2008-03-23 17:51:00

心ならずも脅迫

テーマ:遠距離タカビー女編
ブログネタ:ナンパしたこと、されたことある? 参加中
 

ドキドキ話をもっと読みたい方はココ&ranking  

    

 

 

奥さま聞いて下さい・・・。

愚かな私を笑って下さい・・・。

そして私を叱って下さい・・・。  

 

 

 

 

あせる  

「あ・・・あの・・・コンバンハ!!(必死)」  


 

 

   

 

 


私はやっと言葉を発することができました。しかしよりによって「こんばんは」

という極めて平凡で、何の捻りもない言葉を選んでしまいました。 

 


 

 

 

音譜 

(笑)あっはは・・・変なの!!コ・ン・バ・ン・ワ!!」

 

手裏剣 

「ハジメマシテ!!(カチコチ)

 

音譜 

「うふふっ!ハ・ジ・メ・マ・シ・テ(笑い)

 

DASH! 

「ねぇねぇ、どうしたのY美?」

 

 

 

   

 

 

奥さま・・・和風美人はどうやら「Y美」という名前のようです。 





 

DASH! 

「この変な人、知り合い?」

 

音譜

「ううん・・・(笑)今初めて会った人だよ」

 

叫び 

「げっ!!やばくない??」

  

DASH! 

「何か挙動不審じゃない??」

 

 

 

  

 

 

奥さま・・・言われてしまいました。確かに状況的には「やばい」人です。

でも目の前の和風美人だけはさほど嫌がる様子も見せません。 


 

  

 

   

汗 

「あ・・・ごめん・・・こういうの全然慣れてなくて・・・」 

 

音譜 

「あはは・・・そうなんだぁ~


覗き見クロ
「今・・・話しかけてても大丈夫・・・かな?」

 

音譜 

「私は平気だよ♪他の2人は知らないけど(苦笑)

 

 

 

 

 

  

既に左右に2人は無視を決め込んであさっての方向を向いています。

 

 

 

 

  

汗 

「あのさ・・・俺、なに話していいかわかんないんだけど・・・」

 

 

「何歳?」

 

 

「え・・・俺??」

 

 

「他に誰がいるのよ(笑)」 

 

 

「俺・・・18歳・・・こないだ高校卒業したばっか

 

 

「じゃあ1コ上かぁ・・・」

 

 

「高校・・・3年生?」

 

 

「うん♪そうだよ」

 

 

「大人っぽいね」

 

 

「よく言われる~(苦笑)

 

 

「俺・・・正直言えばこうやって声かけるの生まれて初めてでさ」

 

 

「えぇ~!?マジぃ~!?」

 

 

「マジです・・・だからどうしても挙動不振になっちゃうんだ」

 

音譜 

「ねぇねぇ聞いてよっ!この人ナンパ初体験なんだってさ!!」

 

 

「マジぃ!?いまどきぃ??」

 

 

「かなりやばくない!?」

 

 

「ごめん(汗)・・・かなりやばいやつです」 

   

音譜  

「あっはは・・・面白い!!マジで謝ってるぅ」

 

 

 

 



奥さま・・・こっちは真剣なのです。面白がられる覚えはありません。

 

 

 

 

 

 

「あ・・・他の男の人たちもたぶん、声かけたがってるっぽいね」

 

 

「そうかなぁ・・・」

 

 

「ずっと俺なんかがここにいたら迷惑でしょ」

(どこまで消極的なんだ・・・) 

音譜 

「別にぃ~全然気にしないでいいんじゃない?」

 

 

「そうだよ。気の回しすぎ!!」

 

 

「なんか不思議な人だよねぇ・・・」

 

 

 


 

 

 

無視していたはずの左右の2人が突然会話に参加してきます。どうやら

ナンパ初体験という私のことを物珍しがっているようです。

 



 

 

 

「さっき・・・入り口の階段で、俺のツレが声かけたの覚えてる?」 

 

 

「覚えてるよ・・・その中にあなたがいたのも覚えてるし」

 

 

「そうなの・・・?」

 

 

「背が高い人が揃ってるから、後ろから呼ばれてちょっと怖かったんだ」

 

 

「ご、ごめん・・・そうだよね・・・突然じゃ怖いよね」 

 

音譜 

「うふふ・・・そうだよぉ♪」

 

あせる 

「ごめん・・・」

 

 

  

 

 


奥さま・・・何のかんの言いながらも、意外に会話が進んでいます。私に

とっては既にこの段階でホームランを打ったのと同じ状況です。無視され

ないだけでも御の字です。しかも最初の階段でハヤトが声をかけた際に

黙殺されたのは、嫌がられていたのではなく怖がられていたという事実ま

で判明しました。

 

 

 

  

 


「あのときから・・・きれいな女の子たちだなって思ってたんだ」

 

 

「またまたぁ~ウマいなぁ~(ニヤリ)」 

 

アップ 

「お世辞じゃないよ。今日この店で一番可愛いと思った」

 

 

 

 

 

 

不慣れなくせに調子付いた私は、普段なら絶対に言わない歯の浮くような

せりふを続けざまに繰り出しました。 

 

 

 

 

  

音譜 

「私も階段のところで・・・いい感じの人だなって思ってたよ(ポツリ)

 

ドキドキ 

「え・・・マジ?」

 

 

「うん、マジ♪」

 

 

 

 

 


奥さま・・・これが本当ならば私はなんという幸せ者でしょうか。

 

 

 




「俺たちが店の中にいるの知ってた?」

 

 

「うん、知ってたよ。だってすぐ後に入ってきたでしょ?」

 

 

「見てたんだ・・・」 

 


「あっちにみんなで立ってたでしょ?」

 

 

「うん、確かに・・・」

 

音譜 

「急にあなただけ姿が消えたからどうしたのかなーって思ってたんだ」

 

 

「マジ?」

 

 

「うん、マジ」

 

 

「だから無視しないでくれたんだ」

 

 

「そう。探してたら急に目の前からずかずか近づいてくるからびっくり」

 

 

「・・・ごめん」

 

音譜 

「背が高いからすごく目立つよね」

 

 

「背だけは高いかな。高いところの掃除には便利だな」

 

 

「あはは・・・じゃあこんどウチの掃除手伝ってよ」

 

あせる 

「うん。機会があればね(苦笑)



「ちょっとちょっと~なに2人で盛り上がってんのよ」

 

 

「そうよ・・・私たちのこと無視しないでよ」

 

 

「あんたたちが先に無視してたんでしょ?(笑)

 

 

「だって・・・もっと変な人だと思ってたし」

 

 

「そう・・・最初は挙動不審だったし」

 

 

「ごめん・・・自分でも思い出すと顔から火が出そうだ」

 

 

「そうやって普通に話せばちゃんとした人じゃん」

 

 

「そうだよ、最初っからそういう感じで来ればいいのにさぁ」

 

 

「そうしたいのは山々だったけど・・・緊張して金縛りにあってたんだよね」

 

 

「ここで金縛り??おっかしい~(爆笑)

 

 

「恥ずかしいけど本当なんだよなぁ」

 

 

「あっちの友達もナンパ初体験組なの??」

 

 

「いや・・・俺だけ。だから武者修行に出されたんだ」

 

 

「ムシャシュギョウってなに?」

 

 

「あ・・・えぇっと・・・要するに度胸試しって感じかな」

 

 

「なるほどねぇ~・・・っで私たちで度胸を試したんだぁ~」

 

 

「うん。一番きれいだったから」

 

音譜 

「あんまり言い過ぎるとウソっぽいよ(笑)

 

 

「あ、ウソじゃないけど・・・確かに言い過ぎかも・・・ごめん」

 

 

「あははっ!謝ってばっかりぃ!」  

 

 

「あっちの仲間んとこ行って・・・みんなで楽しく話さない?」

 

 

「うん、私は構わないけど・・・」

 

 

 


 

 

Y美と呼ばれるその和風美人は左右の2人の様子を窺います。そこへ・・・

 

 

 

 

 

ドクロ

「なぁなぁ・・・もう順番譲ってくれよ、お兄さん!!」


 

 


 

 

背後から私の肩を叩く男がいます。振り返るとそこには先ほど彼女たち

にあしらわれたはずの不良っぽい男性客2人が立っていました。

 

 

  

 

 

ドクロ 

「もう十分話したんだろ?次は俺たちの順番だよ」

 

 

「・・・これって順番制なのか??」

 

ドクロ

「んだよ・・・文句あんのかこらぁ」

 

 

 

 

 


最初からケンカ腰。見たところそれほどケンカが強いタイプには見えません。

こういう店にケンカ慣れしているタイプの人物が来ることは滅多にありません。

彼らは私の素性を知らないのです。少々ナメられているようです。

 

 

 

  

 


「文句ないけどさ。今からこのコたち、俺の仲間と合流するところだよ」

 

 





和風美人以外の2人の了承を得たわけではありませんが、売り言葉に

買い言葉で、私はつい先走ったことを言ってしまいました。

  

 

 

 

 

ドクロ 

「勝手なことほざいてんじゃねぇよ!」

 

 

「いや・・・だったら本人たちに聞いてみなよ」 

 

ドクロ 

「あん??」

 

 

「俺、こんな場所でケンカする気なんてないし・・・あっちで待ってるから」

  

ドクロ

「な~にカッコつけてんだよっ!こらぁ!!」

 

 

「別にカッコつけてなんか・・・」

 

ドクロ 

「俺らのことナメてんのか?ああ??」

 

 

 

 

 

 

この男たちはどうしてもケンカがしたいようです。どうやら先に断られたこの

3人組女性客と、親しげに話している様子が気に入らなかったのでしょう。  

男の1人が私の頬を軽くはたきました。和風美人たちは少し怯えた様子で

事態を見守っています。

 

 

 

 



「まいったなぁ・・・ここで暴れるわけにはいかないし・・・」

(心の声) 

 

 

 

  

 

