2008-11-15 12:51:06

マンモス復活なるか!凍結マウスからクローン誕生

テーマ:ニュース関係

ケナガマンモス 学名(Mammuthus primigenius


ケナガマンモス


マンモス復活の実現に
一歩近づいたかもしれないという
とんでもないニュースが飛び込んできた!


2008年11月4日 asahi.com
http://www.asahi.com/science/update/1104/OSK200811040010.html


まずは

理化学研究所発生・再生科学総合研究センターのチームは
16年間もの歳月を-20℃で凍結していた
マウスの死骸の体細胞から
クローンマウスを誕生させたと
11月3日、東京都内で開かれたシンポジウムで
明らかにしたという!


クローン動物はウシやヒツジなどいるが、
「凍結死骸からクローン動物を誕生させる」というのは
世界初のことである!


研究チームによると
長年に凍結され壊れた体細胞から
内部の核を傷つけずに取り出す工夫をした。
その核を生きたマウスの卵子に移植し
クローン胚をつくり、マウスの子宮に移植した。
しかし
クローンの子供は産まれなかったという・・・。


凍結マウスのクローンの作り方

そこでいったん
クローン胚から
俗に万能細胞とよばれる
胚性幹細胞(ES細胞)を作製。
このES細胞から核を取り出し
再び卵子に移植して作ったクローン胚を
マウスの子宮に戻すと
クローンマウスが見事に誕生したという!


つまり
このやり方で
凍結死骸のマウスからクローンを作り出せたということは
「永久凍土に近い条件化でも
細胞核のダメージはなく正常な個体が生まれた」

ということを示したことになり、
永久凍土で発掘されたマンモスから
クローンマンモスを産み出す可能性が出てきた
というわけだ!


マンモス復活のプロセス

しかしマンモス復活には
クローンの母体となるものがゾウで代用することから
異種動物に核移植するなどの技術的な課題も
あるそうだ。


1万年前に生まれて、
死にあの世にいった1頭のマンモス。


現在、人間のクローン技術によって
再びこの世に呼び戻され誕生する・・・。


夢のような話であり、

今後どうなるのかわからない怖い話でもあり

近い将来、このようなことが

実現するかもしれない。



当ブログ関連記事

「マンモス復活プロジェクト」

http://ameblo.jp/oldworld/entry-10010022391.html



クローンマンモスへの道―クローン技術最前線の技術における発生・再生医療技術を探る/若山 照彦
¥1,680
Amazon.co.jp



4M KidzLabs DIG-A-DINO SKELETON 発掘 マンモス
¥1,143
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(23)  |  リブログ(0)

川崎悟司さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

23 ■おお~!!!

へー!!ヾ(@°▽°@)ノ

22 ■Ayumi☆さんとDodoさん

やはりマンモス君もいましたか。
まぁメジャーですもんね。
ブログ拝見しましたが、クリオロフォサウルスも
あったとは思いませんでした!
いろんな古生物のぬいぐるみが出て欲しいものです
ゲロトラックスあたりイイと思うんですが。

21 ■マンモスくん。*゚。

川崎さん!こんにちは(^ー^)ノ

ドードーくん かわいいのでわたしもお気に入りです*。゚。本当によくできていますね!

「ぼくのほかに マンモスくんもいたよ!…マンモスくんげんきかな~?」ドードーくんより

20 ■瓦さん

やっぱり時間ですか~。
16年と10000年じゃぁ、違いすぎますし、
難しいですね。
可能性がゼロでないことを祈ります。

19 ■無題

低温であっても時間と共にDNAは破壊されるものと考えると、完全に無傷なDNAを持つマンモスの細胞が残っているのかどうか疑問です。
もし残っていなかったとなると、たくさんの細胞からDNA配列が正しく保持されていると考えられる箇所を取り出してきて、それらを繋ぎ合わせる作業が必要となります。
そしておそらくその作業は今回のクローンマウスを誕生させた作業よりも難しいものなのではないかと思います。

18 ■コメントありがとうございます!

