『地方からの贈り物』 取材日記

全国各地より厳選した旬の産直・銘品の数々。送料無料の直送便でお届けする通販サイト「地方からの贈りもの」の商品の製造元におうかがいして、こだわりを聞いてきました!

【PR】


テーマ:
こんにちは

今回は、創業安政6年。
150年以上もの歴史がある、岐阜県大垣市の田中屋せんべい総本家さんに行ってきました。

大垣駅を降り、早速、お店へ向かってみると…。
何やら香ばしい良い香りが漂ってきました。

良い香りに引き寄せられるように、お店へ到着
歴史を感じるとても素敵な建物が出迎えてくれました。

IMGP2903.jpg

この良い香り。カタログにも掲載して頂いている「みそ入り大垣せんべい」の香りでした。

このみそ入り大垣せんべい。

幕末の安政6年に、初代の田中増吉氏が大阪でせんべい作りの修行をし、
「みそ入り大垣せんべい」を考案されたそうです。

創業当時からこだわり続けたのが、駄菓子としてではない「せんべい」。

「みそ入り大垣せんべい」のこだわりですが、
何と言っても創業時から続いている1枚1枚の手焼きです。

丁寧に丹精こめて職人さんが作られています。

IMGP2879.jpg   IMGP2876.jpg
(写真:この道40年のベテラン職人神谷さん。)

みそ入りせんべいの特徴である「つや」ですが、焼く前の型に何枚もの
薄い油の層を作る「つや付け」と呼ばれる技によって生まれます。
約200枚のせんべいを焼く間、型にほとんど油を塗り足さないそうです。

この技は、熟練を要するとても難しい技だそうです。

また、材料に卵を使用していないので、堅い独特の歯ごたえも特徴です。

焼いている型ですが、とっても重いんです。なんと1つ約1.5キロもあります
これを一日、回して焼いていくのは、かなりの重労働ですね
この焼いている型ですが、戦前から使用されているとても歴史のあるものだそうです

1枚ができるのに、とっても手間暇がかかっていますね。

種類は、「厚焼」・「二ツ折」・「四ツ折」の3種類で、
「四ツ折」は、日本一堅いせんべいと言われているとか。

できたてのあつあつ、みそ入り大垣せんべい(厚焼)を試食させて頂きました。

IMGP2897.jpg

きれいなつや、糀味噌の甘みのあるまろやかな風味がまた絶品
できたても、また格別でした

この「みそ入り大垣せんべい」の他にも様々な商品がありました。

下記写真右の「オオガキ珈琲せんべい」も試食させて頂きました。

珈琲の深く香ばしい風味が印象的で口に含むとふわっととけます。
軽く小さなサイズはお子さんや女性に嬉しいですねおすすめです。

IMGP2858.jpg IMGP2855.jpg
              (写真左:ちょぼせん)              (写真右:オオガキ珈琲せんべい) 

また、「珈琲」という文字の発祥地は大垣というのをご存知でしょうか

この「珈琲」という文字は、大垣藩出身の蘭学者である
宇田川榕庵
が作ったと伝えられているそうです。

榕庵は、オランダ語のKoffieの音をもとに、
コーヒーの花が玉を下げたかんざしに似ていることから、

玉飾りを表す「珈」と玉をつなぐ紐を表す「琲」
二文字を組み合わせて作字したと伝えられています。

店内のレジの近くになにやら、面白いものを発見しました

大垣市観光協会が運営されている「おいしい大垣 ぶらりウォーク」通行手形というもので、

この通行手形を携帯して、城下町大垣をぶらりと散策をし、

「おもてなし」を受けるというとっても楽しい取り組みをされています。

IMGP2890.jpg
(期間:平成24年3月31日まで。1つ300円です。)

大垣市は、木枡の生産量なんと全国シェア80%だそうです!

