2008-01-23 00:59:34

許されない夢

テーマ:遠距離タカビー女編

 

 

異性とのドキドキ話ブログと順位を確認!  

    

 

 

奥さま聞いて下さい・・・。

愚かな私を笑って下さい・・・。

そして私を叱って下さい・・・。  

 

 

 

 

 

むかっ 

「エ・ン・ジ・ンを切・り・な・さ・い!!」

  

DASH! 

「・・・ちっ」

 

 


 

 

 

寮母さんから促されると、意外にも素直にその男はエンジンを切りました。

 

 

 

 

 


「H松から来たS山ケンイチっす。今日から世話になります」

 

むかっ 

「あんた、バイクはどうするつもりよ!?絶対持ち込み禁止よ??」

 

 

「今日だけ置かして下さいよ。明日なんとかしますんで」

 

 

「・・・・・・」

 

音譜 

「お願いっ!美人の寮母様っ!!」

 

 

「・・・(苦笑)しょうがないわね、じゃあ事務室の裏にとりあえず置きなさい!」

 

 

「おっ!さすが!話がわかる美人寮母さんっすね~♪」

 

 

「絶対に明日何とかしなさいよ!!」

(美人と言われてまんざらでもない) 

音譜 

「はーい!約束しまーす!!」

 

 

 

  

 


かなり生意気で調子付いた態度をとり続けるこの男。これでも本当に

大学受験するつもりなのでしょうか。H松と言えば暴走族のメッカです。

近隣のチームがH湖という大きな湖に集まることで知られています。

おそらくはそうした暴走族の中のどれかに属しているのでしょう。出自

だけを見れば私と似通った部分があります。私はこの男に強い興味を

持ちました。

 

   

 

 


「おっ!そこに立ってるスカした兄ちゃんも今日から入寮かい?」

 

あせる 

「あ、ああ・・・そうだよ。よろしくな・・・(スカしてないし)

(調子狂うなぁ) 

 

「おう!こちらこそよろしくな!」


  

 

 

 

 

物々しい服装と髪型の割に、極めて人懐っこい笑顔を見せます。不思議

なオーラを放つ人物です。親友のY崎に少し似た部分があるような気も。
彼は寮母さんに指示されたとおり、事務室の裏にバイクを手押しで移動

させると、すぐに戻ってきて寮母さんに馴れ馴れしく語りかけます。

 

 

 

 

 

「ね、ね、ね!!俺っちの部屋はどこなのよ??」

 

 

「あなたは・・・S山さん・・・えぇっと・・・あぁあったわ」

 

 

 

 

 

私のときと同じように寮母さんは老眼鏡をかけてリストを見ながら

答えました。

 

 

 

 

 

「1階の104ね・・・あら?○○さんと同じフロアね・・・っていうか隣ね!?」 


汗 

「・・・え!?(意外)

 

 

「おっ!!そうなの!!よろしくなお隣さんっ!!」 

  

あせる 

「あ、あ、うん・・・よろしく(苦笑)

(調子狂うなぁ) 

 


 

 

 

偶然にも隣の部屋で暮らすことになったこの男のペースに、私は最初

から振り回されています。豪腕で有名な親友Y崎とは少し毛色の違った

強引さがあります。ただ、私はこういうタイプの人物が嫌いではありません。

 

彼とはその場でいったん別れて、それぞれが自分の荷物を運ぶことに

専念しました。先ほどのケンイチはなかなか手はずがよく、宅配便で送っ

た荷物は既に寮のロビーに届いていたのでした。

  

自室に荷物を運び終えた私は、ギシギシ音が鳴るスチール製のベッド

に横たわりました。慣れない場所で慣れない作業だったため、一気に

疲れが出た感じです。その後の生活への不安も手伝って、身体の疲れ

はもちろんですが、むしろ心のほうが疲れきってしまいました。

 

私はうつらうつらと昼寝を始めました。まだ昼を回ったばかりですから

外は明るく、カーテンを閉めていない大きな窓のせいで、部屋の中は

かなり明るいままです。冷暖房完備だったのですが、スイッチも入れ

忘れたので、春の日差しを吸い込んだ部屋はかなりの高温です。

 

私は昼寝をしながら夢を見ました。ぐぅぐぅ

 


 

ZZ ・・・・ 




「○○くん遅いよぉ!!」

 

 

「待てよN子!!」


 

「早くおいでよ東京に!!」

 

 

「待てよ!!だから走ってるじゃんよ!!」

 

 

「早く来ないと専門学校の人と仲良くしちゃうぞ!!」

 

 

「おいおい!!待てったら!!」

 

 

「もう遅いから○○くんなんて知ーらない!!」


 

「待てったら!!N子!!」

 

 

「はやくK大生にならないと嫌いになるわよ?」

 

DASH! 

「・・・おい・・・N子なに言ってんだ??」

 

 

「私はK大生みたいな優秀な人が好きなの・・・」

 

 

「おまえ・・・そんなこと言うやつじゃなかったじゃないか!?」

 

 

「田舎の変な大学なんて私は嫌よ!!」

 

汗 

「お、おまえ・・・誰だ??N子じゃないだろ!?」


 

「なに言ってるの??N子って誰のこと??」

 

汗 

「うわっ!!君は!!」

 

 

「私のこと忘れたの??」

 

 

「な、な、なんでJちゃんがここに!?」

 

 

「うふふふっ♪」

 

 

 

目 

「はっ!! 

