1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2007-09-29 18:07:52

愕然!秘められた陰謀に驚愕する筆者・・・次回更新予告です。

テーマ:次回更新予告

※10/1 09:50追記

午前中更新を、と考えていましたが実生活が追いつかずネット

に集中できません。申し訳ありませんが本日夕刻までご猶予を

頂ければ幸いです。




※9/30 19:38追記

今夜は更新しません。ちょっと手が回りません。ごめんなさい。  

 

  

アメブロ以外での順位はここをクリックしてご覧下さい  

   

    

奥さま・・・次回更新予告です。


 

とりあえず急いで書いています。うまく行けば明日の午前中にアップ

できますが、それを逃すと夜になるでしょう。細かい説明抜きにまず

は頑張ります。



以下は次回抜粋です。 

 

 

 


----------------------------------------------------- 

  

 

 

「僕はね・・・昨晩君との電話を切った後で色々と調べたんだ」

 

 

「調べた??何をですか??」 

 

  

 

------------------------------------------------------ 

 

 

では、明日昼前に暫定的にお会いしましょう!!

 

 

 

        ↓↓↓↓↓↓ 

奥さま・・・執筆頑張ってます!応援クリックを!
更新が遅く大変ご不快な思いをさせて申し訳ありません 

 

 

 



リクルートのコネを生かしましょう。登録しておくだけでも。

もちろん完全に無料です。求人情報検索もあります。わが妻も活用。

     

     

 

ちょっとお仕事したくなったら無料登録をどうぞ。

一流企業への転職も斡旋していますが、これから

働こうという女性の人材派遣も相談に乗ってくれる

ということです。求人件数も抜群。登録は無料なの

でいざと言うときのためにまずは登録だけでも。

    

 


 

ついでに、以前もご紹介したクレジットカードのお勧め。国際的に有名

なシティバンクのクレジットカードがなんと永久会費無料。審査も緩くて

学生さんでもOKです。ちょっと他人とは違うセレブな雰囲気も味わえる

クレジットカードです。なんと銀行口座がなくてもOK。コンビニで入金が

出来てしまうのですVISA、MASTERどちらかを選べて、旅行の際は

傷害保険が最高1000万円自動でつきます。盗難破損保障も50万円

まで自動。使った額の支払い方法や支払額は自分で設定できます。 
    
 

       ↑上記をクリックすると申し込み画面に飛べますよ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-09-28 11:17:23

⇒サイバーバズキャンペーン=「MyLet’s倶楽部」のお奨め

テーマ:CyberBuzzキャンペーン

この記事はサイバーバズ社のキャンペーンに参加して書いています。



パナソニックモバイルパソコン直販サイト「MyLet’s倶楽部」 にて

冬モデルがリリース開始されました。


レッツノートシリーズの特徴としてはタフなボディ、軽量であること、

長時間駆動に耐えられるということです。特に今回の新商品の中

で、特筆すべきは「レッツノート プレミアム エディション」 です。
コンセプトは「唯一無二」。プレミアムなモバイルパソコンです。
 

 

高スペックでありながらデザイン性にも優れている「レッツノート 

プレミアム エディション」 は、大人の落ち着きを表す独自の美しさ。
カラーも大好評の「ジェットブラック」です。

保証も充実しています。盗難まで対象にした3年保証などワンランク

上の安心。水にも落下にも強い頑丈さでありつつ修理などのサービス

も充実です。
 

私は現在デスクトップしか使用していないのですが、持ち歩きに便利な

小型ノートパソコンは必要だと考えています。雑な性格なので性能は

もちろんですが、頑丈さとしっかりしちゃサポート体制は必須だと思い

ます。実際に購入する際は「レッツノート プレミアム エディション」

検討してみようと思います。


以上です。



いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-09-27 17:36:19

【連載閑話】幕末に似ている現在の政治状況(安倍=阿部?)

