『R WORLD RADIO』第116回放送

テーマ:

3月22日(水)25:40から
FM NACK5『ラジオのアナ』枠内で放送の
『R WORLD RADIO』
今回もライブで聴けました。

 


オープニング・トークは
Raychell さんの
「(今日は)22日ですが、どうですか?」
という無茶振りに対して
大塚紗英さんが
「三毛猫にゃんにゃんの日ですね」
と、その場で思いついたとは思えないような
ナイス・アンサーで始まりました。

 

猫が好きだという紗英さんでしたが
「ウサギと猫、どちらが好き?」
という Raychell さんの質問には
「ウサギです!」と即答。

 

やっぱり20羽も飼っているだけに
愛着があるとのこと。

 

Raychell さんによれば
アニメ『BanG Dream!』の
花園たえのエプロンにも
「うさうさ」と

描かれているのだそうで。

 

一方の Raychell さんは
紗英さんに動物が好きかと聞かれて
「好き。犬も猫も好き」と答えてました。

 

乗馬しているイメージがある
と紗英さんが言うと
子どもの頃にポニーに乗ったくらいで
本格的な乗馬はしたことがない

とのことです。

 


続いて今週のゲストをお知らせ。

 

今週は、Raychell さんと
紗英さんが所属している
事務所の代表であり
Raychell さんのニューアルバム
『Are you ready to FIGHT』の
プロデューサーでもある都田和志さんが
ゲストでした。

 

都田さんは以前にも
『R WORLD RADIO』に
ゲストでいらしてます。

第80回第81回


そのとき、こんな機会は
(出演することは)
最初で最後だろうから
と話してたような気がしますけど

半年ぶりに再出演となりました(苦笑)

 

 

Raychell さん、紗英さんに
「きっと都田Pは、みやPは
アルバムのお話など
いろいろしてくださると思うので
ちょっと紗英ちゃん、
聴けないこととか
いろいろと聴いちゃってね」
と例によって無茶振りしてました。(^▽^)

 

ちなみに「都田P」は
当ブログでも使ったことありますけど
「みやP」は
ちょっと新鮮でした(笑)

 

 

そのあと、Poppin' Party の
「Happy Happy Party!」がかかり
ジングル後、ゲストコーナーへ。

 

以下、話者を示していない

斜体(イタリック)部分は

都田さんの発言となります。

 


今回のアルバムは
どのようなコンセプトで
制作、プロデュースしたのか
という最初の質問に対して
「コンセプトは全然なかった」と
いきなりぶっちゃける都田さん。

 

まず、「Into the love」から
楽曲が作られたようで
その裏話から始まりました。

 

映画『愛・革命』の時に
サム・レオンという監督が
役者を探してるっていうことで
Raychell が、役者として
オーディションに行ったところ
サム・レオンがすごい気にいってくれ
映画に出演することになった。

 

最初、それでサムが
エンディングを Raychell にしたい
バラードにしたい、と言っていたので
バラードを書いたんだけど
「いや、こういう感じじゃない」
みたいなことを言うんだよね。


そこで「どんな感じ?」と聞いたら
「なんか情熱的ですげえ激しいやつ」だと。


全然バラードじゃねえじゃねえか(笑)


アクション映画なんでスピードがもっと速くて
と言うんで
バラードって言ってたのに
と思いつつ書き直したのが
「Into the love」なんですね。

 

これを聞いた Raychell さんが
最初、イントロで
バラードかなあと思いきや
いきなりビートがあがっていくみたいな
曲だと言うと
都田さん曰く
「おれ、バラード作ったのに」
という話をすると
「じゃあ、そのバラードから
激しくなっていく感じの方がいい」

と言われて

今のような形になったのだとか。

 


続いて
今回のアルバムのタイトル曲
「Are you ready to FIGHT」の

話になるんですが、やっぱり

「これもね、無茶苦茶だったね」と

いきなりぶっちゃける

都田さんなのでした。( ̄▽ ̄)

 

たまたまぼくは
カプコンのプロデューサーの
こばP(小林裕幸)と仲良くて
ブシロードの木谷(高明)社長も交え
ちょっとお茶してたら
「都田さん、今度、CMキャラクターは
ミラ・ジョヴォヴィッチに
声かけらんないですかね」という
無理難題な話になり
「え!?」と驚いていると
こばPが
バイオハザードを作っているので
「あ、ミラ友だちですよ」
みたいなところから始まった
1年半ぐらいでしたね。

 

交渉して交渉して、ようやく
ミラ・ジョヴォヴィッチ
出てくれる、なんて言ってたら
今度、向こうの縛りで
英語の歌詞のタイアップがいい
ちょっとロックテイストで、みたいな話が来て。


「Into the love」を聴いて
こういうような感じでやったらいいね
みたいな話になったんで
じゃあ「Into the love」をベースに作っていこう
あとアメリカン・ロックをテイストで入れていこう
という話になって、できたのが
「Are you ready to FIGHT」ですね。


ミラ・ジョヴォヴィッチを

イメージして作った

という都田さんの話を受けて
Raychell さんが

「まあ、私は自称、

和製ミラ・ジョヴォビッチなのでね」

と言うと、紗英さんも
「はい。以前もお話されてたんですよ」

と応じ

それを聞いた都田さん
「ほんと、紗英、困ってない?
言わされてる感ある(笑)」

と言って、爆笑の渦に。


 

タイアップで、という話だったので
カードゲームの用語が
たくさん入ってる歌詞にして作ったら
基本は英語じゃないとダメ

という話だったため
テレビCMは英語バージョンになって
日本国内では
言葉が伝わりやすいようにと
日本語バージョンを録ったところ
「これ、英語と日本語、
両方行けるよね Raychell」となってね。

 

Raychell さんはこの話を受け
「だったら『Into the love』も
日本語英語作ろう、となって
まずこの2曲の、

日本語英語を作ったんですよ」
と補足してました。

 

それで、前にユニットやってた
RICKEY & RABBIE の RICKEY が
英語が素晴しく上手いので
全部、翻訳も入れてもらったり
Raychell に発音の練習とかやってたら
前、一緒にユニットをやってたときの
ハモり感が出て
すごい速いスピードで英語バージョンを

作っていった、みたいな。

 


これを聞いて紗英さんから
以前、ユニットで活動していたときと
今のソロとの違いは
どんなところにあるのか
という質問が出ました。

 

基本は
男の子のラップを入れることによって
パワフルに歌えたりとか。

 

なんていうのかな、
ラップってフレーズなので
フレーズの勢いというか
そういうものを使った楽曲

ということになると
やっぱり HIP HOP とか EDM とかが
メインになってくる。


Raychell の歌というのは
この子はほんとに歌が上手い子なので
メロディーをすごい大事にする。
ノリが良くても
メロディーをすごい大事にしていって
聴いてても飽きさせないようなメロディーラインを
彼女が歌っていくというところが

やっぱり魅力があると。
 

だから曲調も全然違うんだけど
そういう魅力を

すごいフィーチャーして作ったのが
「You meek me feel so bad」ですね。


これはもうほんとに Raychell の
実は集大成みたいな感じで
どこまでハイトーンで歌えるか
という戦いだし。

 

ここで Raychell さんが笑ってました。

 

メロディーに関しては
昔を少し、昔懐かしいというか
ほんとにカラオケの定番みたいな

感じなんだけど。


それでトラックを
もっとロックっぽい感じにしたり

とかしていて
今の感じと昔の感じが
融合されたような楽曲
という感じでやってた。

 

そしたら、たまたま紗英が
『BanG Dream!』の練習でギターを持っていて
「だいぶ、ギター上手くなったよねー」
みたいな感じに思ってる内に
じゃあ、今の子のサウンドを取り入れたら
どうかなあ、と思ったんで
「いけば」から始まって。

 

 

これを聞いて驚いていた紗英さん
最初、この話をいただいたときは
ほんとにすごく嬉しかったそうです。


「事務所のやっぱり一番尊敬している先輩ですし
嬉しいなあと思って受け取ったんですけど
音源聴いたらめちゃくちゃ難しくて
衝撃を受けました」と話してました。

 

また、自分の方も

今までと全然違うジャンルに
取り組ませてもらったのに対して

歌もそうだったのかと

驚いてました。

 

 

Raychell さんの歌も
すごいハイトーンだなあと思ってた

と紗英さんが言ったのを受けて

Raychell さんが話すには

最初にデモを聴いたとき
「これちょっと高くないですか」

と言ったそうです。

そしたら

「いや、でも出るんじゃね」
みたいな感じで言われて
「じゃ、ちょっとやってみます」
と言ってやってみたら出たので
「あ、これやってみましょうか」
となったことを

笑いながら話してました。

 


ぼくはギターが弾けないので
いつもの、一緒にやってくれてる
b4k というアレンジャーに
「じゃ、ギター入れてね」
というふうに言ったら
最初、考えてくれたギターというのが
すごい高度すぎるなあと思いつつ……。

 