田中屋せんべい総本家さんも参加されており、
ここでは、焼きたてのみそ入り大垣せんべいが1枚食べられます

大垣にお立ち寄りの際は、皆さんも散策されてみてくださいね。

手作りの良さをあらためて感じさせて頂いた「田中屋せんべい総本家」さん。

この歴史ある「みそ入り大垣せんべい」是非お試しください

IMGP2900.jpg
(写真左:田中屋せんべい総本家 西川さん)
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

テーマ:
こんにちは。今回は『地方銀行フードセレクション2011』
ご出展予定の石橋工業株式会社さんを訪問してきました。

「麦のいしばし」といえば、九州だけではなく全国的にも有名な精麦の専門メーカーで、
原料の穀物の仕入れから、サイロ保管、精製、出荷、加工品の製造販売、
外食までの手がける大麦のプロフェッショナル企業。
この会社で開発や販売を担当する石橋洋明さん(取締役)にお話をお聞きしました。

外観 (5) 

大麦の魅力を自分たちの手で伝えたい
石橋さんは笑いながら「人にいくら美味しい、美味しいから使ってください。
食べてくださいと言っても説得力がない、だから自分たちで作ってみて、自信のあるものを
製品にしてレストランやパン工房でお客様に買っていただいている」と語る。

石橋工業の創業は大正7年90年以上もの歴史がある伝統企業。
筑後の本社工場以外にも、国際物流拠点博多港に面する須崎埠頭には、
大小60基ものサイロ(穀類の保管庫)を保有している。

年間数万トンにのぼる原料穀物は、麦ごはんや雑穀ごはんの原料のほか、
味噌や焼酎などの原料に使われる食品原料や牛などの家畜の飼料として
高い評価を受け広く使われている。

かつてから原料として利用されてきた大麦ではあるが、
食品としての大麦の機能性、栄養価の高さが一般的には普及していなかったことから、
石橋さんが先頭に立ち大麦の魅力を伝えるために、様々な新しい挑戦を重ねてきたのだ。

大きな工場には、地元住民など一般の人が見学できる見学ルートを設け、
生産工程を見ることができる。ここには一般の人意外にも、大麦生産者やJA、流通関係者、
加工メーカーなど年間1000人以上の見学者が訪れる。

工場敷地内には、平成21年オープンした自社で経営する
ベーカリーが併設され、素材にこだわった美味しいパンが近隣住民や周辺市町村にも
口コミで広がり、現在では地元でも人気のパン屋さんとして有名で、
取材した午前11時ごろにも子供連れの主婦のみなさんがレジに行列を作っていたほどだ。

IMG_1548.jpg  IMG_1546.jpg

「パンをつくるのは、本当に腕しだい、腕ひとつで味がどうにでも変わる。
自分にはなかなかできないのです。」
と苦笑いする石橋さん。

実はこのベーカリーの立上げの責任者として陣頭指揮をとった石橋さんは
本部の立場から指示するだけでは、自分たちが目指すパン作り、店作りができなかったために、
自ら10ヶ月間現場に入り店長として店の立上げに奮闘したという。

多くのお客様が来店するベーカリーに、次はイートインのコーナーと駐車場の増設を計画しており、
大麦の魅力を伝えて、知ってもらい、親しんでもらい食べてもらいたいという熱い気持ちが伝わってくる。


平成13年福岡天神にオープンした和食店「旬菜 麦や七蔵」は、
原料素材や味には自信があったものの当時は大麦の良さ、おいしさが理解されず苦戦した時期もあったが、
徐々に口コミでお客様の支持を得て、かんばんメニューともいえる「麦麦ハンバーグ」
たっぷりの大麦をひき肉にブレンドした味と食感が人気となりOLや会社員だけでなく
地域住民のファミリー層、主婦層の人気も高い。

