オマルプロデュース

わたくし、オマルがなにかをプロデュースしつつ、無駄な日記を書いていこうかというサイトです。このサイトは俺の独断や偏見もたまに出てきます。それが嫌な奴はとっとけえれ!


テーマ:

俺の今回のテーマは「ツンデレ」これに限る!

しかし素人だからストーリーとかおもんねーと思うけど、俺の自己満足だし!

よければ見ておくれよ


前回までのあらすじ

会社に行く途中、女性に声をかけられケーキ屋はどこにあるのかと聞かれた江間

しかし江間は、遅刻しそうになっていたためそっけない態度をとってしまったため悲劇が起こる


第2話「爆走する女」


俺の走りについてこれるわけがない

中学から大学まで陸上部だったんだ

走りには自信がある

「ここまで来たら安全だろう」

俺は安心すると近くの自動販売機でジュースを買った

一揆にジュースを飲み干すと、少し後ろを気にしながら歩き始めた

「ったく、なんなんだよあの女は・・・・・。」

ブツブツ独り言を言っていると後ろから名前を叫びながら走ってくる女が1名

そう、''奴''が来た

やばいと思いとっさに逃げる俺

「おぉぉぉぉとぉぉぉぉこぉぉぉぉ!!!!!逃げるんじゃねぇええええ!!!」

女が叫びながらすごい顔で追いかけてくる、しかも速い!

「やっべ!」

このままだとすぐ追いつかれると思った俺は路地の方へと逃げ込んだ

近くの駐車場に身を潜めやりすごすことにした

「こちらスネーク、変な女に追い掛け回されている助けてくれ大佐」

心の中では俺はスネーク役になっていた

すると大佐がこう言った

「慌てるなスネーク、その女は敵じゃない話し合えばわかる」

話し合えばわかる?いかにも元ヤンぽい女が話し合えばわかる?ありえない・・・

「大佐・・・・それは正気か?あの女は話し合いでは・・・ぐふ・」

後ろから思いっきり木の棒のようなもので後頭部を殴られた

「スネーク応答しろ、スネーク!スネーク!」

まるで大佐が俺に言ってるような感じがした

「見つけた・・・・はぁはぁ・・・あんた・・足速いじゃない・・・」

女はそう言うと木の棒で俺の頭や体や足を叩きつけて来た

棒の太さ相当太い。男が振り回せば相手を気絶させることぐらい簡単な棒だ

振り回していた棒が丁度俺の大事なあれに直撃した

「ほっふぎょっほふう!?」

あまりの痛さに言葉にできない

それを見た女は笑い出した

「ふふふ。あなたって面白い人ねぇ」

女はそう言うと自己紹介を始めた

「私は金閣寺茜、あんたは?」

女は木の棒を地面に投げ捨てた

「俺は江間」

あえて下の名前は言わないでおこうという少しの抵抗だけはした

「下の名前は?」

やっぱり聞かれた・・・・

「浩太」

「ふーん。あっそ」

女は興味がなさそうにその場から立ち去った

「おい、ちょい待てよどこに行く気だ?」

少し気になった俺はとっさに言葉がでた

「何処ってなんであんたに言わなきゃならないのよ?家に帰るだけ。で?」

女は俺にメンチを切ってくる。思わず俺は目を逸らした

もう1度視線を合わそうとした時には金閣寺はいなかった


つづく


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

なんか気分が乗ってきたので俺のオリジナル小説でも書いとくwww

あんま期待して見ないようにな!

何話まで続くかは俺次第

主人公 江間浩太(25)

登場人物はまだ考えてない!

俺は普段通りの道を歩き、普段通り会社に向かった

いつもより出かける時間が遅かったのか、遅刻しそうになる

急いでバスに乗り込むと、いつもはいっぱいのはずの人がガラガラだった

ガラガラと言っても席は埋っている

俺はバスにある広告を見て目を下ろした先に、すらっとしたセレブ?な感じの女性が座っていた

俺にもこんな彼女がいればなーなんてことを考えてた

俺には縁のない話と、バスから降りた

時計を見ると8時50分

「やばいな・・・・・」

残り10分しかない

走ると疲れて仕事どころじゃない

しかしここは走るしかない・・・・と決心した

よし!