あと、ちょっとね、

いい意味でマニアックすぎたんだよね。
ほんとになんか
昔のLAロックみたいな感じに
なり過ぎちゃってて
どうかなあと思ってたんだけど
まあ、紗英さんも『BanG Dream!』で
ギターをだいぶ弾けるようになってきてるから
若い人のパワーで弾いてもらおうと思った。

 

うーん、やっぱハードル高けえよな(笑)

 

これを聞いて紗英さん
「難しかったですね」と言いつつ
「でもやっぱりどうしても
そのフレーズを弾きたかったので
ちょうどいただいたのが
冬ごろだったんですけど
お正月返上で元旦からギターを引き続けて
なんとか弾き切りました」と
話してました。

 

 

このあと時間となり
来週もまた引き続き、都田さんに
ゲストであることを告知したあとで
「You make me feel so bad」が
かかりました。

 

紗英さんが曲を紹介するとき
「Raychell feat. 大塚紗英で
『You make me feel so bad』」
と言ってましたが
「feat. 大塚紗英」の位置は
この方が自然なような気もしますけど
どうなんでしょうね。

 


途中から同曲をBGMにエンディングへ。

 

紗英「いつも社長としてお会いしてるので
なんか改めてラジオで話すというと
なんか緊張しますよね」
R「そうだね、なんか『違和感』でしか
なかったよね(笑)」

というやりとりがあって
それぞれの告知へ。

 

 

●大塚紗英さん告知
アニメ『BanG Dream!』OP・ED主題歌

それぞれ絶賛発売中。

 

4月26日
『BanG Dream!』

オリジナルサウンドトラック、リリース。


5月10日
『BanG Dream!』ニューシングル、リリース。

 

8月21日(月)

日本武道館での単独ライブ開催決定。

 

 

●Racyhell さん告知
舞台『ミュージカル・バイオハザード

〜ファントム・オブ・ガイア〜』のDVD

絶賛発売中。
 

ニューアルバム

『Are you ready to FIGHT』

絶賛発売中。

 


番組ラストの恒例、
藤原倫己さんへのメッセージは
ありませんでした。

 

したがって
『ラジアナ』2時台の
ゲストコーナー冒頭でも
藤原さんからのレスは
ありませんでした。

 


ちなみに

今回の『ラジアナ』2時台のゲストは
ジャズ・ピアニストの森田真奈美さん

ということで
ちょっと興味が湧いて
そのまま聴き続けました。


スタジオでの生演奏では
藤原さんが3コードしか覚えていない
マンドリンとのコラボで
3コードで弾けるらしい「聖者の行進」をやったり
森田さんが子どもの頃に弾いたという
ゲーム『ファイナル・ファンタジー』の
チョコボのテーマを
さわりだけ弾いて
インプロヴィゼーションしたりと
レアな演奏が聴けて良かったです。

 

 

なお、最後に流れたのは
ラヴェルの「クープランの墓」を
森田さんが

ビッグバンド用に編曲したものの
ライブ音源で
すごい! と思ったことでした。

 

……といっても

ラヴェルのオリジナルの方は

一度くらいしか

聴いたことがないし

メロディーも

覚えてないんですけどね。f^_^;

 

 

ペタしてね

AD

前回紹介したエミー・ジャクソンは
昭和歌謡界で活躍し
大きな影響を与えた
外国系のアーティスト

という位置づけになります。

 

そこから連想されるのが
大きな影響こそ与えませんでしたけど

(違ってたら、ごめんなさい)
エミー・ジャクソンと比べて
よりアイドルらしい印象を与える
ミッチー★サハラです。


ミッチー★サハラ『聞いてよ、お願い』(CD)

(キングレコード NKCD-4484、2015)

 

キングレコードは制作・発売元で
販売はディスクユニオンです。

 

ディスクユニオンのシリアル番号は
DSKA-031となっております。

 

そのディスクユニオンの
「昭和歌謡ジュークボックス」シリーズの1枚
ということになるのかな?

 


こちらも例によって
『レコード・コレクターズ』
2015年1月増刊号
に載っている
「アイドル・ソング100選 1959−1969」に
「聞いてよ、お願い」(1965)が
取り上げられていたので
ディスクユニオンの店頭で見た時
即買いしたのでした。

 

『レコード・コレクターズ』の紹介では
日本における女性SSW
すなわちシンガー・ソング・ライターの
嚆矢的存在と紹介されており
「一刻も早くアルバムの復刻を希望する」
と書かれていましたけど
日本で出したアルバムをベースに
キング時代のリリース曲すべてを収めたのが
本盤ということになります。

 

サブタイトルに

「キング・イヤーズ・コレクション」

とあるのは

そういうわけです。

 