また翌年14年には本格的なイタリアン「trattoria NANAKURA」を博多にオープン。
穀物や野菜をふんだんに使うメニューも多くのお客様を集めている。

trattoria_1.jpg  nanakura_1.jpg

このように、大麦の魅力を伝えるために業種業態にとらわれず、
新しいものおいしいもの作りに挑戦、努力する姿勢は、石橋家の食卓から生まれたとも言える。
家庭で作るお寿司の寿司ご飯は白米ではなく、麦ごはんの寿司飯であったり、
惣菜やお菓子、パンなども石橋家のレシピが実際に商品化された例も多いという。

レストランで出されている人気商品「麦麦ハンバーグ」
実は石橋さんの母親のレシピを商品化したもので、
彼にとってはまさに母の味そのものなのだ。

nanakura_3.jpg

おいしいものを自ら提案して販売する石橋さんらは、一般の家庭の食事のサイクルの中で
栄養価が高く安全かつ高付加価値の大麦商品をいかに多くの消費者に食べてもらうかを
常に考えているのだ。

商品開発では「雑穀美人」シリーズや「七福米」「国内産十穀」などの
雑穀ごはんの素、親しみのある押し麦ご飯の素、大麦の特徴を生かした
「かりんとう(大麦)」や麦せんべいも定番。

大麦を使ったお菓子デザート類では麦美人アイス「大麦アイス」
大麦を原料とする大麦黒酢をつかったさっぱりとした風味の「大麦黒酢アイス」
同社ならではのオリジナルのデザートだ。

アイス3種      黒酢瓶


大麦のすばらしさを知っていただくためのイベントや展示会に積極的に参加しており、
今年初参加の地方銀行フードセレクション2011をはじめ、
フーデックスジャパン、西日本国際食品見本市(北九州)の国内イベントや
海外では香港での商談会にも参加して大きな反響を得ている。

また、消費者向けには大麦の普及促進のためにさまざまな料理教室、コンテストを展開しており、
婦人会、親子料理教室、男の料理教室、ラジオ局とタイアップした参加型の料理イベント、
レシピコンテストなども展開し、原料加工メーカーの枠を超えたアイディアと行動力で
大麦の魅力を発信しているのだ。

筑後平野から創業した石橋工業は、消費者視点にたった「健全な食生活」への
こだわりをモットーに、五穀豊穣にも表現される日本伝統の穀物のすばらしさを伝えるために、
大麦にかける石橋さんの夢はさらに広がっていく。

IMG_1544.jpg(石橋工業の石橋取締役)
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
こんにちは。

今回は、 「地方からの贈り物」 ではなく、 「地方銀行フードセレクション2011」 にご出展予定の
秋田県秋田市にある「株式会社 四季菜(しきさい)」
代表取締役 高橋眞木夫さんをインタビューしてきました。

「四季菜」は、仕出し、弁当、惣菜、和洋菓子等の食品を取り扱われており、
渋谷東急で大人気の『ハチ公プリン』等を販売されていらっしゃいます。

今回は、「四季菜」の現在に至るまでの経緯、商品に対する思いを伺ってきました。

  P1020284.jpg
(株式会社四季菜 代表取締役 高橋 眞木夫さん)

インストアの惣菜の製造販売からスタートした四季菜は、
原料の質にこだわり、HACCP(微生物制御管理システム)
管理手法はもちろんのこと、安心安全かつ高付加価値の食材提案を行ってきました。

県内に限られた数のスーパーや小売業しかない時代から、
大手総合スーパーが次々に参入する競争の厳しいマーケットへと変化する中で、
“惣菜づくり”だけではなく、新たな事業展開の必要性を感じていました。

それは、牧場経営や乳製品の製造販売を手掛けていた父が、
国の政策による乳製品の輸入自由化により国内乳製品マーケットは急激に変化し、
地方の中小メーカーでは存続できなくなる激しい競争の中で、苦労した父の影響も
大きくありました。

山と緑に恵まれた秋田県は、水田のお米や豊富な海産物など、
その「豊かさ」ゆえに加工品、特に付加価値の高い製品を産み出せていないことが
問題だと考えるようになりました。地元で採れるカニや鯛などの海産物を
他県に原料出荷するだけでは、生き残れないことを痛感していたのです。

