「おでかけ」で「スカイツリー建設現場]
に行って来ました。
スカイツリーは来年春には完成予定。
その時にはまたピグで登る予定です。
リアルの中の人は東京タワーも登った事が無い。
通天閣しか知らない人。


今でも地上波デジタル放送は東京タワーから送信されていますが、東京タワーではもう高さが足りないと言う事でスカイツリーの建設は決定しました。
スカイタワーが始動後も東京タワーでは簡単なラジオ放送などは続けて行くそうです。
現在の送信半径はおよそ100キロ、そこに住まう世帯数1400万世帯。
ご存知高さは333m。これは北は水戸、東は銚子、南は沼津、西は甲府をサービスエリアにするのに必要な高さだったと言う事です。


しかし333m、33年竣工と言えば33はフリーメーソンの33位階を連想させます。
そして東京タワーのお隣にはフリーメーソンの東京ロッジが堂々とあって、あのコンパスと定規のシンボルが堂々と人目にさらされています。
けれど中で実際行われている事はわかりませんが、日本のフリーメーソンは日本を世界の仲間はずれにしてませんよと言うポーズ程度のもの。
実態はもっとわかりにくく別の場所にある…と思うw

666は獣の数字。
6+6+6=18で18は特別な数字なのです。

ここで興味深いのは、金玉おじさんのブログで公開されていた日本のラジオ放送の周波数の合計です。

NHK第一 594khz 5+9+4=18
NHK第二 694khz 6+9+4=18
TBSラジオ 954khz 9+5+4=18
文化放送 1134khz 11+3+4=18
ニッポン放送 1242khz 12+4+2=18
ラジオ日本 1422khz 14+2+2=18
NHK大阪に至ってはそのまんま 666khz 6+6+6=18

偶然も重なるものですね。。。


余談ですが日本のマスコミが何にエラく支配されてるかご近所ヨロシク寄り添い合っているか、面白いので情報拡散です。(コチラも金玉おじさんこと、ふぐり玉蔵さま情報です。)

同じ会社か?と思わずうなってしまいます。
まぁ便宜上の必要性の必然性なのでしょう。

読売新聞東京本社  〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
韓国日報       〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1 8F 

朝日新聞東京本社  〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
東亜日報       〒104-0045 東京都中央区築地5-3-2

毎日新聞東京本社  〒100-8051 東京都一ツ橋1-1-1
朝鮮日報       〒100-0004 東京都一ツ橋1-1-4F
 
産経新聞東京本社  〒100-8077 東京都千代田区大手町1-7-2
京郷新聞       〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2

東京新聞       〒108-8010 東京都港区港南2-3-13
中日新聞東京本社 〒108-8010 東京都港区港南2-3-13
大韓毎日 〒108-8010 東京都港区港南2-3-13 4F

引き続き、テレビ局。

NHK放送センター    〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1
韓国放送公社       〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1 NHK東館710-C

フジテレビジョン      〒137-8088 東京都港区台場2-4-8
韓国文化放送(MBC)  〒135-0091 東京都港区台場2-4-8 18F

TBSテレビ         〒107-8006 東京都港区赤坂5-3-6 
韓国総合TVNEWS 〒105-0000 東京都港区赤坂5-3-6  




スカイツリーは2005年高さ規制区域が見直され建設が可能になりました。
完成すれば高さ634m。
電波塔としては世界で最も高い塔になります。
日建設計が設計、大林組が建築しています。

基礎は一辺68mのなんと三角形です。
古代中国の礼儀に用いられた道具『かなえ』を意識してるとの事。
上に行くほど段階的に断面は丸くなります。

これって段階を上からトレースすると三角の中に目玉…考え過ぎのキノコちゃん!

「粋」隅田川をモチーフとしたピンク過ぎない淡い紫っぽいブルー「雅」江戸紫と金箔のようなきらめき…と言う二種類のライティングを行う予定です。
どのみち新しい日本の顔になる電波等は紫色の光を夜間高度634mから降り注ぐわけです。
(ふくざつ…趣味が良いとは思えないが実際見れば綺麗なのかな。)


築地というのは集中的に外資に買収されていて、東京湾と皇居のルートに築地があるわけですが。

築地というのは風水的な結界が破れた場所らしいです。
スカイツリーと東京タワーを結ぶ線が皇居と築地本願寺を切り離すルート。
エネルギー的に結界が破られるような形だそうです。
明治政府はこういう靖国神社を中心にした魔方陣を作っていたようですが。


また長文ですね。
最後まで読まれた方、おt彼様でした(^^)


AD