1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2007-06-25 23:23:13

北米の十七年祭り

テーマ:現代~その他

北米大陸

北米大陸のアメリカ合衆国・・・。
この大地で17年に一度のお祭りがあるという・・・。


2007年6月。
大都市シカゴがあるイリノイ州をはじめ、アメリカ中部で
今夏、セミが一斉に羽化し大発生している!


その数は世界総人口を上回る・・・


70億匹!!


そのセミとはコイツだ!


17年ゼミ 属名(Magicicada


17年ゼミ


幼虫として土中で17年間を過ごし
17年おきに一斉に数十億匹が羽化するという。


その年だけは昆虫を食べる者にとって
お祭りなのだ!!



セミ食うトカゲ

トカゲ



セミ食う鳥


みんな、この年だけは
食いっぱぐれることはない!!


そして、このお祭りに便乗して


セミ食う人間

人間

食べてるという始末だ!
(羽化したての白いヤツが美味いという)


しかし


いくらお祭りでも、ひと夏という短期間で
数十億匹というセミを食べ尽くすのは
はっきりいって不可能である!


そう!


この短期間での圧倒的物量こそが
17年ゼミの生き残り戦略なのだ!!


これで大半は生き残り、素早くたくさんの子孫に残す
という寸法というわけである!!


*******************************************************************


■各地域の17年ゼミの発生年■


17年に1度、大発生するセミ。


17年に1度といっても
地域によって発生する年が違うため、

米国全体では

17年の内にどこかの地域で

何度かセミが大発生している。


そして各地域のセミは

年次集団(Brood)と呼ばれ

その集団の中だけで

17年サイクルで繁殖するのだ!


それぞれの年次集団の生息する地域と発生年をまとめた。


各地域の17年ゼミ発生年

各地域の17年ゼミ発生年2


各地域の17年ゼミの発生年3


この地図でわかるように

今年2007年はBrood13がシカゴあたりで大発生した。

次に17年ゼミが大発生するのは

早々に来年2008年にBrood14がアメリカ東部の広範囲で

発生することになる。


************************************************************


■なぜ17年周期なのか■


アメリカ合衆国南部には13年周期で大発生するセミもいる。


なぜ、17年、13年周期で大発生するのか。


この1317という数字は素数だ!

素数とは(1とそれ自身の数字以外の数字では割り切れない数字のこと)


太古にはいろんな周期のセミがいたが他の周期のセミは

絶滅したと考えられる。


たとえば

12年周期、16年周期、そして17周期のセミがいたとしよう。


12年16年の周期のセミが同時に発生するのは

48年に1度


12年17年の周期のセミが同時に発生するのは

204年に1度


ということになり計算上、

素数周期のセミは他の周期のセミに出会う機会が

極めて少ないのである。


そして同時に発生するということは

違う周期のセミが交配することとなり、

生まれる子供はそれぞれ

周期のばらつきが出るということになる。


ということは

このばらつきによって、

それぞれ違う年に羽化してしまい

まとめて大発生できないのである。


つまり

セミの生き残り戦略である

短期間圧倒的物量で

素早く大量の子孫を残すことができず、

素数周期でないセミたちは

絶滅したというわけだ!


素数ゼミの謎/吉村 仁
¥1,500
Amazon.co.jp

↑17年(素数)ゼミのついて

詳しく書かれた本

いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース