鳩山由紀夫首相は23日午前、北海道教職員組合(北教組)の違法献金事件に関し、小林千代美民主党衆院議員が離党や議員辞職を否定したことについて「必ずしもこれで良かったとは思っていない」と述べた。その上で「早急に幹部と協議しなければならない」として、同氏の進退問題に関して党側と対応を協議する考えを示した。 

【関連ニュース】
民主、参院選控え動揺=小林議員「続投」に異論も
民主・小林議員の会見要旨
「破廉恥」「自浄作用怠る」=野党、民主・小林議員に反発
民主党議員の「政治とカネ」をめぐる主な動き
政権に一層の打撃=小林議員進退、再燃も

首相、夫婦別姓法案で閣議決定に応じるよう要求 亀井氏明かす(産経新聞)
<広末涼子さん>前方不注意で接触事故 東京・環状7号線(毎日新聞)
普天間政府案、23日の閣僚会議で協議へ(読売新聞)
高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)
<裁判員裁判>集団強姦罪の男に無期懲役 地裁立川支部判決(毎日新聞)
AD