以前は1,500億円ほどあった秋田県の食品関連の出荷額(売上)が、
日本酒の売上減少とともに900億円まで下落してしまいました。
この原因は、明らかに付加価値技術の欠如によるもので、
良質の食材や素材だけではなく、それを活かす高い加工技術を磨くことに専念したいと考え、
自ら秋田県総合食品研究所開放研究室に入所し、
基礎から食品加工に関する勉強をして、秋田の豊かさを付加価値の高い
商品作りを通じて、全国へ伝えたいと考えました。


地元の素材にこだわる開発型メーカーへ
研究所での研究と開発作業から生まれたのが、「鯛めしシリーズ」
これまでは「生」や冷凍での出荷しかなかった鯛を
“常温流通”
させるために考えたのが「鯛めし」であり、
平成10年には、秋田県特産品コンクールで「最優秀知事賞」をもらったことをきっかけに、
当時は甘い味付けしかなかった時代に「鯛そぼろ」を考案し、
鯛スープとのセット販売もスタートし、本格的に開発型の食品メーカーを目指すようになりました。
つまり、インストアの惣菜販売から、本格的な食品開発製造メーカーへの転換です。

product-taimeshi-takimoto.jpg

平成14年には、新事業可能性調査委託事業の認定で「抗酸化食品の開発」に成功し、
日本人元来の食生活こそが健康づくりの基本であることを、証明することができました。
古く昔から日本の食卓に並ぶ「ごはんと納豆、みそ汁、緑茶」
これこそが健康に欠かせないものであり、子供たちにもお米と大豆を食べてもらい、
健康に育ってほしいという願いをこめて、米と大豆を原料としたプリンの製造を始めました。
そして「プリンを食べて健康に」を合言葉に県内の学校給食に提供し、
地元の子供たちから、そのネーミングを募集して名付けられたのが秋田こまちに由来する「こまっちプリン」です。


人との出会いが生んだ秋田発の新ブランド~ハチ公プリン~
この頃、東京に頻繁に出かけるようになり、
渋谷区道玄坂の商店会の方々や東急百貨店の開発グループとの出会いもあり、
「忠犬ハチ公」の出身地である秋田県の食材を使った製品を何か作ってもらえないか?
との渋谷区民の皆様の声にこたえて作ったのが「ハチ公プリン」です。

    ハチ公プリン   ハチ公プリン6個入れ

これを東京駅のエキナカに出店して欲しいという要望を受けて販売してみたところ、
大反響となり、人形焼など多くの東京銘菓を抜いて第3位の売上をあげ、
全国的に知られることとなり、
秋田発、東京渋谷のハチ公ブランドの誕生に自信もつけ、
自分自身でも全国展開を意識するようになりました。

ところが、この直後に同じ秋田県から出荷されていた比内地鶏の産地偽装問題が起こった事で、
食肉業者だけではなく、秋田県下の食品関連企業とともに当社製品も
風評被害を大きく受けることになってしまったのです。


おいしさの追求と商品への想い
この汚名を返上すべく取り組んだのが「みたらしプリン」です。
プリンにしょうゆをかけるとウニの味になるという評判になった「しょうゆプリン」の先駆けであり、
飼料や肥料など原料作から徹底的にこだわり抜いた商品づくりを実現したのがこの製品です。

上質のジャージー乳、こだわり卵をたっぷり使い、創業が安政二年
という老舗の天然醸造醤油で風味を付け、
どこか懐かしい味のする「みたらしぷりん」は、これまでにない、
“秋田の味”にこだわった和風ぷりんとして、多くの皆さまの支持を得ることができました。