ゆきかぜさん>
そうですね。
ハーフ、クォータ、・・・とドンドンマンモスに近づける方法ですが、
これはかなり時間がかかるでしょうね。

ケヅメ所長さん>
ライブカメラが見れませんでした。

17 ■無題

こんにちは
私は、超大型ケヅメリクガメ10頭と生活している『ケヅメ所長』申します。

捨てられた、カメたちの保護活動、亀イベント、大食い食べ歩き、トレーニング等・・・・・・・・
ブログとホームページで紹介しています。

ホームページから、世界初のライブカメラで巨大カメたちの生活を御覧になれます。

今、日本中で、ライブカメラで巨大カメ達の様子を観ると、幸運がやって来ると大ブレーク中です。

QRコードも登録できますので、友達へ教えてあげてください。

ホームページは、http://www.m-kezume.comです。

応援していますので頑張ってください。

16 ■初め人間ギャートルズ

♪ゴンゴン・ゴンゴン・ゴーン!ゴーン!。

>もう1つの方法でマンモスの精子を使ったものがありますが・・・

えぇっとウロ覚えですが、ゾウの母体に純マンモスの精子を受精させて、「(1/2)ハーフマンモス」を生ませて、それに更に純マンモスを掛け合わせて「3/4(?)マンモス」を生ませて、更にその「3/4(?)マンモス」に純マンモスを・・・つーのを繰り返して、限りなく、準マンモスに近いマンモスを作るんでしたっけ?

15 ■コメントありがとうございます2!

リューガさん>
エラスモテリウムですか!
凍結遺体が発見されれば可能かも
代用母体はやはりシロサイあたりになるかな。
あとエラスモテリウムオルフェノクの画像
見つからんかった。

!さん>
誤字の報告ありがとうございます。
エラスモテリウムは私も拝みたいです!
エラスモサウルスも寒い地域に生息していたので
可能性ありそうなんだけどなぁ。

アノマさん>
この体細胞からできたということで
短時間で純粋なマンモスが復活するという
夢が叶うかもしれないということで
かなり期待しています。

UMEさん>
タスマニアタイガーのクローン計画断念という
ニュースは知りませんでした、というか忘れてたかも。
マンモスの場合は1万年前と時間が長いから
DNA劣化の方はどうなんでしょうね。

ぱんてるさん>
確かに氷漬けの絶滅動物ってマンモス以外に聞きませんね。
ケサイだったらミイラ化した遺体がいくつか見つかっているらしいですが。


14 ■コメントありがとうございます!

鋼翼飛龍さん>
マンモスの復活には2つの方法があって
こちらの方法だと純粋のマンモスが産まれますよ。
もう1つの方法でマンモスの精子を使ったものが
ありますが、こちらの方が純粋なものが
できませんね。

海洋芽鷹さん>
100%のマンモスが産まれます!
まぁ、マンモスに限らず他の絶滅動物もできますが、
サーベルタイガーは永久凍土ができるような場所に生息していなかったらしいので
むずかしいのかな。
私的にはサーベルタイガーの復活が希望!

蜘蛛男さん>
あの年輪のようなものがはいったマンモス肉のステーキ。
あれ美味そうですよね!
私も食いたいです。小さい頃からの憧れですよ。

ふにゃ~さん>
私もこの研究は注目してますし、応援してますね。
ぜひとも実現してほしいです。
のりぴ~語の復活・・・こっちの実現の方が
難しいかもしれません。

ひろうすさん>
どうなんでしょう?
核にダメージがあったら無理っぽいと思ってますが
常温で核のダメージがないものは・・・
それもないか。

羊さん>
ブログ更新滞ってますね。
ちょっと最近忙しくて。
7周年企画は時間的に無理っぽいです~。

Ayumi☆さん>
久しぶりの更新です!
このニュースは新聞の一面にありましたよ。(小さく)
それよかドードーくんかわいいですね。
よくできたぬいぐるみです!

アンモ騎士さん>
将来、そのような動物園はできるかもしれませんね。
マンモスなど氷河期の絶滅動物は早々に実現しそうな今回のニュースです。

13 ■マンモスステーキ

私もぜひ食べてみたい気が・・・(^_^;)

サーベルタイガーの氷付け・・・なるほど、永久凍土になるような場所で生息してなかったわけですね。納得はしますが、残念でもありますね。

ところで、シベリアにはほかにも動物が住んでいたでしょうから、それらの氷付けは見つからないんでしょうかね?
いまさらですがよく考えてみると私、シベリアから出た氷付け動物ってマンモスしか知らないんです。
あっても不思議ないと思うんですが、他にありましたか?

12 ■タスマニアタイガーにも

「タスマニアタイガーのクローン計画断念 DNA劣化で」
って話が2005年頃出ていたらしいのですが、
今回のクローン技術の進歩で、少し前進する可能性が出たかも知れませんね。
でも肝心のDNAの劣化はまだ修正困難かもしれません。
元のタスマニアタイガーの細胞がアルコール漬け胎児の標本かららしいので、
冷凍マンモスより質が低いのは仕方なさそうです。

マンモスは研究にコストがかかりすぎるので、
まずは確実にDNAが保存されているトキの純日本産個体をクローン化して欲しいところです。

11 ■無題

ぉぉ、
数年前に大学にあった家庭用冷蔵庫の冷凍室で20年くらい保存されていた冷凍マウスから取り出した精子で子供を作る事に成功したと言う記事をみかけましたが今度は体細胞からですか。

古生物復活って言うのはロマンを感じますね~w
復活させたらさせたで色々問題もあるでしょうけど応援したくなりますw

10 ■夢はありますが

>クローンマウスの誕生させたと
「の」は「を」の間違いでしょうか

非常に夢が膨らむ発見ですね。
細胞が壊れてるから無理じゃないかと言われていた日が遠く感じられます。
でも実際に実現したら大変でしょうね・・・住める環境を探して野に放つのは言語道断でしょうし、
見せ物や研究の為に復活させるのも色々と煩く言われるでしょうから・・・
それでもエラスモテリウムの角を拝みたいという夢は捨てきれないなぁ

9 ■お久しぶりです

 マンモスと同じ,第四期後期のヨーロッパで生息していた動物といえば,エラスモテリウムが思い出されますね.
 シベリアの寒い地域に来ていたかは別問題ですが・・・.
 本とに2メートルもあるあんな角だったのか,ぜひ見たいです!

 エラスモテリウムといえば,「仮面ライダー555」の劇場版で,エラスモテリウムオルフェノクと言う怪人が出てきます.
 怪人と言っても,自我は失われ,その大きさ,姿は怪獣クラスです.
 一見の価値有です!

8 ■無題

将来古代絶滅動物園でもやるんでしょうか

7 ■マンモスさんふっかつ?*゚。゚

川崎さん!更新をお待ちしておりました~!!(^◇^)
わたしも先日 このニュースをチラッと拝見しましたがどうなのでしょうね!もちろんマンモスをみてみたい反面 いろいろと問題がでてきますよね!

とてもゆめのようなことですけど…

ドードーくん(ぬいぐるみ←笑)とむずかしいことだよねー!とお話しておりました(・_・ゞ
ケナガマンモスさん゚*。いいですね☆

古世界の住人HPのイラストのスピノサウルスさんやディモルフォドンさん?を拝見しました。゚*。よく描けていらして感心いたします(^ー^*)一緒にみていたドードーくんも興味津々です!

6 ■久し振りの新記事

最近、このサイトの更新が滞ってやきもきしていましたが、久し振りに新記事を見せて頂きました。☆-( ^-゚)vこれからもクオリティの高いイラストと面白い記事を楽しみにしてます。後、サイト開設7周年記念企画も首を長~くして期待してます。o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪

この記事を見て、以前僕が紹介した、フクロオオカミの遺伝子についてのニュースを思い出しました。

話は変わりますが、今、「ジュラシックパーク4」と「丹波竜」の情報にと~っても飢えています。(`ε´)

5 ■無題

マンモス以外にも夢のある話ですね。
凍結してなくて核にダメージのあるものは
駄目なのかなぁ。
日本狼とかドードーとか皮膚の残っている
剥製の生き物は早めに細胞を保存しておけば
そのうちには?

4 ■マンモスうれぴ~(死語)の復活は無理ですか

この研究が地球に住む生物や
人類の未来につながるといいですね
まずは期待してエールを送りたいものですね!


>>海洋芽鷹さん

一つは時代ですな
氷付けマンモーは古くて4~5万年
最後のサーベル猫のスミトロドンは10万年前
もう一つは場所ですね
スミトロドンがいたのは永久凍土が無い
アメリカ大陸の真ん中あたりです
一方、マンモスはシベリアにいました

実は科学技術で復活したスミトロドンが人を襲う
ジュラシックパークパクリのB級映画があるのですが
恐いというより、えらく可愛かったですw
牙に血をつけたり頑張っているんですがね・・・

3 ■夢にまで見た…

マンモス肉のステーキを食べれる時がッ!!

ギャートルズで見て以来、憧れ続けたマンモス肉のステーキ…
は無理でしょうけど、一度絶滅してしまった生物をクローン技術により復活ってのは、使い方を誤らなければ素晴らしい事なんじゃないでしょうか

いつか動物園にマンモスが…

そしてレストランにも…(しつこい)

2 ■無題

たしかこのやり方だとDNAが100%のマンモスが誕生するんですよね?
それにしても凍死したサーベルタイガーが見つからないのはなんででしょうね。

1 ■夢の様な話しですね。

でも…やはりどんな方法を用いてもアジア象とのハーフのマンモスしか生まれてこないのが欠点やなぁ…f^_^;

純血のマンモスを誕生させるには時間がかかるかも知れないなぁ…(-.-;)

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース