2008-05-19 01:42:12

ティラノサウルスに羽毛が生えていたかもしれない件について

テーマ:恐竜

ディロング・パラドクサス  学名(Dilong paradoxus


ディロング

2004年、白亜紀前期の中国遼寧省熱河層群から出土した。
1億3000万年前に生息していたと見られる
もっとも原始的なティラノサウルスの仲間。


ディロング・パラドクサス、その学名の意味は

「逆説的な皇帝竜」

あの暴君竜ティラノサウルスと
同じ仲間でありながら、
全長160cmと小柄で
アゴと尾の皮膚の印象化石から羽毛を持つことが
明らかになった!


巨体であり、ゴツゴツとした鱗で覆われた
ティラノサウルスとは
真逆の姿をしていたのだ!


■だったらティラノサウルスにも羽毛?■


獣脚類の系統図

ティラノサウルスは
羽毛を持つとされる小型獣脚類の
「コエルロサウルス類」というグループに属し、
その中で巨大化した恐竜の1つだ!


そして
ディロング・パラドクサスの発見により、
あのティラノサウルスにも羽毛を持つ可能性は出てきたわけだ!



ティラノサウルス  学名(Tyrannosaurus rex


ティラノサウルス親子
(ティラノサウルスの親子。子供には羽毛があった可能性が高い)

しかし、
巨体であるティラノサウルスの成体には羽毛を持たず、
ティラノサウルスの幼体に羽毛を持つ可能性が高い


という見解のようだ。


ティラノサウルスの成体になぜ羽毛が必要としないのか・・・。


まず、
羽毛には「断熱」という効果があるそうだ!
体に羽毛を覆うことにより、
暑かろうが、寒かろうが外の温度に左右されず、
体温が一定に維持しやすいということになる。


しかし
ティラノサウルスの成体には
羽毛を必要としないのは
巨体であるがゆえに体温を一定に保つことが
できたからだ!


その理由とはこうだ!


体積と表面積の比率

体が大きい分
体の体積に対する表面積(皮膚の面積)の比率が小さくなる!


皮膚は体内と体外の温度の出入れの玄関口と
いったもので、
体が大きくなればなるほど
それに対する皮膚の表面積の比率は小さくなり、

熱しにくく、冷めにくい体になるわけだ!


要するに

コップのお湯とお風呂のお湯では
コップのお湯の方が冷めやすいという理屈と同じだ。


これを「慣性恒温性」と呼ぶ。



ティラノサウルス幼体

逆に体の小さなティラノサウルス幼体は
体の表面積の比率が大きく、
外の温度に体温が左右されやすく
断熱効果の羽毛を覆うことによって、
体内、体外の温度の出入れをシャットアウト!


要するに

コップのお湯を魔法瓶に入れれば
冷めにくいという理屈と同じだ。


羽毛を生やすことによって恒温性を
保つというわけである。

どっちが風の子?


ティラノサウルスの子供に羽毛がなかったら、

超がつくほどの暑がりの寒がりというわけです。


ティラノサウルス/小田 隆
¥1,890
Amazon.co.jp
ティラノサウルス全(オール)百科 (コロタン文庫)/北村 雄一
¥872
Amazon.co.jp





川崎悟司さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

30 ■無題

このティラノサウルスのイラストが地元の恐竜イベントのチケットに使われててビックリしました。

29 ■コメントありがとうございます!

ふにゃ~さん>
ティラノサウルスの肉は、そこそこイケてたかもです。
鶏に近いなんてニュースありましたね。
なんでも、鳥に近いワニも鶏肉みたいな味がするとかしないとか。

前山さん>
逆にティラノサウルスがゴジラ立ちの復元をされていたのか
知りたいところですね。
最も古いイグアノドンの復元は四つん這いで、
それからゴジラ立ちポーズになりました。

すへさん>
お久しぶりです。
(鳥類・爬虫類・恐竜)と哺乳類は対極をなす
グループですからね。
鳥なんかは脚をみると爬虫類なんだなぁっと
思いますね。

takaさん>
拝見させていただきました~。
巨大ドロマエオサウルスっぽいですね。
テリジノサウルスが肉食恐竜に復元
されていたなんて初めて知りました!

