YOUのブログ

山に登ったり、走ったりしたことを書いてます^^


テーマ:
10/27(日)
第3回大阪マラソンの応援に行ってきましたヾ(@°▽°@)ノ



ぐっちょんさんにお声をかけていただいて、7人での応援

 

ちずりんさん、れんさん、ぐっちょんさん、華欧さん、ランランさん、ランランさんのお友達も

みんなで応援楽しかったぁ~~(*゜▽゜ノノ゛☆ 


私は初の仮装に挑戦(笑) 
黒猫しました
 



 
9時に天満橋で集合すると、30分ほどでトップのワモノさん方がやってきて
びっくりでしたヾ(@°▽°@)ノ
 



目の前をすごいスピードで駆け抜けていきました!速いーー(^O^)



始めから興奮して声をはり上げてました
 
翌日は声が変なことになってました(^o^;)





仮装しながらも、カズさんがかなり早い時間にやってきた!


太陽の塔^^!
ちずりんさんが念入りに修繕中~
カズさん、大人しく応急処置を受けられてました^^



無事に再びスタート~!なかなか目立ってましたよー
            ↓↓↓


みんなで並んで手を出していると、ハイタッチ


ランナーさんたちがどんどん、こちらにやって来てずっとハイタッチでしたヾ(@^▽^@)ノ



zumanさん、じゅぴたぁさんも、こちらを見つけてくださって、
笑顔で駆け抜けていかれました
 



コブクロの小渕さんも!!

あっ!と思ったら、駆け寄ってきてくれて、出してる手に力いっぱい、ハイタッチをしてくれました!
о(ж>▽<)y ☆ ←ミーハー魂に火がついた!ヘ(゚∀゚*)ノ(笑)

爽やかすぎる~ヾ(@°▽°@)ノ 






 
それから、沢屋のゆずさんも!!


写真がないので、代わりに再びこの子でどうぞ( ´艸`)


一瞬でしたが、お会いできて感動でしたーー\(^_^)/

カッコよく走り去って行かれました!
沢のシーズンも終わりご無沙汰でしたが、お元気そうでよかったです(b^-゜)





  
そしてポテトヘッドなウルトラガールたち ペンさんとちびこちゃんがやってきた(≡^∇^≡)
写真では華欧さんの黄色いあの子も華を添えます( ´艸`)


もう、このお二人は最高でした
一番、楽しみにしていた仮装ランナーさんたち

2人で楽しんで走って行かれました~(*^o^)乂(^-^*)



ひとしきりランナーさんたちが行ってしまうと、次は地下鉄で、仮装のままでの移動(;^_^A

普通に電車に乗られた方々からの視線が・・・f^_^;
興奮していて、あまり気にならなかったけど^^

次の応援ポイントは一気にゴールの手前までしたが、着くともう、トップのランナーさんたちがゴールしてきました!
(  ゚ ▽ ゚ ;)すごい・・・
 




仮装のカズさんも速いゴール!(写真がボケボケですみません・・・(ノ_-。) 。)
 

遠くからでもひと目でわかった太陽の塔!壊れてなくてよかった~~(^o^;) 
余裕の笑顔ですばらしかったです!!






むこうのオレンジの人。コブクロ小渕さんも、苦しそうな中でも笑顔でがんばってられていたのが
また感動(゚ーÅ) ←すっかりファン(笑)




ゴール前のツライところも最後までがんばるみなさんの姿に感動でしたキラ


応援することだけでも、力をいっぱいもらえた1日

参加された方々、応援の方々も、お疲れさまでした~~

 





 
そしてシメはやっぱりこれで。( ´艸`)


・・・って、ビールを飲んでた私は走ってないけど。(;^_^A

応援の後のビールも最高でしたぁ~





来月の神戸マラソンも盛り上がるかなー♪

緊張しそうだけど楽しみです





またね(^-^)/猫
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 明日は大阪マラソンですね

私は抽選に外れましたが、応援にいきますよ



 
こちらは先日、淀川河川敷で会った、のらネコさんですf^_^;
そんなびっくりした顔をされるとは・・・!こっちがびっくりでした(笑)




^^



明日の大阪マラソン応援は、ぐっちょんさんたちと天満橋(10キロすぎた辺り)、
あと、ゴール付近で応援する予定です




 

淀川の黒猫さんにヒントをもらいまして、こんな仮装もちょっとしていきます!
地味ですが^^;私もがんばって応援しますよー




参加される皆様、楽しんで大阪の街を走ってくださいねーー\(^_^)/


     


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




先週の日曜日は、久しぶりにトレランで走ってきました (^_^)




10月20日(日) /
第7回 生駒チャレンジ登山大会

“大阪の展望台・府民の森を巡る「生駒山脈縦走コース」!”


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ ━─━─━─━─━─ ━─━─━─
コース: 私市水辺プラザ(京阪私市駅すぐ♪) ~ ほしだ園地 ~ 瓢箪池 ~ むろいけ園地【初級ゴール】
      ~ くさか園地 ~ ぬかた園地 ~ なるかわ園地【中級ゴール】 ~ みずのみ園地 ~ 十三峠 ~ 
      高安山【上級ゴール 】(32k)
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ ━─━─━─━─━─ ━─━─━─━─━─━


トレランの部は8時スタートでしたが、いつ着くかわからないので^^;
6時から自由スタートのウォークの部で参加しました。

朝イチではだれもいないかなーと、6時20分ぐらい会場に到着。



 

朝はちょっと寒かったので、傘をさして受付へ。



受付後すぐ、6:35にスタート






川沿いの遊歩道をゆるゆると行く。川はすでに濁流(;^_^A 



 
 星のブランコ



飯森霊園のあたりから、先にスタートされていたウォークの方々に追いついてきて、
走っていくと、特急の人、来た来た~と皆さん、笑顔で振り返って、道を譲ってくださいました。

みなさん、参加者さんですが、がんばれーっとお声をかけてくださる方もいたりでお互いエールの交換をしながら進みました。 



8:12 初級ゴールのむろいけ園地は1時間半ほどですぐでした



次のチェックポイント、なるかわ園地までも、結局1時間半ほどで同じくらいだったけど、
雨も強くなってきて、長く感じた。



歩道橋を渡って阪奈道路を越えて、くさか園地へ行く手前あたりだったかの道は
たんぼの横のあぜ道みたいな所とか、川の水が雨で増水していて、ドキドキでしたっ。
けっこう、すごい道だったf^_^;

怖いものが現われないように、走りながらなんだか一人で叫んでいたかも。。。(;^_^A




途中、雨が降っている中、鳥がたくさん鳴いている場所があった
この大きな木のそばを通りがかったところだった。

ここだけ少し明るくなっていて、綺麗だなーと思いながら走った。
鳥たちにも居心地がよい場所だったのかな


ちょっと長い下りのあと、広い場所に出ると綺麗な棚田が現われた。




係りの方が道案内をされていて、
久しぶりに人に会ったので、嬉しくなって、「結構な下りでしたー」
・・・って、脚をガクガクさせながら話かけると、中級ゴールまであと少しとのこと!


 
棚田の端まで行くと、カモたちが元気に鳴いたり、泳いだりしているのを発見ヾ(@°▽°@)ノ 
ここはすごくホっとした場所(^人^)
カモの声がびっくりするぐらい大きくて、走りながらも何度も振り返って見てしまった(^^ゞ


ここからまた山の中を緩やかに登っていくのだけど、林道のような道がクネクネと続いた。
ウォークで参加の方々に会った他は、早い時間帯での出発だったので周りに人がいなくなって、
しばらく一人でもくもくと走ってました


昼間でも一人だと山の中はちょっと怖い。(゚ー゚;






9:43 なるかわ園地に到着  

“中級ゴール”看板が見えてホッとする 

 

嬉しくなって横断幕にジャンプしてタッチして、チェックポイントの小屋のほうへ向かうと、
なんとスタッフの方々が一斉に拍手で迎えてくださいました拍手パチパチ 拍手

スタッフの方々の温かいお出迎えをいただいて、とっても嬉しいくなりました
ありがとうございます≧(´▽`)≦ 

寒い中、応援していただいて、ここですごく元気がでました(^O^) 



スポーツドリンクと飴も頂いて、少し休憩。
持ってきた、熱いお湯もゆっくり飲んで、再出発!


スタッフの方が、今、3名の男の子たちが走って行ったよー!
といって、送り出してくださいました。

ここですでに8時スタートのトレランの部、トップの方々か行かれたようです!
速い~ヽ(゚◇゚ )ノ 


 

 
すぐに ぼくらの広場。(^-^)/




この辺りは展望も良く、公園の感じも素敵で一番好きな辺りなんだけど、、

 

相変わらず雨が降り続いていて、景色はこのとおり~(ノ´▽`)ノ 
でもここ小高い丘の感じはやっぱりいいな 





ここは展望台に登って、鐘をならせるところ


トレランの速い方がまたタタ~と追い抜いていかれて、下っていくと、その方はあっという間に見えなくなった!
車道に出るとどちらへ行くのかわからなくなったけど、生駒縦走路の標識がなくなっていて立ち止まる。

迷った~
生駒縦走路は比較的わかり易いトレイルだと思っていたので、まさかここで迷うとは・・・(汗)


ちょうど駐車場があって、その脇にあった自動販売機で暖かいカフェオレを飲んで、気持ちを落ち着かせる。
お腹の中が温まって、ちょっと元気になってきた

ゆっくりしながら、ふと下りてきた道を見上げると、上から下りてきたランの方の頭が見えたけど、こちらには下りてこられない。


来た道を少し登って戻ると、生駒縦走路オレンジ色の文字の看板ではなくて、
次に向かうポイント、“十三峠”の木でできた味のある看板が分岐にたてられていました!


