NHK受信料の集金を行っている地域スタッフ178人が、07年度から事務費(報酬)を一方的に減額したのは不当として、NHKに06年度との差額計約7500万円を支払うよう求めた訴訟の判決で、東京地裁は29日、請求を棄却した。渡辺弘裁判長は「支払い拒否急増に備えた特別救済措置の分を減額したもので、不当とは言えない」と述べた。

 判決によると、NHKは職員の不祥事で受信料の支払い拒否が急増したため、地域スタッフの負担が増えるとして05年度から事務費を増額したが、07年度から元に戻した。原告側は「07年度も不祥事の影響は継続している」と主張したが、判決は「NHKは具体的な業務予測に基づき、業績がほぼ回復すると判断して救済措置を廃止した」と退けた。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
強制わいせつ:NHK職員に有罪判決 電車内で女性触る
NHK:福地会長、辞意を撤回
人事:NHK
マユミーヌ:NHK教育で初のレギュラー番組 子どもと「できたらバンド」を結成
橘慶太:ドラマ初主演「引っ張っていただいた」 NHK青春時代劇「まっつぐ」

「分析・新薬価制度」(上)―中村和男氏(シミック会長兼社長)(医療介護CBニュース)
ホットドッグプレスがウエブ限定復刊(産経新聞)
<小惑星探査機はやぶさ>地球帰還が確実に 軌道に到達(毎日新聞)
<オウム>松本死刑囚の弁護士1人、処分を変更 日弁連(毎日新聞)
白バイ追跡で激突のバイク男性が死亡 東京・足立区(産経新聞)
AD