お風呂で・・・・・

テーマ:
日曜日は、夫が私のパソコンのバージョンアップを行っていたため、中々思うようにパソコンもさわれませんでした。

”僕のパソコンつかってもいいよ~”

とは、言ってくれたモノの、さすがに夫のパソコンからブログには行けませんモノね。

私の書いているエントリ見られると、逃げようがないじゃありませんか・・・
きっと激怒だろうな。。。。

昔のお話よりも、夫婦関係を書いているんだから、そっちの方で叱られそう。



早朝エッチで、そのまま目が覚めてしまった夫は私のパソコンをいじっていたわけです。人のPCを盗み見する人ではないので、私のPCをメンテしてくれるというのはありがたいです。


まあ、なんとなくのんびりした休日でした。

子どもたちは、勉強に出かけたり、自室で勉強したりと、珍しくリビングにいないことも多かったですが、さすがに”ご飯だよ!”と声をかけると出てきますが、用事が済むと、またさっさと自室に戻っていきます。

ですから、子どもがいない時は、お互いの体をさわりっこして、遊んじゃいました。

でも、いつ戻ってくるかわからないので、チョットだけでしたけれどね。
夫は
”我慢できない!”

と先に進もうとしますが、それから先はね・・・

さすがに両親の一糸纏わぬ、1つに繋がった体を子どもたちには見せられませんからね。

夕飯の支度を始めたところで、夫がお風呂に入ると言います。

我が家のお風呂タイムは争奪戦なんですよ。

子どもはやたらに入浴時間が長い!待ち時間の家に寝てしまいそう!!

ということで、またしても一緒に入っちゃいました。

これしちゃうと、またまた我慢するのが大変なんですよね。

一緒に湯船につかっていると、どうしてもお体さわりたくなるのが夫です。

そうすると、ついつい私の方もさわりたくなるものです。

昨日は夫の体を洗ったところで、

私が夫のモノをフ○ラ。

お風呂って場所はフ○ラするにはいいところじゃないですか?

私の格好もちょっとエッチにも淫乱にも見えるし。

夫の股間に顔を埋めながら、念入りにフ○ラでせめます。

さすがにこの連日のエッチに、私の体もくたびれ気味。

お風呂のフ○ラだったら、逝く寸前に外に出してもいいわけですし、頂いてもいいわけですから・・・

でも、夫はどうしても挿入したかったようで、マットの上で繋がってしまいました。

お風呂は狭いし・・・響くので近所への事もあるし、逝ける気分ではないんですけれど。

まあ夫がそれで逝ってくれれば、私的にはOKかな・・・・・・・・

今日は、コンドームなしなので、お風呂でのエッチの時はタイミングに気をいます。

夫の声を聞きながら、夫が逝く寸前に外に出しました。
夫は中で出したかったようですが、妊娠は希望していないので、そこは私主導です。

でも、完全な避妊ではないですけれど・・・・

もうすぐ月姫なので、大丈夫とは思うのですが、やはり避妊しておかなくてはね。

お風呂でのエッチの方法を研究しなくては・・・・

みなさんどうしているんでしょうね?
AD
エッチなし土・日は生理休暇中以外はありません。

もうすぐ月姫突入のせいか、性欲はあるのですが・・・・・・

土曜日は午後に用事があったので、1人で外出でした。帰宅は夕方です。

チョットした役を引き受ける事になってしまいました。まあこういう事(チョットした役)は、嫌いなことではないし、まあ仕事にも関連性がないわけではないのでいいのですが・・・・

夜になると急にペースダウンにだってしまう私。
今日も昨日のようなことにならないようにしなきゃ・・・・・
と、思っていたのですが・・・・・

やっぱり

zzzzzzzzzzzzz・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寝ちゃいました。                   はあぁ~


でもね、起きたんですよ。
3時にね。

夫が先に起きて、気配で私もおきて・・・・・

コタツでそのまま爆睡していた私は、お布団にうつりました。

パジャマに着替えました。

わざと夫を誘うように。

ノーブラのところを見せたりね。

この時間だと子どもたちも起きては来ないし、何ら心配はないですから。


夫の手が、パジャマのボタンを外し、パジャマの下の私の胸をまさぐります。

私Cカップの胸は夫の指先に敏感に反応します。

夫は乳首を舌先で転がしながら、手は私の下腹部にのびていきます。

暫く夫はこの状態で私の様子を窺っています。
私が悶えるのを楽しみに見ています。

夫のセックスパターンはごく普通です。ラブホを何度か使うようになってから気がついたのですが、ラブホでは執拗にせめてきますが、家の場合には、比較的あっさりとしているようです。

それは、ラブホでは声を気にしなくてもいいからでしょうか?