よかった~ これで無事にトレイルに戻た!
10分ほどロスしたけど、甘いコーヒーで元気になって、脚も休められて再出発です



十三峠から高安山までは、車道に出たり入ったり、車道に平行する道はだんだんヤブになったりでワイルドな感じに。。(;^_^A 


 
こんなトンネルも抜けて。



 降り続く雨で、道はどんどんぬかるんできた(;^_^A



ヤブヤブヤブ・・・(  ゚ ▽ ゚ ;)

 
高安山はまだまだだろうなーと思っていたら、ゴールまであと2キロの看板がヾ(@°▽°@)ノ


元気になって少し飛ばしはじめたら、、、

いきなり何かにつまづいて、気がついたら、うつ伏せになって転んでたΣ(・ω・ノ)ノ!


やってしまったーーー!


・・・と思ったけど、立ち上がると、膝もどこも痛くない。
あれ??(  ゚ ▽ ゚ ;)


雨で土がぬかるんで、よいクッションになっていたようで無傷だった(^^ゞ
よかった~



最後、高安山への登りの道で、ラストスパートのトレランの方々がすごいスピードで登って来られました

「ラスト、がんばりましょーー!」って、そばで声をかけていただいて、元気をもらいました
 





トレランの部のゴールを通って、ウォークのゴールは500m?くらい先。
高安山ケーブル駅の方まで、あと少し







11:15 無事にゴールしましたー\(^_^)/



ゴールすると、着替え用のテントも用意してくださっていて、
とても助かりました(^-^)/


雨の中、スタッフの方々の方が寒かったと思いますが、ありがとうございました


参加された方々、声をかけてくださった方々、元気をいっぱいもらえました
みなさま、お疲れさまでした



ありがとうございました(^O^)/




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



ゴールすると雨は小降りになってきました(^_^;)

ウォークで参加される方は、体も冷えるし、午後は小雨になってよかったです。


それにしても走っている間中、雨ザーザーで(;^_^A

でも登ったり、下ったりのトレランはやっぱり楽しいーー
 
ひさしぶりに、気持ちよくトレイルを走ることができました。


雨適性、あるかも??( ´艸`)





ではでは、今日はこのへんで


またね(^-^)



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


   南アルプス南部の旅ー

やっと今回で最後となるところまできました

1日目の記事は    こちら  ①~千枚小屋
2日目前半の記事は こちら  ②千枚小屋~荒川三山



朝イチから歩きだしてのアップダウンの連続で、すでに脚にきていましたが

3000m峰が連なる道をずーっと歩けるのがこのコースのハイライトキラ

一日中、こんな所を歩けることもなかなかないので、まだまだガンバって進みます(^人^)



では、2日目後半部分から、どうぞ~
(*^ー^)ノ


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



10/13(日) 

9:20ごろ、前岳から、一旦下って赤石岳方面へ向かいます。


 
途中、ちょっと見晴らしの良い場所でまた足が止まる(^^ゞ
笊ヶ岳も真正面に見られる場所





下りてくると、荒川小屋が見えてきました





黄色く色づいたダケカンバの木々を見ながら下っていくと・・・




 
10:20 荒川小屋に到着

ここから赤石岳へはまた登りかえすので、少し休憩することにした。



小屋の食堂に入ってランチとさせていただきましたた
靴を脱いで食堂へ。こちらもとても綺麗な小屋キラキラ

小屋の方々も素敵で、お話しするだけで疲れも吹っ飛ぶようでした 

 

 
 
カレーと悩んで、荒川丼に。これがすっごく美味しかった好き
窓辺の富士山の見える席も最高です



悪沢岳あたりから、ぬきつぬかれつの若い2人組の男の子たちもよい席で仲良くランチをしてた

食べてる間にぞくぞくと人が入ってきて、食堂があっという間に賑やかになりました!
荒川丼かカレーライスがやはり人気のようでした( ´艸`)



外のベンチも、これから赤石方面へ行く方々でいっぱいだった。

荒川小屋の辺りはとっても落ち着く雰囲気で、
いつまでものんびりとしていたくなるような場所でした:*:・( ̄∀ ̄)・:*:




しかし向かうは、こちらのコース、最後の名峰、赤石岳!

11:00
に、再出発!




 
しかしすぐにまた、こんな植物に足を止められてしまう(゚Ω゚;) (笑)


放射状に広がる大きなお花の秋の顔?
 
シシウド仮装??したみたいな感じでしょうか・・・(・_・;)←今ちょうど、仮装のことで頭がいっぱいwww


あずき色で、ひまわりくらいの大きな種が沢山ついていて、ちょっとした重量感が出てる。 ^^

ちょっと触れると、ナッツみたいな美味しそうな種状のものがコトコトと音をたてて地面に落ちた


うわぁぁぁ・・・

 
自然の心地よい音だった。リーフハートグリーン

こういうのは落ちるだけ全部、下に落としたくなるけど、(え、ならない??)
ここはグッと我慢だった。(;^_^A



ヒマワリの種 ヒマワリの種 ヒマワリの種



小屋からしばらく登って行くと、緩やかに登るトラバース道。

小屋の食堂でも一緒だった男の子2人組さんたちが前で立ち止まっているところに追いついた。
見ると、お二人とも立派なカメラで、紅葉の景色を撮られていました

朝から抜きつぬかれつだった理由がわかった^^
ここぞという撮影ポイントでは粘って、それ以外はすごいスピードで歩いてたんですね~


 
同じ位置から、撮らせていただいたのがこの写真 \(^_^)/


これは普通のデジカメだけど・・・σ(^_^;)

でも荒川三山と赤石岳の間の場所から望む富士山とナナカマド?の紅葉の景色!
カメラをやる方々は逃さないポイントで流石だなーと感心しながら眺めました(*゚ー゚*) 




 
荒川三山方面も紅葉した色づきとあいまって、またキレイ~(*゚ー゚)ゞ


まだまだしばらくここで撮影している男の子達にお礼を言って、
「また抜かしてくださいー」と、お先に進むことに(・・。)ゞ




 
先が見通せると自然に足が早まってくる




 
振り返ると、向こうの斜面の色づきも綺麗だったキラ

カールの中を通る登山道で、夏はお花がすごそうだー
お花が咲いてるとコースタイムがさらに厳しくなりそうだけど・・・(;^ω^A 





 
 大聖寺平あたりから。

ここから小赤石岳へとひたすらの登りになるので、一休み。

朝、千枚岳付近で、とてもゆっくりとしたペースで歩かれていた年配のグループの方々に、
いつの間にか追い抜かれていたヽ(゚◇゚ )ノ
荒川丼を食べてのんびりいている間に先に行かれていたようだ^^;

ゆっくりでも大休憩を取らずにこまめな休憩で進むほうが、バテずに長い距離を歩けるのかな。
ベテランの方々は小赤石への登りをガンガン進まれていました≧(´▽`)≦




 
登り途中で振り返ると、なんだか丸くなった場所。

これが小赤石岳の肩なのかな??

丸い肩。
( ´艸`)

離れて見るとわかるこんな地形は面白い 
 



 
朝から歩いてきた道も綺麗に見えるー。
よーく下って歩いて来たなぁー(^▽^;)





右手には空木岳や木曽駒ヶ岳の中央アルプスが一望!
あの後ろはやっぱり木曽御嶽山!



 
 そしてこちらは北アルプスだったりでしょうか!?(^^ゞ 




 
あと半分くらいかな^^;随分登ってきた。


 
富士山も再び見えてくると・・・


 
 
頂標が見えた^^



 
小赤石岳 



あとは赤石岳、1座を残すのみ!

ここからまた下って登って・・・
最後の登りは本当にこたえましたー。(´д`lll) 




 
13:50 
無事に赤石岳(3120m) に登頂    

*あ・・・赤い服、着てくるの、忘れた~けど。(;^_^A





 
富士山はまだまだ綺麗に見えていたし、
歩いてきた、この景色に思わず「うわーっ 」と叫んでたヽ(゚◇゚ )ノ


荒川三山がずずーっと見えて、その後ろは間ノ岳から農鳥岳、鳳凰の観音岳あたりは見えるか見えないか・・・でしょうか  

左の奥には、チラっと塩見岳かな
先月は全く見れなかったので~^^;ちらっとでも見れて嬉しい


南側の景色はと言うと・・・
 

 なんだか写真じゃないような写りになっているけど^^;
南アルプス南部の山また山・・・って風景でした\(^_^)/

まだ未知の世界だけどどこまでも行ってみたくなるキラ
:*:・( ̄∀ ̄)・:*:



赤石岳避難小屋 このロケーションは素敵すぎるね




 
分岐まで戻って、ここからは赤石小屋まで下っていく。
富士山と同じくらいの目線での景色にお別れする(ノ_-。)



 
この下り、始めは調子がよかったけど、途中からザレた急坂になる
慎重に行かないとかなり危険でした( p_q)


急坂を過ぎると、水場で休憩中のおじさまとお話し

このルートは疲れるけど、北アルプスの槍穂高の縦走コースぐらいに最高な、
南アルプスのゴールデンコースだよーと、ニコニコで話してくださいました(*゜▽゜ノノ゛☆




 

標高が下がって行くうちに、富士山がだんだんと高い位置に上がっていくように見えてきて面白い。
目指す赤石小屋も見えました





 

“らくだの背”
あたりからは富士山が見えなくなって、しばらくもくもくと歩く。。
すると荒川小屋付近で見かけた、この植物がいろんな状態で待っていてくれていましたよσ(^_^;)

まだ白いお花だったり、紫になっているお花、ひまわりの種のようなのをつけた状態などなど、
勢ぞろいだった(-^□^-)


○●○●○●○●○● ○●○●○●○●○● ○●○●○●○●○●


ちょっと話題が戻りますが、初日、千枚尾根の途中で出会った蝶ですが 

 
 
これはアサギマダラかも??Σ(・ω・ノ)ノ! 
*間違っていたらスミマセン・・・(;^_^A 

調べるとよく似たこんな模様の写真があったので、もしや・・・と( ´艸`)

初めて見たので、かなり感動ー蝶 
白く透けて見えるところは、よく見ると薄い水色で、体?のところは水玉模様がはーと ^^



○●○●○●○●○● ○●○●○●○●○● ○●○●○●○●○●




 