28 ■どうでもいい報告

お絵かき掲示板に旧復元のテリジノサウルスを描いてみました。
描き終わって一言
自分の画力に絶望した!(笑)

27 ■無題

…とは限らない、巨大な動物はたとえばマンモスもたくさんおじけづくことがあるため、Tyrannosaurusも羽があるべきで、その上もし体型は大いにそれはつまりとても奇怪ならば、多くても少なくなるのです

26 ■無題

ご無沙汰しております。
子ティラノは羽毛が生えるとますます取りに近い感じになりますね。
こうして見ると鳥類・恐竜・爬虫類は近縁な種族なのだなぁ・・・と再認識させられます。やっぱ絵で観ると分かりやすくて良いですね!

25 ■答えていただきありがとうございます

過去には恐竜がゴジラみたいに立っていたイラストがあったりもしましたがずいぶん研究が進んだものですね。

これから恐竜像(イメージ)がどれぐらい精密なものになってくるのか楽しみです。

気長に待っています。

24 ■無題

前山さん>
最初に判断された理由はoldworld さんの言うとおりで
それが定着したのは「頭蓋骨が双弓類だから」でしょう
と言うか、その爬虫類と鳥の区別自体が突き詰めれば、あいまいそのものですからね
そもそも、どこに「鳥」であることの基準を置くか、って話になってしまう
たとえばワニも体の機能やルーツは、トカゲや亀より、はるかに鳥に距離が近いわけで


しかし・・・羽毛ティラノの赤ちゃんですが、かわいいと思うと同時に
「なんかおいしそう」とピクルのような事を思ってしまいました
(だって、おなかぽっこりで、いい感じに腿のお肉とかがプリプリしていそうで)
鳥の親子関係ってやつは、哺乳類よりはるかに機械的ですから
羽毛は「愛情を持たれて可愛がられる」と言うよりは、
「親に食べられないためのサイン」だったのかもしれませんね、とか

ここまで美味しそうだと、そんなことを思ったりして・・・
おかげで棚ボタで哺乳類や鳥も餌食にならずにすんだとか(ここまで行ったらトンデモですな)

23 ■コメントありがとうございます!

metabolious P.I.Gさん>
ポール・セレノ氏はティラノサウルスに羽毛の有無について
どういった言及をするのか気になるところです

takaさん>
ディスプレイとして頭頂部に羽毛があっても
いいと思います。
体長1m未満の子供なら、たぶんフッサフサですわ。

前山さん>
恐竜が最初に爬虫類という見方が広まったのは
最初に発見されたイグアノドンが歯の化石が
爬虫類のイグアナに似ているからだとおもいます。
恐竜絶滅時にワニ、カメが生き残って
首長竜などが滅びた納得いく答えに出会いたい
人はほかにもたくさんいると思います。

ぱんてるさん>
羽毛は保温の効果だけではなく、断熱です。
外の温度が高く、暑い時も、体が外の熱を吸収し
体温の上昇するのを防ぐ効果もあると思います。

カメなどの「外温動物」は
日向ぼっこで体温を上げ、
日陰に行って、体温を下げることによって
体温調節しています。
ティラノサウルスなどのコエルロサウルス類の場合は逆で
そういった外の気温による体温調節をするのでなく、
羽毛を生やすことによって、体表の断熱効果を上げ
外の温度に左右されずに、暑いときも寒い時も
自由に行動がとれる体温を維持してきた動物で
体温調節は体の中の代謝によって行う
内温動物であったと私は解釈しているのですが、
このあたりはあまり正確には理解していません。

マジュンガトルスなどの肉食恐竜の骨に
気嚢が入り込んでいる跡がある化石があるなど
恐竜の(少なくとも獣脚類)は鳥類と同じく気嚢をもつ動物で
酸素を効率よく取り込むことのできる肺をもった
動物だと言われています。
たしかに激しく動くのに酸素があるに越したことは
ないですが、恐竜は鳥類のような肺をもつことで
低酸素時代という環境下で他の動物に対して有利になり
繁栄していったグループだったとおもっています。





22 ■羽毛恐竜&ティラノの速度

コメントありがとうございます。

>羽毛は発見はほとんど中国恐竜で
アメリカでは発見されていないのが原因かも。

なるほど。そうなると、アメリカ人の間ではあまり知られてないかも。
あの国って、けっこう自分中心に考えたりするとこあるから・・・、ってのは考えすぎかな?

