2010-10-30 23:27:49

5億年の大陸名鑑

テーマ:動物、古生物うんちく

ハワイは日本に年間で数センチずつ近づいているという・・・

大陸は少しずつ移動しているのだ。


それを生物史のような何億年スパンで見ると

それぞれの大陸は移動しまくり、くっついたり、離れたりと。


そして

太古には、こんな大陸があった!

おおよそ5億年前という太古では・・・
川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-オルドビス紀の世界地図
中国がシベリアから海を隔てて遠く、南極やオーストラリアに間近という

現在とはまったく違う大陸配置だ!


【ロレンシア大陸 Laurentia】

現在の北アメリカの大部分とグリーンランドを含む大陸。ほぼ北アメリカ大陸といっていいだろう。


【バルチカ大陸 Baltica】

現在のスカンジナビア半島などのヨーロッパ北部と東ヨーロッパにあたる大陸


【シベリア大陸】

現在シベリアはユーラシア大陸の一部だが、当時は孤立した大陸だったようだ。


【ゴンドワナ大陸 Gondwana】

南アメリカ、アフリカ、南極、オーストラリアなどを含む巨大な大陸。

これから長い間、南半球の巨大大陸として存続することに。


4億年前になると

ロレンシア大陸とバルチカ大陸などに大きな動きが!


川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-大陸衝突

川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-デボン紀世界地図

ローレンシア大陸とバルティカ大陸、そのほかアバロニア大陸の衝突によって

ユーラメリカ大陸という大きな大陸ができる!


そして、ゴンドワナ大陸は南半球でそのままの形でキープ。


【ユーラメリカ大陸 Euramerica】

ユーロ(ヨーロッパ)とアメリカを合わせてユーラメリカ。

衝突した場所は地形がかなり隆起し、カレドニア造山運動が起こる


川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-カレドニア大山脈

赤道にあるユーラメリカ大陸に南北に走る大山脈ができ、

大気の流れを大いにせき止めた。

これにより、大規模な降雨が続き、大河や湖などの淡水域が広がっていった。

このときに魚や節足動物などがそこへ進出し、

陸地の奥までシダ植物の森林ができたのだ。

このころにはイクチオステガなどの脊椎動物が地上へ進出する機会もつくった。


3億年前から2億年前あたりはすべての大陸が一塊に!
川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-超大陸パンゲア
【超大陸パンゲア Pangea】

ほぼすべての大陸が陸続きになった超大陸。

内陸面積がかなり広くなるので、乾燥した地域がひろがっただろう。

この頃、水がないと受粉できないシダ植物が衰退し、乾燥した場所でも繁殖できる

裸子植物が栄えたといわれる。


恐竜時代真っ盛りの1億5000万年前頃は

超大陸パンゲアが赤道あたりでパックリと2つに分かれる。


川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-パンゲアの分裂


南半球では超大陸パンゲアの一部にされたゴンドワナ大陸が復活だ!

一度パンゲアに吸収された過去があれど、南アメリカ、アフリカ、南極、オーストラリアの

固い絆は健在である!


そして北半球は

【ローラシア大陸 Laurasia】

アジア、ヨーロッパ、北アメリカで構成された巨大大陸。


そして、1億年前。

2つの大陸が細分化される時代であった。
川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-白亜紀の世界地図
つ、ついにゴンドワナ大陸が2つに分かるのだ!

南アメリカとアフリカで西ゴンドワナ

南極とオーストラリアで東ゴンドワナだ。

ローラシア大陸も海水位が上がったせいもあって

ヨーロッパは細かな島々になり、北アメリカも西と東で海に隔てられた。


【アジアメリカ大陸】

アジアと北アメリカ西部は北極圏でつながっていたらしく、

ここはティラノサウルス類や角竜の進化の舞台であったようだ。
川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-アジアメリカ大陸

ティラノサウルスの仲間や角竜の仲間は

ほぼ、アジアと北アメリカで化石が発掘されている。


次は5000万年前~3000万年前あたり。
川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-新生代の世界地図

ほぼ現在の世界地図に近づいていた。


【ユーラシア大陸 Eurasia】

ユーロ(ヨーロッパ)とアジアでユーラシア。

現在も存在する大きな大陸だ。


ゴンドワナ大陸は綺麗に

南アメリカ大陸、アフリカ大陸、オーストラリア大陸、南極大陸に分かれて

もうその面影はない。


そして現在。


川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-現在の世界地図
【アフロ・ユーラシア大陸 Afro-Eurasia】

アフリカとユーラシアをあわせた大陸。「世界島」ともいう。

アフリカ大陸とユーラシア大陸は別として扱うのが普通だが、

アフリカとユーラシアはスエズ地峡でつながっており、

また両大陸を隔てる海は地中海と紅海という規模の小さな海である。

これを内海として見れば、1つの大きな大陸と見なすことができる。


超大陸―100億年の地球史/テッド・ニールド
¥2,730
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

川崎悟司さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

17 ■南極から見た大陸移動、北極から見た大陸移動

素人に大変分かりやすい大陸移動の説明の図、そして、生物の発生、移動についての解説、感心しました。
1億年前か?、<アジアと北アメリカ西部は北極圏でつながっていたらしく、ここはティラノサウルス類や角竜の進化の舞台であったようだ。
>が、結構、生物進化上の「味噌」のように、改めて思いました。
南極から見た大陸移動は、一度、描いて見ましたが(http://mohariza6.exblog.jp/6985070/)、
今度、その内、北極から見た大陸移動を描いてみたいと思っています。
面白い発見があるかも知れません。
今後も、期待しています。

16 ■無題

川崎様、ご返事ありがとうございます。

>アメリカ西部とアジアが地続きになったのは
>白亜紀中頃といわれています。一応、1億年前
>あたりになるのですが…

なるほど…これは失礼致しました。私、考え違いをしていました。
o0559030510830928909.jpg の図で『アジアアメリカ大陸、陸続き』
と書いて有る部分は…
図の上では離れている様に見えるけれど、切り開かれた図だから、
『北極圏の実際の地形ではつながっている』…という意味なのですね?
でもこれ、読者が見て、すぐには理解できないかも知れませんよ?
私はまた、この部分が離れているのかと思いました。
(ああそうか、それで極方向から見た図が別に有るのか…)
むしろ、極地方まで丸くつなげた図の方が理解しやすいかも知れません。
(極地方がかなり歪んで描かれる事になると思いますが…)
又は、このまま両大陸を点線で結んで、薄めの茶色を塗っておくとか…
図の見た目で離れていると、どうしても連続しているとは思い難いです。

15 ■コメントありがとうございます!

>ジャイポさん
言われてみてはじめて気づきました。
恐竜が現れる前の時代なので
それを暗示するかのような大陸図ですね。

>もけさん
やはり、うまいこと海流に乗って漂流という結論に至るのでしょうか。
最古の霊長類が白亜紀なので、地続きで渡った
ことはまず考えられないですからね。
でも現在ほどではないけど、けっこう距離はあると
思ったりもします。

>メカ大好きさん
アメリカ西部とアジアが地続きになったのは
白亜紀中頃といわれています。一応、1億年前
あたりになるのですが・・・。
あと
5000万年前のヨーロッパとアフリカの間の
地形は私も好きなんですよ。
あいだにある海はテチス海なんですが
やがてアフリカとユーラシアがくっついて
地中海ができました。
テチス海は別名「古地中海」とか「大地中海」
とかいって、今の地中海はテチス海の名残り
らしいです。

14 ■疑問点の確認です。。。

川崎様、細かい事で申し訳ないのですが…
地図の吹き出し説明の『アジアアメリカ大陸、陸続き』は、1億年前の
時代ではなく、1億5000万年前のローラシア大陸時代にこそ相応しい
説明な様な気がするのですが…。説明を付け間違えていませんか?

それにしても、5000万年前~3000万年前辺りのユーラシア大陸と
アフリカ大陸の中央部にできた『ベルト地帯』は面白く感じます。
まるで、ローラーでも掛けたかの様な地形…今後の新発見も有るかも知れません。

13 ■無題

新世界ザルはアフリカから海を渡って漂着したサルから進化したって説がウィキペディアに載ってましたが、明確な答えはまだ無いみたいですね。

マダガスカルのリスザル類もそうですけど、比較的近い距離の海をサルの仲間が漂流、漂着するというのはありうる事なのかもしれませんね。

大雨で洪水となり、ある猿の群が樹木の一つに取り残される。結局その木は押し流され海に流れ出てしまうが、何頭かの(安定して交配可能な数の)猿が木に必死でしがみ付き、運よく飢えと渇きで死ぬ前に新天地に漂着する・・・。

といった出来事が歴史上何度かあったかもしれませんね。他の陸上動物に比べ、普段から樹木にしがみ付いて生活しているサルの仲間は別の島や大陸に漂着する可能性がずっと高いのは確実でしょうし。

12 ■川崎さんのパンゲア予想図は…

西洋のドラゴンに良く似た形ですね。竜伝説が世界中にある事と関係有りそうですね。(話が飛んでしまいました;)

11 ■川崎さんのパンゲア予想図は…

西洋のドラゴンに良く似た形ですね。

10 ■コメントありがとうございます!

>karukitiさん
いつも訪問ありがとうございます!

>恐竜好きさん
ウィルソンサイクルとって4億~5億年サイクルで
パンゲアのような超大陸ができるとか。

>ひろさん
大陸配置は海流の流れとか変化するので
気候の当然ながら変化するんですね。

>メカ大好き!さん
魚竜の起源となる場所はあまりわかっていないそうですが、
魚竜が現れた頃は、パンゲア大陸がそろそろ分裂しようかという
時期だと思うので、その間に新たにできた浅海で
進化したのかもしれませんね。

>黒燕さん
99,9999%は不動みたいな感じで。

>海洋芽鷹さん
もっと前にはヌーナ大陸とかコロンビア大陸とか
パノティア大陸とかロディニア大陸といった
超大陸が何度もできたとか。

>牛王さん
大陸移動はたしかに地球が生きている証のようなものですね。

>manziさん
そうそう。南米の新世界ザルは大陸移動で考えると矛盾が出てくるんですよね。
調べてはいるのですが、有力な手かがりがなく・・・。

>鋼翼飛龍さん
日本とハワイが衝突するころには、富士山どころか、はたして日本列島もあるかどうか。
たいぶん遠い未来ですね。

9 ■大陸は常に移動をしているね。

勉強になります。

で…様々な恐竜の分布図を見ていたら当時の大陸がどんな形をしていたのか分かるのも凄い事だと思っています。


一つだけ疑問に感じてるが大陸同士が衝突をしたり離れてしまった時に物凄い衝撃があると思うが当時の生物達にどんな影響を与えたのか?考えるだけでも不思議に思っています。



アジア地方にある高い山も大陸同士の衝突で出来てしまったと言う話しすらもあるし…f(^_^;)



話しが変わるけど…


ハワイと日本が衝突したらまず大地震が起きてしまい富士山などの火山が噴火をしてしまう可能性もあるかな?と思っています。


もちろんその時に人間がまだたくさん居て都市もあったらその影響は計り知れないだろうなぁ…

8 ■無題

生物の歴史を見ると、この大陸移動に納得できるのが驚きです
恐竜の生息年代を見ても昔過ぎて実感がないですが、実際の分布と大陸移動を見てみると気の遠くなるような
昔だったんだなと実感できますね。
しかし南アメリカの猿はやはりアフリカが近いときに漂流してわたったんでしょうか・・

7 ■大陸移動

5億年…
それは気の長くなるような年数ですね。

その間に大陸は移動し、離れたり、くっついたりと変化をしてきたのですね。

大陸移動は地球が生きてきた証だと思います。

そして今日も大陸は少しずつ動いているのですから……

6 ■無題

陸に生き物がいない時代から、大陸の移動はあったみたいですね。

そういえば、昔プシッタコサウルスは角竜の先祖って言われてましたね。

5 ■動かざること山の如し、と昔誰かが言った・・・

世の中には地震だって普通にあるのに、なんで大地は不動で安定したものの代名詞みたいに言われ続けるんでしょうね?

今度、『いつまでも根無し草みたくフラフラ漂いおって。男なら地に足をつけ根を張り、どっしりと構えろ!』などと言われたら、きっちりこの図を見せてやります・・・見せてどうしたものか?

4 ■大陸の集合&離散。。。

みなさま、こん○○は~。

大陸の集合&離散は、面白いテーマですね。
生物の発展、競合にも大きな影響を与えたと思います。

以前に、現在の鯨やイルカ類が発展した時に、
大陸の間にできた遠浅の海の存在が重要だったとの話が有りましたが、
太古の地球でも、きっとノドサウルス類や魚竜が発展した頃には、
似た様な出来事が有ったのだろうな…とか思います。

陸地と海洋は常に影響し合って生物を発展させて行く。面白いですよね。
現在の中央アジアなどは、未来的にはどの様に生物の発展に影響して行くのか、
できれば見てみたい気分です。
現在、私達が普通に地上で見ている動物も、数100万年後には海洋生物かも?
なんて思うと、不思議に思いませんか?

3 ■勉強になります。

こん○○は、
5億年前の大陸の位置は初めて知りました。
大陸移動が、気候や季節の変化、生物の
進化や新しい環境への進出に、綿密に関わって
いることに、
改めて認識した次第です。
大変勉強になりました。

2 ■未来の大陸

このまま行くと、アフリカは大地溝帯から裂けて、細長い島大陸になってしまうらしいですね。
さらに時間が進むと、再び超大陸が形成されるとか・・・、地球は壮大です。

1 ■こんばんわ

いつも拝見させて頂いてまぁす。勉強になりました

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み