岡田克也外相は18日夜、フランスのクシュネル外相と東京・麻布台の外務省飯倉公館で会談した。イランの核拡散問題について、岡田氏は「4月から日本は国連安保理議長国として重要な役割を果たす。安保理で(制裁を)決めれば実施をちゅうちょしない」と述べ、イランへの新たな国連制裁を主張する米仏などに理解を示した。

【関連ニュース】
岡田外相:程・新駐日中国大使の表敬受ける
岡田外相:ハイチ訪問へ 3月20日に被災地を視察
普天間:政府方針 岡田外相がゲーツ米国防長官に伝達へ
岡田外相:「時の政権が判断」 米国の核艦船立ち寄り要求
岡田外相:元駐日中国大使の王毅氏と会談 台湾政策で議論

農家狙った結婚詐欺相次ぐ=弁護団結成、電話相談も-仙台(時事通信)
国分寺の殺人事件、男6人を逮捕監禁容疑で逮捕(読売新聞)
対台湾「従来の立場変えず」=鳩山首相(時事通信)
盗撮の高検検事に罰金50万円=「過去に3回やった」-名古屋簡裁(時事通信)
カート暴走、運転手書類送検(産経新聞)
AD