それと、以前出たティラノの最高速度について、ふと思ったんですが、しばらく前に読んだ本などでは、「当時はCO2が多く温暖だった」など言われてましたが、子ティラノや小型の2足肉食竜の大半の種に羽毛があったと推測されているということは、この説と矛盾する気がしますが?

それと、もしCO2が多い時代だったら、相対的に酸素が少ないってことになり、恐竜の特に大型のものが速く動くのにはマイナス要因になってないでしょうか?

動物が動くのには酸素が多くいるわけですから、少なくとも現代よりは大気中の酸素の割合が少ないわけですし。

21 ■はじめまして

最近は恐竜の研究もずいぶん精密になってきているようですね。

私が子どものころ(20年以上前)に恐竜の本に載っていた恐竜の姿とはイメージがずいぶん違ってきていますね。

恐竜が爬虫類よりも鳥類に近い、という見方は、骨格や空洞のある骨、それから気嚢。あとは硬い卵殻の卵などの要素を総合して考えれば、不自然でもなんでもないですね。嘴をもつものもいるわけですし。

というかむしろ恐竜が巨大な爬虫類という見方がはじめに、広まった理由というのは、どういう理由なのでしょうね。

それから恐竜が滅びたときに、ワニなどの爬虫類が絶滅しなかったのはなぜか。

海に生息していた、首長竜や魚竜が滅びたのはなぜか、などの疑問に、納得のいく解答に出会ったことはないですね。

これらの疑問に答えていただく必要は無いですが、考えてしまった。

20 ■もふもふ

多分T-REXの子供は体長が1mないときくらいなら可愛いんでしょうね~・・えーっと…萌え?(笑)
そういえば去年かおととしにNHK(BSだったかな?)でT-REXの発見から現在に至るまでのお話がちょっとコメディタッチで紹介されてました。EDではなんと全身羽毛に覆われたT-REXの『成体』が!
あくまで『俳優T-REX』をやってたのが面白かったですね。

大人になっても頭頂部に羽毛があってもいいかなと思います。

19 ■某氏曰く

たぶん明るい色の羽毛が……え、ホントに生えてたの?

18 ■コメントありがとうございます!

mmryokiさん>
ティラノ幼体の化石は見つかっていないと
聞きましたが、
いやぁ、調べてみれば、結構あるものですね。
どうも情報ありがとうございます!

ぱんてるさん>
可愛さの決め手はやはり目が決めてですかね。
体のほんの一部なのに爬虫類っぽい目すると
がらりと雰囲気が変わるところ、目はすごいです
ジュラシックパークはコエルロサウルスは何種か
登場していましたが、羽毛恐竜はほとんど
登場していませんね。
羽毛は発見はほとんど中国恐竜で
アメリカでは発見されていないのが原因かも。

くりピーさん>
ティラノ幼体に羽毛が生えていた物的証拠はないですが、
おそらく羽毛が生えており、私もちょっと大きなヒナのように
可愛い感じかなとおもいます。

ゲジゲジさん>
そうですね。
運動などをすると体に熱をもつので、
羽毛があると放熱を妨げ、すぐにオーバーヒートですね。
ゾウなどの巨体の哺乳類も毛がなく、
さらに代謝を弱めて内温性を抑えていると
聞きます。
やはりティラノ成体になると、羽毛はかなり
不都合なものですね。

エルヴァイラさん>
他にも
中国の最古の角竜インロンは隠された竜。
中国の最古のティラノであるグアンロンは冠竜。
他にもあったと思う。
中国の古生物の新種は
そのまま中国語が学名になるケースが
増えてきました。

17 ■無題

ディロングが帝竜なのは想像がついたのですが、眠る竜という意味のメイロングがどんな漢字を当てるんだろうと思って調べたら、寐竜だそうです。
道理でわかる訳ない。

16 ■成体の羽毛は邪魔だからなくなるのでは?

