2011-06-04 08:07:11

アノマロカリス類はカンブリア紀だけではない!

テーマ:古代~その他

カンブリア紀(5億4500万年~4億9000万年前)の

生物界に君臨したアノマロカリス


彼らはカンブリア紀の時代の内に絶滅したと思われていた・・・。


しかし!

最近の研究ではカンブリア紀以降も行き続けた

息の長い系統であったことが明らかになりつつある!


今回、アフリカのモロッコでカンブリア紀の次の時代

オルドビス紀の4億8800万年~4億7200万年前の地層から

巨大アノマロカリスの化石が発見されたという!


2011年5月30日 ナショナルジオグラフィック

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110530001&expand&source=gnews


川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-オルドビス紀の巨大アノマロカリス

発見されたオルドビス紀の巨大アノマロカリスは

全長100cmにも達するという!これまで発見されたアノマロカリス類の

なかでは最大種らしいが、これについては後述する。


アノマロカリスの化石はカンブリア紀の地層から広く発見されているが、

5億1000万年前を境に化石記録がぱったり消えていた。

今回の発見でそれから3000万年後のオルドビス紀に化石が出土された

ことが大きな発見というわけだ。


川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-アノマロカリス類の生息年代
しかし、

アノマロカリス類は

それから1億年後のデボン紀前期、ドイツにある地層からも実は発見されている。


シンダーハンネス
川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-シンダーハンネス

わずか10cmほどの小さな節足動物であるが、

アノマロカリス同様に円形の口、飛び出した球状の目、

そして頭部の先の1対の付属肢を持つなど、

アノマロカリスの仲間であることは疑う余地もない!


さて

今回発見されたオルドビス紀の巨大アノマロカリスが

最大種であるといわれているが、


実はそれよりデカいアノマロカリスではなかろうかという

化石が過去に報告されている!
川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-中国の巨大アノマロカリス

1994年、中国雲南省のカンブリア紀前期の地層から

アノマロカリス類の口の部分だけの化石が発見されたとの報告がある。


その円形の口の直径は25cm!

これをもとに出された推定体長は2mになるという!

これは

今回発見されたオルドビス紀の巨大アノマロカリスの2倍の

大きさになる。


アノマロカリス類は

まだまだ長い時代に生き続け、多様だったのかもしれない。



川崎悟司さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

27 ■生命力強い・・・。

もしかすると、いろいろな環境に耐えられる、すごいヤツらだったんだろか。フルなんとかとか言う奴の頭の鎧みたいなのも理由のスジが通るし。

26 ■なんか怖いエビ+ナマコ+クラゲ?!

シルル紀でウミサソリと闘ったでしょうね~。(=⌒▽⌒=)

25 ■!!!!!!

アノマノカリスに似ているパラペイトイア
って最高何センチなんですか?
あとアノマロカリスと仲間なんですか?

24 ■アノマロカリス

アノマロカリスに3メートルがいてもおかしくないな。

絶滅と言っているけど、地球上のどこかに絶対いるらしい。

23 ■Re:大きくても…

>えりさん
大きくて凶暴でも、どことなく可愛らしさある動物っていますね。クマとか。
人によってはアノマロカリスも例外ではないでしょう。
どこかの水族館で模型でカンブリア紀の生物圏を再現した水槽をつくってくれないかなぁ。

22 ■大きくても…

2メートルあっても、やはりあのつぶらな眼はたまらなく可愛いですよ!

シンダーハンネスいいですね。
生きていれば水槽で飼ってみたい生き物です。

デボン紀にもアノマロカリス類が生き残っていたというのは初めて知りました。

いつも興味深い記事を楽しみにしています。

21 ■はじめまして!

アノマロカリスですかぁ。
彼(?)は口が残念とかよく言われますが、あれはアノマロカリスの食べ物と関係があったりするんでしょうか。
どちらにしてもあの特殊な口はなにかあるようにしか見えませんね~。
高校生だから生物学とかはまだよくわかりませんが、怪しくて怪しくて。

2m台のアノマロカリス。
もし実在しているとしたら、人間も軽く食べてしまいそうですね。
では。

20 ■コメントありがとうございます2!