少し眺望が開けてくると・・・



 
16:10 富士見平


雲がかかりかけていたけど、この時間に富士山が見れるとは思っていなかったので、また感動(・・。)ゞ


水場でお会いしたおじさまと、またここで一緒になりました

富士山の反対側には、千枚岳方面から、荒川三山、赤石岳と、
ここはこの日1日歩いた山々が全て、ぐるーっと見渡せる場所だった\(^_^)/


 

後から来られたお二人も、後半、同じペースだった若者で、しばし山談義~

ちょうど赤石岳の向こう側へ、太陽が沈んでいったところだった!
朝イチから、この日、太陽と共にずーっとよく歩いたなぁーと、
山々を見渡しながらみんなでちょっと達成感にしみじみとする
 


 
聖岳、上河内岳も。あちらにも行かないと


おじさまは浜松の方で、学生時代に浜松の学校の山岳部で、
塩見岳から光岳までテントで歩かれたそうー。ヽ(゚◇゚ )ノ


もう小屋はここから近いのでしばらくここで、山を眺めながら楽しいお話を聞かせていただきました。
またこの辺りに来た時には、お会い出来るといいなぁ(^-^)/




小屋に向かって一斉に皆で歩きだすと、ようやく雲が上がってきた。



 
17:00 この日もJust  赤石小屋に無事到着 


 
雲がかかり易いという赤石岳も、この日は日没まで、カッコイイお姿を見せてくれていました 


  
テン場は小屋のすぐ下の樹林に囲まれた落ち着ける場所でした 

小屋前でご飯してると前日、千枚小屋でご一緒していた方々ともまた再会したりで、
楽しく達成感いっぱいの夜になりました(*^ー^)ノ 



    


最終日、10/14

小屋から、4時間ほど下るのみ。

 
大きなミズナラの木
鳥がいっぱいさえずっていました!

どんぐりも落ちてるかなーと思ったけど^^;、バスの時間が心配で、飛ばして下りて、
臨時便に乗れました



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



長くなりましたが、南アルプス南部の旅、荒川~赤石ぐるっとコース、完結です

また来年も、この辺りには歩きに行きたいと思いました


 



最後に下山時、東尾根の樹林から見えた、景色をどうぞ 




 
ちらっと見えるあの山は





 
見納めの、ちょこっと見えた朝の富士山 (^^ゞ 


 
最後まで、楽しませていただいて、良い3日間でした^^



お会いできたたくさんの方々にも感謝キラキラ 




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




先週末は雨の中でしたが、生駒トレイルを走ってきました!



 

半日、ずっと雨!(笑)


そちらのレポもまた次にできれば・・・





ありがとうございました~




またね
ヾ( ´ー`)



AD
いいね!した人  |  コメント(55)  |  リブログ(0)

テーマ:
  
 南アルプス南部の旅~ 2日目からの続きです(^人^)


  1日目は登山口から千枚小屋までたどり着き、大きな富士山が目の前で感動して
眠りについたところまででした:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


登山口から標高を1500mほど登って、いよいよ2日目は待望の稜線歩きですヾ(@°▽°@)ノ
 


ではどうぞ~(*^ー^)ノ



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




10/13(日) 


朝、5時に千枚小屋を出発。


空は満天の星だったヾ( ´ー`)




5:30
 樹林の間から空の色が変わっていくのが見られ、富士山のシルエットが浮かびあがっていました(*゚ー゚*)







少し見通しのよい場所に出ると、皆、立ち止まって
変わっていく空の色と富士山に見入ったりして(*゚ー゚)ゞ







5:45 千枚岳まであと少しの場所で、太陽が雲の下から昇ってきました

上の方は雲に隠れて、下半分だけの太陽が顔を出してた^^;







6:00 ようやく雲の上に丸い太陽が現われた






鳳凰三山以来の、朝の雲海に浮かぶ大きな富士山とご来光がまた見たかったのだった 
やっぱり素敵すぎる光景だキラ






ご来光を眺めながら千枚岳(2880m)に到着キラキラ






富士山が目の前\(^_^)/
 

昇ってきたばかりの朝日が眩しすぎて、写真では富士山がうまく写りませんでしたが、
実際の千枚岳からの朝イチの景色は最高でした≧(´▽`)≦





次に向かうは悪沢岳(東岳)
右は丸山。左のイカツそうな山頂が悪沢岳(-_-メ(笑)






朝の光で赤く染まっています(*゚ー゚*)



これから歩く荒川三山方面。いい眺め(^-^)ノ~~

まずは丸山へ。ここから少し下って登り返す。

この“下ってから登る。”がこのコースの楽しいところwww
ここから始まりますよ(;^_^A




丸山への登りは振り返っても、横を見ても展望がよくて、
気持ちよく歩けるところ。

 
立ち止まって景色を眺める人も♪




 
だってこんな景色が見れるンだからー\(^_^)/ 
 




 
こちらは笊ヶ岳(ざるがたけ)

特徴的な愛嬌のある形!見つけると嬉しい山だ
展望が良く、自分以外の南アルプスは全部見えるとか。
行ってみたい!!





7:05 丸山



 
 悪沢岳近くにくると、岩がゴロゴロする道になってきてテンションも上がる



7:35 悪沢岳(東岳)3141m に到着


頂標は“荒川東岳”となっていました
南アルプス南部では最高峰!槍ヶ岳に次いで高い山です




 
ここからもまだまだ富士山が目の前に見えるー
太陽も随分上がってきました



 
中央アルプスの山々に、後ろの大きな山は御嶽山かな~? 



 
悪沢岳(東岳)をあとにして、次はあちらの中岳、前岳へ 




 
同じ荒川三山の途中なのに、ここから一旦、大きく下らされるんですね~(・・;)  

それがまたザレた急斜面の激下り。。(゜д゜;)
 きたきたぁ~ ここは慎重に。 
  
 
ここの下りが最高に怖かったけど(あ、まだ後にもすごいザレ場の下りはあったかも(;^_^A ・・・)
下ってしまえば、登りはがんばるのみ(;´Д`)ノ !



    
富士山と笊ヶ岳や 

 
雲の上を歩いたりして  


 
 8:50 中岳(3083m)に到着

こちらは三角点もありました!
北アルプスの中岳に次いで、今年2座目の中岳キラキラ



荒川三山、ラストの前岳には、次の分岐にザックをデポして、10分ほどで山頂です。

 
9:05 前岳(3068m)に到着

向こうから、歩いてきた悪沢岳(東岳)、中岳と、前岳の頂標の後姿です 




 

荒川三山をこのお天気の中歩けて最高でした\(^_^)/



次は後ろに見えている赤石岳の方へと向かいまーす
三 (/ ^^)/




はい・・・。
もちろん、まずは一旦、下ってからですね(;^_^A 



だんだんと心構えができてきましたよ( ´艸`)




さあ、下るぞー!!!
三 (/ ^^)/





*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




長くなったので、ここでまた続きますきらきら。




お天気が良くてついつい、写真が多くなりました^^;
更新がのんびりですが、次で完結できそうー





またね ヾ( ´ー`)  




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
  


【荒川中岳からの富士山キラキラ




10月の三連休は、南アルプス南部では人気という荒川三山と赤石岳をめぐるゴールデンコースへ~キラキラ

ぐるっと周遊で3日間、歩いてきましたよ~(*゚ー゚)ゞ






今まで南アルプスへ行ったのは北部の主な山のみだけど、


初めて買った登山靴で歩いた白峰三山(2010年10月)山山山

雲海の中のどデカイ富士山にびっくりした鳳凰三山(2011年9月)山山山

そして甲斐駒&仙丈では南アルプスらしいという?アップダウンのある道の洗礼を
昨年、ちょっとだけ受けたのだった(゚ー゚;(2012年10月)山山   





この連休は、紅葉はやっぱり北アルプスが綺麗かなとギリギリまで悩んでいたけど、、

最後は天候で決めることに。 南は少しは台風の影響がすくないかと、

9月の連休からの候補であった南アルプス南部
(これも台風で流れ、結局、塩見岳には三伏峠どまりで終わったのだけども・・・(ノ_-。) )


縦走では初となる山域へ行く時は、こうしてついにやってきた(≧▽≦) 







初日の天候が心配されましたが、幸いお天気に恵まれ最高の3日間となりました


1日目は眺望がほとんど無しの道(;^_^A そして登りのみというコースでした( p_q)



 ではどうぞ~




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 


南アルプス南部の旅 荒川三山・赤石岳縦走━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─


10月12日~14日
コース

1日目・・・ 
畑薙第1ダム ~ 椹島(10:50 ) ~ 千枚小屋(小屋泊)(18:00)
2日目・・・ 千枚小屋(5:00) ~ 千枚岳 ~ 悪沢岳(東岳) ~ 中岳 ~ 前岳 ~ 荒川小屋 ~
        小赤石岳 ~ 赤石岳 ~ (椹島分岐) ~ 赤石小屋(テント泊)夕焼け(17:00)
3日目・・・ 赤石小屋 ~ 椹島 ~ 畑薙第1ダム 


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ ━─━─━─━─━─ ━─━─━─━─━─ ━─━─━ 



10/11(金)の夜、10時に大阪を出発!


何とか順調に進んで、新東名で。高速を下り、ここからしばらく走るけど、かなり近づいてきた山道で、ナビにすごい道を案内され、落石だらけの細い道をこわごわ進むがどうも怪しい。。(・・;)

いくらワイルドなイメージの?南アルプス南部でも、ここは3000m級の百名山をいくつもかかえる人気の場所のはず・・・

しばらくいくと、さらに細い道になり、通行止めにΣ(・ω・ノ)ノ! 

ナビが古いので、またナビにやられた~と引き返して、分岐を案内してもらってなかったとわかり、一安心(´∀`)


なんとか8時のバスには間に合う時間でほっとする。


が、ほっとすると同時に、最後の山道でいつもの車酔いになる(-_\)(/_-)三( ゚Д゚)   


しまったーー!

