奇跡体験!アンビリバボー 「信じられない家に住む人」2013年11月21日放送 を見ました。


巨岩信仰や山での修行が日本以外にもあるなんて親近感が沸きます!


ポルトガルのモンサントという村のお話です。「巨大な石に押しつぶされる家」がある村。


モンサントは「聖なる山」と言う意味。村は巨大な石を信仰していた。石を信仰する文化が根付いている。

800年前、石を信仰する村人が石を家の一部として取り込む。


究極のパワーストーンですな。


住民の女性談:私のお祖父さんも信仰心なら誰にも負けないって作っちゃたのよ。保温性と耐久性に優れ住み心地は快適。


The Village of Monsanto
Monsanto, Central Portugal - Tourist Information and guide



みどりの瞑想ブログ

みどりの瞑想ブログ

wiki 美しいグルジアの首都トリビシの町なみ。


崖の上の家、(旧ソビエト)グルジアの崖の上で修行をするグルジア正教のマキシム・カブタラドセ神父のお話。


グルジア正教は世界で最も古いキリスト会派のひとつ。この宗派では標高の高い場所は神に近いところだと考えられている。


信者の幸せを祈ることが神父の修行なのだが崖の上での修行がもっとも苦行。

神に近い場所で祈りを捧げ続ける。修行に終わりがない。1000年以上前から修行の場所として使われていた。この数百年挑戦する人は誰もいなかった。


食糧は弟子達が一日2回ロープで上げる。ガス、水道は無い。電気は夜間、聖書を読むため。崖の下では神父の為に掃除等行うボランティア多数。


KatskhiPillar というそうです。オレンジ色の屋根のある場所で修行をされています。


みどりの瞑想ブログ

旅行人163号特集コーカサス~アゼルバイジャン+アルメニア+グルジア/旅行人
¥1,365
Amazon.co.jp

グルジア現代史 (ユーラシア・ブックレット)/東洋書店
¥630
Amazon.co.jp

AD