマ:

夜中に寝言を言って、目を覚ましてしまった。


夫は気付いていなかった・・・・セーフ(-_-;)


昨日今日と母親が夢の中に出てきてうなされる。


夢の中で、私は一生懸命母親に抵抗している。


“自分の考えをおしつけないで!”


とか、


“ずっとイヤだった!”


とか、叫んでいたなあ。


たしかに、今の私は母親を避けている。


というか、実家を避けている・・・・・・


実家からの電話も、子どもたちに話をさせて私は忙しいからと避けている。


それで、夢の中にでてきたのか、母親。


どうか・・・・今日は夢の仲間で追いかけてきませんように。

AD

エロマリン計画!

テーマ:

明日から、アメブロさんメンテですね。

週末はアメブロ使えないので暇しそうだわ。

今回は使いやすくなってるといいんだけれど・・・・

*************************


さて、タイホナ隊長 からエロマリン入隊許可をいただきましたので、


ここは、隊長ご希望の、赤フン・長襦袢エッチと逝こうではないか!

と、計画中です。


赤フン・長襦袢と来ればやっぱり、環境は和室・布団に露天風呂じゃございませんか。


とくれば、以前から気になるところがございまして。


1つは渋谷・円山町。そこはご存じの通りラブホ立ち並ぶ町です。

よくいくんですが、(いえいえラブホではありませんよ)洋風ネオンにまじって

凛とした風漂う、和風数寄屋作りの旅館が一軒、幸和


もちろん普通の旅館じゃございません。


男と女がお悦びいたす旅館でございます。

ここで、赤フン・長襦袢エッチはさぞやいいだろう・・・・


もう一つは西武新宿線沿線の竹峰

ここはちょっと遠いけれど・・・・・

隣の提携食事処から、おいしそうな料理を注文できるし・・・・


でも、どちらにしてもご休憩でも、いい値段しますね。


夫が首を縦に振るかなあ・・・・


こうなったら、頭の中は赤フン・長襦袢エッチが走馬燈の如く流れますわ。


今日は時間がなかったので、出先で長襦袢を選ぶ事は出来ませんでしたが、

色っぽい長襦袢にしよう!

たのしみだわ!!


さて!

皆様!

アメブロちゃんお休みだけれども、楽しい週末をね!!


メンテの後にあいましょうね!

AD

昨日の記事の続きです、


昨年の今頃だったと思います。


実家で、父の”家出するぞ!”騒動がありました。


結局は家出しなかったのですが、


たいしたことない事が原因で、父が家を出て行くと騒ぎました。


私は離れているので、最初は母の愚痴を聞いていました。

そのうち話が段々エスカレートして行って

本当に父が出て行くのではないかというところまで行きました。


そのうち姉妹から、父の真意を聞き出して欲しいと私に指令が飛んできました。


母の外出している隙に事情を聞いた私、


そんなに夫婦顔つきあわせたくないのなら、


別れるなり別居するなり、我慢しなくてもいいのではないかと思い、

父の意見を受け入れました。


父が1人で生活出来るかどうかは考えないとして・・・・


まあ、結構生活に便利なコンビニとかはありますから、

のたれ死にということはないでしょうし、

私も身元保証人にはなるといってましたので、居場所さえ分かれば

変なことにはならないだろうと・・・・・


父は大喜びでしたよ。


でもね・・・・


父は文明の古代人なんです。


銀行のATM使えません。


電車もバスも1人じゃ乗れません。(車onlyの人)


車onlyの人だから、初めての土地じゃ地図もよめません。


父としては知り合いが誰もいない土地で暮らしたかったそうですが・・・


それに、なんていってたって、好き嫌いの好みは激しい(食べ物でも人でも)

しかも、汚いところは(虫や蛇)ダメ!


私はこの際だからと思って無責任にも、沖縄の離島がいいとか、屋久島にしようとか・・・・

言いました。


だって、そこだと私たちも遊びに行けるから・・・


母や姉妹から言わせれば無責任な意見ですよね。


母や姉妹はしきりに


”世間体が・・・・・みんなから笑われる・・・・”


と、言っていました。


私から見れば、


出て行く人は、自活すればいい。

自分の力で銀行に行って食事も自分で作って、掃除洗濯も自分でして、

自分のやりたいことをやってみるといい・・・


出て行かれる人は、耐えればいい。

自分で好きに出て行ったんだから、

いつ何があるか分からないそれを覚悟して、

自分も相手に対して寄り添えなかった罰として、

世間体なんて耐えればいい。

結局、父は出て行かず、母はそれに胸をなで下ろし

外から見る限りは平穏に暮らしています。


でも、そこには愛情があるのかは私には分かりません。


*****************************

さ~て重苦しくなったBLOGですが、

エッチネタばかりじゃいけないかな・・・と思って書いたら

すご~く暗くなっちゃいました。


今夜まとめのコメレスとBLOG徘徊できればいいのですが~






日曜の夜は・・・

テーマ:

今日はちょっと重いかもと、前置きしておこう・・・


日曜日の夜は電話が鳴ると、誰もが”来た!”っていいます。


はい、実家からの”元気コール”なんです。


母は、私と話をしたいんだろうな・・・・いうことは100も承知しています。

いろいろ、愚痴りたいんだと思います。


これがまた長いんだわ!