悩んでいる私の頬を、調子に乗ったその男が再度軽くはたきます。

そもそも私は暴走族に所属していたくらいですから、それほど気の

長い男ではありません。見ず知らずの男に頬を2回もはたかれて

おとなしくしているほど非戦論者でもありません。少し頭に血が上る

のを感じました。

 

 

  

 

 

「軽く脅しとくか・・・」

(心の声)

 

 

  

 

私はおもむろに相手の後頭部の髪の毛を掴んで、彼の耳を私の口元

に無理やり持ってきました。急なことなので相手はまったく抵抗できま

せん。後頭部の髪の毛を掴むのはこういう場合の常套手段です。

 

 

  

 

むかっ 

「おい、あんまり調子こいてると殺すよ?」

(ささやき声) 

  

「・・・・・・」

 

むかっ 

「ケンカしてもいいけどよ・・・まじでとことん死ぬまで殴り続けるぞ?」

(ささやき声)  

 

「・・・・・・」

  

むかっ

「住んでる場所も全部調べて死ぬまで追い詰めるぞ」

(ささやき声)   


「・・・・・・」

 

むかっ 

「おまえ・・・ケンカ売る相手マジで間違ってるぞ」

(ささやき声)   

 

「・・・・・・」

   

むかっ 

「今すぐ店の外出ろ。いいところ連れてってやるよ」

(ささやき声)   

 

「・・・・・・」

 

  

 



今回はここで締めさせて頂きます。

またのご来訪を心よりお待ちしております。

 

 

だって・・・悔やむことばかりですから・・・。




 

    ↓↓↓        ↓↓↓ 

奥さま、疲れ気味の筆者にランキングご協力を!
いつも更新が不規則になることを深くお詫び申し上げます。

    



楽天でよくショッピングされる奥さまなら「楽天カード」を持っていた

方がずっとずっとお得です。割引率やポイントで優遇がたっぷりです。

年会費・入会金永久無料。持つだけ持っていても損はないと思いま

すよ。現在別カードで決済されている方も変更した方が絶対にお得。
    

  
   
 

お小遣いはネットで便利に使えるイーバンク銀行でキープしましょう。

利率も高いうえに、各種手数料も激安。放っておくだけで数十円単位

のボーナス(ゴールドラッシュ)も貯まります。キャッシュカードも普通

に発行してくれてセブンイレブンで使えます。 

     



ちょっとお仕事したくなったら無料登録をどうぞ。一流企業への

転職も斡旋していますが、これから働こうという女性の人材派遣

も相談に乗ってくれるということです。求人件数も抜群。登録は

無料なのでいざと言うときのためにまずは先に登録だけでも。

      

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

奥さま聞いてよ!筆者さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

3 ■早速

早いレスありがとうございます!
私の先程のコメントって談話室に書く内容だったかなー
と思ってそうお断りしようと戻ってきたら・・・
早速のレスポンス~~!!
鼻血出そうな程嬉しいです。

2004年から書き始められてますけど、
凄い年月の重みを感じますよ。
普通、そうは続かないですよ。
文才があるのもそうですけど、経験が豊富でいらっしゃるのね。
体験もですが、気持ちの経験。
感覚が鋭くて、一度持った疑問には結果を出してきた…ということですかね。
日々ウジウジしちゃいそうな今日この頃でしたのでかなり良い刺激でした。
見習わなきゃ。

あ、なんだかべた褒め過ぎ?

ただ、私をここまで夢中にさせるなんて
オヌシただ者じゃないね~
なんてタカビー発言お許しください。

更新続けてくださいね。v

2 ■brillanteさんへ

そんなにお褒めいただき恐縮です。何度も連載をやめちゃおうと迷った時期がありますが、今はゆっくりマイペースで、何を言われようが誹謗中傷を受けようが気にせず連載を続けることにしています。でもやっぱりそうやってお褒めいただけるとすごくうれしいです。モチベーションが上がります。今後ともよろしくお願い致します。けっこうへんなコメントが多数来ていてほとんど消しているのですが、迷わず公開出来るのは久々です。感謝です。

1 ■はじめまして

はじめての投稿です。
聞かれてないけど自己紹介(笑)
私は、何年たっても好きなパソコンを玄人っぽく理解できず(^_^);
全くもって下手の横好きと言うか…
ブログ閲覧も自分の検索がまずいのを棚に上げて、
「どれもこれもしょーもな~」←失礼でスミマセン汗
なんて思ってました。
で、今から10日ほど前に偶然読んだのがこのページ!

本当にハマってしまいました。
その日から狂った様に「元カノ編」から毎日毎日長時間かけて
眼精疲労と頭痛にもめげず←勝手にやってるんだろうが~って言われる?
本日ここまで、やっとやっと~
全~~部読みました。

やっと追いついた~~~!!感激!

筆者様、応援してます。
閑話も大好きです。
歴史のお話しもためになります!
お薦め品もショッピングも私のハートど真ん中です!
これからも楽しみにしてますね。
(ここにコメント入れるのが目標で、本日アメブロ登録しました。
常連の方々にも勝手に一方的に親近感持ってます♪)
新参者ですが、どうぞよろしくお願いしますね。

コメント投稿

AD




無料でダイエットできる!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。