2008-02-27 13:31:29

死者への冒涜

テーマ:遠距離タカビー女編
 

   

まずランキングサイトで他ブログもチェック!   

    

 

 

奥さま聞いて下さい・・・。

愚かな私を笑って下さい・・・。

そして私を叱って下さい・・・。  

 

 

 


 

「OYが死んだよ・・・」

 

 

「はっ!?」

 

 

「飛び降り自殺した・・・」

 

汗

「・・・・・・(絶句) 


 

 

 

 


奥さま・・・もしかするとご記憶にある方もいらっしゃるかもしれません。人気

絶頂だったOYが、東京都新宿区にある自身の所属事務所ビルから飛び降り

自殺をしてしまったのです。その理由はその後マスコミが様々な噂を撒き散ら

しましたが、どれも真実を突いているとは言えません。少なくとも彼女が生前

親友たちに相談していた内容は、かつて報道されたものとはまったく別のもの

でしたし、友人経由で私の耳に入った情報は恐らく世には出ていません。

 

ただ、同年齢でありながら、憧れの東京で活躍していた彼女のことは、いつも

頭の片隅にありました。東京の大学に入って仕事で成功を収めれば、いつか

は別の形で再会を果たすこともあるのかな・・・そんな淡い期待があったのも

確かです。なのに・・・牢獄のような大学浪人学生寮に閉じ込められている私

とはまったく別の世界で、彼女は悩んだ末にさっさとこの世に見切りをつけて

しまったのです。あまりに早い彼女の死でした。まったく面識のないアイドル

ならばいざ知らず、かなり近い存在だった彼女の死は、やっと克服しつつ

あったN子の死の衝撃を、以前より強い形で思い起こさせるのに十分でした。

 

 


 

 

「・・・・・・」

 

 

「俺・・・すげぇショックだよ・・・」

  


「俺もだ・・・(動揺)

 

汗 

「そっか・・・おまえ・・・直接知ってるんだったよな」

 

 

「うん・・・(動揺)

 

 

「俺なんかよりずっとショックだよな・・・たぶん」

 

 

「・・・・・・」

 

 

「何か理由は聞いてるか?」

 

 

「いや・・・今は全然つながりないから・・・」

 

 

「そうか・・・」

 

 

「・・・・・・」

 

あせる 

「俺が言うのもなんだけど・・・そう落ち込むなよ」

 

 

「う・・・ん・・・」

 

 

「もう起きちまったことなんだしさ」

 

 

「ただ・・・ここ最近・・・知り合いが立て続けに・・・」 

 

汗 

「他にも誰か死んだのか?」

 

 

「“死んだ”って言うな。“亡くなった”とかくらい言えよ」

 

 

「すまん。誰か他に亡くなったのか?」

 

 

「うん・・・かなり大切に思ってた女を1ヶ月と少し前に事故で亡くした」

 

 

「・・・そうだったのか」

 

 

「まだショックから立ち直りきってなくてさ・・・」

 

 

「だろうな・・・そんな最近じゃ」
 

 

「忘れようとしていた矢先だったから・・・今回の件でまた思い出しちゃったよ」

 

 

「・・・・・・」

 

 

「どっちも頑張ってる女の子だったのに・・・」

 

 

「・・・・・・」

 

 

「俺みたいな不真面目なやつなんかが、こうやってのうのうと生きてて・・・」

 

 

「・・・・・・」 

 

 

「世の中のためになるやつばっかりが死んでいく・・・」

 

 

「・・・・・・」

 

 

「何か変だよなぁ・・・」

 

あせる 

「おい・・・」

 

 

「俺なんて生きてる価値ないかもしれないのに・・・」 

 

あせる

「おい・・・○○。考えすぎだぞ」

 

 

「俺が代わりに死ねばよかったのに(涙)

 

 

「ばか!何言ってんだ!?○○!!」

 

 

「ごめん・・・ちょっと部屋で独りになるわ、俺」

 

 

「・・・ああ、わかった、あまり気にすんなよ」

 

 

「・・・・・・」

 

 

 

  

 


心配そうな視線をなげかけるハヤトをその場に残し、私は嗚咽を我慢しな

がら、自室へと急ぎました。泣くところを寮生たちに見られるのには激しい

抵抗感がありました。親しくなったケンイチ、ハヤト、O田だとしても、まだ

泣き顔を見せられるほどの気持ちにはなれません。

 

幸いにも途中の廊下では誰ともすれ違うことはありませんでした。私は

鍵のかかっていなかった自室のドアを乱暴に開けて、中へと飛び込み

ます。ドアを閉めるとすぐに目の前にある粗末なベッドに倒れ込み、枕に

顔をうずめて泣き始めました。

 

 

 

 

 

 

「うぅっ・・・うぅっ・・・(嗚咽)

 

 

 

  

 


もちろん自殺したOYと私はさほど親しいわけではありませんから、私の

頭の中を駆け巡っている想いは、N子を失った悲しみです。OYの自殺は

単に押さえ込んでいた感情の塊が暴発する引き金を引いたに過ぎません。

 

ただ、当時の私は東京に行きさえすればバラ色の生活が待っているものだ

と勝手な思い込みをしていました。しかしはた目には華やかな成功者だった

OYの自殺は、それほど世の中が単純ではないことを示唆しています。私は

東京という大都市に対して一抹の不安を感じずにはいられませんでした。

 

そんな曖昧な目的である「東京行き」でさえも、確実なものに出来ないまま、

中途半端な「大学浪人」という立場に甘んじている自分自身が、とてつもなく

愚かしい存在に思えてなりません。いったい何のために私は東京に行く

のでしょうか。そもそものきっかけだった元同級生Jとはまったくの没交渉。

もはや東京行きの大義などどこにもありません。親の期待?N子の供養?

どれも心にしっくり来るとは思えませんでした。

 

私ははからずもOYの死によって、受験生にとって致命的な「目標の喪失」

という事態に陥ってしまったのです。

  

  

 

 



「俺・・・このまま受験しちゃっていいのかな」

 

  

 

 

 

 

根本的な疑問が頭をかすめます。それと同時に嗚咽が急に収まります。

 

 

 

  

 


「だいたい・・・1年やそこら勉強したって・・・受かるかどうかなんてわかんないよな」

 

 

 

 

 


泣き止んだ私はごろんと回転して仰向けになりました。大の字になって

ベッドに横たわり、天井にぶら下がる蛍光灯を見つめながら考えました。

 

  

 

 

 

 

「ふぅ~・・・」


 

 

 

 


まだOYが本当に自殺したのかどうかさえ確認していません。もちろんこの

時点では、その事情や背景などを耳にはしていません。テレビも何もない

生活です。新聞だってほとんど読んでいません。今のようにインターネット

など存在しない時代ですから、ハヤトの言っていたことが事実かどうかを

確かめる方法はありません。

  

 

 

 

 

 

「とりあえず食堂に戻ってみるか・・・」

 

 

 

  

 


孤独に悩んでいても新しい情報が入ってくるわけがありません。食堂に行け

ば、誰かが何か新しい情報を持ち帰ってきているかもしれません。私は再び

自室を出て、暗い廊下を歩いて食堂へと向かいました。

 

 

 

 

 

ビックリマーク

「うん?なんかザワザワしてるな・・・」

 

 

 

 

  


まだ食堂までは5Mほどあるのに、入り口からざわつく気配が漏れてきます。

普段はそれほど大人数が同時に集まる場所ではありません。どういうことで

しょうか・・・。私は歩を速めて食堂へ入りました。

 

 

 

 

 


げげ!ねこ

「うわっ!・・・なんだこれ・・・!!」


 

 

 

  

 


思わぬ光景がそこには広がっていました。数十名の寮生たちが窓際にある

テーブルに群がっています。みんな集団の中心部に入り込もうとして必死

にお互いに押し合っています。当然ですが私もその人の輪に入ってみました。

 

 

 

  

 

 

あせる 

「おい!どうしたんだ??」

 

 

「なに?おまえ知らないの?」

 

 

  

 

 

 


最後部にいた、見たこともない男が答えました。

 

 

 

 

 

 

むかっ

「だからどうしたんだよ!?」

 

 

「OYが死んだらしいぞ!!」

 