雑誌でレビュアーが

「復刻を希望」したのとほぼ同時に
紙ジャケ復刻盤が出るというのも
すごいシンクロというか
タイミングですね。

 


ミッチー★サハラ、実は

今年が生誕70年に当たります。

ライナーには

祖父が英国人と書いてありますが
両親の国籍にはふれられておりません。

 

(そういえば

エミー・ジャクソンのライナーでも

そうでした)

 

母親は日本人のようですけど。

 

 

慶應幼稚舎6年の途中から
アメリカン・スクールに通い
13歳からイタリア人神父について
ギターを学んだということもあり
英語以外にフランス語、イタリア語、
スペイン語に堪能で
ドイツ語も理解できたのだとか。

 

それもあって
洋楽のカバーを歌う際には
日本語で歌ってから

オリジナルの原語で歌う
というスタイルを採ることが
多かったりします。

 


アルバムでは

フランス・ギャルの
「夢みるシャンソン人形」も

歌われており
後半はフランス語になります。

 

興味深いのは
フランス・ギャルの日本語歌唱同様
「人形」という歌詞を
「にんぎ・よー」というふうに
歌っているところ。

 

外国系の人にとって
ningyo というのは
正確に発音しにくいみたいですね。

 


デビュー・シングルの
「聞いてよ、お願い」は
オール日本語で歌われていますが
これがなんと
ミッチー★サハラ自身の作詞作曲。

 

これによって
上にも書いたように
わが国初の女性SSW
という位置づけが
なされているわけです。

 

ちなみに
芸名のナカグロに「★」を使った
という点でも
先駆的なのだそうですけど。( ̄▽ ̄)

 


録音は全体的に
ぺったりとした音で
エミー・ジャクソンのCDのような
キレの良さには敵わない
といった印象。

 

それもあるのかもしれませんが
ミッチー★サハラの歌唱も
陰翳に乏しい感じがします。

 

とにかく歌詞の隅から隅まで
ハキハキと発声してしまう感じ

とでもいいましょうか。

 

ここらへん
森山加代子や弘田三枝子の
初期の歌唱とも
似ている気がします。

 

60年代に典型的なスタイル
ということなのかもしれませんが
進駐軍キャンプやホテルのラウンジなど
ステージ歌唱の特徴なのかも知れない
と、ふと思ったりもしました。

 

むしろそういうスタイルが
オールデイズな印象を強調していて
この時代の音楽を今になって聴く上では
かえって良いのかもしれません。

 


ちなみに
エミー・ジャクソンが歌う
「涙のチャペル」と同じ曲を
ミッチー★サハラは
「クライング・イン・ザ・チャペル」
というタイトルで
デビュー・シングルの

B面に収めています。

 

アレンジの違いなども
関係してくるかもしれませんけど
この2曲を比較すると
2人の資質の違いが
よく分かって面白いですね。

 


また

エミー・ジャクソン盤では
ベンチャーズ調のテケテケサウンドが
印象的でしたけど
ミッチー★サハラの
「愛の願い」の伴奏でも
典型的なベンチャーズ調
テケテケサウンドが聴けます。

 

エミー盤に比べると
音がぺったりしているのに加え
男性合唱団っぽいコーラスが入るので
ド昭和な臭いがプンプンしてきて
クセになる人はクセになるかも(笑)


この「愛の願い」が
ファースト・アルバム唯一の
日本人の作詩・作曲家による
日本語オリジナル曲だというのも
面白いところですね。

 


前回の記事にも書いた通り
エミー・ジャクソンは現役ですけど
ミッチー★サハラは

1969年に渡米してからも
ステージ活動を続けていましたが
2000年に急逝したそうです。

 

1999年から翌年にかけて
アルバム用に録音していた音源が
追悼盤としてアメリカで2001年に
リリースされたのだとか。

 

近年の歌唱スタイルが
どういうものなのかを知るためには
必聴のディスクだと思いますけど
入手難なのが残念。

 

いつか見つけられるでしょうか( ´(ェ)`)

 

 

ペタしてね

AD

子どもの頃に
安西マリアの歌う

 

ギラギラ太陽が 燃えるように

 

という曲を耳にしたことがあります。

 

「涙の太陽」(1973)という曲名ですけど
てっきり安西マリアのオリジナルだと
思っていましたが
実はエミー・ジャクソンという
外国人歌手が歌った楽曲の
カバーだということを
つい最近になって知りました。

 

そのオリジナル曲を含め
エミー・ジャクソンの
60年代当時にリリースした歌を
全部、収めているのが
今回紹介するCDです。

 

エミー・ジャクソン『涙の太陽』(CD)
(日本コロムビア COCA-11508、1994.3.1)