(目覚めた)


  


  


飛び起きた私は、閉め切った部屋が日光で暑くなっていたせいもあって

激しく汗をかいていました。なんという夢でしょうか。もうとっくにこの世の

人ではないN子が東京に来るように私を促していました。夢の中ですので

はっきりした映像ではありません。なんとなくN子なのだと思っていた女性が

いきなり妙なことを口走り・・・急にあの呪われた美少女Jに変貌したのです。

すっかり忘れていた(つもりだった)あの美少女が、急に私の頭の中で具体的

イメージとして蘇ったのです。

 

 

 

 

  


「んだよ・・・この夢は・・・(苦渋)

 

 


 

 


私は自分自身の見た夢に狼狽して呼吸が荒くなっています。

 

 

 

 

 

 

「Jちゃんなんて・・・とっくに俺のこと見捨てちゃってるだろうに(苦笑)

 

 

 

  

 

 

私の受験失敗以来、まったく彼女から連絡はありません。こちらからも

敢えて連絡していません。今頃彼女は推薦で合格した東京のM音大

への入学準備で忙殺されていることでしょう。もうとっくに住居を東京に

移して落ち着いているでしょう。地元でくすぶっている私のことなど眼中

にあるはずがないのです。そんな女の夢を見るなんて・・・。しかもあの

純粋なN子と間違えてしまう夢・・・私は激しい自己嫌悪に陥りました。

 

 

 

 

 

 

「もう忘れたはずだったのに・・・」

 

 

 

  

 


自分ではN子の死のショックもあって「忘れたつもり」になっていたので

しょう。しかしよくよく考えてみれば彼女と接していたのはほんの数ヶ月前

のこと。そう簡単に忘れられるものではないはずです。だからこそこんな

夢を見てしまうのでしょう。 



 

 

 

 

「どっちにしろ・・・もう彼女とは別世界の住人だからな(自虐)

 

 

 

 

 


とにかく私はこのくだらない夢を忘れることにしました。こんな夢のことを

いつまでも引きずっていてもまったく生産的ではありません。

 

 

 

  

 

「やべぇ、ションベンしたくなった・・・」

 

 

 

 

  

これまでのアパートと異なり、自室にはトイレがありません。共同トイレは

廊下を歩いてしばらくの場所にあります。私はドアを開けて初めて玄関と

自室以外の場所へと向かいました。

 

 

 

 

 

「おお・・・ここには洗濯機とかもあるんだね♪」

 

 

 

  

 


共同トイレの入り口にあるスペースには大きな洗濯機と乾燥機が5つずつ

備え付けられています。そのうち2つは稼働中でした。鈍い振動音があたり

に響いています。

 

 

 

 

 

 

「トイレのそばの部屋はこの音で悩むよなぁ・・・あの部屋で良かったかも」

 

 






私は手早く用を足して、また部屋を戻ろうとしました。と、そのとき・・・。

食堂ロビーのほうから激しく怒鳴り合う声が聞こえてきました。





 

爆弾

「おらおらぁ!いきがってんじゃねーぞ!こらぁ!」

 

 

「なんだぁ?てめぇ?一回殺してやろうかぁ?」

 

 

「黙れぇ!新入り野郎がぁ!!」



   

 

 

 

今回はここで締めさせて頂きます。

またのご来訪を心よりお待ちしております。

 

 

だって・・・悔やむことばかりですから・・・。

 

  


        ↓↓↓↓↓↓ 

奥さま・・・新編は急展開です!励ましクリックを!
いつも更新が不規則になることを深くお詫び申し上げます。

    


無料で持てるシティグループのクレジットカードが1月いっぱい

受付終了!!とりあえずお申し込みを!!もったいない!!

ついでに、以前もご紹介したクレジットカードのお勧め。国際的に有名
なシティグループのクレジットカードがなんと永久会費無料。学生さん

でもOKな気楽さです。ちょっと他人とは違うセレブな雰囲気も味わえる

クレジットカードです。なんと銀行口座がなくてもOK。コンビニで入金が

出来てしまうのです。VISA、MASTERどちらかを選べて、旅行の際は

傷害保険が最高1000万円自動でつきます。盗難破損保障も50万円

まで自動。使った額の支払い方法や支払額は自分で設定できます。 
    
 

       ↑上記をクリックすると申し込み画面に飛べますよ。 



楽天でよくショッピングされる奥さまなら「楽天カード」を持っていた

方がずっとずっとお得です。割引率やポイントで優遇がたっぷりです。

年会費・入会金永久無料。持つだけ持っていても損はないと思いま

すよ。現在別カードで決済されている方も変更した方が絶対にお得。
    

  
   

リクルートのコネを生かしましょう。登録しておくだけでも。

もちろん完全に無料です。求人情報検索もあります。わが妻も活用。

     

     

 

ちょっとお仕事したくなったら無料登録をどうぞ。一流企業への

転職も斡旋していますが、これから働こうという女性の人材派遣

も相談に乗ってくれるということです。求人件数も抜群。登録は

無料なのでいざと言うときのためにまずは先に登録だけでも。

    

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

奥さま聞いてよ!筆者さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD




無料でダイエットできる!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。