雑誌 書店以外に販路

テーマ:

3月9日の「日経MJ」から・・・



出版会で書店以外の新たな雑誌販路への注目度が高まっている。

ネットと美容室、この2つの販路を紹介。


雑誌販売サイトの富士山マガジンサービスは、1ヶ月単位で申し込める定期購読サービス「月額払い」で需要を拡大。通常の定期購読は割引料金と引き換えに半年や1年と長期の契約が必要、「月額払い」は好きな期間に届いた分だけ後払いする方式を採用。経済的な負担軽く、解約も簡単、購読を試す動機付けの効果を見込む。2011年の新たな定期購読の受注件数は、「月額払い」でない雑誌が前年比11.5%増、「月額払い」雑誌は25.7%増。

国内で定期購読により販売される雑誌の年間売上は1000億~1500億円と伸びている模様(雑誌全体売上は9844億円、前年比6.6%マイナス)。出版社側にもネットを通じた定期購読はメリットが大きい。書店やコンビニなど通常の販売ルートは返品率が約40%、全国に雑誌を届ける上では大きな役割を果たしてきたが効率の悪さが目立つ、一方、ネット定期購読は基本的に返品なし、直接読者にとどくため、印刷や物流の無駄を省くことが出来る。


複合カフェなどへのコミック卸を手がけてきた、春うららかな書房、は返品を避ける独自の雑誌販売ルートとして美容室を開拓。現在全国約750の美容室に雑誌を販売、13年3月期までに3000店に増やし、5億円の売上高にしたい考え。



雑誌の販売が落ち込む中、売り方や売り先を変えて伸びている会社もあるんです。

どんな業界でもチャンスがあるんですね・・・要はお客さんの視点に立つことかな・・・



AD

3月7日の「日経MJ」から・・・



食肉卸大手のスターゼンは、パック詰め商品を強化する。都市部を中心にスーパー各社が小型店の展開を加速していることに対応するのが狙い。

今春から全国発売する「冷凍ローストビーフスライス」は肉の保水性を高める新製法が特徴。通常、翌日には肉の表面が変色するが、新製法ではスライス後2~3日は肉の赤身の色が保持される。ほかに、味付きの生肉のパック詰め商品の品揃えも3倍に増やす。

食肉では、これまで卸業者がパック詰めする「アウトパック」商品は少なかったが、小型店のバックヤードのスリム化や廃棄ロス削減の為の需要が拡大。今後の成長分野と位置付け、いち早く供給体制を強化する。3年後をめどに生産ラインを3割増強、売上規模も3割の伸びを見込む。



将来に向けた取り組みですが、市場の変化への対応する風土を感じられる会社さんです・・・スバラシイ。

普段から、細かなことでもお客さんの動きを見て対応されているんでしょう。


AD

3月7日の「日経MJ」から・・・



烙印は運営する仮想商店街「楽天市場」の4日の流通総額が、過去最高の約130億円になったと発表。

同日は「楽天スーパーセール」と銘打ち、セールやポイントキャンペーンを大々的に展開。全国の加盟店と連携し自動車やバイクなど目玉商品を半額以下で販売、最大で通常の40倍のポイントを付与。商品としては、東日本大震災後に定着した食品や日用品のほか、春の新生活に合わせた家具や家電製品も好調。

楽天市場は昨年の流通総額が始めて1兆円を突破した。



この数字の大きさ、脅威ですね・・・しかも、私のようにネット通販を使っていない消費者にはこんな大きなキャンペーンを全く知らなかった、ということ。

今、こんな世の中なんです。

知っているひとは知っている・・・同じような例が、次。



無料通話アプリ「lLINE」 8ヶ月で2000万超ダウンロード


NHNジャパンの運営する無料電話アプリ「LINE」のダウンロード数が世界で2000万件を超えたと発表。サービス公開して8ヶ月での達成は異例、フェイスブック、ツィッターなどは20ヶ月以上かかっている。



これも知りませんでした、聞いたことも無かった・・・SNSについては聞いたことある、とか、友人がやっている、など話が少しは入っていたのですが。

このように、自分の知らないところで大きな変化や動きが起こっているのが現在の社会。

自分の価値観や情報だけでは、世の中について何も知らないのと一緒という謙虚さが必要ななってくるんでしょう。


AD

3月五日の「日経MJ」から・・・



衣料品カタログ通販「ドゥクラッセ」のグループ会社で婦人靴通販の「フィットフィット」は多店舗展開に乗り出す。

「フィットフィット」は2011年3月に設立、40代以上の女性を対象に外反母趾に配慮して独自開発した靴底で、デザイン性が高く歩きやすい婦人靴が特徴。40~50代に特化した婦人カジュアル衣料を扱う会員60万人の「ドゥクラッセ」のカタログに同封。試し履きしてサイズを確認しないと購入しない客が多いため、実店舗を構えて通販の弱点を補う。

1号店を東京・日比谷シャンテ内に開業、首都圏や大阪・名古屋を中心に3年間で35店舗に広げる。

「ドゥクラッセ」は11年7月期の売上高は前期の2倍の46億円と急成長、「フィットフィット」の業容拡大を通じてカタログ通販事業を強化する。



カタログ通販というバーチャル店舗とリアルな実店舗・・・最近の流行なんでしょうか。

経費という面では、かなりの負担になりそうですが、商品がオリジナルで、しかもお客さんへのサービスという面では、実店舗展開もアリですね。

まずは、通販で反応をみて、実店舗展開、もしくは大手流通にのせる・・・新規参入企業や中小企業はこういうマーケティングが向いているのかも。

3月2日の「日経MJ」から・・・



東京大学など主要大学が秋入学移行を検討、東大は5年後をメド。合格してから入学まで半年間の「ギャップターム」中に海外でのホームステイやボランティアなどの体験を積めば、人間形成や将来の進路決定にも有効とする。

「お茶の水ゼミナール」は、昨年から中高生対象に「海外大併願コース」を設け、今年4月から新中1生のみの新たなクラスを設ける。4月に中学入学する生徒は5年後に高校3年生、秋入学が実現すれば現在より海外大学との併願を希望する生徒が増える可能性があり、いち早く5年後に向けた準備を整えた。

「早稲田塾」は、高校生を対象に、講師を招いたワークショップを増やしている。秋入学が実現すれば、これらを「ギャップターム」中のプログラムとして提供していきたい考え。



ギャップターム・・・覚えておいたほうがいいかもしれませんね。

教育産業だけでなく、いろんな業界で、この「ギャップターム」を商機として考えることが出来るんじゃないでしょうか。