こんばんわ。oktaveです。連合戦ですね。まだまだ楽しめる域に到達していません。

 

前回までの2回で、機体パラメータ(攻撃力または耐久力)とレベル・ランクの関係を求めました。今回は、両者を統合した場合(まとめ)です。

 

0)おさらい

機体パラメータとレベル、ランクの関係は、以下の数式で表すことができます。

 

レベルとランクの上昇が独立と仮定すると、お互いの効果が掛け合わされた以下式と考えられます。

 

1)検証
手元にあるSR90ガトー専用ゲルググ(ランク73、レベル1000)で、上記推定式を検証してみました。

推定式に当てはめたところ、実測値と推定値の差は最大で約300(約0.05%)でした。十分、許容範囲内かと思います。この推定式から、次のような成長曲線を描くことができます。


ランクは重ねるほどその効果(上昇率)が低下することが知られていますが、高レベル域ほど重ねの影響が表れてくる(差が広がる)と言えます。


2)応用
以下に上記推定式の応用例を2つ示します。

1つ目は、“予測”です。

このゲームにおいて、どの機体をどれだけ強化するか、言うなれば投資判断は大きな問題です。推定式を用いることにより、予め投資の効果を見定めることができます。


2つ目は“比較”です。
今回、取り上げているガトゲル格は回避スキル持ちの格闘機です。回避ブーストはスキルレベル10が容易ですし、スピードは格闘機全般の弱点であると、どちらもレア度に依存しません。つまり、機体の性能はパラメータ(攻撃力と耐久力)の高低で決まります。そこで、レア度が異なる類似機体と比べてみました。レア度は収集(ランク)に影響しますからね。超回避機体の代名詞であるF91格は、スキル性能が同等となるランク0ですが、参考としてスキル性能は異なるランク違いも並べました。

 

現凸にかかる労力がほぼ同じとみなして攻撃力が同等となる値を求めたところ、デルタプラスのランク1480も、F91格(ランク0)のレベル3000も非現実的ですね。槍ガンの59はあまり差がない印象です。

SR100槍ガンの方が収集の難易度が高かったでしょうし、F91格のランク16は不可能の域です。SR+どころかSR100すらも収集する余力がなかった開始当時に、SR90を選択したのは間違っていなかった、と信じたいところです(格闘機の是非は無視して、、、)。

 

次回こそは、機体スピードを取り上げる予定です。

 

AD