最近、登山口までの車に酔う場所とういうと、大峰、台高などの奈良の山くらいだと油断していたwww


・・・・・


しばらく道路にしゃがんで休憩して、駐車場の畑薙第1ダムに到着するともう 5:00前に。

バスまで時間があるかと、少し仮眠。


・・・・・


そして起きたら 6:30!!

バスの臨時便が7:30ごろ出るらしく、すでに行列ができあがってました・・・


支度をして、7時過ぎに並びに行き、発車する始発の臨時便をお見送り。



そこから、バスが行って帰ってくるまで、2時間、待っていたのでした~。


今回もまた仮眠で失敗
連休で紅葉の時期。もっと早めの行動が必要ですね(;^_^A反省ー。



椹島までの林道を、3時間ほど自転車こいで、登山口まで行くすごい方もおられるようですが、バスで1時間の道のりはやっぱり長い・・・^^;


この東海フォレストの運営するバス料金は3000円と結構しますが、南アルプス南部の山小屋を利用すると、
宿泊料金からバス代を引いてくれます。どこかで1泊するとバスに乗れるという仕組みです。

いつもテントだと、こういう決まりがあると、山小屋にたまに泊まれるという楽しみにもなりました 



 

なんとか9時半の便、3台のうちの、2台目にギリギリ乗れて、ここから1時間のバスの旅~

ようやく出発です:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


 

バスは27~28人の、マイクロバス。

乗り込む順番はギリギリではなかったけども、男性が多い中、最後のほうの小柄な方は運転席の横に乗ってくださいーとのこと。


はい、私、運転手さんの隣席で眺望、最高でした(;^_^A
窓側には、足袋に履き替える、沢屋さんがおられて、最前列、真ん中席ですよ。


膝にはデカザック乗せてで、ほとんどの方は小屋泊装備の方々が多く、これまた恥ずかしかったf^_^; ・・・




とても感じの良い運転手さんで、途中は道路から見える山々のポイントに来ると
車をとめて説明をしてもらえたり、楽しいお話たくさんで、あっという間に1時間が過ぎました~


最前列でお声もしっかりと聞けてこの席は特等席だったかもー^^ 
ありがとうございました


赤石岳付近は雲が上がってきやすく、早い時間に見られるとよいということで、
バスの車窓から綺麗な赤石岳を見せていただきました(^-^)



  

 そして登山基地、 椹島(さわらじま 標高1100m) に到着!


 


11時少し前にやっと出発(^^ゞ



登山口の可愛い看板が。

ここからこの日は千枚小屋まで、約1500m標高を上がります(;^_^A 
1日目の登りは、どこもツライ~



すぐにこんな場所


小さな滝でもすごい水量で流れてた


 
大井川沿いの道。水の色がすごく綺麗

昔、地理で習ったあの大井川かな? そのそばの道を山登りで登るなんて思わなかったなー

源流は間ノ岳とか。これまた昔~、テレビで源流の水を探しにいって飲む、っていうのがあったけど(完全にお笑い番組^^!)、あの番組、今、また、観てみたくなったー







鉄塔のそばを2ヵ所通る。空が青いー





どんぐりとか^^


 

小さなリンゴみたいな実なんかもいっぱいだったappleヾ(@°▽°@)ノ

2センチほどの、本当に小さくかわいいリンゴだった~
これは食べれそう~



岩頭見晴
ここではちょっとだけ、悪沢岳と中岳が見える!やっと眺望~



岩頭見晴あたりの楽しい岩尾根
こんな道はトントンと進みたくなる 




一瞬だけ見晴らしもよい道が開け、すぐにまた緑の樹林の中へ~木漏れ日




 ツヤツヤの緑の中に紅一点の赤い葉っぱが 



前にある小さな緑の葉をめくったら・・・






そこだけがまだ黄色だった( ´艸`)


 ハート



眺望の少ない道だけど、東海フォレストの看板が色んな解説をしてくれていて、

進むごとに楽しませてくれます。



 
「ミズナラの実が豊かな秋の翌春は、ネズミが大量発生となるなど、森の生き物の糧として重要・・・」 


 この看板のあと、歩いて行くと、、



 

標高も上がってきて、まだ青い、帽子をかぶったどんくりがいっぱい落ちていました



来年の春、この辺りを歩くと、ネズミに会えるかもーなんて。( ´艸`) ねずみ





深い緑の森の途中、突然、林道を横切る。ヽ(゚◇゚ )ノ

この登山道は中部電力の高圧鉄塔巡視路ということで、付近には林道があるということでした。



その林道の脇には・・・



 
綺麗な蝶がいた~(*゚ー゚*)



この蝶を撮ってると、あとからお二人、来られて、一緒に蝶の撮影会に~

御殿場からだそうで、ホームのお山が富士山ということ!素敵すぎるー
このお二人とは、下山まで、抜きつぬかれつで、ずっと一緒に歩いたような気分でした




 
また登山道に入る新緑






 


 
 





清水平、蕨段、と進み、標高は2000mくらいまで登ってきた!





樹林の間から、すっごく台形の山が見えたヽ(゚◇゚ )ノ


山の頂上辺りも近く迫ってきてる感じだった




このルート唯一の展望所^^; 15:45、やっと見晴台に。


翌日歩く荒川三山と、赤石岳も綺麗に見えました≧(´▽`)≦


ここでゆっくりしたいところだったけど、先を急いだ






16:50 駒鳥池

登山道から少し斜面を下りていくと、倒木に苔むした緑に囲まれた駒鳥池が目の前に
とても静かでなにか不思議な雰囲気が漂って、パワースポットのようだったキラキラ
しばらくこの池の前に立ってこの景色に見入っていました。
五感が研ぎ澄まされていく感じ・・・風もなく本当に音がしなくて、静かな場所。

後から御殿場のお姉さんとお兄さん。池が綺麗でしたよ~と言うと見に行かれました
ここはぜひです




 
シラビソの原生林を歩いているうちに日没だった。



あと少しと歩いていくと、、、




 
頭上に日が落ちたばかりの空が現われた






見上げると上弦の月キラキラ

くっきりと綺麗に半分^^!





 
18:00 Just! この日のお宿、千枚小屋に到着です




 
建てかえられてばかりでピカピカの小屋でした~

ストーブを囲んで暖まっていると、同じペースで何度も顔を合わせた方々とホッとしておしゃべり~






小屋の外には、目の前にこの形のお山・・・
目の前すぎて、びっくりでした!(^o^;)

これは富士山だね~明日が楽しみ(^^ゞ



遅い到着だったので、本館はいっぱいでしたが、離れの場所もピカピカで
広々と使わせていただけるスペースでした。



初日からコースタイムオーバーで7時間もかかっていたけど、緑の木々や蝶にどんぐり・・・
などなど、楽しい道のりでよかった


そして夜は、暖かい小屋でぐっすりだった


 
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




次はいよいよ、南アルプス南部の稜線歩きー






2日目につづきます(^^ゞ





                





明日はちょっと、生駒トレイルをゆるゆる走ってきま~す



神戸、京都、名古屋と、今年はありがたいことに、人気のフルマラソン、
これからたくさん走れそう。


・・・って、ちゃんと走れるのか、私?!

長距離は春から走れておらず、かなりヤバイ

また足首の炎症の様子も見ながら、少しずつだけど走ってます。



神戸がまず未知の世界だ~





またね(^-^)/







神戸マラソンまであと4週間 Σ(・ω・ノ)ノ!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
山の紅葉の様子がそろそろみなさんの記事からも届き始め、
ちょっと焦ってきた今日このごろです (笑)


9月は台風の中、南アルプスの峠にだけ行き撤退。(泣)

後半の3連休は、ランニングに、地元で飲み会(笑)などなを予定して、連休の初日が空いたので、前から気になっていた北アルプスでは唯一の活火山へ行くことに~




焼岳!

上高地や周辺の山々から眺めていながら、まだ登れてなかったお山。
関西からもわりと近いアルプス、しかも百名山なのにごめんなさい(;^_^A

今回やっとあの噴煙を間近で見ることができました!
日帰りケチケチ登山だけど^^ここの眺めは豪華でした(≧▽≦)
 

ではではいつものように写真中心になりますが、どうぞ~(*^ー^)ノ
 


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




9/21(土) 

焼岳(2455m) 新中の湯ルート



 
7:45(遅っ) 上高地からのルートと違って、こちらはちょっと地味な登山口でした。
地元の低山みたいで、今日はちょっと遠足気分だ




 
樹林の道。 緑が綺麗でしたキラキラ*


日帰りだし、荷物が軽い。
2日後のリレーマラソンのトレーニングも兼ねて、いつもより早足を意識して歩いた





 
 紫や赤のおいしそうな実が~♪ 食べたい・・・!





歩きだして間もなく、登山道脇でなにか動いてる




 
 ネ、ネズミさんでした!初めて見たかも(^o^;)

目を細めて、口か鼻?で何か食べ物を探している様子・・・(^^ゞ




 
ボケましたが、丸い背中で何か一生懸命に小さく動いてました( ´艸`)




 
てのひらサイズでとっても小さい(*゚ー゚*) 

 

 
意外な口元だったけど・・・(;^ω^A



スピード登山で行くつもりでしたがスタートからいきなり、ここでかなりの時間をロス(笑)







9:00 樹林から突然視界が開けて山頂付近が見える広場に出た!





ここでかなりテンション上がる!
青空だし、ちらっと噴煙も見えてるしっ(≧▽≦) 


ハイドレーションは最近、使ったり使わなかったり・・・
水の量がわからないから必要以上に入れてしまう(^_^;)






緑の中、木のはしごを抜けると♪





 

こんな景色で!\(^_^)/



緑がうっすら黄色くなって秋の色に 



    赤い実2 薄いピンクの実
    紫の実2 
 



これも実??



