1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2010-01-31 00:23:40

ついに恐竜の色が判明!

テーマ:恐竜

髪の色を決定付けるメラニン色素。


メラニン色素には大別すると
ユーメラニン(真性メラニン)フェオメラニン(亜メラニン)
の2種類がある。


ユーメラニンは色の濃淡を決定付け、
濃いほど黒髪になり、
フェオメラニンは濃いと茶色、赤褐色、濃度が薄ければ黄色になる。


川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-髪の色

ちなみに髪を脱色するにはオキシドールを使うなりして酸化させるが
化学的に安定していないユーメラニン(黒)がまず破壊され
フェオメラニン(茶)が残り、茶髪になる。


そんなメラニン色素を含む細胞が化石として残っていたと
英ブリストル大や中国科学院などの研究グループが
28日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表したという!


ナショナルジオグラフィックニュース(2010年1月28日)
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2010012804&expand&source=gnews


羽毛化石が多産することで知られる中国・遼寧省で
出土した羽毛恐竜
シノサウロプテリクス」


川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-シノサウロプテリクス化石図

1995年に発見されたこの化石は
恐竜がはじめて羽毛の生えていたことが実証され、
世界を驚愕させたことで有名な化石だ。


このシノサウロプテリクスの首から背筋、尾にかけて残っていた
羽毛化石を電子顕微鏡で詳しく観察したところ
赤色から黄色を発色する「フェオメラニン」
含まれていたことを確認した。
そして「ユーメラニン」の存在は確認できなかったという。


川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-シノサウロプテリクス

ということは
シノサウロプテリクスは
赤や黄色といった暖色系の羽毛の色をしていた
可能性が極めて高いということになる。


今まで、
絶滅して化石となった恐竜の体色は、
地層中の化石に様々な成分が染み込んで、
色の判別は不可能とされてきたが、
ごく一部であるもの、色の特定ができたことは
恐竜の実像に迫る新たな道を切り開く材料であることは
いうまでもない。

いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み