奥会津金山大自然のブログ

福島県奥会津地方にある金山町、日本の「原風景」がここにあります。
その大自然の中で農産物をそして加工品を作ってます。




このブログを通じて金山町の魅力を感じていただければと
思い発信していきますので宜しくお願いします。


テーマ:

大自然では、これから稲刈りの最盛期になります。

しかし、台風16号が大雨を降らせています。全く困ったもんだ


今年の稲作は、比較的天候にも恵まれて、コメの品質は良く美味しいコメが収穫できそうです。

特に、大自然のコメは、雪解け水が広葉樹の森で浄化され清冽な渓流の水で栽培をしており、又、昼夜の温度差が大きいためとても美味しいコメができるものと思います。


9月16日から、先ずは、「こがねもち」の刈り取り1haを行い、放射能の全袋検査を受けて安全性を確認して、当社の最新鋭の精米機で精米を行い、美味しい「おもち」を皆さんにお届けできます。


天気が良くなれば、酒米「ふくのはな」「チヨニシキ」の刈り取りが始まります。

「ふくのはな」は、金山町のオリジナル酒「てまえ酒」になる米です又、私だけの酒造り田植から~稲刈り~酒の仕込み・しぼりまでの人気体験ツアーもあります。


早く台風が通過して天気になあれ!!・・・神頼みです・・・・・・・





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昔から、人には絶対に誰にも教えられない場所があります。それは、例え息子であってもです。

特に、舞茸、松茸の出る場所などは尚更です。


奥会津金山の猛暑も終わりのようやく過ごしやすい季節になってきました。

この季節になると待望のキノコが顔を出し、一番最初に出てくるのが「ハツタケ」です。

醤油ベースでネギ、豆腐を加えると美味しいキノコ汁ができます。又、キノコご飯にすると是又絶品です。

食が進み<天高く○○○肥える秋>


当社では、稲刈りの季節となり、これからもち米、酒米、ひとめぼれ、コシヒカリの順に収穫します。





   秘密の場所の「ハツタケ」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

このミニトマトの名前は「エコスイートミニトマト」糖度が高く味の濃い食味で、口の中では皮が残らず食べやすいトマトです。


今、大自然では、水やりをなるべく控えトマトにストレスを与え糖度が乗るように、又、高温が続くので色付きも良くとっても美味しい🍅になっています。


このトマトを、フリーズドライ(真空凍結乾燥)にすると、益々甘味が増し素晴らしい食感になり長期保存が可能で災害時の非常食には最適かと思います。


🍅とフリーズドライ🍅予約受付しております。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

メロンをよく見ると、満天の星空で流れ星が・・・・・・・・

黄色いメロンに青の点々(星)そして青の縞模様それが「流れ星」なのです!!!

なんと、創造力豊かなロマンチックな名前です。<自画自賛>


名前に恥じないよう美味しくなりますので、皆さん!よろしくお願いいたします(⌒¬⌒*)

只今、好評発売中です





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

待望の赤カボチャの収穫(^∇^)

親子での共同作業・・・・・最初の頃は、遠慮して中々手が出なかったが・・・・

そのうちに、大きいカボチャをめがけて喜ばしい風景でした。

金山の宝、子供達たくましく育ってもらいたいです。


今年は、天候にも恵まれて、糖度・乾物率(デンプン量)もバッチリです。

9月11日には、収穫したカボチャでの料理教室どんな美味しいのができるのか、楽しみです。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

赤カボチャの検査は、乾物率(澱粉の量)と糖度(甘味)を測定します。

測定するには、携帯できる測定器があり、カボチャを破壊することなく、光センサーの照射で即数値がわかります。本当に便利な器械です。


今年の出来具合は、農家の方々の努力が実り合格率が非常に良い結果が出ています。

ちなみに、100%の方もおります。今のところ全体的には80%超です。


当社も検査を受け昨日から出荷が始まりましたので、美味しい金山赤カボチャをお召上がり下さい。

又、メロンも出荷時期となり、ハウスの中は、甘いかおりが漂ってます。

このメロンは、市場には出回っていない品種で、名前がなく記号でAIS88です。早く名前を付けなくては。








赤カボチャの検査風景                    名前のないメロンAIS88

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

標高450mにある大自然の赤カボチャ畑は、早朝霧の中で冷気が漂い、赤カボチャの糖度を増すのには、絶好の環境です。


しかし、毎晩の様に畑の周りを、クマが徘徊してカボチャを狙って・・・・・・・

手塩にかけて育てた赤カボチャを守るのには、畑の周りに電気柵を設置したり、ワナを仕掛けてクマの捕獲、夜のパトロールなどが欠かせません。

人間もクマも必死です!


これから、収穫をして、1週間ほどキュアリング(乾燥・追熟)その後に、非破壊光センサー糖度計で検査を行い、合格品にシールを貼り皆さんの元へお届けいたします。


だそく(クマの)・・・・・・・・・・・1、クマを捕獲する罠のエサは、日本ミツバチの巣が1番効果があります。

                 2、クマは、赤カボチャのワタ(種のあるところ)だけを食べて、私たちの食べる                   

                   部分は食べません。甘くて栄養のあるのがワタみたいです。

                 3、赤カボチャだけでなく、最近のクマは田んぼの稲まで食べるみたいです。





                  



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎日暑い日が続いています・・・・・・・・この暑いのが赤カボチャをより美味しく成長させます

大自然の赤カボチャ畑は、標高450mにあり、昼と夜の温度差が大きく糖度がグーンと増し(^_^)v


昨日は、金山町教育委員会主催の「赤カボチャ親子体験」が行われ、カボチャの育て方・カボチャの花は、「雄花と雌花」があり、どうして受粉するのか、どの様にすると美味しいカボチャができるのか・・・・


親子で赤カボチャの育て方体験、次回は、収穫と料理について行われます。

金山町の特産である「赤カボチャ親子体験」次回も楽しみです。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

長ーい冬が過ぎ・・・・・・作物には恵みの雨が降って一安心です≧(´▽`)≦

6月13日赤カボチャ栽培講習会が金山普及所の先生の指導により開催されました。

カボチャ栽培は、昔から行われていましたが、俗に「土手カボチャ」と言ってどこにでも転がっていて、簡単にできるものと思われていた。しかし、カボチャも手抜き栽培で育てられるとヘソを曲げて美味しくならない。特に金山赤カボチャは、大きなヘソのあるのが特徴なので尚更である。

講習会の内容は:親づる摘芯の仕方、子づるの整枝について、病害虫について行われた。

現地での指導であったので皆さん良くわかったと思います!

今年は、熊の出没が頻繁にあるようです。被害にあわないように、電気柵で撃退します。

しかし、頭の黒いクマは困ったものだどうしたら良いのか?( ̄∩ ̄#

今のところ順調に生育しているので、美味しい赤カボチャの出荷はお盆過ぎころかな・・・・・

本日は、梅雨の合間での、かおり枝豆・エゴマの播種作業でした。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。