 
 この紫のお花だけはこれから咲く感じだった♪
 



イタドリかな?ここの斜面全体を黄色く染めていました 





 実のコラボ! 右の細長いのも元気そうヽ(゚◇゚ )ノ


この斜面の登りは緑もありながら山頂も見えて、想像以上に素敵だった!
今頃は紅葉も進んでもっとすごい景色だろうなぁ(^-^)






振り返ると南アルプスが見えたり、大きな乗鞍岳も!!
あちらにも行ってみたいねぇ≧(´▽`)≦






噴煙のあがる山頂が近づいてきた!硫黄の匂いもプンプンと(-^□^-)






北峰と南峰の間の鞍部までくると外輪とエメラルドグリーンの火山湖が(*゚ー゚*)



  
南峰は立ち入り禁止で、北峰へ回りこんで登ります。
こっちの方も噴煙がすごくて危険そうだったけど・・・(・・;)



北峰への最後の登り。
 
登山口で一緒になったテン泊装備のカップルさんたちとほぼ同じペースだった(;^_^A
実に気をとられすぎたか。。(-"-;A 



 
すごい勢いで大きな音をたてて火山ガスが噴出するすぐ横を通って登っていく
ガスの成分で岩が黄色くなってました 





 
 
10:40 火山の雰囲気いっぱいの中、山頂(北峰)に到着ー!

(※槍さまとかぶってしまいました(・・。)ゞ)




山頂はすごい景色だった\(^_^)/ 


 
笠ヶ岳から槍穂高!




 
 上高地!河童橋に大正池も(*゚ー゚*)




 

夏に歩いた西鎌尾根




 

大キレットは隠れてたけど、槍ヶ岳山荘




 
目の前は西穂に奥穂、吊尾根から前穂高も見えるー\(^_^)/




 
手前に西穂山荘と、向こうの雪渓の下には岳沢小屋もしっかり見えた




 

重太郎新道
は下りだったのにやたらと長かったな~^^
こうして見ると、やっぱり急っ(笑)



歩いた道を見てたら、また行きたくなるし(;^ω^A


30分ほど山頂にいて(トレーニングはどこへ・・・?汗)
また噴煙の上がる横を下って、鞍部まで下りる。


 
ホっとしてたら、色んな場所に噴気孔があって白い蒸気があちこちにΣ(・ω・ノ)ノ!
活きている山という感じ (*゚ー゚)ゞ




 
ここから上高地側へ少し下りて、小屋まで行って折り返し





 

 
 
焼岳小屋がずーっと下った所に見えた!
ここからの下りが異様に滑ります(;^_^A





 
下りきって分岐の所からまたちょっと登ると焼岳展望台。




 


 
登ってまた下りる所の景色がちょっと可愛かった(*゚ー゚)ゞ




 
12:45 焼岳小屋に到着

森の中にグリーンの屋根 周りで鳥のさえずりが響いてました




 
 お土産ものコーナーにはTシャツなどが可愛くディスプレイされていました
山バッジを買って、チャイも一杯いただいて、少し休憩したら折り返し 


折り返しだけど、一旦、山頂までの急登り!



 
 

 焼岳展望台からの焼岳山頂!
新中の湯ルートから登ってくる時に見上げた感じとまた違ってすごい眺めでした≧(´▽`)≦


ここを登るのか・・・とも思ったけどσ(^_^;) 




 
 
 
 
 
この辺りはルート上にも、小さな噴気孔がいたるところにあって、温かい蒸気が絶えず出ていた
そのせいなのか斜面は日当たりがとても良いのに、薄い緑の不思議な苔がいっぱいだった!



山頂の北と南で雰囲気が少し違うのも面白い。

 
 赤い実3

 
ミニキウイ??(^_^;)

1センチくらいの緑の実がついたものもあったけど、
新中の湯側からの斜面で見たほどの実は少ない感じ(^^ゞ 




 
 
 ゴツゴツした黒っぽい火山岩がいっぱいの登り。




 
振り返るとまた素晴らしい眺め!
笠ヶ岳が綺麗~キラキラ 槍さんもまだ見えていた!
 


 
山頂へは、最後に少し左へ登っていき、




 


 
山頂直下に戻ってくると、槍ヶ岳は雲に入ったところだった




ここからは南峰と北峰との間のコルまで行き、下るだけ。




 


名残惜しくも、後ろを振り返り振り返りしながら、
16:00ごろ、登山口に下山。




     ねずみ    






 
帰りには前に1度行ったホルモン焼きのお店へ再び~
お豆腐も美味しかったよ
 


夜も地元の方々で賑わっていました!
お腹もいっぱいになって、大阪へと帰りました~





*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

<コース>
登山口(7:45) - 山頂(北峰) - 焼岳小屋 - 山頂 - 登山口(16:00)
約8時間の行動。

荷物が軽かったけど、コースタイムより結局早くはならなかった^^;
火山や秋の景色に足がついつい止まりましたが、登ったり下りたりのピストンで、
足は結構、パンパンになったf^_^;



最後に小屋で買った山バッジです^^

 

後で気づいたけど、百名山、とは入ってなかったですねヽ(゚◇゚ )ノ
でも山頂のところ、うっすらとだけど噴煙がマンガみたいにデザインされてるのがおもしろい・・・( ´艸`)



 
こんな感じで( ´艸`)





次の連休は、どこへ行こうかなぁ

今年の紅葉も綺麗みたいですね、どこかで楽しみたいものです。




と!

その前に、名古屋ウィメンズマラソンの宿探しだぁ~~
都市での大会だからテントで・・・というわけにはいかないですからねf^_^;

昨日、抽選で当選結果が出ました(≧▽≦)
来年になりますが、初めて名古屋で走ります!!

がんばりまーす


まずは秋の神戸からがんばらねば~






では~、またね(^-^)/  ねずみ 






いいね!した人  |  コメント(58)  |  リブログ(0)

テーマ:

 9月の終わり、三重県の山で沢登りを楽しんできました(*^ー^)ノ



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



9/28(土)  沢日和~

場所は大台ヶ原が有名な台高山脈の沢。



北に関西のマッターホルン^^!高見山(300名山)、霧氷で人気の三峰山(300名山)、
南には大台ヶ原があるが、今回行ったのはその中間辺りに位置する所で、

近くの山は池小屋山・・・?(山頂はなかなか好きな雰囲気だけど。)と、
ちょっとマイナーエリア(^_^;)



 
  【歩き始めてすぐに現われた大きな岩壁】
左下に小さくかかしさん!と、大きな蜂の巣が岩の上部にあった!




“秘境の山旅”という本(ブロガーさんのオススメで知った本♪)で、
このエリアが全国の山々と並んで紹介されていて嬉しくなった。

そこには池小屋山は、台高山脈最深部と記されていたリーフハートグリーンやっぱりすごい所だ。






 
【絵馬小屋谷入口から林道を歩いて、野江股谷出合いへ降り立つ】





台高・蓮川周辺エリアの沢は、2011年10月に風折の滝へかかしのっぽさんと先輩の案内で
訪れてから2度目となった。(前回もかなり秋も深まるころだったなぁ(^_^;)・・)

その時の記事はこちら~これ→ 風折の滝ツアー



近場でもなかなか行くきっかけがない静かな場所へ足を踏み入れることができるのも沢の楽しみ


一人では私には絶対に無理なわけで・・・
今回も頼もしい方々との沢登りになりました!
 


 
三重の沢ボーイ!かかしのっぽさんと、かかしさんの相方先輩~



そして、今回はスペシャルな素敵すぎるブロガーさんもお誘いしました

 
小さな体で屋久島から日本アルプス、北海道までソロで歩いちゃう、本格山屋のTantomileさん

記事で沢登りもされているのを拝見していたので、今回、初めてご一緒することが叶いました≧(´▽`)≦ 




ではではここから沢の旅へ、出発で~す。
:*:・( ̄∀ ̄)・:*: 



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 





 
  by kakashinoppo san


am 9:30ごろ、野江股谷との出合いから絵馬小屋谷へと下りていきます。
いつも沢へと入渓するときはドキドキです(;^_^・・・(汗)




            by SENPAI

いきなり綺麗な水の色~

しかし沢登りはいつも折り返しまで怖さがあって、下りでやっと慣れてくる感じ。。。(遅い~
スタートから早いTantomileさんはもう対岸に!(ノ´▽`)ノ 
 

 
Tantomileさん、流れの中にも行っちゃいますよ☆-( ^-゚)v



 

 by kakashinopposan

タタ~っと岩にも登っちゃいます





 

30分ほど歩くと、大きな岩が迫ってくる場所へ来た!




 

最初の見どころポイント! 行合の廊下

両岸が切立った大ゴルジュ~!!




 
  by Tantomile san


しばしの撮影タイムに~   



 
 なんて透き通った水っ
向こう側の小石がハッキリ見える所も水の底~(*゚ー゚*)




10分ほど好きに洞窟みたいな場所で楽しみ、先へ進む~



 
糸みたいに落ちる滝(*゚ー゚)ゞ いいね~



 
  

 by SENPAI

木々の緑と水色の水~
みんな、適当に岩登ったり、水の中に入ったりして好きに歩きます



 
Tantomileさん、 小滝をどんどん攻めちゃいます 



 
 
木漏れ日もいい感じー





 
岩と木の根の中を進んで行くと、前方の木になにかいる??




 
木登りかかしさんでした~( ´艸`)




その向こうには大きな滝が




 
黒ずくめ沢スタイルで、ひとっ飛びの忍者・Kakashiさんっ!

とりゃーーっΣ(・ω・ノ)ノ! 




 

・・・っと、越えたところで、目の前には大きな滝が~ 
 



 
観音滝に到着~

滝の左側にはかかしのっぽさん^^!飛沫もすごそうー( ´艸`)



 
滝横の平らな岩の上には、観音像が。観音さまとツーショット^^




少し休憩をして、次のポイントへ向かっていると・・・



 
 ホトトギスヾ(@°▽°@)ノ 

やはりお山の達人!Tantomileさんが見つけてくださいました 
ドット模様で立体的なこのお花、初めて見て感動~~≧(´▽`)≦ 
終わりかけてたけど、先端にもあと2つもお花が咲いていた様子でした!




