1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-02-28 22:59:21

ウナギクエスト~ウナギの生まれ故郷を突き止めた!~

テーマ:現代~魚類

蒲焼でおなじみの「ウナギ」。


日本のウナギの消費量は年間約13万トン。

国民1人あたり1年で5匹のウナギを

食べている計算になるという。


99,5パーセントが、養殖ものであるのだが、

天然のウナギの稚魚「シラスウナギ」を

捕らえ集め、養殖場で育てているにすぎない。


幼魚(シラスウナギ)

↑ウナギの稚魚「シラスウナギ」


つまり、ウナギに卵を産ませ、

孵った卵から育てるという

完全養殖」は実用化されていないのだ。

ということは私たちは天然混じりのウナギを

食べているという、ちょっぴりお得な話なわけだ。


実用化できていない理由は

産卵・孵化する際の水温や水深など

自然界のウナギの生態が詳しく

わからないからそうだ。


それもそのはず。

ウナギは特定の海域で産卵するらしいのだが、

このウナギがどこの海から生まれ、やってくるのか

私たちはその特定の場所を知らないのだった!!

その産卵場所がわからなければ、

ウナギの卵が孵化する環境も

イマイチわからないというわけだ。


そのウナギがきまってこの場所にしか産卵しないという

海域を捜し求めて実に半世紀!

ついにその産卵場を突き止めた!!

(23日の朝日新聞の朝刊に載ってました)

http://www.asahi.com/science/news/OSK200602220062.html


じつにウナギが産卵する特定の場所とは

グアム島の北西200km

水深3000mの海底からそびえ立つ

2900mほどの高さの


「スルガ海山」!


ここがウナギの産卵場所だということがわかったのだ!

つまり、私たちが食べるウナギは

すべてここからやってきて、

最終的に私たちの胃袋に納まるというわけだ。


*****************************


ウナギの一生


それではウナギの一生はどうのような感じなのか。


親ウナギは「スルガ海山」で産卵。そして孵化。


葉型幼生

葉形幼生(レプトケファルス幼生)

これが生まれてしばらくしたウナギの姿だ!

この幼生が

北赤道海流に乗り、フィリピン沖で

黒潮に乗り換えて、日本や中国の沿岸まで

流れ着く。


幼魚(シラスウナギ)

シラスウナギ(ウナギの稚魚)

日本にやってくる頃には、このような姿に成長している。

ここから人間に捕らえられて養殖にされることもあるわけだ。


黄ウナギ

黄ウナギ

半透明の体だったシラスウナギは

次第に色素を帯び、成長して

ウナギらしい姿になった。

陸上に上がり、川や湖などの淡水域で

5~10年を過ごすことになる。

(ちなみに海で一生を過ごすウナギもいるとか)


銀ウナギ

銀ウナギ

やがてウナギは銀色の体色になり、

海に下り、

小笠原諸島づたいに南の海へ。

そして広大な海の中で

海底にそびえ立つスルガ海山で

ついに繁殖、産卵にいたるわけである。


スルガ海山。

そこはまさしく、

すべてのウナギ(ニホンウナギ)たちの

誕生と終焉の地であるのだ!


ウナギ―地球環境を語る魚 (岩波新書 新赤版 1090)/井田 徹治
¥777
Amazon.co.jp

ウナギの科学―解明された謎と驚異のバイタリティ/小沢 貴和
¥2,625
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み