1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-12-28 07:25:53

奥さま聞いてよ!ご紹介して評判のよかった品々です

テーマ:ご紹介した品々

一口メモやその他のところでご紹介して、コメントやメール

などで反響が多かったものをまとめて掲載しておきます。

基本的には探せばお店でも見つかりますし送料も省ける

のでお得なのですが、どうしても近所で見つからない方や、

面倒な方は、下記の写真をクリックして頂ければそのまま

ネット通販にジャンプします。


  

 


         

ヒアルロン酸100%原液       全身洗浄剤・アロエ塩
プロも勧める業務用の市販     会員制高級リゾートの東急

バージョン。純度と品質には     ハーベストで発見。ゆっくり

折り紙つき。費用対効果も      マッサージしながら全身を

いいです。かさかさ肌が嘘      洗うとホカホカ温まって肌が

のようにすべすべさらさらに。 つるつるすべすべに。使用

即効性抜群です。これは大     後はよくお湯で洗い流すの

好評でした。              コツです。



           

 バスソルト・クナイプ        防災たまご(ラジオ・懐中電灯・

 (ユーカリメンソール)       携帯充電・サイレン・その他)

バスソルトの定番クナイプは    防災用用品の定番。これ1台

ドイツの逸品。数多くの種類     あれば懐中電灯、ラジオ、携

の香りがありますが、ユーカ    帯電話の充電などが全部出来

リメンソールはむずむずする    る!手動ハンドルで楽々発電。

鼻もすっきり。落ち込む心も     一家に1台は必携です。

すっきり。しかも温まります。 

 

 

 

 


   

 韓国式どぶろく(マッコリ)       入浴剤・バスロマン    

韓国式のにごり酒。ほのかな     (薬泉にごり湯乳白色)

甘みと酸味が心地よく、辛い      意外にドラッグストアでは

キムチや焼肉にぴったり。乳      扱っていない場合が多い

酸菌効果で美容にもばっちり。     特別シリーズ。本物の白濁

アルコール度数はビールより      温泉を思わせる入浴感。

少しだけ高い程度。ヨーグルト     湯上りはしっとりすべすべ。

が嫌いじゃなければ平気です。    吹き出物も予防できます。

 

 

                      

 

    

      

   ネット専業証券会社

      松井証券 

たくさんあるネット専業証券会社

の中でも、1日10万円以下なら

いくら売り買いしても手数料ゼロ

なのはここだけ。お小遣い稼ぎ

にはぴったり。まずは口座だけ

でも作っておくべきでは?口座

開設して放置してもお金は一切

かかりません。

 

 


いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-12-25 11:48:34

不思議な出来事(改訂版)後編

テーマ:モロモロ連絡

⇒前編からの続き  

  

  

   

   

 

12月上旬

ある日の妻との会話メモ 

  

    

    

 

 

 

「あのさぁ・・・あの件・・・どういう感じで書こうか?」

 

「よく考えたんだけどさ・・・もうやめときなよ、バカバカしくなってきた」

  

「だって・・・俺・・・あの人になんか悪いことしたか?」

 

「変な人なんだってば~」

   

「だってわざわざ手遅れの時期にめちゃくちゃ無礼なメール・・・」

  

「そういう礼儀とかわかってないんだよ、きっと・・・」

 

「だっていい大人だろ?」

 

「狭い世界で暮らしてるから鈍感になるんだってば」

 

「でも・・・」  

 

「あなただってそんなこと考えてると子供だと思われるよ」

 

「でも・・・無神経すぎるよ・・・あのメールは」

 

「そんなに嫌ならメールで返事すれば?」

 

「俺が・・・?」

 

「うん・・・あなたが」

 

「・・・絶対に嫌だ」

 

「・・・なんで?そんなに意地張らなくても・・・」

 

「意地なんかじゃないよ。すごく怖いんだよね」

 

「・・・怖い?」

 

「下手にメール送ったらどうせ都合良く改ザンして公表されちゃよ」

  

「そうねぇ・・・いかにもやりうそうねぇ・・・前例もあるし」

  

「だろ?・・・だからメールは怖い」  

  

「確かにそうよねぇ・・・困ったなぁ・・・」

 

「やることなすこと不思議なことばっかだよあの人・・・」 

 

「わかってあげなよ・・・可哀想な人なんだからさ~」

 

「普通、せっかくメール送るなら謝るだろう?一言くらい」

 

「変な人なんだから放っておきなよ」

 

「メールでのしつこい言葉も無礼な物言いも・・・?」

 

「あの人のブログ読んでわかってたじゃん・・・そういう人なんだって」

 

「そうかもな・・・夏からの一連のこと考えても・・・」

 

「暇なんだからやらせておきなよ・・・他人をいじめるのが好きなんだよ」

 

「う~ん・・・」

 

「あなたとは違うんだからさ」

 

「う~ん・・・」

 

「この先一生かかわることもない世界の人でしょ?」

 

「それはそうだけど・・・」

 

「いいじゃない・・・あの人は人生最高の時なんだから邪魔しちゃだめ」

   

「だって・・・あれだけ秋からコメント欄も(中略)・・・」

  

「いいじゃん・・・仕事が暇だったんだよきっと・・・」

  

「だからって・・・」

 

「相手にするほうがバカだよ・・・くだらない人なんだってば」

 

「俺・・・泣き寝入りか?」

 

「それが一番だよ・・・たかがブログで本気にならないこと!」

 

「・・・それもそうだけど・・・」

 

「でも・・・確かに気持ち悪い人だったよね」

 

「うん・・・粘着質だった・・・何ヶ月も・・・」

  

「ネット以外に(中略)がないんだよ・・・きっと・・・」

 

「実は俺・・・ちょっと考えがあるんだ・・・」

 

「考え・・・?なに・・・?」

 

「どうしても自分で確かめてみたいことがあるんだ」

 

「確かめてみたいこと?」

 

「うん・・・最後に実験してみたいんだよ」

 

「・・・・ジッケン?」

 

「うん・・・実験・・・」

 

「何を試すの?」

 

「実はね・・・(中略)・・・っていうことを考えているんだ」

  

 

 

しばらく考え込む妻 

 

 

 

「う~ん・・・私にしてみれば複雑だなぁ・・・あなたが悪役になるの」

 

「わざと悪者になってみるんだよ・・・」

 

「だって・・・あなたかなり読者さんから嫌われるよ」

 

「元々がテーマ的に嫌われてるからいいんだよ」

 

「発つ鳥あとを濁さずっていうじゃない?」

 

「アクセスをたくさん頂いているブログの使命だと思うんだ」

 

「大きなお世話だと思うよ・・・私は・・・」

  

「自分でやってみてどういう気持ちになるか試したいんだ」

 

「じゃあ・・・必ず更新前に原稿を私に見せてくれる?」

 

「それはもちろん・・・構わないよ」

 

「じゃあ・・・あなたのブログなんだから・・・やってみれば?」 

  

 

 

 

  

数日後の夫婦の会話

  

 

 

 

 

「原稿出来たから見てくれる?」 

 

「どれどれ・・・・」

 

「どうかなぁ・・・狙い通りになってるかなぁ」

 

「これって・・・かなり反感買うんじゃない??まずいよ・・・」

 

「だって・・・それが狙いだもん・・・嫌われれば嫌われるほどいいんだよ」

 

「いいの?あなた・・・応援してくれた人にも嫌われちゃうんだよ?」

 

「それは・・・ちょっと悲しいけど・・・」 

 

「こんなこと関係なしに応援してくれた人には失礼なことじゃない?」

   

「それは・・・俺も考えた・・・でも最後くらいわがまま通したいんだよ」

  

「でも・・・あなた自分でこれ書いてて気分悪くならないの?」

  

「だって・・・同じことを半年も続けている人だっているんだし」

 

「だからって・・・わざわざあなたが・・・」

 

「だってあいつから聞いちゃったじゃん」 

 

「ああ・・・昔の友達ね・・・」

 

「現実の印象はまったく逆だって・・・」

 

「確かにお気の毒だよね・・・敵役」

 

「だから読む人が不愉快になればなるほどいいんだよ」

  

「・・・・大きなお世話だと思うけどなぁ」

 

「同じことをされている人の気持ちがわかるんだから」 

 

「う~ん・・・任せるけど・・・きっとあの人は理解しないと思うけどなぁ」

  

「それはそれで仕方ないよ」

  

「せっかくきれいに終ったのに最後は汚しちゃうのね」

 

「いいよ・・・どうせ元々が賛否両論のブログなんだし・・・」

 

「最後まで賛否両論で終わるのね・・・はぁ・・・(ため息)

 

「うん・・・俺は別にプロじゃないから印象落ちても困らない」

  

「・・・わかった!好きなようにやりなよ。あなたのブログなんだし」

 

「ありがとう・・・」

 

「少なくとも私はわかってるから・・・応援する!」

 

「ありがとう・・・」

 

 


  

 

 

以上、「不思議な出来事」改訂版でした。

 

実験的要素をあとから盛り込んだために、前後編

とも「改訂版」と致しました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

 

賢明な方ならば既にご想像の範囲内だと思います。

今回の記事は、あるブログの姿勢とやり方をほとんど

マネています。そのまま模倣とは行きませんが、かなり

「インスパイア」された内容です。

 

秋に強い疑問を持ってから、私はそのブログを読まな

くなりましたし、アクセスしたのも11月初旬に1回だけ

ある記事を読んだのが最後です。以前読んで不快な

印象が残った文章の記憶を辿ってマネたので、似て

いないかもしれません。

 

でも本当にマネたいのは文章でも何でもなくて、特定

の人物を吊るし上げて、一方的に悪者に仕立て上げ

ながら罵る姿勢です。相手の気持ちを無視した傲慢な

物言いです。今回、前編と後編の大半は、ある人物

を一方的に悪し様に罵る内容に敢えて挑戦しました。

  

書かれている事実関係はそのまま私の認識する真実

ですが、感情の表現や会話の言葉などは、敢えて嫌味

っぽく相手を貶めることに重きを置いています。実際の

会話からはかなり変えて書いています。実際は記事の

ように他者を貶める会話ではありません。またそういう

思想を私ども夫婦は持っておりません。

 

ただ、私自身が以下に記す実験をしてみたかったため

に、敢えて読んで不快になるような文章にして、それが

相手にどういう影響を与え、どれだけ不快な気持ちを

抱かせるのかを考慮せずに書いてみました。

   

文中に「実験」という記述があります。これは、もしも私

自身が特定の個人を貶めるような記事を書いたとしたら、

いったいどういう気持ちになるのか、どうしても実験して

みたかったのです。下書きだけではなく、公開すること

で自分がどういう気分になるのか試してみたかったの

です。そうすることで、同じことを長期間にわたって主に

続けている人の気持ちがもしかすると理解出来るかも

しれない・・と考えました。私がそのブログを忌避する

原因となった吊るし上げ的な姿勢や、余計なお世話的

な姿勢を理解するために、自分自身で実践してみたか

ったのです。

  

でも・・・やっぱり気分が悪いですね。すごく後味が悪い

ことを痛感しました。相手がブログでさえ、これほど気分

が悪いのですから、実際に顔をあわせる人物を長期間

貶め続けるのは、かなりの苦労と勇気が必要だと実感

しました。私にはとても出来ません。その強いパワーに

は敬服するばかりです。

 

前編後編を読んで不愉快になった読者の方々、本当に

申し訳ありませんでした。どうしても自分を試してみたか

ったのです。さらに読者の方々を不遜にも試してみたか

ったのです。

 

今回の記事をお読みになって不愉快に感じて頂けたな

らば、それは実験成功です。是非ともその感情を、その

まま別のあらゆるブログを読む時にも生かして頂ければ

と思います。また、私があるブログを紹介したくなかった

気持ちはその感情と同じところから起因しています。

 

もしも私が忌避しているブログを書いている方が、今回

の記事を、少しでも不愉快にお感じになって頂ければ

(きっと私と同じように読んでいないでしょうけども)、少し

でも敵役に愛情を持って、配慮を持って筆を進めるよう

にスタンスを変えていただければうれしい限りです。敵役

の方もきっと同じように不愉快になっているはずです。

 

後編でのネタばらしの前に、前編だけの段階でどのくら

いの悪評が流れるのか実験をしたかったためこっそり

作っておいたコメント欄があります。実験にご協力頂いた

皆様、ありがとうございました。さすがに今回は全部拝読

しました。やっぱり不愉快に感じて頂けた方が多いようで

すね。少し安心しました。そのつもりでしたから。

 

ただ、やはり刺激が強かったようですね。記事をアップし

た翌日あたりから、嫌がらせっぽいメールや無関係の

風俗スパムメールが、プロフィール下の私のアドレスに

大量に届くようになってしまいました。おそらく、もうこの

アドレスは使えなくなるでしょう。時機を見て抹消します。

  

なお私が前編を公開後に改竄したという妙な書き込みが

ありましたが、公開後には一切手を加えていませんので

どうぞお好きにお調べ下さい。「改訂版」とわざわざ銘打っ

ているのは、最初に書きかけた単なる悲痛な内容を変更

して、上記で述べたような実験的要素を入れたからです。

私自身の頭の整理用だとお考え下さい。混乱させてしま

ったならばお詫び致します。デマを流す人に隙を与えて

しまいましたね。

   

私は、今回読者の方々がお感じになった不愉快さと同じ

気持ちで、とあるブログをずっと見つめていました。他者

を露骨に長期間吊るし上げ続けるブログを紹介したくも

ありませんでしたし、しかも実生活にも影響が出ていると

も、ある筋からは聞き及びます。ひどいことです。

 

そのブログについては、ずいぶん前から続くある不思議

な一致などで、強い疑念を拭えなかったことも大きく影響

していますが、同じジャンル内で執拗に狙われ続けるのは

怖くてたまりませんでした。そこで私は、11月にジャンル

変更を突然強行致しました。(逃げたら執拗に追っかけら

れましたけども)

  

ブログ上で申し上げることが出来るのはここまでです。他

にも色々と存在する不思議なことはあるのですが、既に

私信を頂いた方にだけ私信メールでご説明致しました。

当然ですが、私からの私信メールの内容をどこかで漏ら

したり、転載するような行為はおやめ下さい。

 

極めて多くのメールを頂戴したので、漏れがありましたら

この場でお詫び致します。申し訳ありませんが、改めて

送り直すことは考えておりませんのでご容赦下さい。

 

やはりこれだけのことを、お腹の中に隠したままですと、

私の心が悲鳴を上げてしまいます。少しだけですが最後

に利己的にならせて頂きました。ご協力頂きまして本当に

ありがとうごさいます。

 

また、こうした不特定多数の方がご覧になるブログ上で、

お節介にも他のブログの問題提起をしたことを大変心苦

しく思います。私のブログがほとんどアクセスの少ない

ものでしたら、単なるやっかみや妬みだと思われてしまい

ますので、アクセスがある程度たくさんあるうちに発言して

おきました。どうかご容赦下さい。

 

    

   

   

でもやっぱり吊るし上げとお節介は後味悪いですね。

もう2度と嫌です。私は1度で限界です。  

 
 

   

なお、実験のためにこっそり設置したコメント欄記事は

既に目的を完了致しましたのでコメント欄を閉鎖します。

今後は新たに目立つ位置に「感想専用コメント欄」を

設置します。それなりのルールを設けさせて頂きますが

私自身はコメント欄の管理にもあまり意欲がありません。

ご挨拶文を最後に書く前後、たまたま暇な時・・・などに

ちゃかちゃかっと雑にメンテナンスをします。そこはあら

かじめ必ずご了解下さい。また、当然ではありますが、

感想専用でしかないので、適当な時機に新しいコメント

欄記事も閉鎖します。ご了承下さい。

   

   

 

続いて最後のご挨拶を致します。

最後にお読み頂ければ幸いです。

今でもほとんどこのブログを触っていない日々ですが

このご挨拶を書いた後はおそらく放置することになる

と思います。

 

ご紹介して評判の良かった品々・・・は最後にさくさくっと

アップしておきます。
 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-12-21 10:31:06

不思議な出来事(改訂版)前編

テーマ:モロモロ連絡

先日予告していた「不思議なこと」についての記事です。

表題の件を詳しく書こうと思ったのですが、結局妻から

強く止められました。確かに今さらという気もしますので、

内容を少々変えます。かなり刺激を無くした丸いものに

致しました。意味がわからない方、ごめんなさい。

あの手遅れ無礼メールさえ来なければ、こんな不愉快な

気持ちにならないで済んだのに・・・というお話です。

 

   

 


11月下旬 

ある日の妻との会話メモ 

  

 

 

 

「あれれ?今さらあの人からメール来てるよ」

 

「どれどれぇ?」

 

「これこれぇ・・・」

 

「・・・読んでもいい?」

 

「いいよ・・・俺も今から読むから横から読んじゃいなよ

 

「ほいほい・・・じゃあ失礼して拝見しますね」

  

 

 

 

・・・・・しばしお互い黙読・・・・・

  

 

 

 

「く、く、くっくっくっくっく・・・・(笑いを堪える)

 

「はぁ~~~~~~(ため息)

 

「な・・・な・・・何、これ?くくっ

 

「私・・・呆れちゃった・・・はぁ~~」

 

「一瞬ムカッと来たけど・・・ある意味この人すごいねぇ・・・笑えてきた」

 

「やっぱり変な人なんだねぇ・・・私、ブログ読んでてそう思ってたけど」

 

「今さら遅いとしても・・・一言も詫びないんだなぁ・・・この人は」

 

「そういう変な人なんだよきっと・・・」

 

「なんで・・・こんなこと今さら敢えてメールで送ってくるのかなぁ?」

  

「私・・・多分、この人って社会性が欠けてるやばい人だと思うよ」

 

「それは俺もわかってるよ・・・秋からあれだけやられてるんだから」

 

「よく調べたよねぇ・・・あなたも」

 

「俺は何もしてないじゃん。(中略)って頼んだだけだし」

 

「まさかご近所に(中略)とは思ってないんじゃない?」

 

「それはそうだろうねぇ」

 

「あなたが昔、(中略)住んでたことなんて考えてないよね、きっと」

 

「そうだろうなぁ・・・まさか(中略)が近所で知ってたとは」

 

「びっくりだねぇ」 

 

「俺だってびっくりだよ」

   

「でも・・・ほんの一言でも謝罪の言葉さえあればねぇ・・・」

 

「だって俺のこと計画的に狙ってたんだから、そんな気ないでしょ」

 

「ここ見て・・・このセリフ・・・」

 

「うん?どれ?」

  

「これってよく考えたらむちゃくちゃ無礼じゃない?」

  

「でしょ?これに俺も一瞬ムカッと来たんだよね」

 

「わかって書いてるのかなぁ・・・この人」

 

「いや・・・多分そういう能力はないと思う」

 

「どうするの?これ・・・」

 

「当然黙殺でしょ。最初からそのつもり。ブログにもそう書いたし

 

「返事しないとまた色々されるんじゃないの」

 

「そこまで暇じゃ・・・いや暇かもね・・・そうだなぁ・・・」

 

「でもこのメールに対して返す言葉ってないよねぇ」

 

「うん・・・俺も昨日の記事でこの件は終わるつもりだったけど」 

 

「ちょっと腹立っちゃった?」

 

「腹は立たないけど・・・あまりの無神経さに呆れた」

 

「ははは・・・確かに何かが欠落してるよね・・・この人」

 

「一緒に働く仲間じゃなくてよかったぁ・・・」

 

「あなたの仕事?・・・無理だよこの人には・・・」 

 

「ははは(苦笑)

  

「これ・・・ブログに書いちゃえば?」

 

「うん・・・そうだなぁ・・・気が向いたら最後に書くかな」

 

「この人が公開してた(中略)のメールが嘘っぱちなことも書いちゃえば?」

 

(中略)の読者の人なら勘付いてるよ・・・あのウソは」

  

「私も(中略)のはいつも読んでたけどあんなこと言うはずないもん」

 

「うん、言ってないって(中略)・・・まぁいいや、これは(苦笑)

 

「そうだね・・・あなたには直接は関係ないことだもんね」  

 

「とりあえずこのメールは封印するけど記念にとっとこう」

 

「そうね・・・」

 

「しかし・・・文法(中略)だなぁ・・・このメール(苦笑)

 

「しかたないよ・・・だって(中略)

   

 

    

(途中略)

  

 

 

後編に続く

 

      

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD




無料でダイエットできる!

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。