テーマ:筆者一口メモ

※9/28 誤字一箇所修正、2箇所加筆しました。 


アメブロ以外での順位はここをクリックしてご覧下さい  

   

   


奥さま・・・筆者一口メモです。

 

 

ずいぶん前から書こう書こうと考えていた歴史ネタとは少し異なる

テーマを急遽記すことにしました。やはり、今しか書けない内容に

なってしまう可能性が高いからです。

  

つい先日、自ら体調を理由に(表向き)内閣総理大臣の職を辞した

安倍晋三さん。彼のこと考えながら、私は江戸時代のある政治家

のことを重ね合わせて思い出しています。同じ読み方をする苗字を

持つ「阿部正弘」です。歴史に詳しい方なら誰でも知っている名前

ですし、少しでも昔の歴史の授業を覚えている方なら、おそらく聞き

覚えがあるであろう人名です。


阿部正弘(あべまさひろ)・・・黒船がやってくる幕末の政治家です。

備後福山藩主(今で言えば広島県福山市長か福山選出国会議員)

で、若くして中央政界にデビューして、江戸幕府の筆頭老中にまで

上り詰めた人物です。「黒船でやって来たペリーと日米和親条約を

結び、鎖国政策を廃止した老中」・・・と申し上げれば思い出す方も

増えるのではないでしょうか。 

 

彼の出自である「阿部氏」は、譜代大名ゆえ石高こそ小さなもので

したが、徳川家康が徳川姓を名乗る以前から松平氏に仕えてきた

由緒ある家柄です。江戸時代を通して幕府重職を担う人材を多数

輩出してきました。安倍晋三さんが安倍晋太郎を父に持つ政治家

3代目で、母方の祖父には元総理大臣の岸信介を持つことは、少し

毛色が違うとはいえよく似た恵まれた環境に生まれたと言えます。

  

阿部正弘のデビューは鮮烈なものでした。父の死後、藩主を継いだ

兄の後をさらにすぐ継いだのはたった17歳。もちろん現在とは寿命

も社会事情も異なりますが、敢えて現在の年齢で考えれば30歳に

なるかならないかくらいでしょうか。安倍晋三さんも代議士に初当選

したのは39歳のことでかなり若いですね。

 

福山藩主に就任して8年後の25歳のとき、阿部正弘は幕府の老中

になります。当時の政治制度はかなり複雑です。天皇を中心とした

京都朝廷は儀式的な存在でしかありません。あらゆる政治実権は

江戸幕府のトップである征夷大将軍(いわゆる将軍)が持っています。

しかし江戸時代の中期以降になると、将軍の存在も名誉的なものに

なっていき、実際の政治は大老(臨時職)や老中(常設)が行うのが

普通になっています。老中になるということは、今で言えば内閣に

入閣して有力大臣に就任するという感じです。当時でも25歳での

幕閣入りはかなり若い方で、世間の話題になったと言います。安倍

晋三さんも46歳のときに森内閣で官房副長官に抜擢され、49歳の

ときには自民党ナンバー2である幹事長に就任しています。当時は

柔らかい(?)語り口と端正な顔立ちで女性の人気があったと報道

されています。阿部正弘も若く端正な顔立ちだったために、大奥の

女性に大人気だったと伝えられています。


老中に就任した2年後の27歳のとき、それまでの上司だった水野

忠邦(みずのただくに※天保の改革で有名)が改革失敗で失脚した

ために、自動的に老中首座になり、当時の行政権力のトップに躍り

出ることに。安倍晋三さんは52歳で史上最年少での総理大臣主任

を果たしましたから、若さを売りにしたあたりは極めて似てるとも言え

ます。阿部正弘は10年後に老中次座に退くまで政権を維持します。

 

安倍晋三さんが前任者の小泉元首相や出身派閥の最有力者である

森元首相の援護射撃を必要としたように、若い阿部正弘も有力者の

力を借りなければならなかったのも事実。水戸藩・徳川斉昭(とくがわ

なりあき)や薩摩藩・島津斉彬(しまずなりあきら)、越前福井藩・松平

慶永(まつだいらよしなが※後に春嶽)など、当時大きな発言権を持っ

ていたベテラン有力大名が、彼を守り立てていました。

 