01みたらしプリン    みたらしぷりん3種イメージ画像

今は便利な時代で、地方にいながら、国や県など行政の様々な支援を得ることができるため、
小さなメーカーでも「おいしくて」「安全な」ものを製造することは当たり前の時代。
何より大切なのは、その製品にかける造り手の「想い」であり、何を伝えたいのか?
何のためにそれを造って食べさせたいのか?これが最も重要なことだと思います。

製品の基礎となる想いがしっかりしていないと、
売れている商品を他人のマネをして作っても何にもなりません。

やはりバックグラウンドが何よりも重要だと思います。
それには、原料となる農産物の生産工程のチェックと生産農家との連携、加工技術、
流通にしても、すべて現場に行って自分の目で見て「足で稼ぐ」ことをしなければ
身に付かないと思っています。


実践で学び、新しいことに挑戦
だから、あえて食品メーカーである当社が第1次産業である農業に参入し、
自ら6次産業化を実践しようと試みているのです。
実際に近隣の農地所有者から休耕地を借り受け、秋田市農業委員会に3条申請を行い認可され、
私を中心に社員みんなで農作業にも挑戦しています。
この実験農場の取り組みは、第一に自分たちが体験することで
原料や作物に関する理解がさらに深まる、第二に体験から得た知恵を他の生産者へ
フィードバックできる、そして第三に他の生産者への耕地喚起を与えることができます。
この事業を通して、地域の人たちと連携を組み6次産業化で新しいビジネスを展開したいと考えています。

少子高齢化が進む秋田県でも、都市化の進む人口34万人の秋田市内では
農業や自然と親しむ機会が少なくなっています。
地元の子供たちやご年配者のために今後は、
「農家レストラン」「体験型農場」などにも挑戦していきたいと考えています。

P10202961.jpg(右:代表取締役 高橋様 )
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
こんにちは

今回は、石川県能美郡にある8番ラーメンで有名な株式会社ハチバンさんを訪問してきました。

「地方からの贈り物」では、「よもぎ・ざるセット」(完売)と「8番の宅配餃子」をご出品
頂いています。


美川駅を降りて、緑溢れるきれいなハチバンフーズパーク工場へ向かいました

gaikann.jpg

8番ラーメンの誕生は、1967年加賀市国道8号線沿いの田んぼの真ん中に、
炒めた野菜をたっぷりのせたラーメン店を開店させたのが始まりでした。

名前の由来は、国道8号線にちなんで「8番ラーメン」と名付けられたそうです。

開店当初からラーメンの評判はすさまじく、25席の店で、1日1,300杯
ラーメンを売切るような繁盛ぶりだったそうです。

日本の153店舗以外に、海外進出もされており、海外だけでなんと96店舗もあります

カタログに掲載の「8番の宅配餃子」は、この8番ラーメンで販売されている人気の餃子です

ハチバン餃子


食材すべて国内産。皮は北海道産小麦を使用しています。

ホカホカのご飯に。お酒のお供に。是非、お試し頂きたい逸品です。


ハチバンフーズパークでは、様々な商品が開発されています。

8番ラーメンブランドの他に、新しく家庭用ラーメンの新ブランドとして、
『八番麺工房』というブランドを立ち上げ、

日々、様々な麺商品の開発に取り組まれていらっしゃいます。

ご紹介頂いた商品のうち、2点をここでご紹介します。

まず1つ目は、『とり野菜みそ煮こみラーメン』です。

niomi.jpg

この商品、「ケンミンSHOW」でも紹介された北陸で超有名な老舗
株式会社まつや
さんとコラボをした商品です。

麺を1分30秒で煮込み、湯切りをせずに、そのまま食べられるのが特徴です。


2つ目は、ざるそばならぬ『太麺ざるらーめん』です。
「ざるらーめん」という名称は、
今から40年前ハチバンが全国で初めて名付けられたそうです

zaru2.jpg        zaru1.jpg


味はかつお風味ピリ辛中華味の2種類。

かつお風味は、
利尻産昆布を使用した醤油ベースに鰹とダシを加えた、
魚介の豊かな風味が香るざるタレです。

ピリ辛中華味は、
ラー油と豆板醤を効かせたタレは、ピリっとした辛味が特徴です。

どちらも、是非、試してみたい逸品ですね


ここで、ご家庭でラーメンを作る際の、
美味しい麺のゆでかた3つのポイントをご紹介します

1、たっぷりのお湯を使うこと

2、一番強い火力を使うこと

3、湯切りの準備も万全に(湯切りに時間がかかってしまうと、麺がのびてしまいます。)


