エナフンさんの梨の木

ピーターリンチをお手本とした初心者でもできる長期投資法を日々研鑽しています。


テーマ:

雑誌に連載をするようになって、

自分以外の投資法とも比較しないといけないと思い、

こんな本を買って読みました。

 

投資の哲人が50年超の実践でつかんだ 投資で勝ち続ける賢者の習慣 投資の哲人が50年超の実践でつかんだ 投資で勝ち続ける賢者の習慣
山崎 和邦

日本実業出版社 2017-01-19
売り上げランキング : 4981

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

この方、サラリーマンを続けながら、投資歴50年だそうです。

私はようやく30年ですから、まだまだですね…。

 

この本を読んでると、なんか懐かしくなります。

実は、今のピーター・リンチ型の投資スタイルに変更する前は、

この方の投資スタイルととてもよく似ていました。

 

すっかり、ネットでの取引が定着してしまい、

デイトレードも含めて、ずいぶん投資手法は変化してきましたので、

この人の言っているようなことは、

逆に新鮮に映る人もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、20世紀型としては、とてもオーソドックスな投資スタイルの上に

この方ならではの投資理論を積み上げて完成されたもののように感じました。

 

(インターネットが普及する前は手数料も高く、

リアルタイムの株価も普通の人では分からなかったので

今時のデイトレードのようなスタイルは現実問題としてやりたくてもやれなかった時代だ。)

 

ですから、この本に書かれている習慣の内、

私にも当てはまる部分は結構あります。

 

ただ、ターゲットとする銘柄が、

この方は、「大通りにある平凡な株」なのに対し、

私は、どちらかというと、「人の行く裏に道あり花の山」スタイルですので、

根本的なところで、

話が合うような合わないようなところはあるのですが・・・。

(以前は、新日鉄や住友電工など、「大通りにある平凡な株」が私のターゲットだった。) 

 

 さて、この本を読んでいると、

ファンダメンタルズ的な話はあまり出てきません。

 

 「50年も株をやってて、ファンダメンタルズの勉強はあまりしなかったのだろうか?」

と感じる人もいるかもしれませんが、

実は、ファンダメンタルズや理論株価って、

当時は、どこか遠い国のお経か何かのような感じで、

「実践ではまるで役に立たない」という印象を

多くの投資家が持っていました。

 

大学で理論株価を初めてならった時は、

確かに、目からうろこは落ちましたが、

「けど、現実は違うよな」という印象を持ったものです。

 

そんなわけで、ファンダメンタルズを説明するような本は皆無であり、

「だったら、その入門書を私が書こう」と本にしたのが

世界一やさしい株の本(KADOKAWA)だったのです。

 

 

本日も、参考になりましたら、

クリックの方もよろしくお願い致します。

 


長期投資ランキング

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

また、このブログでとりあげる個別銘柄への長期投資法は

個人的な性格や能力、生活環境等によって向き不向きがございますので、

誰もが簡単に勝てるような投資法でない事を前提にお読みください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

奥山月仁さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。