teamオムレット公式ブログ

杉並区を活動拠点とする団体・『teamオムレット』の公式ブログ。
脚本、演出家の林将平が立ち上げ、現在7人で構成。

『共感性』ある作品の製作を追及している。

メンバー
林将平
釣舟大夢
井上智恵
萩藤久典
立原ありさ
伊藤麻衣
笠原清美

オムレット公式ホームページ  


こちら


 


今後の予定


 


11/11、12、13(金


 


teamオムレット定期公演


「タンペン。-11月号-」


 


流れ星詳細は随時UP流れ星


 


 




 


teamオムレット定期公演「タンペン。‐9月号‐」 


終演致しました!!!ひらめき電球


星ありがとうございました星


 


 




 


teamオムレット定期公演「タンペン。‐5、7月号‐」 


終演致しました!!!ひらめき電球


星ありがとうございました星




 


テーマ:

9月号が終わってもう10日以上たってしまいましたが
大変遅くなってしまってすみません!


座長です!


待ってださっていた方がいらっしゃったら、本当にすみません!


5月、7月に引き続き
あとがきを書きました。

思い出深すぎて、しばらくぶりになってしまいましたが
お付き合い頂けたら嬉しいです。



タンペン。9月号


二ヶ月ごとのタンペン。シリーズの第三公演目。
お馴染みのキャラクターも段々増えてきて、皆様にもご好評頂き、いつも本当に嬉しいです。
はじめてタンペン。に出演される役者さんは、この独特の雰囲気に戸惑われることもままあるので
「これがタンペン。だよ」と、ごり押ししています(笑)
お客様も、戸惑ったときはそう思ってください(笑)
毎回毎回、新作ばかりで
今年はたくさん本が書けてすごく嬉しいです。
嘘じゃありません(笑)

さて、振り返ってみましょう!





「ザ・ベタ劇場-セカンドシーズン-」
7月号からはじまった「ベタ劇場」の続編。今回は学園編。
7月号が終わって、ベタおじさんの人気がありすぎて
9月もやることになりました。
そのために齋藤 航さんにオファーをかけるという(笑)
ベタを突き詰めすぎて、もはやベタじゃない。というのがこのシリーズの楽しみ方(笑)
今回な何故か最後はバトルものに発展するという(笑)
個人的には、食パンをくわえたソノミ(鈴木あかりさん)と、シンジ(新八さん)の出会いシーンと
ユミコ(有坂亜里紗さん)が場を荒らすところ
そして、チンピラB(黒田 歩さん)の「強くなった…だと?」
のセリフがお気に入りでした。


「そんな理由で?」
今回は
前の日に、にんにくを食べてしまった故に彼氏へ安易に近づけないという彼女の思いを、劇的にしてみました。
約1分のオムレット名物劇場。
彼女を迎えながらも、マスクをつける添田翔太さんが印象的でした。


「恋は異なもの味なもの」
ファンの方の間では、別名・黒田塾。
黒田さん演じるイケメン塾長(?)の榊さんが、
ルックスだけはピカイチの
稜也(添田翔太さん)、恭介(釣舟大夢)、悠誠(新八さん)の3名を招き
真のイケてるメンズのあり方を伝授するという話。
最後は、カッコいい壁ドンの試練に発展する(笑)
これ、台本には一応例としてのセリフがあるのですが、稽古中から色々変えていきました。
いつの間にかみんなサチコちゃん1号(鈴木あかりさん)の好みを狙うという稽古になってました(笑)

実はこのお話、もともと大体の構想は出来ていましたが
私と添田さんと新八さんの3人で飲みに行ったときに、雑談から話の骨組みが出来上がるという(笑)


「忍者になりたいの」
5月号でドロップした、むちゃくちゃな演目を、リクエストにお応えした忍者シリーズ。
今回は、楽屋編。
普段の役者さんたちの感じをみて頂きつつ、そこに忍者女(安部智美さん)が現れるというひとコマ。
今回は分身の術。まさかの頭巾を二枚かぶっていたとは。
稽古場で本当にみんな驚きました。

あと、ありさの歌が聴けて面白かった。


「マスクマン」
出ました、無茶ぶりシリーズ。
今回はマスクをかぶった釣舟が、みんなに無茶ぶりを仕掛けるという内容。
この稽古はみんな嫌がってました。
ちなみに、7月号の稽古中に飲んだときにすでにこれは決まっていました(笑)

そして、大楽は私が呼ばれるというハプニング。。
ちくしょう。。11月みてろよ。。


「リライゼーション」
リアライゼーションの和製読みで、意味は「実現する」などがある。
世にも奇妙な物語風のものを書きたいと思い、
何故だがふっと、漫画家の話を思い付きました。
実は本人的にはかなりのお気に入り。
オチが理解しにくかった方もいらっしゃったみたいですね。。
漫画家の好景薫(安部智美さん)の担当が、新井孝臣(黒田歩さん)からイケメンの八百川圭司(新八さん)に代わった日から、日常がおかしくなっていく。
漫画が実現してしまう。
失踪するアシスタント沼沙也加(有坂亜里紗さん)と、自殺する好景。
残された吉川真咲(鈴木あかりさん)がもとに戻すために漫画の続きを描く。
すると、日常が戻ったと思われたが
真咲は、好景の姿になってしまっていて
そこに新たな沼と真咲が来る。
鏡をみて、悲鳴をあげる好景(真咲)
という…物語。
他の作品と一際雰囲気が違うので
稽古でもかなりずーんとした空気の中やってました。
こんなガチャガチャした会話劇が好き。
突然やってくる非日常感が好き。

またいつかやりたいと思えた作品でした。


「そんな理由で?その2」
今回はいつもとオチが違いましたね(笑)
手相を占ってもらいにきた女と、占い師の約1分の物語。
「結婚してください」に食い気味で「喜んで!」という黒田さんが秀逸すぎる。
リライゼーションで作った空気ぶち壊しの破壊力(笑)
でも、これ
「書いてたとき疲れてたでしょ?」と何度も新八さんや齋藤さんに言われたのがいい思い出です(笑)


「忍者になりたいのSP」
SPはスペシャルの略。
何がスペシャルかは謎(笑)
設定はファッションショー。
そこに乱入する忍者女。
でもその前に、黒田さんのファッションが謎すぎたという(笑)
パリコレ風を目指した結果、スーツを後ろ前逆に着るというところに行き着いた我々(笑)
実はそれに誰よりもノリノリだったのは鈴木あかりさんでした←
全然踊れてない忍者と決めポーズが面白すぎた演目でした。


「NOT ANGLE,YAT ANGEL
-未来への光-」
5月号であった NOT ANGLE,YAT ANGELの続編。
5月に死んだ田中護(添田翔太さん)がエンジェルになって、歳をとった富山優莉(高田みわ子さん)を導くお話。
優莉に娘のように育てられた孤児の高畑佳奈(立原ありさ)が死んでしまって、そこにやってきたエンジェルの護。
佳奈が生き返る試練は、施設の院長である河合道徳(齋藤航さん)を殺すことだった。
河合は、実は優莉お婆ちゃんの遺産を目当てに殺そうとしていた。
それを護るために、対峙する佳奈。
そして、天寿を全うした優莉が護に導かれて、天に召される。
エンジェル長に出世していた安永真吾(釣舟大夢)に認められた佳奈は、天使になる…
続編なので、5月号を観てくださった方にはかなり胸あつの内容だったのでは、とほくそ笑んでおります(笑)
エンジェルシリーズもおかげさまで人気作。次はどんなお話になるのか?
乞うご期待!

死ぬことに生きることを見ることが出来れば、もっと前を向けるのではないか
と私自身感じました。





…と、いうことで
かなーり長くなりましたが
これにてあとがきとさせて頂きます。

やっと9月号が終わりました。



さあ!
もっと皆さんに楽しんで頂けるように
11月号の台本も頑張ります!!




その前にー!
今月末からはじまる
立原が客演しているENGさんの「バック・トゥ・舞台袖」

と、

釣舟と黒田さんが出演し、
萩藤が脚本の10月舞台 「ELPISpage」が迫っております!



どちらもお楽しみに☆


今年はこのままノンストップです!!


11月号の詳細と、
それに付随するイベントの情報も
楽しみにしてお待ちください☆

さらには、
私も色々演出をさせて頂くかもしれません!

要チェックです!






それでは、
改めまして

タンペン。9月号をご覧になったお客様!
そして応援してくださるお客様へ御礼申し上げます。


本当にありがとうございました!!
これからも宜しくお願い致します!!





またお会いしましょう!!



------------------


「我々はいつもあなたのそばに♪」
teamオムレット  座長
林 将平
















 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。