1時間は聞き役に徹していないといけないんです。

1時間です。


嫁の愚痴だったら、つまみになる??社会勉強になるかもですが、

父との事だから、私からすればお互いもうちょっと優しく

寄り添えないかなと・・・思うのですが、


”あなたは近くにいないからわからないのよ・・・”

で、一蹴されるわけです。


姉妹と話をしていても、結局

”あなたは近くにいないからわからないのよ・・・”

で、話が終わってしまう。


わたしからすれば、お互いの行動に接点があるのに、

寄り添えない夫婦の愚痴を、ただ聞くだけに徹していなければ

いけないのは苦痛なんですよ。


ほとんど、会話の中で私は”はい”とか”そうなの”とか

そんな単語しか発していません。


それが子どもたちに変わっても、子どもたちも殆ど

上のような単語しか言っていないのですが・・・


正直、疲れたのでここ2週間、電話の応対は子どもたちに任せています。

まあ、孫の声を聞けてるからいいでしょう。


夏休み近くなると、いつ帰ってくるのか聞いてくるんですよね。

これもちょっと憂鬱。

家族全員なんてとっても無理。

2~3日で帰してくれるわけないじゃない。


何事にも回り道が嫌いな両親にとって、

回り道ばっかりしている私の行動は、1つ1つが気になるらしい。


でも、寄る年に、少しは優しくなったかと思いはするが、

そこにはまず、自分の気持ちは絶対に譲らない意見がそこにはある。

とれが、私には耐えられない空気なのです。


それでも子どもが小さい時は、せっせと帰っていたけれど、

子どもが大きくなれば、子どもたちだっていろいろ予定もあるようだし、

そちらを優先させてあげたい。


回り道が多かった私なんだけれど、回り道の楽しさも教えてあげたい両親に。

でも、年とっての回り道は無理なんだろうな・・・








私は姉妹の長女です。

姉妹と字の如く兄や弟はいません。

私の幼いときから言われていた言葉・・・

”omohideは一番上だから、養子を迎えてこの家と名前を継がなきゃいかん。そして私たちと一緒にくらすんだよ・・・・”

そして、その言葉は両親のみにならず、祖母そして親戚中から顔を見るたびに言われ続けていました。

小学生の時、”養子”という意味がわからず、

もらいご??夫になる人をもらいごにするの???

なんて、”養子”という意味がわかっていませんでした。

でも、唯一わかったのは、ずっと親と一緒に暮らさなければいけないということでした。

私の両親は、とても気性が強い人たちでした。のんびりとゆっくりと構えて物事を眺めるという人ではなく、行動は素早く、自分の思ったことは絶対的なこと、道は1本。いろいろな方向を見ながら、いろんな事を考えながら物事を幅広く見てゆくという考えは持ち合わせていませんでした。

ですから、私には養子を迎える娘として、そして将来は一緒に暮らす娘としてのレールを敷いて育ててきていました。

私が高校生になったある日のこと、
ある人に堂々とこう言い放ったのです。

”omohideと一緒に暮らすために一生懸命育ててきたのです。
このこは、おっとりしているし、私たちが性格がキツイ分おっとりとしているから、私たちの面倒を見てくれそうで。そのつもりで育ててきたんです。
一度は大学の勉強のため実家を出すかもしれませんが、この子は必ず地元へ連れ戻します。他の子どもたちはそういうつもりがなく育てたので、結構我が儘ですし、わたしも他の子たちと一緒に暮らすと苦労するというのがわかっているから、他の子たちは別に実家に帰ってこなくてもいいんです。omohideだけがいてくれれば・・・・ですから、私たち夫婦の希望に叶った人を養子に迎えるんです”

もう、これは実家脱出計画を考えるしかないでしょう。

第一、私は両親がはっきり言って好きではありませんでした。

産んで、育てて十分すぎるくらいの教育を受けさせてくれましたが、その感謝の気持ちと一緒に暮らすというのものは全然別物で、自分たちの思うことが全てという両親の考えや行動には、私は正直言って辟易していました。

そのとき、私は自分の進路でかなり悩んでいました。この方向性を自分は突き進めてゆくよりかは、分野は同じでももう少しちがった方向性で自分の進路を決めたいと思っていたのですが、どうしても母には自分の夢を子どもたちには叶えて欲しかったようです。

授業料を出すのは両親でしたし、私の抵抗など聞いてはもらえないものでした。

人に言っても恥ずかしくない学歴に、養子を迎えて娘と同居して悠々自適な老後、これが両親の夢だったのです。

これは、私が一番最初に両親の子どもとして生まれて、そして姉妹の一番上として決まった時からの宿命だったのです。

でも、私はそんな宿命を受け入れるのは絶対イヤでした。両親に何不自由なく生活させてもらって感謝はしますが、親の願いを受け入れるのはイヤでした。

親の見つけてきた結婚相手を養子に迎えて、親の言いなりに人生を過ごすのはまっぴらごめんでした。

運命は私に見方をしてくれました。
今私は、家の玄関から飛行機をつかって実家まで3時間ちょっと。

はっきり言って、実家に帰ると息が詰まるので、自分からは実家に帰りたくありません。

でも、親もいい年になってきて、病気もしているので、そうはいかないときもありますが・・・

実家に帰るとほっとするという気持ちにならない私です。