まきむく通信(どうでもいいこと、毎日更新!)

ブログの話題として読書記録とプラモデル製作記
歴史(古墳も)について、そして登山情報など
日々思うことを書いて行きます。
(ブログの毎日更新を、復活させてみております。)


テーマ:
映画:アオギリにたくして 観てきました。。。感想など

先日、広島の原爆をテーマにした、映画「アオギリにたくして」について、紹介したことがあると思います。。。(その時のブログ)覚えていますか?
その紹介した映画を観てきましたので、紹介させて貰おうと思います。2013年に製作された映画らしく、ほそぼそと上映を続けているらしい。検索して上映映画館をさがすと、自主製作映画などを上映しているような、マイナー映画館ユーロスペースに行って来ました。渋谷にはシアターイメージフォーラムなど、素敵な映画館がたくさんありますね。
映画館ユーロスペース

いい映画でした。観に来てよかった!


銀座線で終点まで。。。久しぶりに渋谷に出てきました。

ハチ公口、道玄坂をすすんで、交番手前を右の路地へ、ホテル街を抜けてほどなくあるくと到着します。

初めて来たので。。。見逃すところでした。。。

こんな、看板のみ。。。
ちょっとコンクリート打ちっぱなしの建物で、芸術的な匂いがあり、なんとなくわかりますが。。。見逃すことになるかもしれませんので注意して下さい。

映画学校が併設されている場所なんですね。。。


<作品の紹介>
広島平和記念公園の被爆アオギリの下で自らの被爆体験を語り継いできた故・沼田鈴子さんの生涯をモデルに描いた人間ドラマ。原爆により片脚と婚約者を失いながらも、平和の語り部として生きようとする一人の女性の生涯を通して、戦争の愚かさや、命や平和の尊さを描き出す。作家・劇作家の中村柊斗が監督を、女優の原日出子が主演を務めている。



<感想>
一言、いい映画でした。原爆イコール悪!戦争反対!なんて映画ではなく。もはや、何十年前の話やねん!と思われがちな原爆をテーマにした映画ですが。。。現代、いま、この今も、問題は続いている。現代に生きる若者にも知ってほしいって感じで、嫌みのないストーリーですね。ただし、問題は観に来ているお役はほとんど中高年。若者は誰一人いない。私が一番若いお客でしたね。主役の若いとき役の、塩出純子さんが良かったね。他でどんな仕事しているのかわかりませんが。。。好感が持てる。あとは、やっぱり、このような映画は、お客は入らないから。。。興業的に苦しいので、大きな映画館で上映されることはない。今回も、渋谷の小さな小さな映画館を探して観てきました。


ちょっとでも、興味を持った方は、上映映画館を探して行ってみて!


<あらすじ>
福島県を取材していた雑誌記者の片桐千草(菅井玲)は、アオギリを植樹する中年の女性たちと出会う。聞けば、広島で学校に通っていた頃、自分たちの先生だった田中節子さんが亡くなったのだという。次第に節子に興味を持ち始め、広島へ向かう千草。彼女が知る節子の人生とは……。

1945年8月6日。
3日後に結婚式を控えていた21才の節子(塩出純子)は、広島に投下された原爆により被爆。
麻酔薬もないままノコギリで片足を切断され、3日後には婚約者の戦死を知らされる。自暴自棄になり、自殺することばかり考えていたある日、幹の真ん中が抉れて片側が焼け焦げたアオギリの小枝に生えた小さな芽を発見。

それを目にした節子は、“どんなことがあっても生きていこう”と決意。
原爆の後遺症と闘いながら、家庭科の教師として28年間の教員生活を過ごすが、2度と思い出したくない過去を語ることはなかった。そんな節子が被爆体験を語り始めたのは、アメリカ軍が撮影した被爆直後の映像に、負傷した自分の姿を見つけたことがきっかけだった。1980年代に起きた10フィート映画運動によって制作された原爆記録映画「にんげんをかえせ」に映し出された節子の姿は、世界中に衝撃を与えた。
この映画をきっかけに、節子(原日出子)は平和公園のアオギリの木の下で、広島を訪れる修学旅行生に被爆体験を語り始める。世界のすべての人たちが平和で幸せに安心して暮らせるようにと願いながら、アメリカ、ヨーロッパ、ソ連(当時)、マレーシア、シンガポール、ベラウ、フィリピン、ベトナム、アウシュビッツ、中国、韓国、パナマを訪れる。
被爆体験について証言し、自分の分身でもある被爆したアオギリの種や苗に、平和への願いやいのちを大切にする心を託して、全国の学校、そして世界に広める活動を進めて行くのだった。

以上 ・・・あらすじ



原爆映画「にんげんをかえせ」・・・この映画も昔見たけど。。。この映画にはそんなエグさはない。


<アオギリにたくして キャスト>
田中節子:原日出子
現代シーンでの節子役


いい味でています。迫力ある役どころで良かったですね

主役
節子の青春時代:塩出純子(新人)


この役者が良かったです。力ある役どころですから重要ですから。。。


片桐千草(記者):菅井 玲
このライターが、アオギリの苗木の植樹運動の一端を聞きつけ、被爆アオギリの存在と原爆の問題点とひとりの被爆者の生き様を追っていく物語の起点となる人物。


田中秀雄 (節子の父):風見しんご
節子の母(若い頃):斉藤とも子


節子も、壮絶な人生ですが、その家族も、大切な役どころ

主役の妹の良重の青春時代:はらまいこ



主役の妹の良重の現代

ライターの片桐千草が取材にきて、姉の思い出などと語る重要な役どころ。




どうでも、いいこと毎日(平日)更新!
「まきむく通信」
(ブログの更新は土日祝はお休みすることになりました)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

omatsuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。