 

 by SENPAI

知らない間にすぐに高い岩の上にいるかかしさん(^^ゞ
少し離れた所から撮る1枚も、いいね  紅葉の頃もキレイだろうなぁ  





 by Tantomile san

滝はルート上じゃなくても、見ると攻略しに行くかかしさん(o^-')b 
ここは一度下りてまた登る、往復する滝~?( ´艸`)
 



 
男前2人組っΣ(・ω・ノ)ノ!
Tantomileさんと先輩はこんな激しい滝も逃さない~( ´艸`) 




 
小さなカエルが跳ねていた!



 
先輩の手は大きいけども^^それでもこんなに小さいカエルさんカエル 

沢は澄んで綺麗だし、これはカジカだったりするかも??・・・ヽ(゚◇゚ )ノ 




 

 エメラルドグリーンの大きな釜!



 
  滝の下まで行ってみるのがお約束?( ´艸`)
 
先輩が先陣を切られたので、あとに続こうとすると、「かなり濡れますよー」と言われたのに、
なぜか行ってみたくなり(笑)、Tantomileさんと一瞬だけ滝の裏側へ~!

そしてやっぱり背中からすっかりずぶ濡れになって、無事生還~(;^_^A





 

折り返しの滝を目指して、巻き道で斜面を下っていくと木々の間から、滝の上部が見えてきた



 五ヶ所滝に到着ーー ヾ(@^▽^@)ノ 



2段20mの滝、目の前からは大きすぎて写真では全部入らず~ 

滝は何箇所かで折れ曲がりながら岩を削ってパイプのようになった所に落ちてきていた。

大きな岩の内側にあるので、それがまた凄い光景に見えた 

これは芸術だぁ:*:・( ̄∀ ̄)・:*: 



 

 滝の下まで下りるとこんな感じ!
カーブしながら落ちてくる抜け口も美し過ぎる~(*゜▽゜ノノ゛☆

大きな岩の中に釜があり、ちょっと洞窟の中のようだった~



 

滝の下を流れる水の色がまた綺麗ー(´∀`)





 

五ヶ所滝を堪能したら、少し登った所でランチタイムに 



 
 
 日当たりがよくて、目の前には滝がある素敵なテラス~ 



 
 
虹もふたつ出てました (*^ー^)ノ 



ランチタイムでまったりしたら、ここから折り返して下山です(・ω・)/


 

帰りに五ヶ所滝が正面から見える場所へも案内していただいて、
神秘的なこの滝とお別れ(^-^)ノ~~






 
1箇所だけあった垂直に下りる岩壁では、ロープを出して頂いたり、
ザックを下まで置きに往復していただいたりして、全員無事クリアー (*^o^)乂(^-^*)  




 

pm 3:30ごろに、車のところに戻ってきてゴール (ノ^^)八(^^ )ノ








帰りに寄ったダムの展望台にあるトイレでは。。。
 
 


 
油断してたら、またカエル(笑)

 ケロ ちょっと笑っていましたね^^





今回も見所が沢山の沢に案内していただいた、かかしさんと先輩、
そしてご一緒していただいたTantomileさん、お山の感動をいっぱい教えていただいて、
とっても楽しい1日でした~
ありがとうございました



皆さま、またぜひ山や沢に、ご一緒してくださいね~~



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



山はそろそろ秋の気配ですが、お天気もよく足や背中が濡れても、
さほど寒くもなく楽しかった(笑)ヾ( ´ー`)


秋もまだまだ泳げたなーと思った。(^_^;)

ウェットは10月くらいまでは使えそう・・・( ̄ー☆
 

 




今回も秘境感がいっぱいの沢登りを満喫させていただいて、
これで今季の沢登りもさすがに終わり(^_^;)



ちょっと寂しいような気もするけど、また来年までの楽しみに~






ではではまたね~(^^ゞ





いいね!した人  |  コメント(30)  |  リブログ(0)

テーマ:
 9月23日、三連休の最終日、晴天のランニング日和だった~(^^ゞ




リレーマラソンは初めてだったので、どんな感じかなーとドキドキで長居公園へ


セントラルスポーツ主催のランニングフェスティバル in 長居スタジアム



スタジアムをスタートして、長居公園内の周回コースをチームで13周する!(゜д゜;)
 

1周が3.3キロとちょっとデス。。。(・・;)


13周で42.195キロ、フルマラソンの距離を走るというもの。


チームでのマラソンだから、なんとかなるかな~(^人^)




・・・っと思ってましたが、制限時間、4時間以内はなかなかハードだった~(;^_^A 



 
ぐっちょんさんにブログで呼びかけていただいたので、アメブロランナーさんが中心で集まった≧(´▽`)≦



メンバーは、

ぐっちょんさん、じゅぴたぁさん、zumanさん、ナオミさん、と、私の5名で女子チームを結成!



チーム・OSAKA JOGGER'S です


気合いは満タン、チーム名はちょっと控えめで( ´艸`)
ぐっちょんさん、ありがとうですー(´∀`)




 

ウォーミングアップでは、エアロビクスのインストラクターのお姉さんと元気にダンス(*゜▽゜ノノ゛☆ 

EXILEっぽいーって思っていると、曲は本物、「ライジングサン」になっていて、ダンスは前後、左右に動いて息が上がるほど!(;^_^A



しっかりウォーミングアップ完了で、pm 1:05ごろにスタート



しばらくすると、アメブロランナーのさおりんさんが美味しいさし入れを持って、観覧席まで応援に来ていただきました

あの美味しいパンのシリーズ、実は初めて頂きました!
ありがとうございました~



その後、華欧さんも応援に駆けつけてくれました
ありがとうございまーす

昨年のリレーマラソンを完走されている華欧さん!
3周走って、やはり私には5名以上のチームじゃないと無理だぁ~!とわかった(T▽T;)






1周、20分以上になると、もう時間内ゴールが難しくなる!ヽ(゚◇゚ )ノ
 

順番が回ってくるまでは、スタジアムの涼しい席で待っていられるンだけど、


おしゃべりしたり、面白い仮装ランナーさんを見てたりしてると意外にすぐに時間が経って、
自分の走る順番が回ってくる((((((ノ゚⊿゚)ノ




 
西遊記チームの馬ランナーさんが、競技場脇で腕立てでのアップ?^^;
これで走られるのは凄いなー



zumanさんから冷えたみかんで元気を頂いて、1周目に出発です





ぎるとみんなちゃんと帰ってきます。いい調子だ!
自分も遅れてはならないとプレッシャーがあって、なんとか1周をクリアー!


まだ初心者なのにがんばって走られたナオミさんからのタスキもしっかり受け取ってスタート
(*⌒∇⌒*)


しかし競技場に入ると、すぐ、ウサギさんチームに追い抜かされた~
頑張ったけど追いつけず、どんどん差が開いていってから、じゅぴたぁさんにタスキを渡すー









2週目を走ると、だんだん脚が重くなるけど、一定のペースで(の、つもりで^^;!)がんばる。
なにしろ、20分を越えてはいけない!というのが、良いプレッシャーに。


早く走っていると、なんだかいつも一人でダラダラと走っているときよりも姿勢よく走れているような(*゚ー゚)ゞ


日ごろはなかなか速く走る練習が一人では無理(;^ω^A
でもたまにはこういった練習を一人でもしないと~・・・



 

女子チームのうさぎさんチーム始め、どんどんいろんなチームがゴールしてくる。
まだ1周を残しながら、観覧席から眺めてました(;^_^A 




そして3週目、これでラスト!
ぐっちょんさんが帰って来られたー\(^_^)/


最後のタスキを受け取って、走りだしたら、前半、誰もいませんでした(ノ゚ο゚)ノ 


係りの方々が時折立ってられて声援をいただけるので、まだ、制限時間内と思いながらも不安に(;^_^A 


歩いている方をやっと抜かしたりして、競技場へー!


最後のトラック1周は本当に長かった(゚ー゚; 


第4コーナーを回ると、チームの皆さんが待っていてくださって、
最後はチーム全員で手を繋いでゴールしましたー≧(´▽`)≦ 




 



で、結果は、3時間54分・・・!

制限時間内にゴールできましたо(ж>▽<)y ☆




女子チームで4位キラキラ!^^;




女子の1位は、、

 

ウサギさんチームはやっぱり速かったーー!女子の1位グループだった。
 



 

ベストパフォーマンス賞だった西遊記チームさんたちも表彰台の上で、少し緊張の面持ち
(-^□^-)





 
私達も記念撮影~

嬉しい完走証です≧(´▽`)≦

華欧さんのあのお人形さんも一緒に記念撮影ー^^☆




みんなで走ったリレーマラソンは本当に楽しかった!

3.3キロの1回1回、だんだんと脚が重くなって息も上がってきたけど、
次のタスキを待ってくれてる人がいると思うと頑張れました(^O^)/





そして♪

 

最後はやっぱりビールで乾杯ーヾ(@°▽°@)ノ


これから出るレースのお話し、練習のお話しなどなど、みなさんからまた刺激をいっぱい
いただけ、良い1日になりました(^O^)/





リレーマラソンを呼びかけていただいたぐっちょんさん始め、ご一緒していただいた皆様、応援に駆けつけてくださった皆さま、 ありがとうございました~≧(´▽`)≦



またよろしくお願いします(ノ^^)八(^^ )ノ





*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



ひさしぶりにゼーゼーいいながら走ったリレーマラソン。

すごく良い練習にもなりました(^^ゞ



翌日は脚がパンパンで筋肉痛も少しあって、情けなかったですが、
前から痛んでいた足首は痛くならずで、やっと調子を上げていけそうですo(^-^)o


今月エントリーしていた村岡66キロはやっぱり無理そうなので残念だけど今年は断念。



11月に向けて、イチからまたがんばっていきます!





ではでは、またね~(^-^)/


いいね!した人  |  コメント(44)  |  リブログ(0)

テーマ:

 この連休は、2泊3日で、南アルプスの中間に位置する塩見岳に行こうと計画しましたが、
台風18号の影響で、1泊で撤退することも考え、1日目は天気もまずまずということで、
行ってみることにしました。

結局、1日目に三伏峠でテントを張って、翌日は未明から雨で、
塩見岳まで行くことなく、台風が強くなるまでの間に、急いで下山となりました



1泊でも早朝から行動すれば塩見岳まで行けそうだったので、
張り切って金曜の夜から大阪を出発したのですが、
途中、滋賀県の辺りから早くも眠気が・・・(θωθ)/~(笑)

松川IC手前のSAでも再度仮眠・・・
(@ ̄ρ ̄@)zzzz
目が覚めた時にはしっかりと日が昇っていたのでした(iДi)


この時点で1日目に塩見岳まで行ってテン場に戻る時間がなくなることが確定・・・(-"-;A
翌日、早朝に雨が降ってなければ登頂し、そのまま下山できたらと考え、
のんびりと鳥倉登山口へ向かったけども、結局、そのまま翌日も登らず下山となりました(゚ーÅ)


1日目も快晴とまではいかないお天気だったのですが南アルプスは、3年前に行った
農鳥岳より南の大きな山には初めてだったし、その近くの雰囲気だけでも少し楽しめたかな

・・・という、2日間でした。(^-^)



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 




9月14日(土) 



駐車場が下の方からちらほら、車が止まっていたので、もう上はいっぱいかと思いながら行ってみると、
真ん中に1台分だけ、空いていた!ラッキー!
(着いたのが遅すぎだったので^^;、早くに下山された方がいらしたのでしょう~♪)





駐車場で支度をしてると、京都から来られたという年配の方と少しお話し。
南アルプスは歩いていると色んなモノが出てくるよーって。  
熊鈴をこの日はちゃんと付けてきた

林道を歩きだすと、いきなり鹿さんたちがワラワラと5~6頭現われたし、
長いヘビさんも林道を横断されてましたが、熊には会わなくてよかった・・・(;^_^A


話していると、北岳から縦走して下山してきた若い男の子が来られ、
バスがない時期なので下まで歩くとどれぐらいですか、と質問。
すると年配の方が、登山口の下見に来ただけだから麓まで乗せてってあげるよ、って。


こんな素敵な偶然で助け舟が出るってことがあるんだなー!
青年は親切な方に出会えて、すごく嬉しそうでした^^
ここ、全部歩きだと、どんだけかかる??ってぐらいだもんね(;^_^A


遅れて歩いている、おそらく父親らしき年上の方をダッシュで迎えにいって、
無事、あれから京都の方のお車で麓まで行けたかな。
いきなり、温かい場面に出会えてこちらまで嬉しくなった 



そして、やっとこ am 10:00に出発(;^_^A

林道50分歩きの後、またまたやっと、鳥倉登山口。
ここに自転車を置いている方々がいました。自転車があるとこういう時にも良いですねー。

そしてここからが、日本一高い峠に向けての登りになる。


 

始めの登りはいつもキツイけど、美しい樹林の中で気持ちがいい。




マムシグサの秋の顔?? Σ(・ω・ノ)ノ!
 毎年どこかで見かけるけど、やっぱりこれを見るとびっくりするのがお約束・・・σ(^_^;)



 
しなる木(^^ゞ


 
三伏峠まで、こんな看板があるので、励みになる。

 


 
そして噂の丸太階段が始まる・・・^^;
最初は、綺麗なハシゴだな~とか思いながら、2つ、3つとハシゴを渡って、、



 
 これはヒドイ・・・(゚Ω゚;)

今にもガラガラ崩れそうでしたが、歩くと見た目ほどには動きそうもない感じだったりで
意外だったハシゴ 。(;^_^A





これは逆にしっかりして見えるけど、手すりが微妙にグラグラ動く。。(・・;) 
どこも油断なりませんよ。




 最後にグルっと木のハシゴで向こうの樹林までのトラバース。
しかしこのハシゴのお陰で、まだ安全に歩けてる^^



 
ハシゴが終わると6/10と、半分を越えた!




木々の間から、ガスも上がってくるのが見えた。
峠まで行っても眺望は期待できないけど、こんな景色もなんだか迫力があるように見えた
南アルプスマジックに、早くもかかっていたからかしら・・・(*゚ー゚)ゞ





9/10も過ぎて、この看板が出てきた!
これは数えないとでしょ( ´艸`)


本当に小屋横のあたりで200歩になりました(^O^)
・・・小屋の前までは、あと20歩ほど歩いたけど^^;




 
 pm 2:00 三伏峠に到着


三伏峠小屋は収容人数、150名もの大きな小屋!・・・なんですが、
エントランス部分はこじんまりとしていて、森の中にひっそりと建つ静かな小屋という感じ 
これはテン場も期待!


小屋の前で休憩されていた方とお話し。
午前中に着いていたけど、塩見岳までは小屋の夕飯の時間に戻れるギリギリになりそうで、
翌日にする、とのこと。同じですね、と言いながら、天候によっては下山するかもと。
お互い登れたらいいけど、台風だし気をつけましょうと。


こうやって、少しでも会話をした方々は、下山するまで皆さん無事かなーと思ってしまうね。
この日は特に、会う人、会う人、お互いを気遣い合うような雰囲気だった。



小屋で受付をしていただくと、この日はとりあえず1泊の受付にした。
明日の朝には雨になるからと小屋の方が言われるので、
だんだんと今回は塩見岳を諦めるのが一番だろうと、ここまで来て、やっとそういう気になった。(*^.^*)


少々の雨なら気にしないんだけど、台風はさすがに怖いね・・・(・・。)ゞ





小屋からすぐのテン場はこんな感じ。

フラットに整地されていて、4段ほどに段々になっている。
周りは緑がいっぱいですごく落ち着けるテン場だった^^
向こうは烏帽子岳かな?





そして、小屋の方から今のうちなら、テン場から塩見岳が見えるよということでしたが、
目の前のあの大きな山かなー。
やっぱりここからまだまだ遠そうだわ(゚ー゚;  

あー、塩見岳、明日は無理なのか仮眠で失敗したことを改めて後悔。。(´д`lll)
 


テントはまだ、5張りほど。どこに張ろうかと思っていると、
「ここ、空きますよー」って、慣れた感じのソロの方、お2人の撤収後の場所へ張らせていただくことに。


小屋にもトイレにも近い、端っこの特等席でしたありがとうございました 
前日に登ってこられ、この日は早朝から塩見岳から蝙蝠岳(コウモリダケ)まで行って戻って来られたとのこと。。。


でましたよ、蝙蝠岳Σ(・ω・ノ)ノ!

健脚さん方なら行きたくなる山ですねー( ´艸`)


そしてさらに今から、下山されるなんて・・・(;^_^A


翌日、塩見岳だけでも登っていきたいけど、きっと台風が来てるから、
明日も用心した方がいいですね。。
って話していると、健脚さん、烏帽子岳なら、すぐに今から行ってこれますよーって。
その方は、前日に小河内岳(オゴウチダケ)まで行って往復されたようですヽ(゚◇゚ )ノ


どっちへ行っても、フツウのヒトよりひと山ずつ、余分に歩けちゃう健脚さん。
なんて羨ましいんだーー!
それでもこの方々、蝙蝠まで行って戻ってきてすぐ、これから下りるのが大変ですって。
コースタイムを見ただけで、普通だと無理だなーと思うので納得。σ(^_^;)



  
少し休憩してから、せっかく来たんだし1座だけでも登ろうと、
烏帽子岳へpm 4:00すぎに向かった。




 樹林の中を下りていくと、視界が開けて広々とした場所に出た。

鳥倉林道の登りでは見なかった景色!
振り返ると、なんだか奈良県の山にも似ているようにも思えて不思議な感覚に



 
こんな小道を抜けて行ったり

 
 この日初めて青空ものぞいたりして 
 
  
 ナナカマドの赤い実のなる木々の間を歩いたり

 
 白い幹の木々に光が差しこんだりして
絵画みたいに素敵な景色にテンション上がる 



 

 
雲行きが急に怪しくなると、ハイマツの中から雷鳥さんの声も聞こえたり(^-^)/





pm 4:00  烏帽子岳頂上

頂標は、色々と書いてある頂標だったけど( ´艸`) 

結局この2日で唯一踏んだピークでした (*^ー^)ノ 





 
小河内岳への道:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

小河内岳の手前には、小河内岳、、なんてのもある 
縦走すると、なかなかのアップとダウンてことがひと目でわかった・・・(゚ー゚;  
これか~~、、という感じ 


 

 
雲の間から、薄っすらだけど、塩見岳


塩見岳が出てくるのを待ったりしると20分ほどが経っていた

烏帽子岳からは北アルプスも見えるようだけど、今回はチラっと塩見岳でよしとしよう
日も暮れるので、テン場に向けて下りました。




 
森の中の三伏峠小屋とテン場が見えた

反対側の斜面が崩れていた・・・
日本一高い峠、崩れないでいてほしい




 
ずっと南のほうまで、山、山、山!
雲がわいていますヾ(@°▽°@)ノ





 
ここでまだタカネマツムシソウが咲いていました!
ホワホワしてそなハチさんと。じっと見てたら、足か手?が動いた( ´艸`) 




 
小屋と水場への分岐を下りてきて、


水場でお水を汲んでおく。
熊が出るということで、ラジオ!ついていましたー^^




pm 17:40ごろ、辺りが薄暗くなっていたけど、テン場に戻ってきました~


植物を守る鉄柵の撤去するボランティアで来ていた、静岡の高校生たちの
貸切素泊まり部屋から響き渡る声も楽しく、
テントの数のわりには、賑やかなテン場の夜になりました^^





9月15日(日)   


 

夜中から暴風雨!

周りの木々のゴーゴーいう音が怖すぎたo(;△;)o 
真っ暗な中、風で押されるテントを内側からずっと手で押し返したりして、

どのタイミングでテントを撤収するか、なかなか勇気が出ないけど、
この日の夜からさらに台風が近づくってことだから、早いうちに下山しないと。


外が少し青く明るくなってきて、5時過ぎになると風がすこし止んできたのでテントを撤収!

6時前に下山開始!


小屋からもぞくぞくと下山の準備をする人が。

ボランティアで来ていた高校生たちも、この日は塩見岳にアタックの予定だったようだ。
今回は前日のボランティアのみで、次は1泊で塩見岳をリベンジするので、
1日、12時間は歩ける人のみで行きます!・・・とリーダーさんの声が!

やはり恐るべし、塩見岳だ。。。(x_x;) 




塩見岳はやっぱりもっと覚悟していかないといけない山なんだろう(゚ーÅ) 

今回は登れなかったけど、また次のお楽しみにとっておこうと思います(≡^∇^≡) 





 
そして帰りのお楽しみはこちら( ´艸`)

近くに温泉を探せなくって、駒ヶ根まで戻って、明治亭のソースカツ丼
。。。と、蕎麦のセット(-^□^-)
野沢菜も美味しくて、すべて平らげてしまいました(^~^)


木曽駒ヶ岳方面から観光や下山した方々がやはり多くて、宝剣岳の気温だとか、木曽駒の辺りの
話をされている方々が多かった。


塩見岳や三伏峠帰りの方は、どこで温泉に入るのかなぁ。風呂  (。-人-。) 
 
三伏峠話?をしている人が見当たらず、わかりませんでした(;^_^A 



夜には無事に大阪に戻ってくることができました。



 
 
そして、買って帰った栗きんとんいただきました♪ 

栗きんとんは、すや、川上屋のが好みだけども、ここのは初めて  
しっとりとしていて美味しかった~ 

9月の連休には毎年、栗きんとんを山の帰りに買ってしまいます 
季節モノには弱いー 



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



今回、下山できるかドキドキだったので、バッチを買うのを忘れてました
しかし、塩見岳には登ってないし、買うとすれば三伏峠?

それに三伏峠バッチって、あるのかな(・・;)

次のリベンジの時に、探さないとだ(^^ゞ



なにはともあれ、当初の予定、二泊三日は状況を見て1泊のキャンプで終わってもよしとしようとしていたので、
塩見岳のそばまで行けて、無事に帰ってこれたのでホっとしました。



また次は、晴れた日に行けたらいいな

ここから先の道がまた、楽しみです。(^-^)





ではでは、またねー(^^ゞ

いいね!した人  |  コメント(40)  |  リブログ(0)

テーマ:

 


【緑が生き生き^^♪ Aug.16,2013 岳沢にて】



槍穂縦走の写真をもう少し、歩いた場所で見たお花など、載せておきまーす!



 


【ミヤマダイモンジソウ Aug.13,2013 花見平にて】

昨年同じルートで槍へ行かれたジュルピさんの記事で教えていただきました
ドット模様が写真では見えないけど可愛いお花。





【黄色い花 Aug.13,2013  双六岳への登りにて】

黄色いお花はどれも同じにみえてしまってなかなか覚えられない。
これは黄色いグラデーションが可愛くて、こちらを向いていたので撮影^^




 
【銀色の花 Aug.14,2013 西鎌尾根にて】

朝早かったので、霜が降りたようになっていて、花びらが銀色に輝いていました
初めてみたお花





【紫~ Aug.16,2013 岳沢小屋近くで】

小屋付近のお花畑、ここは色んな種類の花が咲いていて、良い香がただよっていました






【赤い実!Aug.16,2013 岳沢にて】

冷え冷えの天然クーラーを過ぎると、こんな美しい緑の森。
なんの実だろー。上高地もあと少しの前穂高登山道では、早くも秋が来てました。




そして、やっと上高地まで下りてくると、、、、



 

来た来たぁ~!鴨のご一行さまが~ヾ(@°▽°@)ノ




 
 
水面に顔をつけてみたり、忙しく進んでいきました(-^□^-)
 




最後は綺麗に一列になると、遊歩道から見えなくなってさようなら~(^-^)/

可愛い後ろ姿と綺麗な水にもうっとりする




 

無事に下りてきて上高地。

いつかは上高地でのんびりテントやご飯を食べたりして過ごしたいものです。(^-^)/



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



めっきり涼しくなってきて、下界でももう、秋の気配がしてますね。


夏の縦走から帰っても脚が痛まなかったので、
そろそろランニングも始められるかと、8月終わりから自宅の周りをグルグルとしてみたり。

・・・一周、2キロもないんだけども(・・;)




そんな時、ジュルピさんにトレランのイベントがあることを教えていただき、
初心者向きということで、この土曜日に参加することに~




9月7日(土)  neighbor サンセットトレイルラン




neighborのイベントで、京都の里山をトレイルラン






北山のカフェに集合。

トレイルランナーの方のお店ということですが、とってもオシャレな雰囲気~


前にもイベントでお会いしたことがあった方でしたが、実はすごいお方だったと、
この日初めて知ったのは私だけ(汗)。失礼いたしました~(・・。)ゞ




 
川沿いに走って住宅を抜け山の中へ~

 

氷室神社に湧き水があって、お水をいただいて一休み。






田んぼのあぜ道を通って、実際に使われていたという氷室跡へ。
くぼんだ場所が今でも残されていました。

下の写真はneighborのNさん。
とっても穏やかな雰囲気で良い感じの方です~(*゚ー゚)ゞ
 



美しい稲刈りの風景。
京都でこんな景色が見られるなんて、不思議な感じ

 





京都トレイルからちょっと入った道を案内してくださったりでおもしろい。
画像が急に暗くなってきた・・・(;^_^A




そして、お待ちかねのサンセットタイムには、開けた場所に出てきて・・・





見事なサンセット!!\(^_^)/



・・・とは、いかなかったけどσ(^_^;)



予想外の雲海が見えて、息をのむような景色に感動(゜ρ゜)


京都でまたしてもこんな風景が見れるなんて、ラッキーな1日だ(^-^)


ここは大文字の送り火が正面に見える場所だとか。

京都タワーや吉田山なども蒼い景色の中に見えました
 




だんだん暗くなってきて、ナイトランにはヘッデンをスタンバイ


明るい場所でもつけっぱなしでいると、自分でついてることに気づかないですね・・・。^^;
親切な方が何度も、つけっぱなしをお知らせしてくださいました(汗)。

親切な方(オフィさん^^)、ありがとうございました~(^▽^;)
いざという時、電池切れにならないよう、気をつけないとー。



途中、フクロウのような気分に(笑)

真っ暗な中をみんなのライトで照らしながら、転ばないよう慎重に走る



 

船山 317mの山頂 

 







舟形の火床の上に出てくると、綺麗な夜景が見られました
:*:・( ̄∀ ̄)・:*: 



舟形の火床がすぐそばに見られましたねw( ´艸`)




夜景を楽しんだ後は、山を駆け下り、上賀茂神社へ


夜の上賀茂神社


 
静かな参道をのんびり歩いて散歩して・・・






上賀茂会館で上賀茂もみじ踊りを鑑賞 


江戸時代から続く、無形文化財だそう。
恭しく、お祓いも行われた後、伝統の踊りが始まりました

秋の歌詞にのせた唄と踊りを楽しませていただきました~(^-^)/



カフェに戻って、着替え、イベントは終了となりました。


neighborのイベント、京都の見どころいっぱいで、楽しいコースでした!
また、機会があれば参加したいです。






そしてやっぱり最後はビールで乾杯ー


ジュルピさんのラン仲間さん方ともご一緒させていただいて、この日のことや、
色んなレースのお話しに ^^

 来年、出てみたいレースが決まりましたー
・・・って、もっと長い距離を速く走れるようになったら出れるかな (;^_^A



この日のコースは20キロ弱だったようですが、
皆さんと一緒に走っているとあっという間






夏の終わりと秋の気配のトレイルで、
久しぶりにみんなで走る楽しさを感じた1日でした



お誘いいただいたジュルピさん、楽しいイベントを教えてくださって感謝です≧(´▽`)≦ 


neighborのNさん、ご一緒してくださった方々、
皆さまありがとうございました





*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




秋のレース、まだ長い距離は無理そうだけど、11月の神戸マラソンまでには、
無理せずゆっくり慣らしていきたい。


先日はロードのシューズも2年ぶりに新調
(2年はさすがにかかとの斜め具合がすごかった(^_^;) ・・)
梅田・グランフロントのアシックスストアーで。



脚の形の測定や、走り方のクセなどを診断してもらったりで楽しかった!

こういう機械に乗って走るの、結構、怖かったな~~脚がバタバタしてました(;^_^A
 診断結果も、左足だけ外側向いてて、後ろから見た写真は誰?って格好でした(;´Д`)ノ

足の形は幅が狭い方で甲の高さも低めだって。
この形は足首を痛め易いとか。うぅー、そうなんだ(´Д`;)   




 
写真がいきなり汚れた靴みたいだけど^^;これが新調した靴。グレーです


今まで使っていた靴は初心者用だったので、ほかの靴と比べてかなり重いことがわかって、
(3年くらい、この重い靴だった・・・!)

今回は、少し軽いのを探してもらったのですが、サイズ大きめがピッタリだったためか、
後で重さを比べると、、10gほど軽かっただけという・・・(゚Ω゚;)えぇ~・・・!


せっかくなので?また重い靴でまだまだ脚をきたえるぞーーw







無印では、カレーの食べ比べフェアー をやっていて、少しずつ、試食させてもらえました♪


ターメリックのきいたイエロー、ココナッツ風味のグリーンと、
新発売のスパイスにピーナッツ味のマッサマンこれ、かなり美味しかったー

山でも食べたい感じですね^^





と、色々すごしておりますが、そろそろスッキリとした秋晴れの日が来てほしいー









淀川河川敷では、相変わらずの青サギくんがいましたが(^o^;)





 

雨上がりには、こんな所にキノコも生えて・・・Σ(・ω・ノ)ノ!

河川敷では初めてみた・・・(;^_^A  


秋がしっかりと近づいているんですね~






これは近づきすぎw (・・;)





以上、最近の色々でした




またね^^



今日も最後までありがとうございました~





いいね!した人  |  コメント(50)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。