ご家庭で麺をゆでる際は、是非参考にしてみてください


もっと8番ブランドを全国に広めたい、より良い商品開発を行っていきたいと、
麺に対する熱い思いを語って頂いた販売事業部の加藤部長と蔵谷さん。

ありがとうございました


shuugou.jpg
         (左から蔵谷さん・加藤部長)
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
こんにちは

今回は、「加賀懐石お吸い物最中」をご出品頂いている、

石川県金沢市にある、金沢郷土料理の老舗「ふくら屋(シンヤ)」さんを訪問してきました。

ふくら印の「ふくら屋」に到着
ふくら印は、ふくらすずめからきたものだそうです。

創業明治43年。今年で101年目となります。
とても長い歴史がありますね。

創業当初は、タケノコの缶詰を販売されていたそうです。

gaikan.jpg    fukura.jpg
                             (ふくらすずめのふくら印)

その後、そら豆の甘煮の「おたふく豆」、たら子の缶詰の「たらの子」惣菜缶など
様々な商品を開発をされています。


カタログに掲載の『加賀懐石お吸い物最中』は、
最中にお湯を注ぐだけで、だしの利いたお吸い物がすぐに食べられます。

味の種類は、「兼六」「北前」「白山」「能登」4種類

最中の形もそれぞれ異なり、機械ではなく、
職人さんがひとつずつ丁寧に焼いているそうです。

最中の素材は、富山県の最高級ブランドのもち米「新大正米」100%使用しており、

お麩のような弾力のあるもちもちとした食感を楽しめます。


RK76_main.jpg   RK76_sub.jpg


この他に、たら子の缶詰「たらの子」をご紹介頂きました。

たら子の缶詰はふくら屋が初めて作られたそうです

一般によく知られている「たらの子」は、スケトウダラの卵ですが、

この「たらの子」は、魚体の大きく貴重なマダラの卵を使用されています。

マダラは、漁獲量も減り貴重な卵となっているそうです


たらの子を粗くほぐして、汁ごとほっかほかの白いご飯にかけて、
甘辛いしょうゆタレとバツグンです

tara.jpg   tara.jpg


そして。。。。。

これ、何だか分かりますか

マカロンのようなキレイな見た目。

supude.jpg


和と洋の融合!『モナカ・デ・スープ』をご紹介頂きました。

このネーミングにも惹かれますが、まず、この見た目に興味がそそられます。

お吸い物最中の洋風版といったイメージです。

最中の中には、スープの粉が入っており、
カップに入れ、最中を砕いてお湯をかけるだけで、
もちもちの最中の食感が楽しめるスープができます。

もちろん、こちらの最中も、新大正米を100%使用した、
職人さんよる手焼き最中です。


種類は4種類の
オニオン、コーンポタージュ、トマトポタージュ、クラムチャウダーと豊富。

mo.jpg

小腹がすいたとき、忙しい朝にもおすすめです。

プレゼントにもおすすめですね。

温かいスープはもちろん、水にも溶けるので、冷製スープも楽しめます

この他にも、佃煮粕漬け和惣菜なども販売されています。

金沢の魅力溢れる食品に溢れた「ふくら屋」

「たらの子」「モナカ・デ・スープ」

「地方からの贈り物」で近日、販売予定です

みなさん、お楽しみに


senmu2.jpg
(ご案内頂いた専務取締役の新屋さん)


いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード