政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は11日夜の会合で、各府省に予算監視・効率化チームを設け、2009年度予算の執行状況を点検する「行政事業レビュー」を5月に実施する方針を決める。各省版「事業仕分け」との位置付けで、自公政権下で編成された予算の無駄を役所ごとに洗い出し、11年度予算概算要求に反映させる。
 鳩山政権としては、夏の参院選を控え、4月に行う独立行政法人などを対象とした事業仕分け第2弾と合わせ、改革姿勢をアピールする狙いがある。
 予算監視・効率化チームは各省の副大臣をそれぞれトップとし、月内に設置。メンバーには外部の有識者も加える。公開の場で、09年度予算に盛り込まれた各事業の執行状況を担当部局から聴取し、事業継続の必要性などを判断する。 

【関連ニュース】
出先機関の仕事も「仕分け」=原口総務相
吉川氏、刷新会議議員に就任
仕分け第2弾に期待=鳩山首相
吉川氏の刷新会議起用を発表
「早期勧奨退職は必要」=基本方針策定へ

<佐賀城>半世紀ぶりの堀干し ハス復活へ250人が参加(毎日新聞)
トマホーク再積載ない 岡田外相が明言 (産経新聞)
朝鮮学校無償化、総連が各校に“獲得”を指示 金総書記の意向受け(産経新聞)
バラエティー番組で民放連がシンポ 「作り手は信念を持って」(産経新聞)
温暖化法案閣議決定 産業界負担増、強い不満 競争力低下、雇用に影響(産経新聞)
AD