ティラノサウルスの成体で羽毛がなくなるのは、必要としなくなるからと言うより、あの巨体では体温を発散させるのにむしろ邪魔になるからと考えた方が適当なのでは?
恒温動物の哺乳類でも、ゾウやカバ、サイなどの大型動物は毛が無いですし、当時の気候は現代より温暖だったと考えられますから。
ところで産まれたばかりの子ティラノなら全長30センチ程度でしょうからスリスリ、モフモフも大丈夫では?(これは卵の大きさの物理的限界から推定できます。)
また、『恐竜博2006』に展示されたティラノサウルスは亜成体だそうですが、公式カタログには頭の後ろにだけ僅かに羽毛が残った復元画が描かれています。(残念ながらネット上でその絵を見つける事はできませんでした。)

15 ■無題

学説とかは別にして、
ティラノ幼体に羽毛が生えてたら
カワイイと思います。

14 ■羽毛ティラノ

人気ありますねぇ、羽毛ティラノ。
でもなんでかわいいって言われるのか良く見ると、管理人さんのイラストの目がかわいく描いてあるのが大きな原因かなと思います。

いくら羽毛があっても目つき怖かったらかわいいって言われませんよね。
でも、いくらかわいく描いてあるって言っても、それなりの大きさありますから、近寄ると喰われそうな・・・(^^;)

>パンク系のティラノ

いいですねぇ(笑)ぜひこのイラスト、見たいです。

>羽毛があったとされるコエルロサウルス類

ずいぶん、色んな種類に羽毛が、というより私の知ってる小型の肉食系二足歩行竜のほとんどが羽毛持ち!

これから考えると、やはりこの時期はけっこう気温が変化していたのかなと思います。
コンピーなどは、ジュラシックパークでは羽毛生えてませんでしたが、あのころの学説では、一般的でなかったんでしょうか?羽毛恐竜?

13 ■T.Rex 幼体

検索したら出てきました、推定2~3歳とのこと
http://www.siyehdevelopment.com/cameron.html

後、ティラノじゃないけど恐竜の皮膚化石集
http://www.gavinrymill.com/dinosaurs/dinosaur-skin-impressions.html

12 ■コメントありがとうございます!

ヒロキさん>
羽毛には保温のためとよく聞きますが、
その当時は熱帯のように常に高い温度で一定ではなく、
気温の変化が見られたのかなと思います。
気温の変化に影響の受けやすい小さな体の
恐竜は羽毛によって、それに対応したのかなと
おもいます。

箱ミネコさん>
可愛がってもらうためにフワフワの毛を生やしている説。
ティラノサウルスが子育てをする恐竜なら
この説は正しいかもしれません。
可愛いからといってスリスリでもしたら
噛み付かれて腕の1本を失う可能性もあるので
注意が必要です!

だいだい@だちょうさん>
幼体の化石は私の知る限りでは
見つかっていないみたいですよ。
ナノティラヌスという小型のティラノサウルス科は
ティラノサウルスの亜成体の可能性があるなんて
いわれていますね。

メイドさん>
頭齧カジられたら、まちがいなく重体か死亡ですよ。
可愛いからといっても、注意が必要です!