>鋼翼飛龍さん
この時代は凶暴な魚とかいなかったから、
虫が幅を利かせていたようですね。
あと書籍の感想ありがとうございます。

>メカ大好き!さん
オルドビス紀のアノマロカリスはニュースの画像のものを見て描きましたが、
どうやらカンブリア紀に生息していたラグガニアという種のもののようです。
なのでオルドビス紀のアノマロカリスの全体像は
いまのところ復元がないのでよくわかりません。
あと味の方も気になりますね。
こちらの方も研究者の方が言及されていたようですが。

>mmryokiさん
そのページをみると、アノマロカリスの系統って普通に現在まで
続いているのではないかと思いますね。
アノマロカリスはそれほど古代特有の不思議生物ではなさそうな感じ

>牛王さん
2mはすごいですよね。もっと大きいのいるのかもしれません。
ミョ~な絶滅生物。ご購入ありがとうございます。
学校でも評判とのことでうれしいです

19 ■コメントありがとうございます!

>白墨さん
ニュースで使われたオルドビス紀のアノマロカリスは、どうやらラグガニアというカンブリア紀にいた種の画像を使っているようです。
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/5218/ragugania.html
なのでオルドビス紀のアノマロカリスの復元図は
まだないみたいですね。

>karonさん
そうですね。化石が見つからないだけという理由はよくありそうです。
カンブリア紀に急激な多様性が見られるのも
エディアカラ紀の生物が軟体性の生物が多く
化石が残らないので、いかにもカンブリア紀から
急激に種が増えたように見えるだけという説も
ありますしね。

>斉藤隆史さん
お久しぶりです!
生命40億年のアノマロカリスのフィギアがあったとは知りませんでした。
チョコラザウルスは知っていましたが、他にもたくさんあったのですね。

>白ウニさん
初投稿ありがとうございます!
それとご報告ありがとうございます。
そちらの記事の変なコメント続きは気づいていましたが、放置しています。

>羊さん
また夏がきましたね。今年もあちらこちらで
恐竜のイベントが多いです。
お知らせありがとうございます。

>親方さん
女の子を気に入っていただいてうれしいです。
また2mのアノマロカリスのイラストも描きます。
でも、これ情報が少なすぎなんですね。

18 ■!!!

まさかのカンブリアを超えて生き延びていたとは…
しかも2メートル級の巨大な奴までいたとは、なんか恐ろしい。

ミョ~な絶滅生物読みました。巨大生物ではできなかった?シャドーマンではなく、女性での比較がみられてよかったです。
学校に持っていったら大評判でしたよ。

17 ■小型で生き延びているのなら

現世ではミジンコになってますよね
なんとなくそれらしいのもいますし

http://www.asturnatura.com/articulos/artropodos/copepod.php

16 ■アノマロカリス

みなさま、こん○○は~。


今回はアノマロカリスの話題…
いやあ個人的に好きなんですよ。アノマロカリス!
オルドビス紀のアノマロカリスは、カンブリア紀のものに輪を掛けて
『お間抜けな顔』になっている気がしますが、
これって、口が体に対して大型化しているとかなんでしょうか?
だとすると、かなり強力な生物だったでしょうね。
(生物としての美しさはカンブリア紀版の方が上ですが)

後は、アノマロカリスは食べたら美味しいか?も非常に気になります。
オールみたいなヒレも多数付いていますし、
筋肉質で案外美味しかったのではないでしょうか?
生物の進化の話に関係ないって?いやいや、
生物は一度捕食される側に立つと『美味かどうか?』というのは
案外と重要な要素になって来ると思うんですが。
デボン紀のアノマロカリスが小型化したのは、もはや最強生物ではなくなり、
捕食される側に立ったので、隠れて生きる生き方を選んだ結果…とかの理由だったのでは?
そういうわけでアノマロカリス、一度食べてみたいです。
個人的なイメージとしては、エビとイカの中間くらいの味かなあ?とか思うんですが…。

15 ■2メートルもあるアノマロカリスですか?

前から気になっていたけど想像をしたら海中を泳ぐ大きな虫で獰猛だったと言うイメージしかありません…f(^_^;)


『絶滅したふしぎな巨大生物』も『ミョ~な絶滅生物』も読んでみたらとても面白かったです。
特に人間と動物の大きさの比較図を見て納得しました。

14 ■カワイイ~

アノマノカリスと女の子の構図
とってもいいですね。とても気に入ってます。
斬新だし、アガります(笑)

中国産アノマノカリスはシルエットではなく予想図を、いつか掲示していただきたいと思っています。

13 ■コメントの続き

長文ですので、コメントを分割させて頂きます。ご了承下さい。m(_ _"m)ペコリ

後、こんな小ネタも紹介します。↓
http://news.google.co.jp/news/more?pz=1&cf=all&ned=jp&cf=all&ncl=deEp6Mu_M3KwxmMi2DP4ttc6tN1jM
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201106/2011060200058
http://news.google.co.jp/news/more?pz=1&cf=all&ned=jp&cf=all&ncl=dngC2BP3obCG5TM-UxFn7J5SolEoM
http://www.dino-paradise.com/pizza/2011/04/japanese-cartoonist-returns-fossil-jawbone.html
http://www.dino-paradise.com/pizza/2011/05/japanese-cartoonist-returns-fossil-jawbone-2.html
http://tokoro-dino.at.webry.info/201105/article_6.html
http://tokoro-dino.at.webry.info/201105/article_5.html
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki4/296366.html
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2803232/7279893
http://japanese.cri.cn/881/2011/05/30/181s175633.htm
http://www.newsclip.be/news/2011601_031038.html
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20110603ddlk08040155000c.html
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110603001&expand
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukushima/news/20110603-OYT8T01080.htm
http://mytown.asahi.com/fukushima/news.php?k_id=07000001105310005
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1076/20110603_01.htm
http://mainichi.jp/enta/book/news/20110529ddm015070016000c.html
http://www.nikkei.com/life/culture/article/g=96958A96889DE0EBE6E2E3E4EAE2E0EAE2E7E0E2E3E39F8891E2E2E3;p=9694E3E4E2E4E0E2E3E2E5E3E2E4
http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784092591165
http://www5b.biglobe.ne.jp/~hilihili/rireki/sinkai3000feet.html

あ、後、こんな小ネタも・・・。↓
http://www5b.biglobe.ne.jp/~hilihili/rireki/sinkai3000feet.html
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110530mog00m040012000c.html

12 ■無題

久し振りに古生物のニュースについての記事を見せて頂きました。☆-( ^-゚)vこれからも巨大な古生物に関するニュースに目が離せません。o(^o^)o ワクワク

話は変わりますが、今年の夏に開催される面白そうなイベントを一つ紹介します。是非行きたいと思います。↓
http://www.kouga-kyoryu.com/
http://www.dino-paradise.com/news/2011/06/nagoya-dinoexpo.html
http://www.newtonpress.co.jp/database/info/index.html
http://j.people.com.cn/94475/7398899.html

他にもイベントの情報を多数見つけましたよ。↓
http://www.dino-paradise.com/news/2011/06/the-growth-and-behavior-of-dinosaurs.html
http://www2.pref.fukui.lg.jp/press/view.php?cod=0a68be1306799594O5
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=49978166&expand
http://www.tbs.co.jp/event/kyoryu2011/
http://www.dino-paradise.com/news/2011/05/dinoexpo2011.html
http://www.fasotec.co.jp/japanese/news/news/60.html
http://www.tjsaga.co.jp/tjs/event/event_shosai.php?eid=1016
http://www.gmnh.pref.gunma.jp/view/servlet/MuseumTop
http://www.pref.gunma.jp/contents/000132273.pdf
http://www.nagasaki-city.ed.jp/starship/dinosaur-ex.html
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/tokuten/2011kaseki/index.html

11 ■初めまして

初めて投稿します
こちらのブログもサイトも、いつも拝見させていただいています
最新の古生物の情報をわかり易く、素敵なイラストで拝見できるので更新をとても楽しみにしています
ちなみにここでニジェールサウルスを知り、大好きになりました!

さて、突然なんですが、ブログの2007年4月26日の記事のコメントが何かすごいことになっているようです
もしかしたら気づいておられるかもしれませんが、なぜかこの記事のコメント欄が何者かに掲示板代わりにされているようで・・・・
気になったのでお知らせさせて頂きました

10 ■なるほど!

川崎さんお久しぶりです!

2mのアノマロカリスのことは、
以前から気になっていましたが、
なるほど、口の部分だけが発見されて、
そこからの推定だったのですね。
カンブリア紀の途中、
突如謎の絶滅をしたと思われていたのに、
デボン紀までいたとは…
シンダーハンネスのように小さくならず、
逆に巨大化していたら、
ダンクルオステウスとの夢の対決もあったのですね!
まぁダンクルオステウスの圧勝でしょうけど…

話は変わりますが、
うちのアノマロカリスもだいぶ増えました
よかったらご覧ください
http://saitotaka.exblog.jp/15813534

9 ■カンブリアの大絶滅

このニュースは事前に知っていました。
果たして、カンブリア大絶滅は起きたのか、起きたとしてもおそらく、三畳紀や白亜紀のレベルより小規模だったのか。
古代に行くにつれて、化石が残らなくなったから大絶滅だと言われることが多くなりますが。
何らかの原因で、化石に残りにくくなったけれど、生存はしていたということも多くなりそうな気がします。

8 ■気になっておりました。

アノマロカリス、好きなので^^;
雲南省のアノマロカリス、大きすぎてちょっと・・・
どうもカンブリア紀のものより、今回のオルドビス紀のアノマロカリスが好みです。
そこからまた小型のシンダーハンネス、と大きさの変遷を好き勝手に考えてみるとまた、面白いものですね^^

7 ■コメントありがとうございます!

>猪八戒さん
怖いですね。でも研究者によると美味しいかもしれないってw

>みっきー☆さん
イカに似てるから、美味しいかもしれないw
研究者もそうかもしれないっていってますし。

>ドリフターズさん
そうですね。当時の環境に合ったこのような姿のものが生き残ったということでしょう。

>エビ蔵さん
ええ。ヒトの腕ぐらいはもぎちぎって食うでしょうね。
恐竜や古生物の名前は覚えにくいし、子供のほうがよく覚えたりしますよね。
それと
「ミョ~な・・・」買ってくださいましてありがとうございます!

>nobiruzouさん(のびるぞうさん?)
シンダーハンネスは
完全に遊泳タイプの生物であることは間違いなさそうですね。

>ぱんてるさん
雲南省で出土されているそうなので、カンブリア紀前期のもlのらしいですが、
この早い時期からアノマロカリスの最大のものが出るというのは
ちょっと不思議な感じですね。
口だけしか発見されていないのでアノマロカリスとは断定できないかも。そのままクラゲとか。

6 ■でかい!こわい

2mのアノマロカリスですか?怖すぎる
でも素朴な疑問
アノマロカリスはカンブリア紀の生物
2mの大アノマロカリスはカンブリア前期
小さな生物が肉食を覚えて巨大化してきたこの時期、巨大な生物ほどあとの時代に出てなきゃおかしくないんだろうか?

シンダーハンネスは水槽で飼えそうだな
今売ったらかわいいとかで人気でそうw

5 ■無題

シンダーハンネスは如何にも高速で泳ぎまわれそうな感じですね。トビウオやカジキみたい。

4 ■2mって…。

 2mのアノマロカリスですか!?
 人も食うのでは…!?
 
 
 ちなみに私の家の鍵にはアノマロカリスのキーホルダーが
ついてるんですが、「アノマロカリス」が」なかなか覚えられなくて、
いつも6歳&4歳の娘に聞いてました(恥)。
 
 ところで今日、「ミョ~な…」を買いました!!
静岡くんだりのセブンにもありましたよ!!
 
 娘たちと一緒に、爆笑しながら読みました。

3 ■なんのために?

愚昧な質問ですね。
生きるためです。
生存は、生存以外の目的を持ちません。
では、なぜそんなお姿で?
その姿は、環境適応の結果です。
姿から推して、環境の醜悪さとワンダフルとがわかります。

2 ■なんだか

イカに似てますね


この時代に私が生きていたら、間違いなく捕食されてたでしょうね(-"-;)怖い

1 ■無題

巨大な蟲だ・・・。

こ、怖い。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み