オマルプロデュース

わたくし、オマルがなにかをプロデュースしつつ、無駄な日記を書いていこうかというサイトです。このサイトは俺の独断や偏見もたまに出てきます。それが嫌な奴はとっとけえれ!


テーマ:

現在2カ国から同時進行を受けている状況である

勝てるかはわからん

しかし負ける気はない!

でも、人手不足

是非これ見てる人は一緒にやらないか!

武官 武力100 知力5 統率力90 人望5

文官 武力5 知力100 統率力90 人望5


三国志NET  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
神経とがらせるJT
 禁煙が世界的潮流になるなか、厚生労働省が生活習慣病対策として導入を検討している喫煙率減少の数値目標に対して、日本たばこ産業(JT)が神経をとがらせている。JTにとって、たばこ税引き上げ、禁煙指導への保険適用に続く逆風になりかねず、「個人の嗜好(しこう)の問題に対して国家が介入するのはおかしい」などと、反発している。
 喫煙率減少の数値目標について、厚労省は平成十二年から国民運動として始まった「健康日本21」で酒類や塩分摂取量の数値目標とともに設定を目指したが、たばこ業界などの反発が強く見送られた経緯がある。このため、厚労省には「今度こそ」との思いが強く、今後、厚生科学審議会などの議論を通して具体的な数値目標を固めていく考えだ。
 生活習慣病対策を検討する同審議会では、これまでも「喫煙率を下げなければ病気は減らない」「たばこの大幅値上げか、具体的目標が必要」などの指摘が多い。
 たばこをめぐっては、十八年度の診療報酬改定で、ニコチン依存症と診断された喫煙者への医師の禁煙指導には「ニコチン依存症管理料」として四月から保険が適用されることが決定。「喫煙は病気ではない」とするJTの主張は受け入れなかった。
 また、七月からはたばこ増税によって、価格が引き上げられる。
 同社は平成十七年九月中間決算で過去最高益を記録したが、寄与したのはロシアや台湾など海外市場。国内市場をみれば、成人喫煙者が十年連続で過去最低を更新しており、減収傾向が続いている。
     ◇
 □志水雅一JT執行役
 ■生活習慣病は複合要因
 たばこが疫学的にリスク要因のひとつなのは否定しないが、たばこさえやめれば肺がんなどはなくなるのか。
 生活習慣病は食生活、大気汚染などいろいろな要因が絡み合っているはず。禁煙指導への公的保険適用や喫煙率の削減を国家目標にするなど、なぜ、たばこばかりが狙われるのか。「魔女狩り」の印象を禁じえない。
 厚生労働省などは、よく喫煙者の平均寿命が非喫煙者より十二年短いと説明しているが、日本の疫学データではせいぜい二-三年の差のはずで、過大評価だ。
 仮に喫煙者の方が早く亡くなるとすれば、その分、医療費もかかっておらず、超過医療費の問題とも矛盾する。もう少し、実証的なものとあわせた議論が必要だ。
 また、男性では喫煙率がどんどん下がっているのに反して、肺がん発生率は上昇しており、喫煙がすべての原因という仮説は成り立たない。喫煙者率の減少を国家が一律に数字で縛る必要があるのか。危険な思想だ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
自民党が、日本では違法とされるカジノ(賭博場)の合法化に向けた取り組みを本格化させている。党観光特別委員会(愛知和男委員長)が「カジノ・エンターテイメント検討小委員会」を新設。地方自治体や有識者、経済界の意見も聞きながら、今年6月にもカジノ導入の方向で基本方針を策定する。
 小委員会は「カジノは先進諸国で多数の観光客を呼び込み、経済活性化や国際競争力の向上に極めて効果的」としているが、地域の治安やイメージ、教育環境への悪影響を懸念する声も根強く、基本方針策定がカジノ実現への道筋となるかは不透明だ。
 昨年4月にシンガポールがカジノを解禁、タイも合法化を検討しており、小委員会は「アジアが魅力づくりを競い合っている。日本も早急な対応が求められている」として作業を急ぐ考えだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
トリノ五輪のフィギュアスケートは23日、女子シングルのフリープログラム(FP)が行われ、ショートプログラム(SP)で3位につけていた荒川静香(プリンスホテル)は、FPで125.32点をマーク。合計191.34点として、金メダルに輝いた。日本選手のフィギュアスケートでの金は初の快挙。これまではアルベールビル五輪の伊藤みどりの銀が最高だった。村主章枝(avex)はFPで113.48点、合計175.23点としたが、4位で惜しくもメダルにとどかなかった。2位はサーシャ・コーエン(米国)、3位は前回銀のイリーナ・スルツカヤ(ロシア)だった。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

29 COHEN Sasha USA 1 66.73

18 SLUTSKAYA Irina RUS 2 66.70

21 ARAKAWA Shizuka JPN 3 66.02

27 SUGURI Fumie JPN 4 61.75

2 MEISSNER Kimmie USA 5 59.40

13 GEDEVANISHVILI Elene GEO 6 57.90

15 HUGHES Emily USA 7 57.08

14 ANDO Miki JPN 8 56.00

5 ROCHETTE Joannie CAN 9 55.85

17 MEIER Sarah SUI 10 55.57

28 KOSTNER Carolina ITA 11 53.77

3 POYKIO Susanna FIN 12 53.74

26 LIASHENKO Elena UKR 13 52.35

7 LEUNG Mira CAN 14 50.61

10 LIU Yan CHN 15 49.84

16 SEBESTYEN Julia HUN 16 49.58

6 HEGEL Idora CRO 17 47.06

11 SOKOLOVA Elena RUS 18 46.69

9 PAVUK Viktoria HUN 19 46.40

4 KORPI Kiira FIN 20 44.84

8 MAXWELL Fleur LUX 21 44.53

1 KARADEMIR Tugba TUR 22 44.20

19 FONTANA Silvia ITA 23 42.47

22 EFREMENKO Galina UKR 24 41.25

23 CARTER Joanne AUS 25 40.86

FNR 24 LUCA Roxana ROM 26 39.37

FNR 25 KIM Yong Suk PRK 27 39.16

FNR 12 GLEBOVA Elena EST 28 38.47

FNR 20 GIMAZETDINOVA Anastasia UZB 29 38.44

FNR

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

M-Vロケット8号機による
第21号科学衛星(ASTRO-F)の打上げ実験延期について

平成18年2月21日
宇宙航空研究開発機構


 宇宙航空研究開発機構は、内之浦宇宙空間観測所からの第21号科学衛星(ASTRO-F)を搭載したM-Vロケット8号機の打上げ実験を平成18年2月21日6時28分(日本標準時)に予定しておりましたが、天候不良のため本日の打上げ実験を延期いたしました。


 新たな打上げ実験日を以下のとおり決定いたしましたのでお知らせいたします。


実 験 日 :平成18年2月22日(水)
実 験 時 間 :6時28分(日本標準時)
実験予定期間 :平成18年 2月23日~平成18年2月28日
関連リンク:
ASTRO-F/M-V-8カウントダウン
宇宙科学研究本部

問い合わせ先:
宇宙航空研究開発機構 広報部
TEL:03-6266-6413~6416

鹿児島宇宙センター
内之浦宇宙空間観測所 広報班
TEL : 0994-31-6978(代表)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

現在2週目

トウマルートをプレイ中!

ハードモードをやってます

敵が強いです。

イデオンガン早く撃ちてぇ!w

ハードモードはイデオン1体でクリアする勢いでがんばります><;

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
【トリノ18日時事】トリノ冬季五輪は18日で前半戦を終えた。全84種目中46種目を消化したが、日本勢はいまだにメダルに手が届いていない。「色に関係なく5個」という目標達成はおろか、1976年インスブルック大会(オーストリア)以来30年ぶりの「メダルゼロ」も、現実味を帯びてきた。
 まず、事前の読みの甘さは否定できない。日本オリンピック委員会(JOC)は、ことあるごとに「アテネ五輪の勢いをつなげて好成績を」といい続けてきた。しかし、日本勢が史上最多の37個のメダルを獲得した同五輪からすでに2年もたっている。実施する競技も違う。アテネの残像に惑わされ、高すぎる目標を掲げてしまった。
 外国勢の力を見抜けなかった分析能力の低さは情けない限りだ。ひとりの入賞者さえ出せなかったスノーボードハーフパイプ(HP)。米国勢は国内の賞金大会を優先するため、ワールドカップ(W杯)出場が少ないのは周知のこと。それでも、全日本スキー連盟の佐々木峻スノーボード部長は「米国勢より日本のほうが力を持っている」と、胸を張っていた。HP勢は選手村での生活態度の悪さが目に余ったという。弱い上にだらしないでは、強化費の無駄遣いのそしりは免れまい。
 だが、もっと深刻なのは競技力そのものの低下だ。6大会続いていたメダルが途切れたスピードスケートの男子500メートルで、金メダル候補と騒がれた加藤条治(日本電産サンキョー)は弱冠21歳。惨敗したかつてのエース清水宏保(NEC)とは10歳も違う。世代交代がうまくできていない観もある。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。