安倍晋三さんと阿部正弘が似ているところは職を辞した理由でしょう。

安倍晋三さんは色々と裏情報も囁かれていますが、公式の理由は

胃腸障害による極度の体力低下です。阿部正弘は老中首座を退い

てから2年後の39歳のとき、老中在任のまま急病にて没します。


江戸時代と現代では命の重みが違います。政権の取り合いで殺し合

いをすることも不思議ではなかった当時と現代はまったく異なります。

当時の病没は、現代の病気引退とほぼ同じだと考えてもいいでしょう。

 

今回書きたかったのはここからです。これまでの文章は説明なんです。

当時の政治状況は色々な説がありますから詳しくは割愛します。明確

なのは、ある2つの勢力が争っていたことです。

 

当時の日本は長い鎖国状態(250年)によって、海防システムがまった

く機能しない状態でした。徳川政権は諸大名の謀反を恐れて「大船建造

禁止令」を出していました。つまり小船しかない状態だったのです。もしも

外国が海から攻めてきてしまったら手も足も出ない状態でした。現代で

言えば、自衛隊も何もない状態で北朝鮮や中国の横で過ごすということ

です。そして当時の日本沿岸にはアメリカ、イギリス、フランス、ロシア、

などの欧米諸国が頻繁に接岸してきていたのです。今の日本も憲法で

積極的な防衛交戦をすることを禁じられていますから、極めて似た状況

だったとも言えますね。

 

この状態を憂いていた徳川斉昭、島津斉彬などと同調して、大船建造

禁止令を緩和し、海防組織を再構築しようとしていたのが阿部正弘です。

防衛力をつけて、諸外国と対等に渡り合おうとしていた人物なのです。

これらの政策の象徴だったのが徳川慶喜(とくがわよしのぶ※一橋慶喜)。

後の15代将軍。最後の将軍です。彼は父親の徳川斉昭から英才教育を

施され、極めて英明だと噂されていた若きプリンスでした。13代将軍家定

の後継候補として、上記の人物たちが慶喜の周囲に集まります。これを

「一橋派」と呼びます。鎖国制度を堅持するという考え方であることから、

一見守旧派に見えなくはありませんが、古い幕藩体制を打ち破り新しい

国防体制を作ろうとした点では改革派だと言えます。

 

一方、旧来の幕藩体制(外様大名に発言権を与えないなど)を堅持しなが

ら、諸外国の言うがままに開国しようとしていた勢力が「南紀派。後に大老

となる近江彦根藩主・井伊直弼(いいなおすけ)たちです。彼らは一橋慶喜

を政権から遠ざけて、8代将軍吉宗の実家である紀州徳川家からまだ幼い

徳川慶福(とくがわよしとみ※後の家茂)を後継将軍に就けようと目論んで

いました。開国という点では新しい気もしますが、政策面では実に保守的

なものでした。今で言う「抵抗勢力」ですね。

 

阿部正弘が老中になり、すぐに老中首座に就いたのは、阿部正弘自身が

一橋派であり、老中になった当初の将軍であった12代家慶(いえよし)が

慶喜を可愛がっていたからとも言われています。13代家定になってから

南紀派が巻き返し、両者の力は拮抗していました。そこに一橋派の実力

者である、薩摩藩・島津斉彬が自身の養女を13代家定に嫁がせました。

当時、大奥の力は絶大なものがあり、表の政治にも大きな影響力を持って

いたのです。この時点で一橋派が勝利して、14代将軍は、史上初めて

水戸家出身者が継ぐことになりかけました。

 

ところが阿部正弘の急死です。あまりのタイミングの悪さに毒殺説が囁か

れるほどです。幕府内で求心力を失った一橋派は急激に力を失います。

その間隙をぬって登場して大老職に就任したのが、譜代大名筆頭格であ

る井伊家の当主である井伊直弼です。井伊家は大老職に就くことが認め

られている井伊、酒井、堀田、土井の4家の中でも筆頭格で、家柄から

言えば阿部正弘よりも上だと言えます。新しく総理大臣になった福田さん

の出身派閥である「町村派」の正式名は「清和会」で、創設者は福田さん

の父である福田赳夫さんです。そういう意味で福田さんは派閥の中では

強力な家柄の出身者とも言えます。ここが井伊直弼とかぶります。

 