でもはじめは、ラブホでも声を押し殺していました。
かえって声を出す方が、醒めちゃいそうな気がしたのですが・・・・
声を出す方が、かえってハッスルするようですね。

子どもたちが起きてくる心配はないとはいえ、声を出す限度はありますよね。

ということで、今回は姿で挑発してもいいかしら。

セックスレス脱出で知った自分の感じ方。

これから、いろんな体位をお勉強しなきゃっては思っています。

今日は主導権を握って、騎乗位でせめてみます。

意外と好きかも・・・・

夫をいぢめている気になっちゃうから。

からだを起こして繋がっているところを、わざと夫に見せると悦んだりもしますね。

夫はだんだん我慢できなくなり、立場が逆転の正常位に持って行かれました・・・

もっといぢめたかったのに・・・・

結構、いい感じだったから、もっと上になっていたかったんですが・・・・


もしかして・・・という不安があるんですよ。

ここのところ正常位での繋がりは、どうも感度がよろしくなくて、また、最後まで逝けないんだったら、私は気が狂っちゃうかも・・・・

とか思っているんですよ。


騎乗位が比較的低い高度で飛んでいましたから、今度ギャップが少なくていいかも・・・なんて思っていました。

悶々とするのは嫌ですから・・・・・

やっぱり、正常位の高度は低いです。

感じてはいるのですが・・・

感じてはいるのですが・・・・・・

っていうかんじです。

夫はもう我慢できないといって逝ってくれました。

今回も絶頂感を味わうことはありませんでしたが、低空飛行の余韻を感じながら、”これでもいいかなあ・・・”と思ったえっちでした。

最後に夫が言った一言にちょっと慌てちゃいましたが。

”omohideってそんなに淫乱だった?知らなかったよ・・・”
って・・・・

”全然淫乱じゃないと思うけど・・・”と、さりげなくながしておきましたが。。。。。




AD

残念!

テーマ:
独身時代は、超宵っ張りの超朝寝坊・・・・・

独身時代から私の仕事は、請負の仕事だったから、こんなライフスタイルでした。

こんな書き方しかできませんが、ふしだらなお仕事ではなく、淫らなお仕事でもなく、まじめなお仕事です。

しかし、略奪系あり、不倫系あり、できちゃった系ありと・・・・
人間の愛欲にまみれた世界でもありました。

生まれて一度もOL経験をしたことありません。今でも一種の専門職みたいなことをしています。

”I”と同じ分野ながらも、方向性は全然違う仕事をしています。

******************************
そんな事を書きたいんじゃないんだった!!
そんな超宵っ張りの超朝寝坊の私でしたが、結婚してもそれは変わりませんでしたが、一応夫の朝の朝食を作るために、朝はちゃんと起きていました。

で、現在は、早寝早起きです。

超がつくかどうかはわかりませんが・・・・

今朝も目覚めたのは5時。いつもこれくらい。4時起きの時もあります。昨日は悶々としてしまったので、4時起き・・・・・・でした。
セックスレス脱出後は、寝付きがイイ。特にした夜は、よく眠れます。

パジャマを着るのも面倒で、そのままで寝ちゃうこともあります。

あ~ら、また脱線しちゃいました。

昨日も、10時半くらいまでは意識があったんですが・・・
そのまんまリビングのコタツで、寝ちゃいました。

夜中、夫が起きて、お布団へ連れて行ってくれました。

一緒に夫も私の布団に潜り込んできました・・・・・



う~っっっっ・・・・ん

お風呂はいってないし・・・・

もしかして、誘ってるの?

昨日で今日で・・・・

きついよね。。。。そりゃ悶々とはしているんだけど.......

って、思っているうちに、夫は自分のお布団に戻っていきました。

きっとお布団に連れて行ってもらったとき、


”パジャマに、着替えさせて~”といえば、場面は変わったかも。

AD

ただいま~(*^_^*)

テーマ:
今日は、プライベートで外出でした。

別に夫とか・・・恋人(いません)とか・・・と、ラブホデートではございません。

わたしって、結構一人になるのが好きな人間なので、一人で映画を見てきました。

あっ!!”東京タワー”じゃないですよ。

あのタイプの映画は私の趣味じゃないかも。。。。。

いえ・・・正しく言うと、あのタイプの映画を見てしまうと、

自分を黒木瞳に置き換えてみてしまう(年は一緒だけど、出身も同じなんだけれど・・・全然似てない・・・・)困った習性があるので、夫の年齢に不満を抱いてセックスレスになるといけないので、ほとぼりが冷めるまでみません。

と、いうか他にも見たい映画がいっぱいあるので、若いカップルで見る映画は今は見ないことにしておきましょ。

**************************

映画のことはほっといて・・・・

子どもたちの入浴時間って、長いことありませんか?
家の子どもたちはティーンエイジャーなんで、お風呂の時間が長いのなんのってありません。1人1時間は見ておかないとね。

夜に見たいテレビがあれば、

”○時に私が入るから、それ以外の時間帯に他の人は入るように!”

とでもいっておかないと、お風呂待ちに何時間とかかってしまいます。

で、子どもと一緒に入ろうと思うと嫌がられるし・・・・

んで、夫の入浴中に

”一緒にいい??”
って、言って入っちゃうんです。(絶対断らない夫です)

早く寝たいし・・・テレビも見たいし・・・・


困ったことに・・・・

やっぱり、一緒にお風呂に入っちゃうと・・・・その気になっちゃうんですよ。

夫が・・・

そして

私も・・・・

昨日も、やっぱりねって感じになっちゃいました。


まあ・・私はもうすぐ月姫ということもあって、(土.日という事はないんだけれど)ちょっとね・・ということもあって、いいかな~って思ったわけです。

お風呂の中でお互いの体をまさぐるうちに・・・・・

ちょっと夫の竿をほおばる。

夫の敏感な反応を楽しみながら、さらに顔を沈める・・・・・

夫はなにもできない。

そのうち夫が我慢できなくなって・・・・


”お風呂でいい??”って聞いてきます。


こっちだってその気だし、イイかとは思いつつも、

お風呂ってかなり響くので、ちょっと神経を使うのよね。

なんせ、マンションなもので響くのよね・・・

その点、ラブホは気にせずお風呂でもいいし・・・いいよね。

嫌じゃないけれど、お布団の方がいいなあ・・・・・

リビングに一足先に戻ると

いるんだわ。子どもが1人・・・・・・

                    自動就寝装置埋め込みたい!
                       マジで!!!(怒)

さっさと、追い出しました。

それで、早速再開です。

夫をいぢめなきゃ!

私が上になってフ○ラでせめちゃいます。

夫が私の密壺をせめたいのを、必死に抵抗して夫のモノを愛してあげます。

この間は、せめられてしまってしまったので、今回はそのお返し・・・

でも、とうとう69です。

これされちゃ、私弱いのよね・・・・
でも、弱くなったのはつい最近からですかえら・・・・

もうそれだけでも、下半身は麻痺状態・・・


でも、夫は明日も会社のなので、長くはむりかなぁ。


って言うことで、いつもの体位。


あらっ????前回と一緒。


感度降下


でも、感じてはいるけれど・・・・おっかしいなあ。

逝けそうなんだけど、逝けない・・・・・

いいんですよ・・・・

いいんですよ・・・・・

いいんですよ・・・・・・・・・・・


すぐそこまで・・・・・・


だって、だって、だって、

声もでて、私だって悶えているのですから・・・・


先に、夫が我慢できなくなって逝きました。

わたし・・・逝けなかったんですが、でも満足しています。
逝ってくれたのでよかったかな。

一晩寝たら忘れるかな・・と思ったら


熟睡したはずなんですが、朝はやはり悶々としていました。

午前中はこの下半身の疼きに悩まされました。



ラブホ  その1

テーマ:
夫婦関係がうまくいくようになると、困るのがですね・・・・・

あのときのタイミングです。えっちのね・・・・

レス解消の最初の頃だったんですが、子どもたちの気配を感じては離れ・・(別々の布団に別れ・・・)そんな感じでした。

子どもが小さいときの方が、まだ、えっちはやりやすかったですね。

子どもたちも早く寝てくれるし・・・

えっちのためではありませんが、私は子どもが赤ちゃんの時から添い寝はしませんでした。

お布団に連れて行って、”じゃあ~お休み!!”って感じでした。ですから、寝る前の絵本タイムはありません。日中にいっぱい絵本を読んだり、話をしたり、子どもと遊んでしましたから・・・

そういった経緯なのかしら、子どもたちにはちゃんと部屋をあてがってはいるのですが、寝るためだけの部屋となっているモノですから、いつも家族全員がリビングに集まっているわけです。夜遅くまで・・・

親のポリシーとしても子ども部屋にはテレビ・パソコンのたぐいは置かせないというのも、どうしても子どもがそれぞれのパソコンをやるため、テレビをするためにリビングに集うわけです。(1人1台はあります)

もう一部屋あるのですが、その部屋は私の仕事部屋で仕事道具が多くって、夫婦2人で寝るには狭すぎるのです。それに寒いし・・・・(暖房器具はありますが)

セックスレスの時は実は私、自分の仕事部屋で寝ていました。

一度私の仕事場に布団を持ち込み、夫婦で寝てみたんですが、セックスは子どもを気にせず出来ますが・・・・やっぱり狭いし、隣は子どもたちの部屋だし、気配はさせたくないし・・・・


というわけで、夫が寝ていた寝室兼半分リビングのような、リビング続きの和室(一応襖でしきりは出来ます)に落ち着いています。

しかし、子どもたちは夜遅くまでリビングを徘徊しているのです。


ある日の夜、子どもたちの動きをかわしながら、もぞもぞっとお布団の下ではおさわりタイムだったんですね。

時間を見計らって、お互いにパジャマを脱いでもぞもぞ・・・って
もう・・・絶対戻って来ないよね・・・・・

っていうことで、本番突入です!

このころはもう、私もかなり待ちきれない状態になっています。
しかし、まだまだ、お互いをじらしあいたいです。

夫のモノを口で弄んだりして、いじめちゃったりして・・・・

夫が我慢できなくなるまでね・・・・

長い間のセックスレスをゴメンという気持ちもあります。

そしてお互いの体で快楽を貪りあった後・・・・・

パジャマを着ようとした

その瞬間ですよ!!

子どもが

      ”バタン!!”
と、大きな音をさせてドアを開けてこっちにやってきちゃいました。

”ビデオ予約するの忘れた!!”

って言われてもさ、

こちらは、全裸でした・・・・・
慌てて布団を被りましたけれどね。

しっかり感づかれました。           
               


                 ”サイアク”

それからです、夫婦でのラブホ利用が始まったのは。

でも、このブログ見ていると夫婦でラブホ利用している方もいて、

”同じお仲間がいてよかった~”
なんて思っています。

もちろん家でのえっちが多いですけれどね。

”D”との出会い

テーマ:
”I”との出会いは最初にも書きましたが、”I”と出会っていたときには、私には、”D”という心を寄せている男性がいました。



”D”との出会いは私が高校生の時。”D”は大学生で5つ年上でした。

私に姉妹はいましたが、私は長女。しかも異性の兄弟はいませんでしたので、5つ上の男性というのはとても輝いて見える、胸ときめくあこがれの男性でした。

”I”は佐藤蛾次郎似といいましたから、ここでも”D”を芸能人の誰かに喩えてみるとすると・・・



あの冬彦さんを演じていた”佐野史郎”似とでもいいましょうか・・・・

その当時佐野史郎なんて役者さんを知らなかったので、佐野史郎を初めて知ったときはチョットビックリ。

ちょうど輪郭、目のあたりや、口元が似ていたから・・・・(実際はそんな気がするだけかもしれませんが)


最初の出会いは、”D”が私の学校の文化祭に来たのがきっかけでした。一方的に私がオネツをあげただけでした。


当時の私は、もう”まっしぐら!”です”D”に。

なんとかしてきっかけをつくるために、”D”の大学の寮まで押しかけていき(玄関先ですけれど)クリスマスプレゼントを渡したり、電話をかけたり(寮の共同の電話ですけれど・・)と、今思えばよーやったなあ・・・と自分の行動に呆れちゃいますけれどね。

それでも、そのときの私は”D”に一途。でも、デートといっても、

たま~にお茶するくらい。手をつなぐってこともないです。

だって”好きです!”の一言さえも言っていないんだもの。

いえ・・・言えなかったのです。恥ずかしくて。

やっと言った一言が

”あのぅ・・・今おつきあいしていらっしゃる方いますか?”
が、精一杯。

今時ではありえないかしら・・・・

なにぶん、これは20年以上も前のことですから・・・・・ね。

当時の”D”にはつきあうというか、遠距離の女性友達がいました。
(あとで聞いたけれど、肉体関係はあるようでした・・・お互い初めての相手だったようです)

当時の私は、恋愛なんかにうつつを抜かしている場合ではなく、大学受験に向けて走っているときでした。

でも、どうしても勉強だけに明け暮れる日々はゴメンでした。

まあ女子校という環境、うちに帰れば父以外は全員女。(ペットの犬まで♀でした)それに加えて私の両親は、かなり頭がカタイほうだったので、その反動もありました。

とにかく、親に隠れてのお茶デート・・・に、友達に”D”からの手紙の受け取りになってもらいたり・・・(家宛に出してもらうと間違いなく処分されるから)今では携帯メールっていう便利なモノがあるからいいけれど、当時は電話だってコードレスじゃなかったから、電話するのも親の目を盗んでするか、公衆電話かだったしね。

こういっちゃ何ですが、本当に♂に飢えていたのでした。
そして私から見れば”D”は立派な大人だし(学生だけれども)、わたしの心をときめかせるには充分だったわけです。

私の思いは、ただのあこがれからちっとも進展しない高校の3年間を過ごしたわけです。

でも、電話をかければちゃんと覚えていてくれたし、お茶だけデートもしてくれたし、手紙もくれたし、それだけで私は満足していました。

”D”にしてみれば、私はきっと人畜無害な存在だったので、無碍にも出来なかったでしょうね。ただ、一人で勝手に自分憧れているのですから。

私が、”D”に思いを寄せていた3年間は、”D”は最初につきあっていた遠距離の彼女と別れ、比較的近くにある大学の女子大生とおつきあいをしていました。

彼女とは彼女の妊娠をきっかけに、結婚を考えていたようです。でも、お互い学生の身分だし、諦めたようです。

わたしは、”D”がそのような恋愛を体験しているともしらず、ただ憧れだけで3年間を過ごしたのでした。

ほんと・・・今思えば・・・・オバカなわたしね。

日曜日の夜は・・・

テーマ:
だいたい日曜日の夜は、悶々としています・・・夫婦ともに

夜10時くらいになると、お布団に入って寝る準備ですね・・・・・

でーもーリビングの隣の和室にお布団を敷いているので、子どもたちまだ、この時間だとリビングにいちゃったりしてね。(泣)

こどもたちが、やっと1人・1人とお風呂に入って、

わたしは、お布団に入って●ルルンなどをみていました。

まずは1人自室にお帰りになりまして、1人は入浴中。

とりあえず、リビングには誰もいません。


一応襖でしきりがあるので、閉めちゃえば平気なんだけれども、まあ、いつも開けっ放しなもので、そのときだけ閉めてあるのはちょっと意味深・・・か?

もぞもぞと・・・夫の手が伸びます。

一応レス脱出してからは、くるモノは拒んでおりません(夫に関して)。

しかし・・・前回は土曜の朝じゃない・・・

夫の性欲はレス脱出から凄い勢いで・・・・本当に生理以外はね。
でも、毎日は出来ませんけれど・・・・

夫の手は最初は胸をまさぐる・・・それがだんだん下に伸びてくるわけです。

でーもー明日は仕事だし、フルコースじゃないだろうなあ・・・・

*******************************
と、ここで、入浴中の1人がリビングに戻って再びテレビ!

30分みていました。。。。。

その間お預けの状態なのですが。。。。。。

夫の手は私の下半身を。。。。。。

でもね、正直夫は、まだ修行がたりないというか、そこではわたくしあまり感じたことがありません。

まあ、今日(は)も、そんなところです・・・・

でも、テレビを見ている娘にわかっちゃ、やっぱマズイよね。

**************************
最後の1人が自室に戻っていったことろで、本格的な夫。

私も夫もそうなんですが、さすがに2人ともに、連日(一応24時間はあいていますが・・・)感度が低くなっていますかしら・・・・

最初は騎乗位で・・・

”ああ~ぃっっっっっっっっぃ~”
なんて高度1500メートルくらいに、逝っちゃったんですよ。

これはもう、正常位(揚羽本手ってやつですね)で一気かしらと思ったら、
(あっけないなあ・・・・)と思ったら、

一気に高度300メートルに急降下・・・(ガガーン)

いっくら頑張っても、全然感じなくなってしまって・・・・

うっそぉ!いままでこんなケースないよ!!!

夫はというと、必死になって

”はぁはぁはぁ・・・・・”

多分私の高度が低くなっているのは、気がついているのかも・・・

いっちゃいますけれど、レス脱出してからは、いろんな体位で感じることが出来るようになったんですよ・・・なぜだかね。

私のそんな雰囲気を感じたから、”志がらみ”へと持っていくと・・・

今度は一気に高度3000メートル。

声だって自然にね。(でも一応抑え込んでいますけれど)

でも、どーしても最後まで逝けません。

まあ、昨日の今日だから・・・仕方ないかも。

もし、先に夫だけ逝っちゃったら、それはそれでイイかな。


明日仕事だし・・・・・・・

実は私持ってるんです。
これ

ということでaimiさんの記事にTB。

夫婦関係が正常に戻ったからいらないとは思ったのですが、ちょっと興味もあって年末に購入。それにコンドームも買っておかなきゃと言うことで・・・(四十路ですが、まだ妊娠は可能なので、夫も私もは授かったらもちろん育てますが、年齢的にもきついので出来ればさけたいので)

実は、生理終了後は禁欲期間が他の時期より長いこともあって、前回の生理終了後はあっけなく夫に逝かれてしまったので、私が欲求不満のまま次の日を迎えたので、夫が会社に行った後、一人Hしてしまったんですね。


こちらの欲求は満たしてくれますよ。う~んでも・・・・ね、満たされたあとやっぱり急に現実に戻ってしまうというか・・・。やっぱり、1人Hは空しいです。

と・・・話をもどしましょ。
高度3000メートルまで飛んでいって一気に10000メートルに逝って着地といきたいところ・・・

それで、もう一度揚羽本手に戻したところで、またまた高度が300メートルに急降下!!


ガガーンですよ。本当に・・・・・
                     ナンデヤネン(号泣)

”もう、いい加減にしてよ!!”と自分に対して心の中で大きく喝!

こうなったら、あきらめて明日バイブかな・・・

と頭で思いはじめたころ・・・

夫が再び”志がらみ”に戻してくれました。

感じて・・・じらされて・・・・再び感じ始めて・・・・じらされて・・・・・

そして再びです。

今度は一気に高度10000メートルです。
もしかしたら・・・夫は私が満足するのを待っていたのかもしれません。
私が逝った後、夫も果てました。

そのあと、夫は再びパジャマを着て爆睡街道まっしぐらでした。

私はというと、高度の乱高下にすっかり覚醒されてしまって、暫くテレビのお世話になりました。

やっぱりセックスを楽しむのにも、技術がいるわあ。
おべんきょしましょ。

げんきだね~

テーマ:
昨晩、某繁華街、ラブホネオン輝くところへ娘を引き取りにいってきました。

どうせ、このくらいの時間だろうと目星は付けていたものの、寒風の中時間待ち40分。地獄でした・・・・

周りに茶店なんてないし・・・

コンビニで待ち合わせだったんだけど、

コンビニは若い子がいっぱいたむろしていました。

    
  おばさんは完全に場違いな雰囲気

娘はライブハウスから出てくるんですよ・・・

ラブホ群のなかに、ライブハウスクラブ(若い子が群がるヤツね、おじさんが鼻の下長くするところじゃなくってね)が点在しているわけです。

こんなんだったら、私も一緒にライブで飛び跳ねていればよかったとイタク後悔しました。終わってもどーせ、すぐには出てこないんだろうし・・・
半分キレかかっていました。

しかし、たくさんあるわね。ラブホ・・・・・

これだった、ラブホ難民にはならなくてすむかな・・・と要チェック!

今風のホテルの中に、純和風の旅館・・・・

(実は前回もここに来たときにチェックしていたんだけれど・・・)

数寄屋作りの純和風・・・・

なかなかいいもんかもしれません。

でも、我が家はベッド生活でなくお布団生活だから夫はベッドを好むのかしらん・・・と思ったりね。

そうそう・・セックスレスを脱出してから夫が変わったこと、

土日の食器洗いは率先してやってくれます。

だから、わざと私はやりません。

レスの時もやってくれてはいたのですが、それ以上にやってっくれています。
食洗機もちゃんと操作できるようになったようですし・・・

でも、まだまだ、夫婦でお勉強することも多いです・・・・

今思えば、30代からのレスは今考えれば、とてももったいないことをしたかもしれません。



だから今がだいじなのかもね・・・・・