ゆきかぜさん>
体が成長するにつれて、少しずつ羽毛が抜けて
いくのかなと想像していましたが、
ペンギンのようにある時期を境にして
ドバッと抜け落ちるというのも面白いですね。

羊さん>
やはりティラノサウルスはウロコではなく
のっぺりとした皮膚でしたか。
情報ありがとうございます。
本当に丸裸な生き物ですね。

gathさん>
羽毛子ティラノ、なかなか可愛さで好評のようで
何よりです!
やはり毛をつけると違いますね。

Hikamiさん>
成体にもある程度羽毛を残して、
いろいろなバージョンのティラノサウルスのデザインを
考えてみるのも楽しそうですね。
パンク系のティラノを想像してしまいます。

マルひさん>
最近、中国で発見された恐竜の命名に
サウルスとかでなく「long(ロン)」がついていますね。
ロンは中国語で龍だそうで、
中国語で命名する傾向があるようです。

とんびさん>
羽毛が生えていたのにウロコはないですね。
羊さんのいっていたように、ウロコではなく
のっぺりした皮膚と考えられているそうなので
まさにローストチキンですね。

11 ■たてがみがあったらカッコイイ!?

生えていた毛が抜ける、という事は成体の肌は
ローストチキンみたいだったのでしょうか。
新たに鱗で覆われる事はありうるのでしょうか。
ペンギンのように短い毛がビッシリ。とか
色々想像をかきたてられます。

10 ■日本語訳されても解り辛い^^;

Dilongの意味は「2つの竜」かと思っていました。
何が2つなんだろうという疑問がスッキリしました。
「逆説的な皇帝竜」とは凝った命名ですねぇ。

9 ■無題

大人になっても、腕とか頭のあたりに羽毛が残っていて、それなりに派手な色だった、という風に解釈しても面白そうな気もします。

8 ■カワイイ!羽毛子ティラノ

羽毛子ティラノのイラストがあまりにも可愛らしくて、打ちのめされてしまいました(笑)。

7 ■この記事について

またまた恐竜に関する面白い記事を見せて頂きました。☆-( ^-゚)vこの記事のゴジラみたいな親ティラノと貧弱な子ティラノのイラストは実に味がありますね(笑)。( ´艸`)

「21世紀こども百科 恐竜館」と「ティラノサウルス全百科」と言う本によると、ティラノサウルスの成体の体は鱗に覆われているのではなく、象のようなのっぺりとした皮膚をしていたのではないかと考えられているそうな。

個人的には、原始的なティラノサウルス類ではストケソサウルス(Stokesosaurus)とアヴィアティラニス(Aviatyrannis)、ドリプトサウルス(Dryptosaurus)、ティラノサウルス科ではダスプレトサウルスのイラストを密かに期待してます。このページも見て下さいね。↓
http://en.wikipedia.org/wiki/Aviatyrannis
http://en.wikipedia.org/wiki/Dryptosaurus
http://en.wikipedia.org/wiki/Stokesosaurus

何時もながら、恐竜関係の面白い記事を楽しみにしてます。後、最強動物列伝の続き(石炭紀編とジュラ紀編)も首を長~くして楽しみにしてますよ。o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪
後、こんな小ネタも見つけました。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080514-00000122-mailo-l18
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukui/news/20080513-OYT8T00805.htm

6 ■ペンギンみたいに、

「子ども」から「大人」になる途中は、「毛が抜けかけ」の(結構)情けない姿になるんでしょうか?
「身体」はでかいが、「毛」生えている・・・んー「ヒト」とは逆なわけですね。

5 ■おじゃましますです。。

かなり以前より言われている説ですね。。
そんな事より、子ティラノ抱っこしてモフモフしたいです。。
(まぁ、抱っこどころか傍に行ったとたんに、頭丸カジリされそうですが)

4 ■「ダイナソープラネット」で☆

何やらそんなお話があるみたいですが、
予告編しか見てないので^^;
そんな幼体の化石が発見されているんですかね?^^
その化石があったら見て見たいです!(^O^)/

3 ■そう言えば…

子育てする生物の子供には産毛があるような?
あれは可愛がってもらうのが目的で
生えているに違いない!!(珍説)

2 ■産毛

ひよこの産毛、可愛いよね
猫も人間でも幼い産毛はふわふわでたまりません、スリスリしたくなります☆

恐竜の産毛にも頬ずりしちゃうかも、私(笑)

1 ■こんにちわ

 ティラノサウルスの幼体が羽毛をもっていたということは、当時生息していた環境が小型の恐竜にとって、羽毛を持たなければならないほど気温が低かったということでしょうか?

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み