汗 

「なんだ・・・その話か(嘆息)

 

 

「知ってたのか??」

 

 

「さっき聞いたよ・・・でも・・・本当なのか?ガセじゃねーのか?」

 

 

「ハヤトがスポーツ新聞買ってきたんだよ」

 

ビックリマーク 

「ハヤトが!?」

 

  

「飛び降り自殺の現場がばっちり写ってるらしいぞ!!」

 

汗 

「・・・まじかよ!?(動揺)

  

 

 

 

 

 

私は腕力にモノを言わせて、強引に人ごみを掻き分けました。何人か

が口を尖らせて文句を言おうとしますが、私の顔を見て小声になります。

私はそういう輩を完全に無視したまま中心部まで何とか入り込みました。  

人ごみの真ん中では、ハヤトがテーブルに広げたスポーツ紙を食い入る

ように読んでいます。私が食堂に戻ってきたことには気づいていません。

 

 

 

 


 


「おい!ハヤト!!」

 

 

「お、おう!○○!!こっち来いよ!!」 

 

  

 

 

  

 

私は誘われるままに早との横の席に座りました。先に座っていた見知らぬ

男は、ハヤトが強制的に有無を言わせず立たせて席を私に譲らせます。

  

 

 

 

 

 

「やっぱり本当だったよ・・・新聞に出てるんだから間違いない」

 

 

「そうだな・・・すごいでかい記事になってるんだな」

 

 

「そりゃ・・・天下のOYが死んだんだ・・・大ニュースだろ」

 

 

「そういうもんなんだろうな・・・」

 

 

「現場の写真もあるよ」

  

 

 


 


そう言ってハヤトはページを1枚ぺらりとめくりました。

 

  

   

  


叫び 

「・・・・・・」

 

 

「これって・・・彼女の血らしいぞ」

 

 

 

  

 

 

広げられたスポーツ新聞には、自殺現場らしき写真が極端に大きく掲載

されていました。道路のアスファルトの窪みまで判別できるほどに現場の

地面に接近して撮影されたものでした。そこには大量の血液と、飛び散った

体の一部らしきものも写りこんでいました。

 

 

 

  

 

 

汗

「・・・・・・(動揺)

 

 

 

 

 

 


私は思わず目を背けました。仮にも直接見知った人物の自殺現場なのです。

とても興味本位でその写真を直視する気持ちにはなれません。

 

 

  

 

 

 音譜

「すげぇなぁ・・・この写真・・・(喜)」 

 

 

「ハヤトさん、お手柄だよね♪」

 

 

「ハヤトさん♪あとでその新聞貸してよ」

 

 

「・・・・・・」 

(ハヤトは完全無視) 

  

「おまえ・・・変な目的に使うんだろ?変態!!(笑)

 

 

「違うよ!おまえじゃないんだからさ!!(笑)

 

音譜 

「OYの血だったら・・・俺イケるかも♪」

 

 

「俺も・・・」

 

 音譜

「永久保存版だよな♪」

 

 

「もっと他に写真ないのかなぁ」

 

 

「変態ばっかだな(苦笑)

 

 音譜

「きゃははは・・・♪」 

   

   

爆弾 

「うるせぇ!!」

  

 

   

目 

「・・・・・・(呆然)

 

メラメラ 

「てめぇらいい加減にしろ!!」

  

 

「・・・・・・(呆然)

 

メラメラ 

「マジでぶっ殺すぞ!!」

  

 

「・・・なにムキになってんの?変なやつ(苦笑)

 

 

「人が1人死んでんだぞ!?」

 

 

「だからなんだよ!?」

 

むかっ 

「だから・・・だから、そんなふざけた態度はやめろ!!」

 

 

「な~にカッコつけてんだよ、この人は」

 

 

「この子はなぁ・・・この子はなぁ・・・(涙)

 

 

「泣いてるよ、この人」

 

 

「変なやつ・・・」

  

 

「ちょっとハヤトさんと仲がいいと思ってさぁ」

 

 


 

  

 


死者を冒涜するかのごとき会話に我慢ならず、私が大声を上げると、

集まっていた男たちは異質なものでも見るかのごとく、冷たい視線を

注ぎます。

 