 

このCDを買ったのは
こちらのブログではすでにお馴染み
『レコード・コレクターズ』
2015年1月増刊号
に載っている
「アイドル・ソング100選 1959−1969」に
エミー・ジャクソンとスマッシュメンの
「涙の太陽」(1965)が
あがっているからでした。

 


中古で買って以来
今まで聴いてなかったのは
こちらの不徳といたすところですが
まあ、ちょっといえば
安西マリアの歌唱で知っている曲だし
他の曲はもちろん知らないしで
資料的価値しか見出せていなかったことも
買ってそれで満足していた一因でした。

 

手許にあったから

なかにし礼の
『歌謡曲から「昭和」を読む』(2011)を読んで
聴きたいなあと思ったとき
すぐに聴けたわけでして
やっぱり買っておいて正解でした。(^^ゞ

 


改めて聴いてみると
(といっても初めて聴くわけですがw)
エレキ・ギターによる
いわゆるテケテケ・サウンドが顕著で
ベンチャーズの音を連想させるところもあり
びっくりさせられました。

 

まさにグループサウンズ時代の申し子

(というよりも同伴者?)と

いえそうなのですが
ライナーを読むともっとびっくり、
「涙の太陽」をタイトル曲とする
アルバムのバック演奏は
ブルーコメッツが担当したようです。

 

そして、シングル盤の方の
スマッシュメンというのは
オーディションで速成で作ったバンドで
フィリピン人などもいたそうですし
作詞者としてクレジットされている
R. H. Rivers の正体が
湯川れい子だというのですから
面白い時代だったというか何というか。

 


「涙の太陽」は
洋盤レーベルからリリースされました。

 

エミー・ジャクソンは実際に
父方の祖父がイギリス人で
生まれもイギリスなわけですから
洋楽レーベルで出しても
違和感はないわけですけど
なかにし礼の本によれば
従来の専属作家制の下では
フリーの作家によるレコードはリリースできず
苦肉の策として洋盤レーベルから出した
という事情のもとでのデビューの一例
とのことです。

 

エミー・ジャクソンのリリースが成功し
他社も追随したことで
フリーのライターが活躍する余地が生まれ
従来型の歌謡曲を量産していた
専属作家制は崩壊に向かい
危機意識を抱いた専属作家たちは
「演歌」を生み出していく
ということになるようで。

 

そういう時代の潮流を作り出した
という意味で
エミー・ジャクソンは
日本の歌謡史において
独自の地位を占めていますし
Jポップの源流といわれる
所以でもあるようです。

 


まあ、そういうお勉強を抜きにしても
ベンチャーズ的な
テケテケサウンドをベースとした曲は
今、聴いても新鮮なのですけど
面白いというか興味深いのが
デビュー当時、日本語が読めなかった
エミー・ジャクソンに
1曲だけ日本語楽曲があること。

 

ここらへんは
フランス・ギャルやシルヴィ・バルタンに
日本語で歌わせる(歌ってもらう?)のと同じで
当時の日本人の自意識をくすぐる
レコード会社の戦略と同じものが感じられて
面白いなあと思う次第です。

 

結局、そこへ行くのかあ、という感じ

とでもいいましょうか。

 

その意味では後に

昭和歌謡シーンに登場する
最初から日本語で歌う外国人アイドル
特にアジアからやってきた
外国人アイドルの
先駆ともいえるわけでしてね。

 

とかいうと
やっぱりお勉強的な理解に
なっちゃうかしらん。(^^ゞ



なお、エミー・ジャクソンは
今も現役であり
公式ホームページもあります。
 

そのHPの
トップページに
『涙の太陽』の

シングル盤ジャケットが
掲げられていますので
興味のある方は御覧ください。

 

CDのジャケットは
アルバム・ジャケットからの
流用のようです。

 


ちなみに
「涙の太陽」は
安西マリアがカバーする前に
青山ミチがカバーしている
バージョンがあるそうでして。

 

たぶんCDになっているはずで
買って持ってるものを
一回通しで聴いたはずなんですが
まったく忘れております。f^_^;

 

また機会がありましたら
改めてそれを聴いた感想を
アップしてみたいと思います。

 

 

ペタしてね

 

 

 

●訂正(約15分後の)


R. H. Rivers を

「作曲者」と書いていたのを

「作詞者」と直しました。

 

その他

「リリース」を

「リリーズ」と打ったりする

タイプミスがありましたが

作詞者を作曲者と書くのは

凡ミスどころか致命的なミス。

 

数分とはいえ、すみませんでした。m(_ _)m

AD