ライブドア(現LDH)の粉飾決算事件を巡り、LDHが旧経営陣らに約363億円の賠償を求めた訴訟は、東京地裁(菅野博之裁判長)で和解が成立した。LDHが23日、発表した。宮内亮治元取締役(42)ら6人が総額約7億6500万円を支払う内容。これで訴訟は終結した。

他に和解したのは、熊谷史人元取締役(32)ら3人と当時会計監査を担当した港陽監査法人=解散=の小林元(もとし)公認会計士(55)ら2人。小林会計士は上告中だが残る5人は既に有罪が確定している。

【関連ニュース】
堀江被告:三線など差し押さえ「何でこんなことに」
ライブドア事件:原告株主申し立て、ゴルフバッグ差し押さえ 堀江被告「何で?」

民主・輿石参院議員会長「国民は我慢して」 支持率低下に(産経新聞)
海水浴場を原則禁煙に=都道府県初の条例成立へ-神奈川県(時事通信)
入管元職員に実刑=在留手続き汚職-東京地裁(時事通信)
埼京線、大宮-池袋間再開=JR東(時事通信)
「強盗強姦罪成立しない」と上告=裁判員裁判初の性犯罪-仙台高裁(時事通信)
AD