この学生寮で私はまだ本性を見せてはいませんでした。ですから

高校時代のように、無条件に周囲が私を恐れることはありません。

あくまで既に怖いと評判のハヤトの仲間として、少し敬遠されて

いるだけに過ぎませんでした。

 

 

  

 

 

 

むかっ

「おまえら恥ずかしくないのか?そんなこと言ってて」

 

音譜 

「全~然!!」

 

 

「なんってやつらだ・・・(ワナワナ)

 

 

「だったら新聞買ってきたハヤトさんに怒れよ!!」

 

 

「そうだよ!!」

  


「金魚の糞のクセに!!」

 

汗 

「金魚の・・・そこまで言うかおまえら・・・(呆然)

 

 

 


 

 

私はハヤトの方を見ました。彼は下を向いて黙っています。

 

 

 

 

 

 

「なんだか調子に乗ってない?この人・・・」

  
    

「ハヤトさん!!こいつ、なんかハヤトさんに文句あるらしいですよ!!」

  

DASH!  

「・・・・・・」

 

 

「何か言ってやってくださいよ!!」

 

 

「・・・・・・」

 

 

「・・・・・・」

 

  

 

 

 


ハヤトはゆっくり立ち上がると顔を上げて搾り出すような声で言いました。

  

 

  

 

  

  

「○○・・・すまん・・・」

 

 

「・・・・・・」

 

 

「俺が軽率だった・・・」

 

 

「・・・・・・」

 

 

「自分の部屋でこっそり読めばよかった・・・」

 

 

「・・・そうだな」

 

 

「おまえの気持ちはよくわかるよ・・・すまん」

 

 

「・・・・・・」


 

「でもな・・・でもな・・・」

 

 

「・・・・・・」

 

ドンッ 

「てめぇらの物言いも許せねぇぞ!!」

 

 

 

 

 

 

ハヤトはいきなり立ち上がり、彼を取り巻いていた男たちに向かって

怒鳴り始めました。

 

 

 

 



「俺の大好きだったOYが死んだってのに・・・何だ?その会話は!?」

(そこかよ・・・) 

 

「・・・・・・」

 

 

「血液の写真でオ○ニーだとぉ!?誰だ最初に言ったやつは!!」

 

 

「・・・・・・」

 

 

「ふざけるのもいい加減にしとけよ!?」

 

 

「・・・・・・」

 

 

「おめぇら消えろ!!じゃねーとマジでぶっ殺す!!」 

  

 

 

 



今回はここで締めさせて頂きます。

またのご来訪を心よりお待ちしております。

 

 

だって・・・悔やむことばかりですから・・・。

 

 

 

    ↓↓↓        ↓↓↓ 

奥さま、疲れ気味の筆者にランキングご協力を!
いつも更新が不規則になることを深くお詫び申し上げます。

    



楽天でよくショッピングされる奥さまなら「楽天カード」を持っていた

方がずっとずっとお得です。割引率やポイントで優遇がたっぷりです。

年会費・入会金永久無料。持つだけ持っていても損はないと思いま

すよ。現在別カードで決済されている方も変更した方が絶対にお得。
    

  
   

リクルートのコネを生かしましょう。登録しておくだけでも。

もちろん完全に無料です。求人情報検索もあります。わが妻も活用。

     

     

 

ちょっとお仕事したくなったら無料登録をどうぞ。一流企業への

転職も斡旋していますが、これから働こうという女性の人材派遣

も相談に乗ってくれるということです。求人件数も抜群。登録は

無料なのでいざと言うときのためにまずは先に登録だけでも。

    

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

奥さま聞いてよ!筆者さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■こんにちわ

なんか懐かしいですね
当時は、高校の教室で同じような事がありました
いたいけな男の子の集団ですから、「まだ若いのに、なぜ?」とか「ファンだったのに・・」などの無難な話題でしたが、あの新聞の写真には自分を含め若干嫌悪感を抱くものが多かった気がします。

1 ■無題

こんにちは
久しぶりにお邪魔させて頂きました。

あの事件のあった日は、
ちょうど私の誕生日でした。

22年前の話ですね…

コメント投稿

AD




無料でダイエットできる!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。