心の中で自分に合図をかけ走ろうとした瞬間

どこからか女性の声が聞こえた

「あの、Reveっていうケーキ屋さん知ってますか??」

後ろから若い女性の声がかすかに聞こえた

俺に言ってるわけがないと走り去ろうとしたのだが前に進まない

気が付いたら女の人に腕をつかまれていた

「うお」

俺はびっくりして声をだしてしまった

女性はもどかしそうこう言った

「あの・・・Reveって言うケーキ屋さん知ってますか??」

ケーキ屋は知っていたが遅刻しそうな俺は

そっけなく

「しらねーよ!他の奴に聞いてくれ」

と彼女を突き放した

すると彼女は切れて人が変わり、すごい剣幕で俺に向かってきた

「おい、こらワレ!人が丁寧に聞いてんのになんやその態度?お前何様じゃコラ」

ハイヒールでゲシゲシ俺の靴を踏んづけてくる

「Reveはどこや聞いてんねん、教えてくれたらとっとと立ち去ったるさかい、はよう教えろや!」

さっきにまして俺の足踏んづけてきた

その顔と言葉が想像つかないくらいだ・・・・・

俺は痛さに負けて口で説明することにした

「大丸って知ってますよね??たしかその中にあったと思います」

これで開放されると思ったのが間違いだったのか

彼女は俺のふとももに蹴りを一発入れると

「お前の説明なってねー!そこまで案内しろ」

そう言うと俺を強引に引っ張り移動をはじめた

「ちょ・・・会社に遅れてしまいま・・・ぐふっ」

痛恨の一撃・・・・さっきよりすごい蹴りが飛んできた

「つべこべ言わずに案内しろー!」

女は俺を引っ張りづかづかと歩いていく

そんな女をよく見るとバスで座ってた女だった

泣きそうだった

いや、ほぼ泣いていた・・・

渋々女性を先導し、ケーキ屋についた

時刻は10時30分だ

完璧に遅刻

ははははは、もう笑うしかない

どうにでもなっちまえーw

俺は棒読みで

「つきました、ここがReveです。それでは俺は失礼します」

ダッシュで逃げ去ろうとしたが、そう簡単にうまくいくはずはなく・・・

何故か首輪されてた俺は息が出来なくその場に倒れこむ

「あなたにお礼がしたいわ♪もう少し付き合ってくださるかしら?(笑)」

笑った・・・・・女が笑ってる・・・・・・・・俺はもう誰も信じられなくなっていた

「そそそおds・・そうですね・・・」

怖い・・・この女に殺されると思った俺は逃げるチャンスを幾度となく探していた

しかし首輪をされ、まるで後ろにも目がついているかのような感じで俺は絶望感でいっぱいだった

次第にギャラリーが増えてくる

当然だ

スーツ姿に首輪だからな・・・・

すると女がギャラリーに挨拶するかのように

「ほらーポチ♪エサの時間ですよー(笑)」

周りの人の笑い声が絶えない

死にたい・・・・・

屈辱だ・・・・・・

「んぐ!?」

なにかを無理矢理口に押し込まれた

甘い・・・・

たぶんシュークリームだ。

「よ、ポチ!ちゃんと食べないといけないじゃないか」

野次馬のおっさんがはやし立てる

「そうよ、ポチ。ちゃんとゴハンをお食べなさい」

なんてひどい女だ・・・・・

普通初対面の男にここまでするかよ・・・・・

「今あんた、初対面でここまでするか?って思ったでしょ」

俺の思ったことをズバリと当ててくる女

「あんたの髪の毛シュークリームまみれになってる」

そう言うと腹を抱えて笑いだした

隙ができた・・・!

隙をついて俺は逃げ出した

「ちょっとあんた待ちなさいよ!」

女が追いかけてきたが俺の走りにはついてこれないだろう

つづく・・・・?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。