ただし井伊直弼はご存知の通り「安政の大獄」と呼ばれる強権的な弾圧

政治を行い、政敵をどんどん粛清し、反抗する人物を殺していきました。

福田さんが今後どういう政治手法を採るのかは未知数です。温和な印象

の割に、実は短気で怒りっぽいという噂もあります。いずれにしろかなり

保守的な思想の持ち主であることは否めません。

 

井伊直弼はその保守的な政治手法と、弾圧政治が反感を買い、結局は

「桜田門外の変」で暗殺されてしまいます。そして時代は明治維新へと

まっしぐらに進み、徳川政権は倒れて新政府が樹立されます。

 

福田康夫さんが「背水の陣内閣」と自称したのは、歴史的にも極めて正し

い認識かもしれません。彼は今、井伊直弼と同じ立場にいます。旧来の

勢力を結集して古い体制に戻ろうとした井伊直弼。派閥の領袖を勢揃い

させた福田内閣。ここまでは同じ道をたどっています。今後どういう政策

を実行し、改造内閣でどういう人事を行うかで自民党の命運は決まるかも

しれません。明治維新と同じことが起きるのか、うまく幕府政治を堅持で

きるのか・・・福田康夫さんの手腕をじっくり拝見しようと思う私です。

 

安倍晋三さんは、何度も強行採決で法律を通した割には決断力に乏しく、

問題のある大臣をなかなか罷免できなかったと言われています。裕福で

お坊ちゃん育ちだったために、ここ一番で踏ん張りが利かず、少々線が

細かったという評価が一般的です。阿部正弘も似たような性格が伝えら

れていて、やはりここ一番で踏ん張りが利かなかったという説があります。

本来彼の政治方針を堅持すれば、国防体制を整ええて鎖国政策を守る

はずでしたが、ご存知のとおりアメリカのペリーの恫喝に屈してしまって、

最終的には不平等条約である日米和親条約を締結してしまいます。ただ、

重厚な政治家だと思われていた井伊直弼も、後にやはり不平等条約で

ある日米修好通商条約をハリスとの間で締結します。この2つの条約の

締結時に、一橋慶喜が将軍だったら・・・歴史にもしもはありませんが、

ちょっとだけ気になる私です。

 

今後日本は外交政策を大きく変換する必要があるかもしれません。その

際に同じ自民党政権がそれをやってしまっては、後に逃げ道がなくなって

しまいます。こういう大変換のときは、敢えて民主党に舵を握らせて、万が

一揉め事になったら自民党が政権復帰する・・・そんなしたたかな外交戦略

を小沢さんとか福田さんが談合していればいいのですが・・・。



以上です。

 

  

 

 

        ↓↓↓↓↓↓ 

奥さま・・・執筆頑張ってます!応援クリックを!
更新が遅く大変ご不快な思いをさせて申し訳ありません 

 

 

 



リクルートのコネを生かしましょう。登録しておくだけでも。

もちろん完全に無料です。求人情報検索もあります。わが妻も活用。

     

     

 

ちょっとお仕事したくなったら無料登録をどうぞ。

一流企業への転職も斡旋していますが、これから

働こうという女性の人材派遣も相談に乗ってくれる

ということです。求人件数も抜群。登録は無料なの

でいざと言うときのためにまずは登録だけでも。

    

 


 

ついでに、以前もご紹介したクレジットカードのお勧め。国際的に有名

なシティバンクのクレジットカードがなんと永久会費無料。審査も緩くて

学生さんでもOKです。ちょっと他人とは違うセレブな雰囲気も味わえる

クレジットカードです。なんと銀行口座がなくてもOK。コンビニで入金が

出来てしまうのですVISA、MASTERどちらかを選べて、旅行の際は

傷害保険が最高1000万円自動でつきます。盗難破損保障も50万円

まで自動。使った額の支払い方法や支払額は自分で設定できます。 
    
 

       ↑上記をクリックすると申し込み画面に飛べますよ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD




無料でダイエットできる!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。